1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. イタリア
  5. マーケティング情報
  6. イタリアの繊維雑貨市場概況(2011年)
市場・トレンド情報

イタリアの繊維雑貨市場概況(2011年)

2012年3月
分野:ファッション

バッグ

イタリア皮革製品メーカー協会(AIMPES)によれば、バッグ、皮小物マーケットの概況は次のとおりである。
イタリアのバッグ・皮革小物業界は、2011年、輸出が金額ベースで前年比30%増加したが、イタリア国内市場での売上げは3.3%減少した。
国際進出が進んでいる企業は、「メイド・イン・イタリー」のラグジュアリーの魅力を前面に出し、好調である。しかし、中級品から低級品で、国内市場向けに出荷しているメーカーは困難な状況に陥り、会社規模を縮小する傾向にある。
このような縮小傾向の中でトスカーナ州、特にフィレンツェ地区は、違った動きが見られる。ラグジュアリーメーカーと、“手の届くラグジュアリー”メーカー、そして高い技能を持つ職人たちが、完全に連携し、小企業は下請けとして仕事を受けるか、もしくは彼らの持つ高い製造技術をいかした製品を直接市場に販売している。
このように、トスカーナ州では、他の皮革製品の生産エリアとは正反対の傾向を示しており、手工芸の高度な技術を持つ職人の不足が製造分野で顕在化している。
イタリア国立統計局(ISTAT)は、2012年の国内総生産は0.5%減少すると予測した。2011年下半期がマイナス成長ネだったこともあり、2012年皮革小物産業の伸びを予測することは難しくなっている。イタリアの内需に関しては、1家庭当たりの消費が減少が予想される。また、政府の緊縮政策の実施による内需落ち込みも予想される。

国内生産
勢いのある輸出状況により、2011年の生産はやや増加した。
2011年の売上げ(予測値)は、45億ユーロ。前年比で20.4%増加。
輸出概況
2011年11月末の時点で、1月から11月までの輸出は金額ベースで、前年同期比30%増の38億ユーロ。11月の時点で2010年の輸出総額を超えた。この伸びは、中の上からの高級ゾーンの製品の売上げがプラス要因となった。
「婦人用バッグ」は、前年同期比で、金額ベースで34%増加し、輸出高は24億ユーロとなった。また、財布など「皮革小物」の伸びも著しく、前年同期比で、金額ベースで32%増加し、輸出高は6億2,800万ユーロとなった。他の製品カテゴリーで伸びが著しいのは、「トラベル用バッグと旅行用洋品」で、同19%増となった。
輸出製品を素材別でみると、全体の72%が皮革製。「皮革製」の輸出高は前年比で37%増加した。その他の素材の伸び率は14%に留まった。この傾向は、クオリティの高い、高級な「メイド・イン・イタリー」製品への需要が高まっていることを示している。「手のとどくラグジュアリー製品」(上質な素材とデザインが加味された製品)と「高級ブランド製品」は、世界に広く輸出されており、イタリアのバッグ・皮革小物輸出高の約14%を占める。
輸出先
イタリアからのバッグ・皮革小物輸出の顕著な成長は、新興マーケットにささえられているといえる。米国、日本、旧西側ヨーロッパなどの成熟市場では、経済危機などにより、顕著な伸びは見込めない。
輸出先別にみた、2010年から2011年の輸出高の伸び率が顕著な国は以下の通り。
  1. 中国  97.50%増
  2. シンガポール 72%増
  3. 香港 61%増
  4. アラブ首長国連邦  51%増
  5. トルコ  50%増
  6. 韓国 41.80%増
  7. ロシア  11%増
香港は別にデータが取られているが、香港から中国本土に製品が入ることを考慮すると、中国の伸び率はさらに著しいものとなる。
その他、やや伸び率が高い国は以下の通り。
  1. 米国   29%増
  2. スペイン 16.9%増
  3. ドイツ  16%増
  4. 日本   14.5%増
  5. 英国   14.5%増
<中国市場について>
金額ベースで前年比97%増を記録した中国。数量ベースでは72%増にとどまった。イタリアから輸出する製品の単価は上がっている。
2011年1月から11月までのイタリアから中国への輸出高は、9,960万ユーロ。そのうち、67%が「婦人用バッグ」によるもので、主に皮革製の製品である。
同カテゴリーの中国向け輸出は、前年同期比で123.70%の伸び率を示した。
このデータは、中国人女性が、高級ブランド品やクオリティの高い製品を求める傾向が高まっていることを示している。
輸入概況
2011年1月から11月までの、バッグ・皮革小物のイタリアへの輸入は、前年同期比で12.5%増加した。輸入総額は約18億4,500万ユーロ。うち約50%が「婦人用バッグ」の輸入だった。
輸入元国は上位から
  1. 中国
  2. フランス
  3. スイス
  4. ルーマニア
  5. ベルギー
  6. ドイツ
  7. インド
  8. オランダ
  9. スペイン
  10. ベトナム
  11. 香港
フランスからの輸入が増加し、それは高級品の輸入が増えたことが要因となっている。

