1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. アルコール飲料の現地輸入規則および留意点:インド向け輸出

アルコール飲料の現地輸入規則および留意点:インド向け輸出

インドにアルコール飲料を輸出します。現地での輸入規制と輸出者として留意すべき事項があれば教えてください。

インドではアルコール飲料の輸入は自由で、許可は不要ですが、輸入業者は食品安全基準管理局(Food Safety and Standards Authority of India: FSSAI)が発行するライセンスを取得しなければなりません。また、州ごとの物品税法(Excise Act)により、アルコール飲料の卸売り・小売りが規制されています。外国人による小売りは許可されません。アルコール飲料の販売者は州ごとにその州内での酒類販売ライセンスを取得し、さらに、輸入酒を販売するためには、各州の物品税局長から特別許可を取得しなければなりません。

I. 食品安全基準法(The Food Safety and Standards Act, 2006)等による規制

「食品安全基準法」および「食品安全基準施行規則(The Food Safety and Standards Rules, 2011)」に基づいて、食品の生産、販売、輸出入を管理しています。また、食品の加工、製造、輸出、輸入に携わる事業者は、FSSAIが定めた規則を遵守しなければなりません。

II. 輸入手続き

  1. 輸出入業者コードの取得
    インドで輸入業を行う際には、まず、輸出入業者コード(Importer-Exporter Code: IEC) の取得が必要です。取得方法は、各管轄地域の商工省商務局外国貿易部(Directorate General Foreign Trade: DGFT)事務所、またはDGFTのウェブサイトから申請可能です。
  2. FSSAI発行のライセンスの取得
    食品安全基準(ライセンス・登録)規則2011により、食品事業者は2013年2月4日以降有効なライセンスがない場合、食品事業を始められません。輸入業者の場合、FSSAIのライセンス担当官(Central Licensing Authority)にライセンスの申請をします。ライセンスの許可手続きに最低60日かかります。
  3. 輸入通関に必要な書類

    インドでの輸入通関には以下の書類が必要です。

    1. B/L (輸入者のIEC/Import Export Codeの表記が必要)
    2. インボイス
    3. パッキング・リスト
    4. 商品説明書、分析表
    5. 保険証券(保険価格表示があるもの)
    6. 輸入申告書(Importers/CHA's declaration)
    7. GATT申告書(GATT valuation declaration form)
    8. 輸入ライセンス(FSSAIの検査官に提示を求められる場合がある)
  4. 通関検査
    通常の食品検査では、港に配置されたFSSAIの検査官により品質と食品安全基準の確認が行われます。問題なければ、税関は積荷の5〜20%を抜き取り検査し、最後に全品のラベル検査が行われFSSAIの検査官により確認された後、貨物が引き渡されます。港にFSSAIの検査官が配置されていない場合は、税関がサンプルを抜き取り、近くの指定試験所に送付します。アルコール飲料の場合、保税倉庫でのラベルの小さな瑕疵の修正は暫定的に認められています。

III. ラベル・容器に関する規制

アルコール飲料の容器に関する全国レベルでの規制はなく、各州政府が物品税法により、ラベルと容器に関する規制を行っています。その一般的内容は次のとおりです。

  1. 容器基準
    750ミリリットル、375ミリリットル、180ミリリットルの3種類、ビールでは、650ミリリットル(通常のサイズ)、330ミリリットル(缶)の2種類。他に1,000ミリリットルと500ミリリットル容器を用意している特定ブランドがあります。
  2. ラベル表示

    「食品安全基準(包装およびラベル)規則2011」、「法定度量衡法2009と法定度量衡(包装済み商品)規則2011」、および「2000年11月24日付商工省通達No.44」等に基づき、以下のラベル表示が義務づけられています。

    輸入アルコール飲料に対しては、以下の内容が必要です。

    1. 製造業者・インド輸入業者の会社名と住所
    2. 名称(ウイスキー、ワインなど)
    3. 原材料の名称
    4. 正味量
    5. 食品添加物の明細
    6. 製造または包装の年月日
    7. 製造ロット番号
    8. ボトルの上限小売価格(Maximum retail price: MRP)
    9. アルコール度数
    10. 賞味(消費)期限(ただし、ワイン、酒類およびアルコール度数が10度以上の飲料については賞味期限を表示する必要はない)
    11. 原産国
    12. その他、全てのラベルに“飲酒は健康を損ねる恐れがあります”の文言記載が必要

