1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. 雑貨・玩具輸出における、輸入禁止または輸入規制品目:シンガポール向け輸出

雑貨・玩具輸出における、輸入禁止または輸入規制品目:シンガポール向け輸出

シンガポールに雑貨・玩具等を輸出したいと考えていますが、同国で輸入禁止ないしは輸入規制品目に該当しますか。

シンガポールでは一部の品目を除き、輸入規制はありませんが、輸入の際に輸入許可が必要な品目があります。

I. 定義

雑貨と玩具はかなり広範囲にわたり、明白な定義付けは困難ですが、一般的には次のように定義されます。

  1. 雑貨とは、日常生活に必要な細々した品物をいう。
  2. 玩具とは、遊びに使われる物品や道具をいう。

II. 輸入禁止品目

シンガポールで輸入禁止される雑貨や玩具と考えられる商品は、上記の定義から判断して次のとおりです。

  1. ピストルおよびリボルバーピストル形のタバコ用ライター
  2. クラッカー(爆竹)花火
  3. 口腔医科用または薬用を除くチューイングガム
  4. 加工済みか、または非加工を問わない「サイ」の角、およびその粉末
  5. ワシントン条約上の絶滅のおそれのある野性動植物の製品

III. 輸入規制品目

輸入規制される雑貨・玩具品は、次のとおりです。各々輸入許可が必要です。

  1. 記録済みのカセットテープ、オーディオCD、DVD、映画用フィルム、ビデオ・レーザーディスク、音楽レコード、印刷発行物など
    Infocomm Media Development Authority(IMDA: 情報通信メディア開発庁)へ輸入許可を申請します。
  2. 薬用チューイングガム、
    Health Products Regulation Group(健康用品管理局)へ輸入許可を申請します。
  3. 口腔医科用チューイングガム
    Cosmetic Control Unit(化粧品管理局)へ輸入許可を申請します。
  4. 陶器や鉛ガラス製の食器類
    Agri-food and Veterinary Authority(農産・畜産物庁)へ輸入許可を申請します。
  5. 玩具の鉄砲、ピストル、レボルバーピストル
    Arms and Explosives Licensing Division(A&E)武器爆発物許可局へ輸入許可を申請します。
  6. 玩具のトランシーバー
    Infocomm Media Development Authority(IMDA: 情報通信メディア開発庁)へ輸入許可を申請します。
  7. ストロットマシーン、ジャックポットなどの機械
    シンガポール警察ライセンス取締部へ輸入許可を申請します。

IV. 輸入手続き

シンガポールでの輸入手続きの概要は、次のとおりです。
輸入者は、通関業者等が接続しているトレードネット(TradeNet)と呼ばれる電子データ交換システム(EDI)を使用して税関へ輸入申告をします。このシステムは、2007年10月に運用が開始され、クリムゾンロジック社 (CrimsonLogic Pte. Ltd.)が運営しています。輸入申告後、問題がなければ税関の輸入通関許可(Import Clearance Permit)が同社から通知されます。輸入者は同社を通して関税と財・サービス税(Goods and Service Tax: GST)を納付します。

V. 消費者保護(消費財安全条件)規則2011

  1. シンガポールの貿易産業省(Ministry of Trade & Industry)は、2011年4月1日に消費者保護(消費財安全条件)規則2011〔Consumer Protection(Consumer Goods Safety Requirement)Regulations 2011: CGSR〕 を発効し、その行政官庁としてStandard, Productivity, and Innovation Board(SPRING Singapore)を設立しました。この規則は、現在特定法規によって管理されていない一般消費財の安全性を強化して消費者の生活を危険から守り、結果としてシンガポール企業の成長支援と、シンガポール製品・サービスの信頼性の構築を目的としています。CGSRでは、消費財は各種の国際標準に準拠することを規定しています。シンガポール市場で安全性の問題が発見された時には、SPRING Singaporeは販売者に対して消費者への周知と市場からの回収を指示します。CGSRは販売後の市場監視をしています。
  2. CGSRの管理対象となる主な消費財は、次のとおりです。
    1. 子供用品:歩行器、ベビーベッド、哺乳びん加温器、不燃PVC子供用品
    2. 玩具類:玩具の鉄砲やピストル、風船、ビルディングブロック、ガラガラ玩具
    3. 家具類:マットレス、寝具や高椅子
    4. 安全要求スキーム(CPS Scheme)の管理下にない電気・電子製品、ガス器具:
      衣類乾燥機、マッサージいす、ガス湯沸器、皿洗機、バーベキュー・コンロ
    5. スポーツ・レクレーション用品:自転車、ジムトレーニング器具、トランポリン
    6. その他:衣類、文房具など
  3. 輸入規制される雑貨・玩具品とCGSRの関係
    雑貨や玩具品を輸入規制する諸規則とCGSRは、直接の関係はありません。しかし、例えば輸入許可を受ける玩具の鉄砲、ピストルやレボルバーピストルや玩具のトランシーバーなどは、輸入通関後にシンガポール市場で販売される際、また販売後もCGSRによりその安全性が管理されることになります。
    なお、食品、食器類、化粧品、医療器具、漢方薬、自動車、ドライバーヘルメット、チャイルドシートなどの消費財は、既存の法規によって管理されていますから、CGSRの管理は受けません。

関係機関

駐日シンガポール大使館外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
駐日シンガポール大使館商務部(シンガポール国際企業庁)
E-maill:tokyo@iesingapore.gov.sg
(TEL 03-3539-2266/FAX 03-3597-8320)
Media Development Authorty外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Imfocomm Media Development Authority 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Health Sciences Authority外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Agri-food and Veterinary Authority外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Singapore Customs外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Singapore Police Force外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
SPRING Singapore外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
TradeXchange(TradeNet)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
CrimsonLogic Pte. Ltd(クリムゾンロジック社)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

関係法令

SPRING Singapore:
Consumer Protection(Consumer Goods Safety Requirement)Regulations 2011(CGSR)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(118KB)

調査時点:2017/3

記事番号: A-001048

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。