1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 化粧品の現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

化粧品の現地輸入規則および留意点:中国向け輸出

質問

中国に化粧品を輸出します。現地での輸⼊規則および輸出者としての留意事項を教えてください。

回答

中国に化粧品を輸出する際、特殊化粧品に該当する場合は許可証の取得、一般化粧品に該当する場合は届出証を取得のうえ、税関の通関検査を受ける必要があります。詳細は以下のとおりです。

I. 化粧品の分類

「中華⼈⺠共和国化粧品監督管理条例」(以下「条例」という)の規定によると、化粧品とは塗擦、吹掛けその他これらに類似する⽅法により⾝体表⾯の⽪膚、⽑髪、⽖、唇などに使用させ、保護、美化、⼿直しの⽬的を果たす日用化学工業製品を指します。さらに化粧品は、「特殊化粧品」と「一般化粧品」に分類されます 。

  1. 特殊化粧品
    特殊化粧品は染髪⽤、パーマネント用、シミ取り⽤と美白、⽇焼け⽌め、抜け毛予防、および新たな効果のある化粧品が該当します。特殊化粧品を輸入する際、特殊化粧品許可証の取得が必要となります。
  2. 一般化粧品(中国語では「普通化粧品」という)
    特殊化粧品以外の化粧品は、一般化粧品に該当します。一般化粧品を輸入する際、一般化粧品届出手続を実施することが必要となります。

II. 輸入時の規制

  1. 特殊化粧品の輸入許認可申請

    中国に初めて輸⼊される特殊化粧品は、その⽣産者および代理⼈が、化粧品行政許可システム外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを通して国家薬品監督管理局(NMPA)に特殊化粧品許可証を申請・取得する必要があります。
    「条例」によると、特殊化粧品許可証の有効期限は5年間になります。申請に必要な書類および提出物は下記の通りです。

    1. 輸入特殊用途化粧品行政許可申請表
    2. 製品の中国語名称およびの命名根拠
    3. 製品の成分
    4. 生産工程の要約と略図
    5. 製品品質安全コントロール要求
    6. 製品のオリジナル包装(製品ラベル、製品説明書を含む);中国市場専用の包装をデザインする予定のある場合、そのデザイン包装も同時に提出すること(製品ラベル、製品説明書を含む)
    7. 国家薬品監督管理局が認めた検査機構より発行された検査報告および関連資料
    8. 製品に含まれる安全上のリスクがある物質に対しての安全性リスク評価資料
    9. 育毛、シェイプアップ、豊胸などの製品を申請する場合、効能成分および使用根拠に関する科学的文献資料
    10. および届出済みの行政許可在中国申告責任者の授権書のコピーおよび行政許可在中国申告責任者の営業許可証のコピー(公印の押印が必要)
    11. 化粧品使用原料および原料供給地が狂牛病感染地域の高リスク物質使用制限の要求に適合する承諾書
    12. 製品が生産国(地域)または原産国(地域)において生産および・販売されている証明および文書。製品が⽇本において⽣産および販売を認可されたことの証明⽂書は、⽇本化粧品⼯業連合会が発⾏する証明書を使⽤できます。
    13. その他行政許可に必要な資料
    14. 検査機構より厳封され、かつ未開封の市場販売サンプル1点

    輸⼊特殊⽤途化粧品許可証取得までにかかる期間の⽬安は、6ヵ⽉です 。
    参考リンク:輸入特殊用途化粧品行政許可手続きおよび提出資料外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  2. 一般化粧品届出手続
    中国に輸入される一般化粧品は、その生産者および代理人が、非特殊用途化粧品届出システム外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを通して輸⼊非特殊用途化粧品届出を実施する必要があります。届出のために提出が求められる資料は、下記の通りです。
    1. 輸入非特殊用途化粧品届出申請表
    2. 化粧品の中国語名称の命名根拠
    3. 製品配合成分
    4. 製品品質安全コントロール要求
    5. 製品のオリジナル包装(製品ラベル、製品説明書を含む);中国市場専用の包装をデザインする予定のある場合、そのデザイン包装も同時に提出すること(製品ラベル、製品説明書を含む)
    6. 国家薬品監督管理局が認めた検査機構より発行された検査報告および関連資料
    7. 製品に含まれる安全上のリスクがある物質に対しての安全性リスク評価資料
    8. 届出済みの行政許可在中国申告責任者の授権書のコピーおよび行政許可在中国申告責任者の営業許可証のコピー(公印の押印が必要)
    9. 化粧品使用原料および原料供給地が狂牛病感染地域の高リスク物質使用制限の要求に適合する承諾書
    10. 製品が生産国(地域)または原産国(地域)において生産・販売されている証明文書。製品が⽇本において⽣産および販売を認可されたことの証明⽂書は、⽇本化粧品⼯業連合会が発⾏する証明書を使⽤できます。
    11. その他行政許可に必要な資料
    12. 検査機構より厳封され、かつ未開封の市場販売サンプル1点

