1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. ノンアルコール飲料の現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

ノンアルコール飲料の現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

質問

中国向けにノンアルコール飲料を輸出する際の現地輸入規則および留意点について教えてください。

回答

ノンアルコール飲料は食品として「食品安全法(2015年改正)」および「食品安全法実施条例」等により管理されます。

I. 関税分類番号(HSコード)および輸入関税率

  • 鉱水(HS2201.1010): 20%
  • 炭酸水(HS 2201.1020): 20%
  • 包装済み天然水(HS 2201.9011): 10%
  • その他の天然水(HS 2201.9019): 10%
  • 砂糖その他の甘味料または香味料を加えた水(鉱水・炭酸水を含む)(HS 2202.1000): 20%
  • ノンアルコール飲料(HS 2202.9000 ): 35%

上記の関税に、他の食品と同様、増値税が一律17%賦課されます。

II. 輸入時の規制

  1. 輸入手続き
    国家衛生標準および衛生管理規定に合致しない食品、食品添加物、食品容器、パッケージ材料は輸入できません〔「食品安全法(2015年改正)」)。 輸入する際に、出入国検査検疫機関の検査を受け、合格しなければなりません。また、同機関の要求に基づいて合格証明書類を添付する必要があります。
    また、輸入食品は中国の食品安全国家標準に合致しなければなりません。食品安全国家標準のない食品を輸入する場合、国外輸出業者、国外メーカー、あるいは輸入業者は主管衛生部門に関連国家(地区)または国際基準を提供し、審査を受けなければなりません。新しい商品を輸入する場合、主管衛生部門に関連する安全性評価資料等を提出し審査を受け、食品安全の基準を満たす場合は、輸入が許可されます。
  2. 入国貨物検査検疫証明書
    2015年7月より、出入国検査検疫機関の検査に合格した後、従来発行していた「衛生証明書」が廃止され、「入国貨物検査検疫証明書」が発行されるようになりました。同証明書上に入国を許可する旨の一文が記載されています。
  3. 衛生検査
    輸入ノンアルコール飲料は製品ごとに異なる検査基準に基づき検査が実施されます(例、炭酸飲料の国家標準GB7101-2015「食品安全国家標準飲料」、その他果汁、炭酸飲料、乳飲料、固形飲料、植物性蛋白飲料等それぞれに製品基準があります)。対応する基準がない製品の場合、「食品安全国家標準のない食品輸入の許可管理規定」に基づき輸入業者が輸入前に申請を行い、審査評価機関の審査後、衛生部の許可を得た上で輸入が認められます。 その他、含有微量化学成分・微生物(例:国家標準GB4789.2-2010「食品微生物学に基づく微生物総数検査の測定」)についてもそれぞれの国家基準が定められています。

III. 中国国内販売時の注意事項

  1. 食品安全法(2015年改正)による表示
    製品の容器包装は「食品安全法」の規定に合致する必要があります。また、包装容器には、加工食品、食品添加物の商品名、原材料名、製造年月日、賞味期限、原産地、保存方法、内容量、輸入業者名、所在地および連絡先等を中国語でラベル貼付し、中国語説明書を用意する必要があります。ラベル、説明書は輸入通関時に検疫の一項目として審査されます(食品安全法第97条)。食品安全法第94条「国外の輸出業者、生産企業はラベル、説明書の内容に対して責任を負わなければならない」と規定されています。原則として輸出者が「中国国家標準(GB規格)」に基づきラベル等を作成します。
  2. 包装済食品栄養ラベル通則
    1. ラベルは日本で輸出時に貼付する必要はありません。輸入通関後に保税倉庫でラベルを貼付することもできます。
    2. 市販用に限らず、業務用原料品にも中国語表示が必要です。
    3. 日本語ラベルの上に中国語ラベルを貼付することもできます。
    4. 「食品安全法」により説明書を添付する場合も中国語での作成が要求されます。

    パッケージおよび材料にも管理規定があり、ビン入りの炭酸飲料については「業界標準QB2142-1995炭酸飲料ガラスビン」があります。金属缶容器、プラスチック容器、複合ソフトパッケージ容器にもそれぞれの基準があります。

IV. 新たな規定施行についての留意点

中国では消費者保護を目的とした食品の生産と流通に関する新規定が制定・施行されました。輸出に際しては、これらの法規をよく理解し、輸出契約交渉では輸入者と法規に関する注意事項を十分に協議し、その結果を輸出契約書に明記する必要があります。

  1. 有害食品回収等に関する「食品リコール管理規定」
  2. 製品・生産者・販売者等の正確な表示方法や記載内容を規定する「食品表示管理規定」
  3. 生命および健康を守る「食品などの安全製品の管理監督についての特別規定」

V. 原発事故に伴う規制

東京電力福島第一原子力発電所事故の発生に伴い、中国へ輸出される日本産食品の生産地や種類により輸入制限を受けることがあります。以下の参考資料・情報にあるウェブサイトの該当ページを参照し、必要な手続きを行ってください。

関係機関

関係法令

中国中央人民政府:
食品安全法(主席令第21号、2015年4月24日公布、2015年10月1日施行)
輸入食品国外生産企業登録管理規定(中国質量監督検験検疫総局令第145号、2011年6月21日公布、2012年5月1日施行)
食品などの安全製品の監督管理についての特別規定(中国国務院令第503号、2007年7月26日公布・施行)
中国国家食品薬品監督管理総局:
食品安全法実施条例(国務院令第557号、2009年7月20日公布、施行)
中国国家質量監督検験検疫総局:
食品表示管理規定(中国質量監督検験検疫総局令第123号、2009年10月22日公布、施行)

参考資料・情報

ジェトロ:
食品安全法(仮訳)
食品安全法実施条例(仮訳)
包装済食品栄養ラベル通則(発布日2011年10月12日、施行日2013年1月1日)
「輸入食品輸出入者届出管理規定」及び「食品輸入記録と販売記録管理規定」の公布に関する公告(国家品質監督検査検疫総局公告2012年第55号、2012年10月1日施行)
輸出入貿易会社の登録制度に係る具体的な作業方法(ジェトロ北京発行2013/4)
世界各国の関税率「World Tariff」
農林水産省:
原発事故に伴う各国・地域の輸入規制



調査時点:2017/03
最終更新:2018/02

記事番号: A-051016

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。