1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 東京地裁、「サムスンがアップルの特許を侵害」

知的財産ニュース 東京地裁、「サムスンがアップルの特許を侵害」

2013年6月24日
出所: デジタルタイムズ

4216

東京地方裁判所は、サムスンとアップルの間で繰り広げられている特許訴訟において、サムスンの特許権侵害を認める判決を言い渡した。旧型モデルに限られた損害賠償であるため、サムスン電子の被害は大きくないが、日本で首位を狙っているサムスン電子としては、ブランドイメージに大きな打撃になると懸念されている。

東京地方裁判所は、21日、サムスン電子がアップルの「スマートフォンとタブレッドPCのタッチ」特許を侵害したという判決を言い渡した。

いわゆる「バウンス・バック」特許で、指で操作している表示画面が端に到達すると「余白」が表示され、指を離すと画面がゆっくり元に戻っていくように見える技術だ。アップルは、この特許をサムスン電子との係争において重要な攻撃手段の一つとして全世界で利用している。

アップルが請求した訴訟額は1億円で、東京地裁は、この後の心理においてサムスン電子側が負担すべき損害賠償額を定める。しかし、訴訟の対象製品は、発売して1年以上が過ぎた「ギャラクシーS」とS2、タブレットPCの「ギャラクシーTab7.0」の旧型3機種で、訴訟額は小さくなる可能性が大きい。特に、この特許は、米国特許庁が4月に無効判定を出したため、これが訴訟額の算定過程で考慮された場合には、損害賠償額の規模はさらに小さくなると見られる。東京地裁も、この日の判決で翻案訴訟についてのみ、サムスン電子の特許侵害を認め、アップルが提起した仮処分は受け入れてなかった。これは、該当製品が実際に販売されていないということを踏まえたためだと分析される。

しかし、今回の敗訴により、サムスン電子は、日本市場における携帯電話シェア率の拡大戦略の見直しを余儀なくされた。市場調査機関BCNによると、6月の1週間目におけるサムスン電子のシェア率は、13%で、1位のソニー(36%)、2位のアップル(25%)に続いて3位となっている。

キム・ユジョン記者

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 東京地裁、「サムスンがアップルの特許を侵害」

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。