知的財産ニュース 韓国特許庁、偽のスポーツ衣類のオンライン流通集中取締りを実施

2022年6月20日
出所: 韓国特許庁

モニタリング団によるオンライン偽造品の集中モニタリングを実施

韓国特許庁は、6月21日から7月20日までの1か月間、偽のスポーツ衣類(サッカーユニフォームなど)をオンラインで流通させる行為を「オンライン偽造品の在宅モニタリング団」によって集中モニタリング取締りを実施する予定であると6月20日に発表した。2022年カタールW杯の開催に対する熱気が高まり、ソン・フンミン選手の人気が急増するに伴って、オンラインチャンネルを通じて所属チーム(トッテナム)のユニフォームや国家代表ユニフォームおよび有名ブランドユニフォームなどで偽造品と疑われる製品が多数流通されていることに対応する。特許庁は153人の在宅モニタリング団を通じて集中モニタリング取締りを実施し、偽造品の販売掲示物を削除した後、その結果を分析して再販売を監視する一方、常習・大量販売者に対する商標特別司法警察との捜査連携も推進する計画である。

一方、偽のスポーツ衣類(サッカーユニフォームなど)に対する集中モニタリング取締りの実効性を高めるため、商標権者およびオンラインプラットフォーム事業者との協力強化に向けた懇談会も開催(6月23日)する予定である。

特許庁の産業財産保護協力局長は「今回のオンライン集中モニタリング取締りを通じて、偽のスポーツ衣類に対する消費者の警戒心を高め、商標権者のブランド価値の保護に努める予定だ」とし、「今回の集中モニタリングの結果をもとにスポーツ衣類に対する常時モニタリングの導入も検討する計画だ」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:土谷、柳(ユ)、申(シン)、李(イ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195