海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

貿易・投資相談Q&Aのコンテンツ一覧 閉じる

閉じる閉じる

加工食品の現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

中国向け加工食品輸出の際の現地輸入規則および留意点について教えてください。

中国向け加工食品の輸出は主に「食品安全法」、「食品安全法実施条例」、「輸出入食品安全管理弁法」、「包装済食品ラベル通則」、「包装済食品栄養ラベル通則」等の関連法令および国家標準によって規制されています。主管部門は国家質量監督検験検疫総局(以下、国家質検総局)、国家食品薬品監督管理総局、国家衛生・計画生育委員会(以下、衛計委)、農業部およびその所属部門です。

菓子に関する国家標準は「菓子衛生標準」(GB7100-2003)、「食品微生物学に基づく微生物総数検査の測定」(GB4789.2-2010)等があります。

I. 中国への加工食品輸入時の規制
1. 輸出業者または代理業者の届出
輸出業者または代理業者は国家質検総局に届出しなければなりません。中国国内の輸入業者または荷受人は、貿易取引相手である輸出業者または代理業者の関連情報を記載した「輸入食品の国外輸出業者または代理業者届出情報表」を国家質検総局に提出します。中国国内の輸入業者または荷受人は、その記載内容が真実、正確であることを保証します。

2. 食品生産企業の登録
「輸入食品国外生産企業登録実施目録」に掲載されている対象品目を国外で生産する企業が中国に輸出する場合は、国家認証認可監督管理委員会に登録手続きをしなければなりません。
調査時点(2015年9月)では、肉類、水産品、乳製品が「輸入食品国外生産企業登録実施目録」に掲載されています。また、ツバメの巣の加工品も試行されています。

3. 輸入業者は国家質検総局に届出を申請しなければなりません[「輸入食品輸出入業者の届出に関する管理規定」の公布に関する広告(国家質検総局第55号)]。

4. 輸入する食品は食品安全の国家標準に適合していなければなりません。食品安全国家標準のない食品を輸入し、または新たな食品添加物や食品関連製品を初めて輸入する場合、輸入業者は衛生行政部門へ安全性評価書類を提出し、認可を受ける必要があります。

5. 食品生産者はその生産する食品が食品安全標準に適合しないことを発見した場合、直ちに生産を停止し、市場で販売されている食品をリコールしなければなりません。

II. 輸入検査申請、通関手続き
1. 通関書類
A. 中国国内の輸入業者は、輸入通関の際、税関、通関地の出入国検査検疫機関に以下の書類を提出する必要があります。

  1. 通関申告書
  2. 検査検疫申告書
  3. 輸入契約書
  4. 貨物引換証
  5. インボイス
  6. パッキングリスト
  7. 原産地証明書/適法生産販売証明の原本
  8. 欠陥製品リコール承諾書
  9. 中国語ラベル
  10. 中国語ラベル検査届出関連資料
  11. 関連批准書類
  12. その他輸入食品に付随する必要な証書、または証明文書等

B. 衛生証明書
日本から輸出される加工食品・菓子について、中国の輸入業者から「衛生証明書」の提供を要求されることがあります。しかし、「衛生証明書」の様式、発行者、証明内容等の詳細について、決まったルールはありません。「衛生証明書」を要求された製造業者や輸出業者は自社で作成した「衛生証明書」に商工会議所のサイン証明を取得して提供するケースが多いようです。他方、輸入業者から「衛生証明書」を要求されない場合もあります。事前に、中国での輸入業者と綿密な情報交換を行ってください。

C. 検査検疫機関または税関が求めるその他の証憑
入国検査検疫の際、出入国検査検疫機関が書類の審査を行い、必要に応じて実物検査を行います。合格の場合、出入国検査検疫機関は検査検疫合格証明を発行し、輸入業者は当該合格証明をもって通関の手続きを行います。不合格の場合、出入国検査検疫機関は不合格証明を発行します。安全、健康、環境保護にかかわる項目が不合格の場合は、検査検疫機構が当事者に廃棄を命令し、または返品処理通知票を発行して輸入業者に返送手続きをさせます。他の項目が不合格の場合は、検査検疫機構の監督の下、技術処理を行い、改めて検査を行います。

