1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. 増加が続く日本産食材の輸入 ‐ 2010年日本産食材の輸入動向と注目される品目
日本食品の輸入動向

増加が続く日本産食材の輸入 ‐ 2010年日本産食材の輸入動向と注目される品目

2011年2月
分野:食品・農林水産物

近年フランスでは、日本食レストラン、日本食材を扱う卸売業者、小売業者、EC(電子商取引)サイトの増加が追い風となり、日本産食材の輸入が増加傾向にある。フランス税関統計データ(2009~2010年)によると、2010年にフランスに輸入された日本産食材(HSコード2類~23類)の総額は約4,863万ユーロにのぼり、前年比34.1%の増加となった。

一方ほたて貝のように、世界各地からフランスへの輸入が量・額ともに増えたものの(数量ベースで前年比0.2%増の約2万8,000トン、金額ベースで前年比23.4%増の2億6,300万ユーロ)、日本産の輸入については減っているものもある(数量ベースで前年比28.7%減の740トン、金額ベースで前年比13.8%減の約760万ユーロ)。しかし、大多数の品目で日本産食材の輸入は増加傾向にある。

本レポートでは、近年の日本産食材の輸入動向とともに特に注目される品目をとりあげる。

表1:フランスに輸入された主な日本産食材(2010年)
品目 金額
(ユーロ)
輸入額
前年比(%)
ほたて貝 7,596,957 ▲14%
各種調製食料品 7,465,559 41%
しょうゆ 4,375,998 23%
ウイスキー 3,673,711 127%
ソース・混合調味料(みそ、焼き肉のたれ等) 3,002,897 33%
緑茶(煎茶、ほうじ茶、玄米茶等の葉製品) 2,857,402 45%
植物・野菜の種 1,039,013 ▲7%
日本酒 1,038,136 59%
海藻類 799,603 ▲23%
果実、その他植物の調製品 (梅干し等) 745,111 729%
食酢 709,331 77%
めん類(乾めん、生めん等) 629,994 23%
ビスケット、ケーキ、ベーカリー等 625,757 63%
酵母(不活性) 440,350 123%
ビール 415,057 ▲37%
植物性油脂及びその分別物 398,335 50%
野菜、果実、その他植物の調製品(酢漬) 378,316 12%
その他のかんきつ類の果実のジュース 317,864 671%
183,259 50%
わさび(粉末・練り) 171,435 134%
冷凍野菜 171,392 69%
ごま油及びその分別物 166,457 325%
米菓(せんべい、あられ等) 143,680 128%
乾燥野菜(ねぎ等) 140,071 44%

出所:フランス税関統計データ(2009~2010年)をもとに作成

すし関連食材と緑茶、日本産食材輸入をけん引

フランスに輸入された主な日本産食材のうち、すし関連食材が多くを占めており、けん引役となっている。すし関連食材の例としては、各種調製食料品に含まれると推測される焼のり、しょうゆ、調味料に含まれるみそ、食酢(米酢・すし酢等)、米、わさび(粉末・ねり)、主にみそ汁の具に使われると推測される海藻類や乾燥野菜(ねぎ等)などが挙げられ、海藻類を除きいずれも前年より輸入額が伸びている。

日本から輸入されるアルコール飲料の主要3品目ともいえるウイスキー、日本酒、ビールの輸入総額は、日本産食材の輸入総額の約1割を占める。このうち現地生産の進んでいるビールは、前年比37.3%減となったが、ウイスキーは、前年に比べ2倍超、また日本酒も58.7%と大幅に増加している(いずれも輸入額)。

2010年に世界各地からフランスへ輸入された緑茶の輸入金額は、金額で約5,262万ユーロ(前年比29.8%増)、数量で約9,780トン(同24.3%増)と拡大している。こうした中、日本からの緑茶(煎茶、ほうじ茶、玄米茶等の葉製品)の輸入は、フランスにおける緑茶輸入全体の増加率を上回る勢いで拡大しており、金額で前年比45.2%増の約286万ユーロ、数量で前年比32.4%増の約94トンとなった。これにより、フランスへ輸入される緑茶の輸入総額に占める日本産の割合も2009年の4.9%から5.4%に拡大している。

Yuzu(ゆず)・Matcha(抹茶)人気上昇

フランスでは、「Wasabi(わさび)」に続き、「Yuzu(ゆず)」や「Matcha(抹茶)」がトレンドになっている。ジョエル・ロブションなど高級フレンチの著名シェフやパティシエが、料理やデザートにゆずを使うようになり、これらの食材の利用が普及し始めている。例えば、パリでも評判の高いクレープ屋「Breizh Café」が、ゆずを使ったクレープを開発し話題を呼んでいる。さらに、ゆずを紹介する料理やお菓子関係のインターネットサイトも増え、ゆずを使ったフランス料理レシピを紹介する本まで出版されている(「Le yuzu, dix façons de le préparer」Elisabeth et Hissa Takeuchi著、Epure出版)。

