1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 中国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. stats
  8. 2001~2011年、中国の論文数が毎年15%のペースで増加=アメリカ国立科学財団

知的財産ニュース 2001~2011年、中国の論文数が毎年15%のペースで増加=アメリカ国立科学財団

2014年2月12日
出所: 北京晨報

ipshow_BID_4647.html

アメリカ国立科学財団 (NSF)はこのほど、国際科学雑誌に掲載される中国の科学論文数の数が急増し、世界論文数に占める割合が11%まで上昇し、日本を抜いてEUと米国に次ぐ、世界3位の論文生産国になったと発表した。

NSFが発表した2014年版の『科学·工学指標』によると、2001~2011年の間に、中国人研究者の署名入り論文数が毎年15%のペースで増加し、世界の論文数に占める比率が3%から11%に上昇した。

今回発表された中国の論文データは、中国科学技術情報研究所が昨年発表した数値と一致する。EUを一括して計算しなければ、中国の科学技術者は過去10年間で国際的な論文を114万3000編発表しており、世界2位につけている。しかし一方、中国の国際科学技術論文の被引用数は平均6.92回のみで、世界平均の10.69回という数値を依然として大きく下回っている。

これに対し、一部専門家や学者らは、大量の論文の発表は、中国が論文大国であることを意味するが、科学技術強国になったことを意味していないと指摘した。論文数の急増は、評価体制が指揮棒としての大きな作用を発揮した結果であり、「科学技術の労働集約型」というモデルによる一時的な優位に過ぎないと批判している。

本ページに関するお問合せ

ジェトロ・北京事務所 知的財産部(担当:本間、水落、赤澤)
Tel:(+86)10-6528-2781(日本語可)
E-mail: PCB-IP@jetro.go.jp

ご相談・お問い合わせ

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 中国
  5. 知的財産に関する情報
  6. 知的財産ニュース
  7. stats
  8. 2001~2011年、中国の論文数が毎年15%のペースで増加=アメリカ国立科学財団

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。