1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. ノンアルコール飲料の現地輸入規則および留意点:シンガポール向け輸出

ノンアルコール飲料の現地輸入規則および留意点:シンガポール向け輸出

シンガポールにノンアルコール飲料を輸出する際の現地輸入規制と留意点について教えてください。

ノンアルコール飲料を含む加工食品を輸入する際に輸入業者は事業者登録が必要です。また、ミネラルウォーターなど高度な食品安全管理を要する品目を輸入する場合には輸出国政府機関による検疫証明書が必要です。

I. ノンアルコール飲料の分類

主なノンアルコール飲料のHSコードは以下のとおりです。

  1. 天然鉱水、人造鉱水および人工香味料・甘味料を含まないミネラルウォーター・炭酸水(HS2201.10.00)
  2. 氷(HS2201.90.10)
  3. 人工香味料・甘味料を含むスパークリング・ミネラルウォーターおよび炭酸飲料(HS2202.10.10)
  4. 人工香味料・着色料を含む非炭酸飲料、インスタントコーヒー飲料およびフルーツ飲料(HS2202.90.30)
  5. エナジー飲料、アルコール度数が0.5%を超えないノンアルコール飲料(HS2202.90.90)

II. 事業者登録・ライセンス等規制

  1. 事業者登録
    ノンアルコール飲料を含む加工食品を輸入する際に、輸入業者は農食品・家畜庁(Agri-food and Veterinary Authority: AVA)の食品管理局(Food Control Division: FCD)に事業者登録をしなければなりません。
  2. 輸入許可
    1. 輸入業者は前述の事業者登録を行った後、実際にノンアルコール飲料を輸入する際には、シンガポール税関に対して輸入許可申告を行います。輸入許可申告の手続きは、トレードネット(TradeNet)と呼ばれる電子通関EDIシステムで行い、輸入業者は、トレードネットを通じて輸入許可申告の際に、事業者登録番号および製品情報(HSコード、AVA商品番号および数量・単位)を申告します。
    2. AVA の検疫・検査部(Quarantine & Inspection Department: QID)では、高度な食品安全管理を要する品目を検査強化品目に指定しており、ノンアルコール飲料のうち、天然鉱水、天然水、蒸留水、人工鉱水および逆浸透水などの飲料水は検査強化品目に含まれます。これらの飲料水をシンガポールで輸入する場合は、輸出国の政府機関による証明書を取得し、QID の事前輸入許可を取得しなければなりません。 文末の「特殊食品の輸入要件(Import Requirements of Specific Food Products)」を調べた上で、事前にQID の担当官に食品規格、分析試験項目および証明書要件等を問い合わせることをお奨めします。
    3. 検査強化品目に指定されている飲料水を輸入するには次のような証明書が必要です。
      1. 天然鉱水、湧き水
        天然鉱水のブランド名と源泉を明示した原産国政府発行の認証証書(Authentication Certificate)、天然鉱水の源泉の位置を示す地図、原産国の検疫証明書(Health Certificate 、微生物試験や化学試験などによる分析結果を含む)
      2. 蒸留水、人工鉱水および逆浸透水などの飲料水
        精製・加工・ボトル詰め工場が原産国政府から取得している製造ライセンス、原産国の検疫証明書(Health Certificate 、微生物試験や化学試験などによる分析結果を含む)

