1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 「2015ウェアラブル・スマートデバイス国際フォーラム」が開催

知的財産ニュース 「2015ウェアラブル・スマートデバイス国際フォーラム」が開催

2015年4月1日
出所: 産業通商資源部

4949

眼鏡、時計、洋服など、身体に着用したり、付着したりすることが可能なスマート機器である「ウェアラブルスマート機器」の有効な国際標準化が韓国において開始される。

産業通商資源部の国家技術標準院は、4月2日、ソウル・グランドインターコンチネンタルホテルにおいて「2015ウェアラブル・スマートデバイス国際フォーラム」を開催する。

同行事を介して、最近政府で発表した「19大未来成長動力」に含まれた「ウェアラブルスマート機器」の標準による産業育成を支援するため、ウェアラブル中核技術の動向および標準化をテーマに米国、日本、中国など5カ国から10人の専門家が参加して推進方向を模索する予定だ。

※未来成長動力(未来部)‐産業エンジン(産業部)の統合決定('14.12.)により、未来成長動力の総合実践計画(案)を発表('15.3.24.)

主な内容としては、「ウェアラブル・スマートデバイス」の技術および市場動向とウェアラブルを融合させたヘルスケア向けビッグデータの技術、センサー、バッテリーなど、ウェアラブルの主な技術別動向とともに韓国の国際標準化の推進動向について、国内・国外の専門家がテーマ発表を行う。

特に、グローバル市場動向調査機関である「フロスト&サリバン」日本支社のマーク・ダニエル・アインシュタイン代表が「今後のグローバルマーケットの見通し」について発表し、ウェアラブル・ヘルスケア分野の有識者である米ジョージア工科大学のS.Jayaraman教授が「ヘルスケア向けウェアラブル機器の未来技術」などについて詳細な説明をする予定だ。

また、市場の見通しおよび技術動向を反映した有効な国際標準化の推進戦略に対する国内産官学の意見共有に向けて、テーマ発表者とともにパネルディスカッションを行う。

同行事により、世界貿易機関(WTO)/貿易の技術的障害(TBT)の時代に差し掛かり世界中が一つの市場に統合されたことで、国際規範として活用される国際標準の重要性が増している中、世界中の有識者の最新情報を共有して、韓国技術の国際標準化の推進および標準に基づいた効率的な産業育成の支援に向けた国内の認識を向上させる大事なきっかけになると見られる。

国家技術標準院は、国際標準を介して産業育成と国際社会に貢献すべく、国際電気標準会議(IEC)にウェアラブル・スマートデバイス専従組織の新設を提案した('14.11.)ほか、国家標準コーディネータを指定して国のR&Dと標準化連携策を含めた標準化ロードマップを策定している。

今後、これと連携して国際標準化の課題の掘り起こし、国内認識の拡散および標準化関連機関の力量の結集に向けて、持続的に多様な政策を推進していく方針だ。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 「2015ウェアラブル・スマートデバイス国際フォーラム」が開催

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。