知的財産ニュース IPでユニコーン企業を育てる

2018年4月10日
出所: 韓国特許庁

韓国特許庁はIPをベースにする成長可能性が高いスタートアップ60社を「特許バウチャー事業」の1次支援対象に選定したと10日、明らかにした。

「特許バウチャー」とは、バウチャーを発行してもらった企業が特許・商標・デザイン出願、IP調査・分析およびコンサルティング、特許技術価値評価、技術移転などのIPサービスを利用する時に現金のように使える商品券のことであり、計10億ウォンの予算で今年新規に行われる推進事業である。

今回の1次募集には計706社が申請し、応募倍率は10倍以上であった。特許・技術、投資・市場専門家による書類・面接審査を経て小型/中型バウチャー支援対象がそれぞれ20社、40社選ばれた。  

企業はバウチャー金額の自分負担金(30%、現金)を前払いした後、バウチャーをポイントで発行してもらい、希望する知的財産サービスを選択して使えば良い。

バウチャーの種類
区分小型バウチャー中型バウチャー
金額500万ウォン以内2,000万ウォン以内
対象初期スタートアップ成長期・有望なスタートアップ
条件立ち上げ3年未満
売上高10億ウォン未満
立ち上げ7年未満
売上高100億ウォン未満
出願又は登録IP件数、1件以上

今回選ばれた企業を見ると、IT分野だけでなく、AI/マシンラーニング、ロボット、VR/AR、IoT、ブロックチェーン、バイオセンサー、新薬など、ハードウェアやバイオ/ヘルスケアなどの多様な分野で第4次産業革命関連の技術を開発・活用する会社が半分以上であった。

審査委員は優秀な企業の応募が多かったため、評価がなかなか難しかったと口をそろえた。ベンチャーキャピタル(VC)に属している審査委員には新しく発掘した企業への後続投資を検討するという人もいた。 

特許庁産業財産政策局の局長は「知的財産はスタートアップの技術およびブランド保護だけでなく、投資誘致、エクジット(企業上場、買収合併)などを促進し、スタートアップの成長や成功における核心的な要素であるが、費用負担が大きいため、政策的な支援が必要である」とし、「今回、『特許バウチャー』に対するスタートアップの高い需要を確認したため、今後、同事業の効果を分析し、支援規模をさらに拡大していきたい」と述べた。

特許庁と韓国特許戦略開発院(事業管理機関)は、6~7月に2次募集を始める予定である。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。