1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 衣料品の現地輸入規則および留意点:英国向け輸出

衣料品の現地輸入規則および留意点:英国向け輸出

英国向け衣料品輸出の際の現地規制および留意点について教えてください。

I. 輸入規制
北朝鮮とベラルーシで生産された特定の繊維製品を英国に輸入する場合を除いて輸入ライセンスは不要です。また、繊維の種類によって原産地証明書を求められるケースがありましたが、EU指令1541/98の廃止により、2011年10月24日より原産地証明書も不要となりました(FTA、一般特恵など他の制度上求められる場合を除く)。
 
II. 輸出者の留意事項
1. 繊維製品のEU域内流通については、消費者の安全と保護を目的とする「製品の一般的な安全に関する規則(EUのGPS指令2001/95/ECに基づくThe General Product Safety Regulations)」が適用されます。EU市場が要求する規制・基準に適合する衣料品は基本的に英国内でも販売できます。ただし、パジャマ、バスローブなどのナイトウェアの安全基準は、EUの基準よりも厳しい英国独自の安全基準“Nightwear (Safety) Regulations 1985”を遵守する必要があります。低可燃性テスト方法・基準及びラベル表示に関しては“New Requirements for the Fire Safety of Children's Nightwear(October 2008)”にてご確認ください。

2. 欧州議会・理事会規則(EC)No. 1907/2006「化学物質の登録、評価、認可および制限(REACH)に関する規則」による発がん性染料および有害物質規制REACH規則は、規制対象物質ごとに対象製品、含有限度値、例外規定などを規定しており、附属書17(Annex XII)に指定物質・調剤の上市と使用の禁止、または上市の条件などが記載されています。多種多様な物質・調剤・成型品が該当しますが、繊維製品関連物質としては、主に次の2物質のほか、難燃剤なども規制の対象となります。これらの点についても注意が必要で、事前に輸入者を通じ、関係機関に確認することをお勧めします。
a. 登録番号43:特定芳香族アミン類22物質(附表8)を生成するおそれのあるアゾ顔料・染料(附表9)
b. 登録番号51/52:可塑剤として樹脂に添加されたフタル酸エステル(PAE)(合成皮革のジャンパーやTシャツのプリント部分など)

3. 商標権・意匠権の英国内での権利関係を予め把握し、必要に応じ正規の商標権者より商標権使用許諾書を入手する必要があります。

III. 表示規定
繊維製品の名称や繊維製品の組成、関連するラベル表示やマークについては、EU規則1007/2011が2012年5月8日から施行されました。また、英国では同規則を受け、“Textile Products (Labelling and Fibre Composition) Regulations 2012”で繊維素材の構成比を明確に表示するように定められています。特に“Pure”という表現は、使用する繊維が1種類の製品に限られること、また繊維素材として表示してよい表現が綿(cotton)、ポリエステル(polyester)など49種類に限定されていることなどに注意を要します。洗濯取扱注意や低可燃性の表示などもGuide on the Textiles Products (Labelling and Fibre Composition) Regulations 2012で確認しておく必要があります。

IV. 輸入通関
英国の通関システムはCHIEF(Customs Handling of Import and Export Freight)と呼ばれ、 全ての輸入品に電子コードによる輸入申請制度が導入されており、EORI (Economic Operator Registration ID Number) あるいはAEO (Authorized Economic Operator)への登録により通関業務の迅速化も可能です。
輸入申請書SAD(Single Administrative Documents)C88に、所要事項を記載して歳入税関庁(HMRC)に提出します。なお、この輸入申請書C88はEU28ヶ国と様式が統一されており、HMRCのウェブサイトからダウンロードできます。

V. 関税ほか諸税
1. 衣料品輸入には適切な関税分類番号での申告が不可欠です。現地税関に不適切な申告とみなされる場合、輸入通関業務の遅滞の他罰則が適用されますので文末のClassifying textile apparel for import and exportを参照し、適正に申告してください。
2. 衣料品の関税は、MFN(最恵国)税率、LDC(後発開発途上国)税率、EPA税率に分かれ、日本製繊維製品にはMFN税率が適用されます。
3. 各国・地域からの輸入関税率はHSコード(税関分類番号)を特定し、文末の“世界の関税率”で照会ください。
4. 付加価値税(Value Added Tax: VAT)は、20%ですが、子供用衣類及び靴は0%です。

関係機関
歳入税関庁(HM Revenue and Customs)
関係法令 欧州議会・理事会規則(EU)No.1007/2011:繊維の名称と繊維製品の組成表示・ラベリングに関する規則(統合版)
欧州議会・理事会規則(EC)No.1907/2006:化学物質の登録、評価、認可および制限(REACH)に関する規則(統合版)

参考資料・情報
General Product Safety Regulations 2005
Guidance on the Textile Products (Labelling and Fibre Composition) Regulations 2012
Bringing goods into the UK
Classifying textile apparel for import and export
Customs Handling of Import and Export Freight: CHIEF
New Requirements for the Fire Safety of Children’s Nightwear: Nightwear Advisory Note
VAT Notice 714: zero rating young children's clothing and footwear
REACH規則と欧州既存商業化学物質リスト(EINECS)
世界の関税率 
衣料品の現地輸入規則および留意点:EU向け輸出

調査時点: 2015/12

記事番号: A-031207

関連情報

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。