小売店でも、日本食材専門店、ECサイト、一部の高級食材店を中心に、ゆず(果汁、粉末、皮)、ゆずドレッシング、ゆずポン酢、ゆずこしょう、ゆず塩、ゆず酒、ゆずをブレンドした緑茶(代表例:マリアージュ・フレール社の「Yuzu Temple」)などが販売されている。このようにかんきつ類を原材料とする食材の輸入が増加傾向にあり、特にかんきつ類の果汁(ゆず、レモン等)の輸入は、前年に比べ金額ベースで約8倍、数量ベースで約10倍の増加となっている。

また、抹茶もゆず同様、近年フランスでは料理専門誌や女性向け雑誌等で流行食材として取り上げられている。高級洋菓子店を中心に、洋菓子(マカロン、アイスクリーム、チョコレート、クリームタルト、ティラミス等)に抹茶が取り入れられ、インターネット上でも、抹茶に関する情報やレシピを紹介するサイトやブログが増えている。
(例: PTITCHEF.COM

こうした中、2010年における抹茶の粉末・エッセンス(HSコード:21012020)の輸入は、金額で前年の約3倍の約8万ユーロ、数量で前年の約2.6倍の1.8トンと急増している。

さらに、近年フランスでは、日本食レストラン、小売店(日本食材専門店、アジア食材専門店、一部の高級食材店)やECサイトなどで、どら焼き、抹茶ケーキ、いちご大福、ようかん等の和菓子類が多く流通するようになった。フランス税関統計でも、日本産のビスケット、ケーキ等の焼き菓子が、前年比63.4%の増加となっている(金額ベース)。

フランス国内のきのこ、冷凍食品需要が高まる

フランスでは、きのこ類は非常にポピュラーな食材である。最近では西洋きのこ類に加え、アジアを主産地とするきのこ類への注目も徐々に高まっている。特に、しいたけは、最も香ばしいきのこ類とされ、多くの食材・料理関係の情報誌やインターネットサイトで、これを使った料理献立が紹介されている(例: FRANCECHEFTV )。モノプリ等の現地系スーパーでも、「Shiitake」という品名で生しいたけが販売されているほか、日本食材またはアジア食材専門店では、しいたけ(生・乾燥・冷凍)はもちろんのこと、しめじ、えのきなどが販売されている。こうしたきのこ類の産地としては、フランス、オランダ、中国、タイ、韓国など多様だが、日本産も健闘している。フランス税関統計によると、2010年に日本から輸入されたきのこ類(乾燥・冷凍−HSコード:7095100, 7095990, 7108061, 7108069, 20019050, 20031030, 20039000)は、金額ベースで約2万ユーロ(前年比2.7倍)、数量ベースで約5.8トン(前年比2倍)と大きく伸びを見せている。

また、フランスの冷凍食品市場は、2004~2009年の5年間で約9%成長し、58億ユーロ(2009年小売りベース)と巨大市場となっている(出所:冷凍食品大手専門店チェーン PICARD )。近年フランスでは、家庭でもレストランでも、調理済み食品、肉、魚、野菜、デザート等広い分野で冷凍食品を使う頻度が増加傾向にある。また小売では、ほぼ全てのハイパーやスーパーマーケットに、品ぞろえ豊富な冷凍食品コーナーがあり、これに加え、複数の冷凍食品専門チェーンが店舗数を急増し全国展開している(例:PICARDの店舗数は、2000年当時の440から2009年現在850に増加)。こうした中、日本食関連の冷凍食材については、餃子、コロッケ、唐揚げ、焼き鳥、ハンバーグ、つくね、すし、野菜(えだ豆等)が輸入卸業者を通じ日本食レストランや小売店に流通している。このうち日本産の輸入量や金額の増加については、税関統計上、各種調製食料品(HSコード:21069092, 21069098)、冷凍野菜(HSコード:20049098)、鶏肉調製品(HSコード:16023211)、ラビオリ類(19022091, 19022099)など様々なHSコードに含まれるため特定は難しい。しかしながら、こうした関連HSコードの多くで日本からの輸入数値が上昇傾向にあることから、ここに含まれる冷凍食品についても、輸入が増えているものと推測される。

(パリ・センター)

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. 増加が続く日本産食材の輸入 ‐ 2010年日本産食材の輸入動向と注目される品目

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。