    ラベルは英語またはヒンズー語で表示されねばなりません。また、包装された食品については、有効保存期間が60%以上残されていなければなりません。

IV. 関税・内国税

日本・インド包括的経済連携協定が2011年8月1日に発効し、この協定によりインドは日本からの輸入品の一部で関税撤廃や引き下げを行いますが、アルコール飲料は対象外です。

  1. 関税率
    1. HS 2203(ビール)に対する関税には、「基本関税(Basic Custom Duty-BCD)」100%のほか、「教育目的税(Education Cess)」3%および、「特別追加関税(Additional Duty of Customs-ADC)」4%があります。
    2. HS 2204(ワイン)、HS 2205(ワイン)、HS 2206(醸造酒、日本酒)、HS 2208(焼酎)に対する関税には、基本関税150%および特別追加関税4%があります。HS 2208(焼酎)に対する教育目的税は免除されています。

    また、全ての品目につき相殺関税(Additional Duty of Excise: ADE、国内の物品税と同率)は免除されています。

    インドの関税の計算方法は複雑です。計算方法の詳細については、参考情報の「インド:関税制度」の項をご参照ください。

    なお、特別追加関税については、支払い税額分を事後に還付する制度が導入されましたので、輸入者は当該輸入製品を販売する際に発行するインボイスに、通関時に支払った特別追加関税を明記しておき、還付請求時に使用することになります。

  2. 売上税(Sales Tax)・付加価値税(VAT)
    各州政府により、その州内での酒類の販売に対して州売上税または付加価値税が課せられます。ただし、州を越えて販売する場合は中央売上税(Central Sales Tax)が課せられます。
    VATの基本税率は12.5%から14.5%ですが、アルコール飲料は20%です。ただし、適用される税率は各州によって異なります。
  3. 物品税(Excise Tax)
    各州政府が物品税率の決定と課税を行います。アルコールに関する物品税については、ニューデリーの中央政府や商工会議所等でもその情報は無く、各州でも公表していません。

V. 原発事故に伴う規制

2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故により、インドへ輸出される全ての日本産食品に対してインドにてサンプル検査が実施されていましたが、平成28年2月26日から全て解除されています。

VI. 留意点

  1. ラベリングを適切に行うこと。ラベリングは輸入者の責任であり、規制に適合したラベルを輸入品の通関以前に適切な方法で取り付けることが必要です。
  2. 移動の際、破損しないようにパッケージを強固にすること。
  3. インドでは関税に関する法制が頻繁に改正され、また、州ごとに税制が異なり、売上税や、州を越える物流に対して課税される税制があるなど複雑です。インドへの輸出に際しては現地税制に詳しい専門家に相談することも必要です。

関係機関

中央間接税・関税局(Central Board of Excise and Customs)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
インド食品安全基準管理局(Food Safety and Standards Authority of India: FSSAI)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
商工省商務局外国貿易部(Directorate General Foreign Trade, Department of Commerce, Ministry of Commerce and Industry: DGFT)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
保健家族福祉省(Ministry of Health and Family Welfare)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
消費分配省消費者局(Department of Consumer Affairs, Ministry of Consumer Affairs, Food, and Public Distribution)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

関係法令

法定度量衡法2009(Legal Metrology (LM) act, 2009)
Consumer Affairs Department:
法定度量衡(包装済み商品)規則2011(Legal Metrology (packaged commodities) rules, 2011)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

インド食品安全基準管理局(FSSAI):
食品安全基準法PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(321KB)
食品安全基準(食品事業者登録およびライセンス)規則2011PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(169KB)
食品安全基準(包装およびラベル)規則2011PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(82KB)
食品安全基準(食品規格および食品添加物)規則2011PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(200KB)
商工省通達(ラベル表示項目:Notification No. 44(RE-2000)/1997-2002),Department of Commerce, Ministry of Commerce and Industry)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
商工省通達(Shelf lifeについて:Notification No. 22(RE-2001)1997-2002, dated July 30, 2001, Department of Commerce, Ministry of Commerce and Industry)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

参考資料・情報

インド食品安全基準管理局:
アルコール飲料の分析方法PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(2.21MB)

インド中央間接税・関税局:
基本関税率 Tariff2015-2016外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

ジェトロ:
インド:関税制度

農林水産省:
原発事故に伴う各国・地域の輸入規制 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

調査時点:2016/11

記事番号: A-030104

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。