2. 出入国検査検疫機関の検査に合格し、関税および増値税が支払われた後、税関は出入国検査検疫機関が発行した「入国貨物通関書」に基づいて通関を許可します。

III. 中国国内販売時の留意点
包装済食品を中国で輸入する場合は、中国語のラベル、中国語の商品説明書を準備しておかなければなりません。食品ラベルは「包装済食品ラベル通則」(GB7718-2011)の要求を満たしている必要があります。

1. 製品表示(中国語ラベル)内容
製品には以下の情報を中国語で表示する必要があります。

  1. 加工食品の商品名
  2. 原材料(添加物を含む)名
  3. 製造年月日
  4. 賞味期限
  5. 原産地
  6. 保存方法
  7. 内容量
  8. 輸入企業名
  9. 輸入企業の所在地
  10. 輸入企業の電話番号等

2. 栄養成分表示

食品安全法には、栄養成分表示の義務を明記されていませんが、食品安全法の運用を規定する「包装済み食品栄養ラベル通則」(GB 28050-2011)に従って、準備しなければなりません。

表示が必要な栄養成分は、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物とナトリウムです。

上記5項目以外の栄養成分を自主的に表示する場合「包装済食品栄養ラベル通則」(GB 28050-2011)を参照してください。

なお、改正食品安全法(第67条)では、乳幼児用などの特殊用途食品の栄養成分表示を義務づけています。

3. ラベルの貼付
A. 中国語ラベルは必須です。ただし、必ずしも日本で貼付する必要はありません。輸出者が中国語のラベルを作成することが困難な場合、ラベルは輸入業者が作成します。輸入申告時に各商品に貼るラベル見本を提出します。問題なければ、輸入通関後に保税倉庫で各商品にラベルを貼ります。数量が多い場合は、事前に輸入業者からラベルを入手し、日本で貼付します。

B. 市販用に限らず、業務用原料品にも中国語表示が要求されます。

C. 日本語のラベルの上に中国語表示を貼ることは認められます。ただし、日本では通常、賞味期限日のみ表示しますが、中国語ラベルには製造年月日と賞味期限日、両方の日付を表示する必要があります。

D. ネット重量を表示する必要があります。「個包装紙込み」内容量は認められません。

E. 添加物は化学名まで詳しく記載しなければなりません。着色料、保存料などは日本で記載が要求されているものとほぼ同じです。

F. ラベルには食品の原産地および国内の代理業者の名称、所在地、連絡方法を明記する必要があります。バーコードは商業上不可欠です。

自社でラベルを作成するにあたっては、中国国内で実際に売られている類似品を参考にし、中国の法規に精通した輸入業者に食品ラベル表示の見本や原版の作成を依頼し、それに基づいて作成することをお勧めします。

あるいは、中国の輸入者にラベルのデータを作成して送付してもらい、日本で印刷して貼付するか、または、ラベルの実物をロール等で送付してもらい貼付することをお勧めします。シール貼付でも輸出は可能ですが、パッケージに必要な表示項目を印刷した輸出専用パッケージを作成することができれば理想的です。

また、2008年5月には包装済食品の栄養に関する情報を提供するための「食品栄養表示管理規範」が施行されました。さらに、2013年1月1日には「包装済食品栄養ラベル通則」(GB28050-2011)が実施されました。

