1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. タイ
  5. マーケティング情報
  6. 日本産および日系企業現地生産品小売での販売動向 ‐ 高品質で支持される日本産品、価格が課題
市場・トレンド情報

日本産および日系企業現地生産品小売での販売動向 ‐ 高品質で支持される日本産品、価格が課題

2011年2月
分野:食品・農林水産物

日本食品を取り扱っている小売店に対して販売動向についてヒアリング調査を行った。

韓国産いちごとの競合

日本食品小売店にヒアリングを行ったところ「韓国産いちごが売れている」とのことだった。「韓国産のいちごは日本産と比べると食味、外見ともに劣るが、価格は日本産を大きく下回っているため、韓国産を選ぶ消費者が増えている」とのこと。輸入統計(表1)を確認したところ、2010年の韓国からのいちごの輸入量は81トンで、前年の39トンから約2倍に増加している。また輸入単価は、1キロ当たり171バーツと日本産の同1,119バーツと比べて大幅に低価格である。一方、日本産いちごの輸入量は約3トンで、前年から変わっていない。タイで日本産品を販売するにあたって最も問題になるのが価格である。品質は他国産をはるかに上回っていることは、タイの消費者の大部分に認知されている。しかし、今回の韓国産いちごとの比較のようにコストパフォーマンスで劣っていると評価されてしまうことは、深刻な問題である。

表1:いちごの国別輸入統計
国名 2009年 2010年 伸び率(%)
数量
(トン)
金額
(千バーツ)
単価
(バーツ/kg)
数量
(トン)
金額
(千バーツ)
単価
(バーツ/kg)
数量 金額
米国 199 33,745 169 279 33,321 119 40 -1
オーストラリア 100 16,930 170 115 26,426 230 15 56
ニュージーランド 62 11,184 180 75 18,128 242 21 62
韓国 39 6,805 173 81 13,888 171 107 104
インドネシア 15 4,703 319 17 5,344 324 12 14
日本 3 2,601 978 3 3,521 1,119 18 35
オーストリア - - - 0 76 174 - -
ケニヤ - - - 0 26 106 - -
その他 23 535 23 - - - - -
合計 43,276 955,444 22 39,219 921,125 23 -9 -4

出所:タイ国財務省関税局

酒類の販売について

タイでは酒類に関する規制が厳しく、小売店では取扱いが煩雑である。11~14時、18~24時以外は販売が禁止されている。また広告の規制も厳しく、店頭に販促用のポスターを貼ることもできない。「日本酒および焼酎などは飲食店の方が販売しやすいのではないか」との声が多く聞かれた。

酒類の規制は、今後さらに厳しくなる可能性がある。現在、タイのアルコール飲料管理委員会が草案を作成している。草案の内容は、酒類摂取の害を強調したカラー写真(飲酒運転で事故に遭った様子などの写真)、害を訴える警告文、とともにラベルに表示することを義務付けるというものも含まれている。これに対して、タイのアルコール飲料メーカーは強く反対しており、2011年2月時点では検討が進んでいない状態である。

年末の贈答バスケット商戦

タイでは年末年始にかけて果実、菓子などをバスケットに盛り込んで贈答する習慣がある。2010年の年末は前年と比較して景気が回復したことから、売り上げは例年並みにまで回復した。ただ、酒類をパッケージに入れて販売することを禁じられているため、バスケットの販売単価は低下している。ただし、バスケットへの酒類を入れることを禁じているのは、ギフトセットとして展示される店頭販売用のみであり、顧客から酒類を入れるように注文を受ければ、酒類を追加することは問題ない。しかし、一般消費者は店頭に展示されているものをそのまま購入していくことが多いため、酒類が入っていない単価が低いものを売ることが多くなってしまう。

日本語表記がある商品が売れる

タイでは日本語が書いてあるパッケージの方が売りやすいといわれている。これはタイ人消費者が、日本語表記があることによって「日本産である」と理解し、品質が高い商品と思い込んで買う傾向があるためである。「日本の食品メーカーが海外向けパッケージを別途作り、表記をすべて英語に変えてしまうと、かえって売れにくくなる」といった意見もある。

タイの小売店において前述の傾向が見られるなか、日本産への信頼感を利用して、タイメーカー、または他国のメーカーが文法に誤りのある日本語をパッケージに表記することがしばしば見受けられる。

(バンコク・センター)

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. タイ
  5. マーケティング情報
  6. 日本産および日系企業現地生産品小売での販売動向 ‐ 高品質で支持される日本産品、価格が課題

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。