      3. 製造ライセンス、微生物分析レポートおよび化学分析レポート
  3. 輸入通関
    ノンアルコール飲料の輸入業者は税関の輸入許可取得後、財・サービス税(Goods & Services Tax: GST)の支払いが終わると、シンガポールの食品規制への違反がない限り、ノンアルコール飲料をシンガポール国内で販売することができます。
  4. 国内販売
    ノンアルコール飲料を小売り販売する業者は、次の点に留意する必要があります。
    1. 当該商品が食品販売法(Sale of Food Act)と環境公衆衛生法(Environmental Public Health Act)の基準を満たしていることを確認する必要があります。 輸入または同国産のノンアルコール飲料を含む食品の品質基準には、食品販売法(Sale of Food Act)に付属の食品規定(Food Regulation、1990年度版)、その改訂版によって規制されます。特に食品添加物は、国連食糧農業機構(FAO)、および世界保健機構(WHO)の合同食品規格委員会(CODEX委員会)の勧告に準じます。
    2. ノンアルコール飲料に関する主な品質基準は次のとおりです。
      1. 化学保存料として、塩分、糖分、酢または酢酸、エチルアルコールの使用は規制されていませんが、保存料として二炭酸ジメチルを使用する場合の最大許容量は、250ppmとされます。
      2. 重金属(ヒ素、鉛、銅)の最大許容量が規定されています。
      3. 2011年4月15日に食品規則が改定され、甘味料の規則の一部が変更されました。 それにより、サッカリン、アセスルファムKおよびスクラロースの輸入、販売および製造にライセンスが不要となりました。さらにそれら3種類の甘味料に加えて、新たにステビオール、ネオテーム、サイクラミン酸およびチクロについて、特定の食品への許容限度内の使用が認められました。
      4. 使用可能な合成有機着色料として、赤色40号、2号、3号、黄色4号、緑色3号および青色2号等が、許可されています。
      5. 香料用溶剤として、ジエチルエーテル、酢酸エチル、エチルアルコール、イソプロピルアルコール等が使用できます。
    3. ボトル詰めミネラルウォーターについては、別途厳しい品質基準が制定されており、管轄官庁のAVA/FCDでは、ボトル詰めミネラルウォーターをWHOの基準に基づく検査強化品目に指定しています。新規に輸入する場合は、輸入業者は事前に当該商品の輸入販売の可否について、事前にFCDに問合せする必要があります。

III. ラベル表示

ラベルには、食品販売法の規定により下記の事項を表示します。ラベル表示の詳細については、 文末の参考資料・情報の「AVA:食品表示規則に関する情報」をご参照ください。

  1. 商品名
    名称、または商品実態を示す概略の説明原材料成分、食品添加物(含有量の多い順)
  2. 原材料
    名称、または商品実態を示す概略の説明
  3. 内容量
    正味容量、正味重量(飲料の場合はミリリットル、リットルなど)
  4. 輸入業者、販売業者の名前と住所
  5. 原産国
  6. 賞味期限 または消費期限
    殺菌処理したフルーツ・野菜ジュースや冷蔵保存が必要な飲料など賞味期限を記載しなければならない食品・飲料が定められています。 賞味期限または消費期限は"USE BY","SELL BY", "EXPIRY DATE", "BEST BEFORE" およびこれらの表現と同義の文言を表示することができます。

2011年4月15日に食品規則が改定され、ナチュラル・ミネラルウォーターのラベル表示の規則の一部が変更されるとともに、アレルギー物質の表示が義務づけられました(文末の参考資料・情報のウェブサイト参照)。

IV. 諸税

  1. 関税: 無税
  2. 財・サービス税(Goods and Services Tax: GST): 物品税込みのCIF価格の7%

V. 日本の原発事故に伴う規制

2011年3月11日に発生した原子力発電所事故により、シンガポールへ輸出される日本産食品の生産地や種類により輸入制限を受けることがあります。以下の参考資料・情報にあるウェブサイトの該当ページを参照し、必要な手続きを行ってください。

関係機関

シンガポール農食品・家畜庁(Agri-Food & Veterinary Authority:AVA)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
シンガポール税関(Singapore Customs)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
シンガポール保健科学庁(Health Sciences Authority)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

関係法令

シンガポール農食品・家畜庁(AVA):
食品規則(Food Regulation)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(993KB)
食品販売法(Sale of Food Act)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(141KB)

参考情報・資料

シンガポール税関:
トレードネットシステム外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

シンガポール農食品・家畜庁(AVA):
特殊食品の輸入要件(2016年3月24日更新版)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(255KB)
(ボトル・容器入り輸入飲料水は、M) Packaged Mineral and Drinking Water参照。)
食品表示規則に関するガイダンスPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(294KB)
認可されている食品添加物リストPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(372KB)


ジェトロ:
世界各国の関税率

農林水産省:
原発事故に伴う各国・地域の輸入規制外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

調査時点:2016年11月

記事番号: A-051017

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。