1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 韓国生産性本部による特許庁の評価が発表

知的財産ニュース 韓国生産性本部による特許庁の評価が発表

2013年11月8日
出所: 韓国特許庁

4405

韓国生産性本部の成果測定の結果、特許庁は、世界で始めて「おうち出願」の時代を切り開いた「特許ネットシステム」を通じて、1999年から2012年までの14年間、年平均4,887億ウォン、計6兆8,421億ウォンの経済効果をあげていることがわかった。

1999年にスタートした「特許ネットシステム」は、特許の出願から登録、証明書の申請までオンラインで処理するシステムだ。

特許ネットシステムを通じた出願、登録など、特許行政サービス分野では、1兆4,603億ウォンのコスト削減の効果があった。これは、オンライン出願が可能となり、特許庁までの交通費、移動時間などは省かれて発生する機会費用の節減と、出願の受付業務が自動化され、書面による出願より、電子出願の手数料が低く適用されたことが要因として分析されている。

また、特許庁は、公共及び民間部門のR&Dの遂行の際、研究開発の重複を防止し、技術開発を促進するため、世界の特許技術情報をオンラインで無料提供している。これを通じて、特許技術情報の検索のための交通費、移動などによる機会費用が節約され、4兆5,122億ウォンの経済的効果はあった。

最後に、特許庁内部の業務処理分野では、特許検索、通知書の作成、資料の保存、広報の発刊など、全ての特許行政業務をオンラインで処理することで、業務の効率性が向上され、8,696億ウォンの経済的効果が発生した。

特許庁の関係者は、「こうした成果は、特許庁の情報化予算の約11倍に当たる。持続的なシステム改善を通じて、便利な特許出願と迅速な特許審査を支援し、知的財産大国の実現に取り組んでいきたい」と述べた。

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 韓国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 韓国生産性本部による特許庁の評価が発表

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。