経済動向

最終更新日:2015年03月02日

  • 2019年10月16日

    ムーディーズ、チェコの格付けを17年ぶりに格上げ(チェコ)

  • 2019年10月1日

    第2四半期の名目平均賃金(月給)が過去最高を記録(チェコ)

  • 2019年5月7日

    中銀が政策金利を2%に引き上げ、過去10年間で最高に(チェコ)

  • 2018年9月28日

    中銀、2018年4度目の政策金利引き上げで1.50%に(チェコ)

  • 2018年8月8日

    中銀がまた利上げ、政策金利は1.25%に(チェコ)

  • 2018年6月29日

    政策金利を1.0%に引き上げ、インフレ通貨安を警戒(チェコ)

  • 2018年2月9日

    政策金利を0.25ポイント引き上げ0.75%に-過去半年間で3度目の利上げ-(チェコ)

    チェコ国立銀行(中央銀行)は2月1日、政策金利を0.25ポイント引き上げ、0.75%とした。政策金利の引き上げは市場の予想どおりで、過去半年間で3度目となった。

  • 2017年12月15日

    財務省は3.3%成長を予測、内需と投資が牽引力に-2018年の経済見通し-(チェコ)

    2018年のチェコ経済は、2017年に引き続き民間消費と総固定資本形成(投資)を牽引力とした好調な伸びが見込まれている。財務省は2018年の実質GDP成長率を3.3%と予測する。

  • 2017年11月7日

    政策金利、0.25ポイント引き上げ0.5%に-2017年に入り2度目の利上げ-(チェコ)

    チェコ国立銀行は11月2日、市場の予測どおり、2017年2度目の政策金利引き上げを決定した。利率を0.25ポイント引き上げて0.5%とし、翌日から実施した。イジー・ルスノク総裁は、今後も引き上げを継続する可能性を示唆している。

  • 2017年9月4日

    最低賃金、2018年1月から10.9%引き上げ(チェコ)

    法定最低賃金に関する政令が8月21日に改正された。2018年1月1日から現行の月額1万1,000コルナ(約5万5,000円、1コルナ=約5.0円)が1,200コルナ(10.9%)引き上げられ、1万2,200コルナとなる。1時間当たりでは66コルナから73.20コルナになる。

  • 2017年9月1日

    中・東欧の一部で深刻化する人手不足(スロバキア、チェコ、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、中・東欧、クロアチア、スロベニア、ブルガリア)

    中・東欧各国では、好況が続き雇用が拡大する中、現地進出外国企業にとって賃金の大幅な上昇に加え、熟練工や管理職の採用が課題となっている。オーストリアのエルステ銀行によると、深刻な人手不足に陥っているのはチェコ、ハンガリーおよびスロバキアで、クロアチアとセルビアなどでは依然として失業率が高い。人手不足への対応策として、チェコやハンガリーでは、ウクライナやセルビアなど近隣諸国出身の労働者の雇用を可能にする法整備を進めている。

  • 2017年8月16日

    政策金利を0.2ポイント引き上げ0.25%に-利上げは9年半ぶり-(チェコ)

    チェコ国立銀行(中央銀行)は8月3日、政策金利を0.2ポイント引き上げ0.25%とすることを決定、翌日実施された。政策金利引き上げは市場の予想どおりで、アナリストは今後も小刻みな引き上げがあると予想している。

  • 2017年4月19日

    国立銀行が為替介入を終了、市場は安定して推移-輸出への影響も限定的な見通し-(チェコ)

     チェコ国立銀行(中央銀行)理事会は4月6日、臨時金融政策会議を開催し、為替目標を1ユーロ=27コルナと定めた為替介入体制の終了を決定した。市場はこの決定を予想していたことから、大きな為替変動はみられず、介入終了後も4月13日までの間、26.59~26.71コルナの幅で堅調に推移している。今後の輸出への影響も最小限にとどまると予想されている。

  • 2017年3月16日

    2016年の乗用車生産台数は8.3%増、過去最高を更新-シュコダ・オートは電気自動車を開発の方針-(チェコ)

     2016年のチェコの乗用車国内生産台数は前年比8.3%増の134万4,182台で、2015年に引き続き過去最高を更新した。国内最大自動車メーカーのシュコダ・オートは電気自動車開発に取り組む方針を表明し、政府も電気自動車用充電スタンドの増設に意欲を示している。

  • 2017年2月17日

    2016年の新車登録台数は12.5%増、また過去最高に-日系ではトヨタがトップに浮上-(チェコ)

     2016年の乗用車の新車登録台数は25万9,693台と前年比12.5%増加し、3年連続で過去最高を更新した。日系ではトヨタが32.3%増で、前年の16位から14位に上昇して日系トップとなった。

  • 2017年1月25日

    内需と投資が牽引し、財務省は2.5%成長と予測-2017年の経済見通し-(チェコ)

     2017年のチェコ経済は、消費と投資が経済成長の柱となり、財務省が予測する実質GDP成長率は2.5%と前年を上回る見通しだ。失業率は、2009年以降最も低かった2016年をさらに下回る見込みだ。

  • 2017年1月4日

    拡大する消費市場、投資先としても注目-「中・東欧最新経済動向セミナー」を東京で開催-(スロバキア、チェコ、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、南東欧)

     ジェトロは2016年12月7日、「中・東欧最新経済動向セミナー」を東京で開催した。EU加盟から約10年を経て、近年の安定した経済成長を背景に、生産拠点だけでなく消費市場としても拡大している中・東欧諸国のビジネス環境や日系企業の動向に加え、南東欧のビジネス環境などについて、各国に駐在するジェトロ事務所長が解説した。セミナーには企業関係者ら117人が参加した。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。