経済動向

  • 2018年3月16日

    2040年までの包括的開発計画を公表-人口増に対応、経済成長の加速も目指す-(アイルランド)

    政府は2月15日、2040年までの包括的長期開発計画「プロジェクト・アイルランド2040」を公表した。人口増加に対応するインフラ整備、イノベーションを通じた経済の活性化、教育・健康サービスをも含む計画を実施することで、社会の変化に対応しつつ経済成長につなげる考えだ。

  • 2017年10月24日

    2018年予算案は緊縮財政からの転換も視野に-公共住宅建設やブレグジット対策に重点配分-(アイルランド)

    アイルランド財務省は10月10日、2018年予算案を発表した。近年の経済回復を背景に、緊縮財政からの転換もうかがわせる内容で、公共住宅の整備や英国のEU離脱(ブレグジット)に備えた中小企業対策などに重点配分されている。

  • 2017年8月18日

    アイルランドとの「ベルファスト合意」の重要性を指摘-英政府、国境線のポジションペーパー公表-(アイルランド、英国)

    英国政府は8月16日、EU離脱(ブレグジット)後のアイルランドとの国境線の取り扱いについての考えをまとめたポジションペーパーを公表した。北アイルランド和平を支える「ベルファスト合意」の内容や、共通旅行区域(CTA)とこれから派生する権利を維持する考えなどが示された。

  • 2017年7月10日

    政府・産業界に牛肉など輸出拡大への期待高まる-日EU・EPAの大枠合意への反応-(日本、アイルランド)

    日EU経済連携協定(EPA)の大枠合意を受けて、政府・産業界は歓迎する姿勢を表明し、とりわけ牛肉の輸出に追い風とする見方を示した。英国との経済的結び付きが強いアイルランドは、英国のEU離脱による影響が大きくなることから、英国市場への依存度低下や世界市場開拓を図る意向があり、日EU・EPAをその一歩にしたいところだ。

  • 2017年6月8日

    アイルランドのエネルギー市場にも大きく波及か-EU離脱によるエネルギー産業への影響(5)-(アイルランド、英国)

    英国のEU離脱(ブレグジット)の影響は、英国と唯一、陸上で国境を接するアイルランドにとって最も大きいとされる。両国はエネルギー需給面での結び付きも強く、英国がEUエネルギー市場から分断されれば、この市場へのアイルランドからのアクセスの制限にもつながりかねない。連載の最終回は、英国のEU離脱がアイルランドのエネルギー市場に与える影響について紹介する。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。