また、醤油、食酢など特定の産品については、製法、保存方法などを規定した管理基準の規制を受けます。

4. 中国語説明書
従来、厳しく要求されてはいませんでしたが、「食品安全法」には規定されているため、今後の運用状況を確認してください。

IV. 食品添加物および遺伝子組換え
食品添加物(食用香料を含む)は、「食品添加剤使用基準」(GB2760-2014)、「復配食品添加剤通則」(GB26687-2011)およびその第1号修正表、「食品栄養強化剤使用衛生基準」(GB14880-2012)等の食品安全国家基準に合致しなければなりません。新規の食品添加剤の場合は、「食品添加剤新品種管理弁法」に従わなければなりません。遺伝子組み換え食品については、輸入時に承認を受けなければなりません(「農業遺伝子組み換え生物安全管理条例」等)。

日本で使用が認められている食品添加物は、ほぼ中国でも認められています。ただし、着色料の赤色104号や106号など、日本では認められていても中国では認められていない物質もあるため、注意が必要です。

中国の食品添加物規定に違反する添加物を使用している食品は輸入できません。その場合、積み戻し、あるいは焼却処分となります。

関係機関
中国国家質量監督検験検疫総局
中国国家食品薬品監督管理局
中国衛生・計画生育委員会
農業部

関係法令
中央人民政府:
食品安全法(中国主席令第21号 2015年4月24日 2015年10月1施行)
食品安全法実施条例(国務院令第557号、2009年7月20日公布、施行)
国家質量監督検験検疫総局:
輸入食品国外生産企業登録管理規定(国家質量監督検験検疫総局令第145号、2011年6月21日公布、2012年5月1施行)
輸出入食品安全管理弁法(国家質量監督検験検疫総局令第144号、2011年9月13日公布、2012年3月1日 行)
「輸入食品国外生産企業登録実施目録」の公布に関する国家質検総局の公告(国家質量監督検験検疫総局公告2012年第73号、2012年5月7日公布)
「輸入食品国外生産企業登録実施目録」の公布に関する国家質検総局の公告(国家質量監督検験検疫総局公告2013年第62号、2013年4月28日公布)
「輸入燕窝境外加工企業登録申請表(試行)」(国家認証認可監督管理局、2014年12月24日)
輸出入食品安全管理弁法(国家質量監督検験検疫総局令第144号、2011年9月13日公布、2012年3月1日施行)
「輸入食品輸出入業者届出管理規定」および「食品輸入記録と販売記録管理規定」の発表に関する公告(国家品質監督検査検疫総局公告2012年第55号、2012年10月1日施行)
日本から輸入する食品・農産品の検査検疫の監督管理を更に強化することに関する公告(国家質量監督検験検疫総局公告2011年第44号、2011年4月8日公布)
輸入食品輸出入業者届出システム
日本が中国に輸出する食品・農産品の検査検疫措置を調整することに関する通知(国質検食函[2011]411号、2011年6月13日公布)
国家衛生・計画生育委員会:
包装済食品ラベル通則(GB7718-2011、2012年4月20日施行)
食品中汚染物限量(GB2762-2012、2013年6月1日施行)
食品添加剤使用標準(GB2760-2014、2014年5月24日施行)
食品中放射性物質制限濃度標準(GB 14882-1994、1994年9月1日施行)
食品中農薬最大残留限量(GB2763-2014、2014年8月1日施行)
食品添加剤国家標準のリスト
ジェトロ:
中国改正食品安全法の概要(2015年8月)
食品安全法実施条例(仮訳)
包装済食品栄養ラベル通則(発表日2011年10月12日、施行日2013年1月1 日)
「輸入食品輸出入者届出管理規定」および「食品輸入記録と販売記録管理規定」の公布に関する公告(国家品質監督検査検疫総局公告2012年第55号、2012年10月1日施行)
輸出入貿易会社の登録制度に係る具体的作業方法
中国日本商会:
中華人民共和国食品安全法(改正版)

参考資料・情報
ジェトロ:
世界各国の関税率「 World Tariff
東日本大震災の国際ビジネスへの影響
農林水産省:
原発事故に伴う各国・地域の輸入規制

調査時点: 2015/09

記事番号: A-031003

関連情報

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。