知的財産ニュース 日韓の民間IPサービス事業で協力を強化

2012年11月9日
出所: 電子新聞

3870

韓国と日本における知的財産(IP)サービスの協力強化を図るため、優秀なサービス事例を掘り起こし、情報を共有する場が設けられた。韓国知識財産サービス協会は、「海外展示・視察団」を派遣し、優秀なIPサービスの広報とともに日韓の民間サービス事業の協力を約束したと11日に発表した。派遣団は、7日、「2012特許・情報フェア&コンファレンス」に参加し、IPサービス会社のソリューションなどを展示するほか、海外企業・関係機関との交流を推進した。

日本特許情報機構(JAPIO)との懇談会では、日本の特許情報の流通現状について議論を行なった。JAPIOの守屋文彦専務理事は、「JAPIOが運営している日本の特許情報サービス‘IPDL’について韓国ユーザーの意見を聴取し、反映していきたい。」と述べた。

9日まで開かれた「2012特許・情報フェア&コンファレンス」は、約90カ国から特許関連企業と機関が参加した。韓国からは、「マークプロ」、「Wizドメイン」、「ウィップス」、「韓国知識財産サービス協会」、「IP翻訳コンソーシアム」所属のIP翻訳専門企業などが参加した。マークプロのチャ・サンジン代表は、「日本市場の販路開拓に役立つと期待している。」とコメントした。

クォン・ドンジュン記者

ジェトロ・ソウル事務所知的財産チーム

ジェトロ・ソウル事務所 知的財産チームは、韓国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓発活動、取り締まりの支援などを行っています。各種問い合わせ、相談、訪問をご希望の方はご連絡ください。
担当者:浜岸、曺(チョウ)、柳(ユ)
E-mail:kos-jetroipr@jetro.go.jp
Tel :+82-2-3210-0195

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。