1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 工作機械へのCEマーキングの必要性:EU向け輸出

工作機械へのCEマーキングの必要性:EU向け輸出

質問

EUから工作機械の引き合いがあり輸出を考えているが、欧州に輸出する際のCEマーキングの表示について教えてください。

回答

CEマーキングは、製品がEU指令で定められた「安全」に関する必須事項に適合していることを表すマークです。CEマーキングが貼付されていない場合は、欧州経済領域EEA(EU28カ国、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン)31カ国およびトルコに輸出(上市)するができません。

工作機械の場合、EUの機械指令、EMC(電磁環境両立性)指令、低電圧指令などの対象になる可能性があります。大型据え付け型産業用工具以外のほとんどが電動工具に分類されるため、RoHS指令の対象にもなります。

機械指令は、電気や空圧・油圧等をエネルギーとして作動するほぼ全ての機械が対象です。EMC指令は、電磁波妨害の恐れのある電子・電気装置を具備した機器が対象です。低電圧指令は、交流で50-1000V、直流で75-1500Vの定格電圧で作動する機器が対象です。RoHS指令は電気・電子機器に含まれる「特定有害物質」の使用を制限する指令です。電動工具と分類される工作機械も対象です。CEマークを表示するには、製造業者自身がCEマーク適合を自己宣言する場合とEEA加盟国およびトルコが承認した第三者認証機関によって手続きを行う2つの方法があります。

なお、製品の設計上の欠陥によって人身事故や物損を起こした場合は、当該製品にCEマーキングが貼付されているか否かに関係なく製造物責任(PL)法の賠償責任が生じます。

関係機関

SGSジャパン(株)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
テュフズードジャパン(株)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
テュフ・ラインランド・ジャパン(株)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
キューセス外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
株式会社UL Japan外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
イーエムテクノロジー(株)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

※上記認証機関は、参考として例示するものです。

参考資料・情報

欧州委員会:
“List of Harmonized Standards”: New Approach directives (providing for CE Marking)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

独立行政法人 中小企業基盤整備機構:
PL法・CEマーキング制度について外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロ:
貿易・投資相談Q&A
CEマーキングの概要:EU
RoHS(特定有害物質使用制限)指令の概要:EU
調査レポート
自己宣言のためのCEマーキング適合対策実務ガイドブック(EU)(2018年3月)

調査時点:2016年1月
最終更新:2018年10月

記事番号: J-010243

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。