経済動向

最終更新日:2015年02月06日

  • 2019年7月4日

    VAT初年度の歳入は270億ディルハム(アラブ首長国連邦)

  • 2019年6月28日

    2018年のドバイ貿易額は前年並みの1兆2,996億ディルハム(アラブ首長国連邦)

  • 2019年5月31日

    中央銀行、2019年の成長見込みを下方修正(アラブ首長国連邦)

  • 2019年5月10日

    ドバイの2018年の対内直接投資が前年比41%増(アラブ首長国連邦)

  • 2019年3月14日

    2019年の経済成長率、3.5%に加速の見通し(アラブ首長国連邦)

  • 2019年2月19日

    VAT導入などで2018年のCPI上昇率は3.1%(アラブ首長国連邦)

  • 2019年1月15日

    ドバイ政府、2019年予算を568億ディルハムと発表(アラブ首長国連邦)

  • 2018年8月16日

    2018年上半期のドバイ来訪者はほぼ横ばいの810万人(アラブ首長国連邦)

  • 2018年8月1日

    ワーナーブラザーズワールド・アブダビが開業(アラブ首長国連邦)

  • 2018年7月18日

    アラブ諸国、中国と多分野での連携強化に期待(中国、アラブ首長国連邦、クウェート)

  • 2018年5月8日

    安倍首相がUAE訪問、12分野での協力強化目指す(日本、アラブ首長国連邦)

  • 2018年4月19日

    第8回投資会議がドバイで開催(アラブ首長国連邦、エジプト)

  • 2018年2月6日

    ドバイの2018年度予算は2年連続の赤字-万博関連支出などで歳出・歳入とも過去最大に-(アラブ首長国連邦)

    2018年度(1月1日~12月31日)のドバイ首長国予算が承認された。歳入は前年度比12.5%増の504億ディルハム(約1兆5,120億円、1ディルハム=約30円)、歳出は前年度比19.5%増の566億ディルハムと、ともに過去最大になり、GDP比1.55%に当たる62億ディルハムの赤字を見込む。赤字予算は2年連続で、赤字幅は前年度より拡大している。

  • 2018年1月30日

    成長率は3.4%に回復、協調減産の再延長が懸念材料-2018年の経済見通し-(アラブ首長国連邦)

    IMFは2018年のアラブ首長国連邦(UAE)の実質GDP成長率を3.4%とし、原油の協調減産の影響を受けた2017年の1.3%から回復し、堅調に成長すると見込んでいる。非石油部門は3.4%の成長を維持し、石油部門は2017年のマイナス2.9%から3.2%に回復する見込み。ただし協調減産の再延長決定により、石油部門を中心に下方修正される懸念はある。

  • 2018年1月19日

    5%のVAT導入、釣り銭で混乱も(アラブ首長国連邦)

    アラブ首長国連邦(UAE)とサウジアラビアは1月1日、他の湾岸協力会議(GCC)諸国に先駆けて付加価値税(VAT)を導入した。UAEでは制度への理解不足、釣り銭に必要な小額硬貨の不足もみられ、しばらくは混乱が続きそうだ。

  • 2017年10月24日

    UAE投資セミナーを東京・大阪・福岡で開催-中小企業やイノベーション交流での連携に期待-(日本、アラブ首長国連邦)

    ジェトロは10月10~13日、中小企業庁、在日アラブ首長国連邦(UAE)大使館、関係機関と連携し、東京、大阪、福岡で「アラブ首長国連邦(UAE)投資セミナー~最新経済情勢とビジネス環境~」を開催した。UAEの経済省や法律事務所による最新の同国経済開発計画と進出の留意点のほか、ジェトロからも日系企業のビジネス事例や事業紹介を行い、3会場で計200人が熱心に耳を傾けた。

  • 2017年8月1日

    サウジアラビアがたばこや炭酸飲料などに物品税を導入-湾岸諸国で初、歳入増と市民の健康増進を狙う-(アラブ首長国連邦、サウジアラビア、湾岸協力会議<GCC>)

    湾岸協力会議(GCC)諸国は、たばこおよびその関連製品、エナジードリンク、炭酸飲料への物品税の導入で合意している。他国に先駆けてサウジアラビアで6月に導入され、アラブ首長国連邦(UAE)などでも2017年内の導入に向けた法整備が進んでいる。

