1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. 第38回アングレーム国際BDフェスティバル
市場・トレンド情報

第38回アングレーム国際BDフェスティバル

2011年2月
分野:コミックス・アニメ

2011年1月27日から30日の4日間にわたり、「BD(バンドデシネ:フランス語圏のコミックを指す)の街」として知られるフランス南西部のアングレーム市で、第38回アングレーム国際BDフェスティバルが開催された。

昨年度は悪天候などの影響もあり、やや入場者数を減らしたが、今年は順調に回復し、入場券購入者数21万8,000人という過去最高記録で、世界を代表するコミック・フェスティバルとしてふさわしい成功をおさめた。

今年はBD作家として著名なBARU氏をフェスティバルの審査委員長に迎え、様々なプログラムや展覧会が催された。

以下、日本のコンテンツを中心に、今年度のフェスティバルを振り返ってみた。

日本を始めとしたアジアのコミックを紹介した「Mangasie」

2008年に初登場し、昨年まで続いた日本およびアジア圏のマンガの展示会場「マンガビルディング」に代わり、今年からは「Mangasie」会場が新たに設置され、日本のみならず、広く韓国や中国などアジア発のマンガをより積極的に紹介する展覧会やカンファレンス、上映会、パフォーマンスなどが行われた。

今年は香港の作家がクローズアップされ、会場には香港から招かれた5人の作家によるパフォーマンスなどが行われた。

また、特別テーマとして「マンガ・アンダーグラウンド-女性の視点から-」と銘打った展示が企画され、フランスではまだほとんど知られていない小野塚カホリ、近藤聡乃(あきの)、中野シズカ、水野純子といった個性的な女性作家の作品が紹介された。

会場では、Vampe, Orange Range, Sunsowl, Olivia, Back-OnなどのJ-Rock、特にオルタナティブ・ロックのPVが流された。

-アニメ上映された作品:
「Black Batler」(黒執事)
「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」(学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD)
「Dance In The Vampire Bund」(ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド)
-出展した主なマンガ出版社:
KUROKAWA, Le Lezard Noir, Edition IMHO, ANKAMA, Delcourt, Dargaud/Kana, Glenat, Soleil, Castermanなど

池田理代子氏を招きカンファレンス

本年度は、フェスティバルの名誉招待作家として、「ベルサイユのばら」などの作品で知られる作家の池田理代子氏が来仏。1月29日(土)に、イメージフォーラム会場にて、氏を囲んだカンファレンスが開催された。当日は会場に入りきれないほどの聴衆が詰めかけるなど、当地でも年代を超えたファン層の厚さを実感させた。カンファレンスの後には会場のファンとの交流やサイン会なども催され、好評を博した。

浦沢直樹作「PLUTO」(小学館・フランスでの出版はKANA)がインタージェネレーション賞を受賞

インタージェネレーション賞は、世代を超えて価値のある作品に授与される賞で、浦沢直樹氏は2004年の「20世紀少年」の最優秀長編賞に続いて2度目の受賞となった。

オフィシャル・セレクションとして選ばれたその他の日本の作品には、江戸川乱歩の原作をベースにした作品である、末広丸尾作「La Chenille」(原題「芋虫」)(フランスでの出版はLe Lezard Noir社)もあった。

また、同じくセレクションに入った、Florent Chavouet(フロラン・シャヴエ)作「MANABESHIMA」(Philippe Picquier社)は、日本の作品ではないが、2009年に出版された「Tokyo Sanpo」(同上)に続き、作者が瀬戸内海の真鍋島に滞在した際の体験をスケッチと文で描いたもの。

今年度の最優秀作品賞にはマヌエル・フィオール作「Cinq Mille Kilomètres par Seconde」が選ばれた。

(パリ・センター)

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. フランス
  5. マーケティング情報
  6. 第38回アングレーム国際BDフェスティバル

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。