1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 中国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 2015
  8. fake
  9. 「清風行動」で複数部門が協働、輸出模倣品摘発で顕著な成果

知的財産ニュース 「清風行動」で複数部門が協働、輸出模倣品摘発で顕著な成果

2015年11月17日
出所: 中国知識産権資訊網 

ipshow_BID_5895.html

中国政府は、知的財産権侵害·模倣商品輸出の摘発活動を高く重視している。今年4月、全国権利侵害模倣品摘発指導グループが「中国製造海外イメージ擁護『清風』行動プラン」を発布し、アフリカやアラブ諸国、ラテンアメリカ、「一帯一路」関連国家に輸出される商品に重点を置き監視管理を強化する「清風行動」を始動した。半年に渡って、品質管理、税関、工商、公安を含む複数の部門が手を携え、国境に跨る知的財産権侵害、模倣品の製造販売行為を厳重に取り締まり、「中国製造」の良いイメージを守るよう努めてきた。

「清風行動」は、1. 生産者に対する市場参入と監視管理の強化、2. 重点市場の管理強化、3. 輸出入段階における監視管理の強化、4. 越境電子商取引業務の規範化、5. 国際交流協力の強化――の5つの主要任務を定めている。劣悪製品·模倣品を防ぐ活動の最前線に立つ行政部門として、質検総局は、アフリカへの輸出品に重点を置いて「清風」行動を推進し、10月までに不合格輸出品4732ロットを摘発し、1322ロットの輸出を差し止めた。

税関総署は、重点となる分野、港、商品などを対象に法執行活動を展開し、10月までに保護措置708回を実施し、総額8030万元に上るセメント、タイヤ、医薬、タバコ、運動靴などの権利侵害商品836万点を差し押さえた。また、浙江省義烏市場監管局は、アフリカに関する9件とアラブ諸国に関する7件の模倣品事件で、化粧品やスポーツ用品、電子製品を含む総額46万5200元の模倣品を摘発した。

本ページに関するお問合せ

ジェトロ・北京事務所 知的財産部(担当:本間、水落、赤澤)
Tel:(+86)10-6528-2781(日本語可)
E-mail: PCB-IP@jetro.go.jp

ご相談・お問い合わせ

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 中国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. 2015
  8. fake
  9. 「清風行動」で複数部門が協働、輸出模倣品摘発で顕著な成果

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。