1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. ABグループが定額制オンデマンドサービスを新設
市場・トレンド情報

ABグループが定額制オンデマンドサービスを新設

2013年3月
分野:アニメ

旧作アニメの放映で知られてきたABグループ傘下の「Mangas」局が昨今、未発表アニメや日本の最新情報の発信に取り組んでいる。さらに同グループは3月21日、豊富な分野と作品数を誇るSVOD(定額制ビデオ・オン・デマンド)サイトを新設する。同グループのバイヤーは、サイト開設後も、日本製作品がフランスで人気を得るにはテレビ放映が重要であり続けると説く。

昨今は未発表アニメにも注力

テレビ放映・配給を行う「ABグループ」傘下の放送局は16あるが、中でも前身の「AB cartoons(1996年設立)」を引き継ぐ形で1998年に設立された「 Mangas外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」局は、フランスにおける日本アニメ放映の草分け的存在である。「私達の大好きなヒーローのチャンネル」と謳い、「懐かしいアニメのファン、オタク、ギーク(パソコンやインターネットに詳しい人達)、若年層」を対象に、アニメやバラエティー番組等を放映している。

TV視聴率調査会社メディアメトリ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます によると、同局の2012年1月~6月期の月平均視聴者数は174万5,000人である。また、同局の資料によると、「Mangas」局の契約世帯数は757万7,000、男女比は男67.4%対女32.6%である。25~34歳の男性が視聴者数の25%以上を占めるが、視聴者を年代別にみると、25~34歳が最多で36.6%で、35~59歳が27.5%、4~14歳が20.3%、15~24歳が10%、60歳以上が5.6%と続く。

同局は旧作アニメ(「キャッツ・アイ」、「ベルサイユのばら」、「コブラ」、「ハイスクール!奇面組」等)を「カルトマンガ」と分類し、かねてよりリマスター版等を放映してきた。これに加え昨今では、「ニュージャパン」と分類する未発表アニメ(「ソウルイーター」、「聖闘士星矢THE LOST CANVAS」等)の放映にも注力している。2011~12年には同局がフランスで初放映した「べるぜバブ」が人気を博した。

「AB DROITS AUDIOVISUELS」バイヤーのキャノンジュ氏

「ABグループ」の版権を取り扱い、番組購入を管理する「AB DROITS AUDIOVISUELS」社のバイヤーであるキャノンジュ氏を、パリ郊外サン・ドゥニのオフィスに訪ねた。

マニア向けに日本の最新情報を発信

「Mangas」局ではアニメ以外の作品も放映している。例えば、放映された日本のプロレス番組「Dragon Gate pro Wrestling」は好評を得て、更に2年放映を継続することとなった。キャノンジュ氏はこれを、フランスでプロレスが「キャッチ」という呼称で定着しており、同局で過去に米国のプロレス番組を放映していたこと等から、受容される素地があったためと分析する。

日本製番組としては、2012年秋にフジの「逃走中」を「 RUN FOR MONEY外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」という題で放映した。キャノンジュ氏はこうしたスポーツバラエティ番組の放映権獲得に関心を寄せている。

また、新たな試みとして日本ファン向けに、日本文化や最新の流行を発信する定期シリーズ番組「 Japan Inside外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」を2011年9月から放映している。放映済みのテーマの一例としては「お盆」、「鳴門巻き」、「猫カフェ」等がある。また「アホ毛(漫画のキャラクターによく描かれる、頭から飛び出す短い毛)」等、漫画を読む際に役立つ日本語の読みや意味を解説する回もある。

同じく2011年9月に放映を開始した、歌手のノエミ・アラザール氏が案内役を務める定期シリーズ番組「 Sukina外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」では、「AKB48」、「村上 隆(ルイ・ヴィトンとのコラボレーション等で知られる現代アーティスト)、「弁当アート」等をテーマに、日本の音楽やモードについて情報発信している。

この他、日本の漫画に関するニュースをインタビュー映像等を交えて紹介する「 Actu Mangas外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます (2004年より放映)」、日本の新旧ゲームに特化した「 LOST LEVELS外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」等の定期シリーズ番組を設けている。

取り扱い分野と数を誇るSVODサイトを創設

「Mangas」局は モバイル、ケーブル、ADSL、衛星外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます を通じて試聴が可能な他、作品ごとに視聴料を支払う VOD(ビデオ・オン・デマンド)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます での配信も行われている。

ABグループは3月21日から、定額制のSVODサイトを開設予定である。この新サイトは、ジュークボックスを連想させるべく「JOOK」と名付けられた。合計で数万時間にも及ぶ作品を有料(月額6.99ユーロで見放題)で配信するもので、キャノンジュ氏によれば、取り扱い作品の約75%がこのサイト用に新たに購入された。映画、テレビシリーズ(ドラマ等)、アニメ(児童向けおよび若年層向け)の3本柱に加え、ドキュメンタリー、スポーツ、舞台・コンサート映像も配信予定だ。

キャノンジュ氏は、「JOOK」の創設目的は、映画・テレビのストリーミングサイト「Netflix」の快進撃が示す、変化する視聴者の消費性向・ニーズに応えるためであるとし、同サイトは未来型消費を可能にするSVOD市場における、フランスで最初かつ最大の総合的な提供元となるとの意欲を示した。

需要獲得の鍵はテレビ放映

「AB DROITS AUDIOVISUELS」では日本の作品に関して、特に少年・青年向けのアニメシリーズ(話数の長短は不問)、バラエティに関心を寄せている。

権利獲得にあたっては、人気と需要を生むのはテレビであり、最大の波及効果を見込めるとの考えから、まずはテレビ放映権を検討する。フランス市場で有望とみられる作品については最初から、テレビ放映権に加え、希望する複数の権利(DVD出版権、VoDでの配信権等)を一括で交渉することがある。DVDの製造販売は「 AB Video外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」が行っている。

同社ではフランス語圏であるベルギー(公共放送のAB3とAB4)、ルクセンブルグ(RTL9)、スイスおよびサブサハラ諸国へも配給を行っているが、諸外国への作品の配給は、フランスで成功を納めた後に検討される。

(パリ事務所)

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. ABグループが定額制オンデマンドサービスを新設

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。