靴下

イタリアのファッション業界団体であるシステマ・モーダ・イタリア(SMI)によれば、靴下マーケットの概況はつぎのとおりである。
2010年のイタリア靴下産業の売上げは16億1,300万ユーロで、前年比2.3%増だった。輸出高は9億3,400万ユーロで、同4.7%増。輸入は3億4,400万ユーロで、同2.7%増。
イタリア国内市場での最終消費者への売上げは14億5,600万ユーロ。前年比1.2%減だった。

輸出概況
SMI(システマ・モーダ・イタリア)の統計によると、2005年から2009年の全世界の輸出高総計は、74億ユーロ。国別にみると、中国が最大の輸出国となり、以下第2位がイタリアとなっている。
上位から
  1. 中国
  2. イタリア
  3. トルコ
  4. ドイツ
  5. 米国
以下、ベルギー、オランダ、パキスタン、セルビア、韓国が続く。
2011年のイタリアからの靴下の輸出高は、9億4,219万ユーロであった。
性別カテゴリー別の輸出高は以下の通り。
紳士用
1億1,940万ユーロ 前年比 12.30%増
婦人用
6億5,438万ユーロ 前年比 0.9%増
ユニセックス
1億6,841万ユーロ 前年比 4.5%減
主な輸出先国は上位から以下の通り
  1. フランス
  2. ドイツ
  3. スペイン
  4. 英国
  5. リトアニア
  6. ロシア
輸入概況
2011年イタリアの靴下の輸入髙は、4億110万ユーロであった
性別カテゴリー別の輸入高は以下の通り。
紳士用
1億4,934万ユーロ 前年比 13.8%増
婦人用
1億9,812万ユーロ 前年比 1.4%増
ユニセックス
5,364万ユーロ   前年比 15.9%増
主な輸入相手国は上位から以下の通り。
  1. セルビア
  2. クロアチア
  3. 中国
  4. トルコ
  5. ドイツ
  6. スロバキア
  7. フランス
  8. ルーマニア

帽子

ファッション業界団体システマ・モーダ・イタリア(SMI)によれば、帽子マーケットの概況はつぎのとおりである。

輸出概況
2011年のイタリアの帽子の輸出高は、3億27万ユーロ。前年比で11.5%増加した。主にEU内向けに輸出され、総輸出高のうち75.2%の、2億2,590万ユーロがEU圏内に輸出されている。EU圏外への輸出高は、輸出額全体の24.8%のシェアで、7,437万ユーロ。
輸出先の第1位はドイツで、イタリアの輸出高全体の23.7%のシェアを占める。次いで第2位のフランスは18%のシェア。
輸出先は上位から以下の通り。
  1. ドイツ
  2. フランス
  3. スペイン
  4. 英国
  5. 米国
  6. スイス
  7. オーストリア
  8. オランダ
  9. 日本
  10. ベルギー
  11. ロシア
  12. フィンランド
輸入概況
2011年イタリアの帽子の輸入髙は、2億1,509万ユーロ。前年比で3.9%増加した。EU圏外からの輸入は1億2,893万ユーロ、EU圏内からの輸入は、8,616万ユーロとなった。
輸入相手国は上位から以下の通り。
  1. 中国
  2. フランス
  3. ドイツ
  4. ベルギー
  5. オランダ
  6. 日本
  7. ルーマニア
  8. 英国
  9. 台湾
  10. スペイン
1位の中国は、輸入額全体の45.0%を占め、輸入高は1億131万ユーロ。6位の日本からの輸入は771万ユーロで3.4%のシェア。量でみたシェアでは0.4%で、デザインされた高級品がイタリアに輸入されていると推察される。

(ミラノ事務所)

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. イタリア
  5. マーケティング情報
  6. イタリアの繊維雑貨市場概況(2011年)

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。