  • 2017年6月8日

    ドバイ博に向け、中小企業含む日本企業の参画を期待-現地でセミナーを開催-(アラブ首長国連邦)

    ジェトロは5月15日、2020年に予定されているドバイ万国博覧会の概要およびビジネスチャンスについて、博覧会事務局の担当者を講師とするセミナーをドバイで開催した。セミナーには日本企業の85人が参加し、博覧会事務局5人とのネットワーキングを行った。

  • 2017年6月6日

    サウジ、UAEなどがカタールとの国交を断絶-日本企業のビジネスにも影響-(アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、カタール、バーレーン)

    サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンおよびエジプトは6月5日、カタールとの国交断絶を発表した。現時点で想定される、日本企業のビジネスへの影響について報告する。

  • 2017年6月5日

    「一帯一路」構想への支持を強調-主要各紙の論調-(中国、アラブ首長国連邦)

    アラブ首長国連邦(UAE)の主要紙は、中国政府が5月に北京で開催した「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラムについて、連日にわたり複数の記事を掲載した。同フォーラムの概要や成果を伝えるとともに、UAEが「一帯一路」構想を支持していることを強調した。

  • 2017年5月26日

    日本のアニメ・漫画、98.2%が「好き」と回答-ドバイのポップカルチャーイベントでアンケート調査-(アラブ首長国連邦)

     ジェトロは4月6~8日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催された中東・北アフリカ地域最大のポップカルチャーイベント「中東フィルム・コミックコンベンション2017(MEFCC2017)」にジャパンパビリオンを出展した。期間中に実施した、日本のアニメ・漫画に関するアンケートの結果を報告する。

  • 2017年3月15日

    2016年のCPI上昇率は1.6%、物価落ち着く(アラブ首長国連邦)

     アラブ首長国連邦(UAE)の2016年の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比1.6%だった。同国のCPI上昇率は、2009年の経済危機ドバイ・ショック以降2013年まで低水準で推移した後、不動産部門の回復などにより2014、2015年は上昇傾向にあったが、2016年は物価に落ち着きがみられた。

  • 2017年3月3日

    医療ツーリズムや病院ビジネスに注目-医療機器展示会「アラブヘルス」にみる中東市場(2)-(アラブ首長国連邦)

     中東諸国の医療機器市場は年率10%前後で拡大している。サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などでは、政府が医療市場の拡大を経済成長の柱にしようとしている。この拡大する市場を狙って、ドバイで1月30日~2月2日に開催された医療機器展示会「アラブヘルス(Arab Health)」には、世界中から医療機器メーカーや代理店、医療従事者、政府・業界団体の関係者らが集まった。連載の後編。

  • 2017年3月2日

    乳がん検診や糖尿病予防関連に商機-医療機器展示会「アラブヘルス」にみる中東市場(1)-(アラブ首長国連邦)

     中東最大の医療機器展示会「アラブヘルス(Arab Health)」が1月30日~2月2日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開催された。各国から医療機器メーカーや販売代理店、医療従事者、政府・業界団体の関係者らが一堂に会した。展示会の模様と拡大する中東の医療市場について、2回に分けて報告する。

  • 2017年1月11日

    成長率は2.5%とIMF予測、前年と同水準か-2017年の経済見通し-(アラブ首長国連邦)

     IMFによると、2017年のアラブ首長国連邦(UAE)の実質GDP成長率は2.5%と2016年の2.3%とほぼ同水準になる見込み。減産合意の実効性などで原油価格がどう推移するかにもよるが、石油部門、非石油部門ともに前年の水準を維持する見込み。

  • 2016年12月16日

    中東・北アフリカでの模倣品対策の促進へ意見交換やセミナー-知財保護フォーラムが官民合同ミッション派遣-(アラブ首長国連邦、エジプト)

     国際知的財産保護フォーラム(IIPPF)は11月12~22日の日程で、アラブ首長国連邦(UAE)とエジプトにミッションを派遣した。両国政府関係機関と意見交換するとともに、UAEではドバイ警察や経済省などで構成される首長国知的財産協会(EIPA)の年次総会で講演を行い、エジプトでは日系企業5社が参加して、アフリカ大陸で初めてとなる政府職員向けの真贋(しんがん)判定セミナーを開催した。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。