    参考リンク:輸入普通用途化粧品届出手続きおよび提出資料外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

    なお、新たに公布された「化粧品許可届出管理弁法」は2021年5月1日から施行されますので、その際に特殊化粧品の輸入許可申請手続および一般化粧品届出手続と必要資料について、国家薬品監督管理局に確認をお勧めします。

  3. 輸入業者の条件
    化粧品を中国に輸⼊するには、「輸出入」という経営範囲、「対外貿易経営者」の届出、および「輸入化粧品の輸出入業者」の届出が必要となりますが、その他にも上記特殊化粧品許可証あるいは一般化粧品届出証を申請しなければなりません。当該許可/届出の申請者は、海外の輸入化粧品生産企業となりますが、中国で登記された独立法⼈格を有する企業を同許可/届け出の在中国申告責任者として任命の上、申請代理業務を委託しなければなりません。また、海外の化粧品生産企業は、同一製品の取り扱いを複数の在中国申告責任者に依頼することはできず、在中国申告責任者以外が当該化粧品を輸入することもできません。
  4. ラベル表示

    化粧品のラベルには、下記の内容の明記が必要です。

    1. 製品の名称
    2. 生産企業、輸入業者の名称、住所
    3. 特殊化粧品許可証番号または一般化粧品届出証番号
    4. 成分
    5. 内容量
    6. 使用期限、使用方法、および必要な注意喚起
    7. 法律法規、および強制国家標準の規定による記載すべきその他の内容

    なお、化粧品ラベルには、以下の内容を記載することが禁止されます。

    1. 医薬品的な効能効果の明示または暗示
    2. 虚偽または誤解を招く内容
    3. 公序良俗に違反する内容
    4. 法律法規による禁止すべきその他の内容

化粧品の最小販売単位にはラベルが必要です。輸入化粧品には、中国語のラベルが必要であり、直接に中国語のラベルを使用することが可能で、または元の日本語ラベルの上に、中国語ラベルを重ねて貼り付けることも可能です。なお、ラベルは、化粧品の販売パッケージに印刷または貼り付け、もしくは別紙で同封することも可能です。中国語ラベルを重ねて貼り付ける場合、中国語ラベルの内容は元のラベルの内容と一致しなければなりません。化粧品ラベルは国家標準「消費品使用説明化粧品通用ラベル」(GB5296.3-2008)に適合しなければなりません。

III. 電子商取引(越境EC)による規制

中国政府は「越境電⼦商取引による⼩売輸⼊の税収政策に関する通知」(財関〔2016〕18 号) を発表し、2016年4⽉ 8⽇から実施しました。同通知では、越境EC でも利⽤されることが多い中国国内の保税区を活⽤した取引、いわゆる「保税区モデル」についてポジティブリスト⽅式が導⼊されました。このポジティブリスト⽅式では「越境電⼦商務⼩売輸⼊リスト」に掲載された品⽬のみが越境ECの対象品⽬とされます。

旧制度では、中国市場で販売されていなかった商品も越境EC を通じて輸⼊できましたが、現在は上記リストにない商品は越境EC の対象外とされ、⼀般貿易に関する税制や輸⼊⼿続きが適⽤されます。2020年1⽉1日から新たに実施されたポジティブリストの掲載品⽬は、⾷品、⾐類、紙おむつなどの計1,413品⽬です。リスト掲載品⽬については、「越境電⼦商取引による⼩売輸出⼊への監督管理にかかる通達」(税関総署公告(2018)194号)に従って所轄税関による監督管理を受けることが必要になります。越境EC制度の対象となる場合は暫定的に通関時の許可証(届出証)管理が行われず、税制上の優遇もあります。「越境電⼦商務⼩売輸⼊リスト(2019年版)」により、越境EC政策に適用する輸入化粧品は許可証管理の対象外です。

関係機関

中国国家食品薬品監督管理総局外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
中国税関総署外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
日本化粧品工業連合会外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

関係法令

国務院:
化粧品監督管理条例(国務院令第727号、2021年1月1日施行)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
中国財政部:
越境電⼦商務⼩売輸⼊リスト(2019年版)(2020年1月1日より施行)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
中国税関総署:
税関総署は越境電⼦商取引による⼩売輸出⼊への監督管理にかかる通達(税関総署公告(2018)194号、2019年1月1日施行)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国家薬品監督管理局:
国家薬品監督管理局は「化粧品監督管理条例」の実施に関する事項の公告(2020年第144号) 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
税関総署:
輸出入化粧品検査検疫監督管理弁法(2018年11月改正施行)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
国家市場監督管理総局:
化粧品許可届出管理弁法(国家市場監督管理総局令第35号、2021年5月1日施行)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

関連リンク

ジェトロ:
貿易・投資相談Q&A「中国における越境ECの概要と留意点:中国向け輸出」

調査時点:2014年10月
最終更新:2021年2月

記事番号: A-030115

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。