特許庁委託「ベトナム知的財産セミナー」開催報告

今回のセミナーでは、ベトナムにおける知的財産権の保護およびエンフォースメントについて、知的財産総局に派遣されているJICAの長期専門家、現地進出企業の知財部員およびINPITの知的財産プロデューサーにご講演をいただいた。

質疑応答においても、ベトナムの模倣品や密輸についての現状、また、市場管理局における実際の取り締まりや、スペアパーツの模倣品、テレビ番組の改編等についても幅広く質問があり、ベトナムについての興味の高さがうかがえるものであった。

「各国の実態について最新情報を聞くことができた」や「報告書を読む前のアウトラインを知ることができ、要領よく報告書を読んで活用することができそう」などの声が寄せられた。

概要

日時
2014年7月23日(水曜)13:30~17:10

会場
ジェトロ本部 5階ABCD会議室

参加者
174名

次第

13:30~13:40
「ベトナム知財概況」
ジェトロ・バンコク事務所  知的財産部長 大熊 靖夫
13:40~14:40
「ベトナムにおける日本の知財協力と企業の知財活用」
国際協力機構(JICA) 長期専門家/チーフアドバイザー 長清吉範氏
講演資料PDFファイル(403KB)
14:40~15:40
「ベトナム二輪スペアパーツ模倣品市場における消費者動向について」
早稲田大学 教授 土門晃二氏
講演資料PDFファイル(1.5MB)
15:40~15:50
休憩
15:50~16:30
「パナソニックグループにおけるベトナムでの模倣対策活動」
パナソニック株式会社 知的財産センター 吉田祐子氏
16:30~17:10
「ベトナムにおける知財法制度・対策について」
独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT) 海外知的財産プロデューサー/弁護士 岩井久美子氏