1. サイトトップ
  2. 出版物
  3. メキシコ経済の基礎知識(第3版)(オンデマンド版)

メキシコ経済の基礎知識(第3版)(オンデマンド版)

表紙画像

ジェトロ オンデマンド版

2018年に世界第6位の自動車生産大国となり、自動車産業を中心に日系進出企業の進出が1,200社を超えたメキシコ。平均年齢27歳と若く、世界第10位となる1億2,650万人の人口を有し、巨大な消費市場としてのポテンシャルも有する。
しかし、過去10年間の経済成長率は年平均2%程度と低迷し、ポテンシャルを生かしきれていない。メキシコ経済の現状と課題について、メキシコ担当歴連続20年の著者が贈るメキシコ・ビジネス関係者必携の一冊。

中畑 貴雄 著
2020年03月31日
A5/306ページ

価格(税込): 3,190円

オンデマンド版(冊子版)を購入する

お客様のご注文をお受けしてから、注文部数だけを書籍化しお届けするオーダーメイド・パブリッシングのシステムです。詳しくはオンデマンド出版についてをご覧ください。

ジェトロ・メンバーズの方は、メンバーズ専用ページからお申し込みになると、1割引きでご購入できます。

目次

メキシコの概況

序章 政治体制の概要とAMLO 政権の誕生

  1. メキシコの政治体制
  2. AMLO政権の誕生と第4次変革

第1章 安定したマクロ経済

  1. 2度の経済危機の苦い経験
  2. 徹底した均衡財政と適切な債務運営
  3. 多様化した輸出品目
  4. 潤沢な対内直接投資に支えられた国際収支
  5. インフレの安定と金利の低下

第2章 変化する消費市場

  1. 国内消費規模はロシアに迫る
  2. 依然として大きな所得格差
  3. 自動車・家電・生活関連サービスの世帯普及率
  4. 消費者金融の普及で購買層が拡大
  5. 所得水準に合わせたマーケティングが重要
  6. 伝統的消費スタイル、流通網の変化
  7. インターネットとスマホの普及が消費スタイルを変革

第3章 米州全域に向けた生産拠点として成長した輸出産業

  1. 対米輸出加工拠点としての魅力と緩やかに進む輸出先の多角化
  2. 自動車産業 ―製造業GDP の20%を占めるリーディング産業―
  3. 電気・電子産業 ―日系企業はテレビ生産から撤退―
  4. 航空機産業 ―自動車産業を上回るスピードで成長―
  5. 農牧業 ―米国、日本向けの野菜・果実供給国―
  6. 食品・飲料製造業 ―メキシコが世界に誇るビールとテキーラ―

第4章 外資系と財閥の影響力が強いメキシコ市場

  1. 安定した推移を見せる外国直接投資
  2. 外資の影響力が強い金融・保険部門
  3. 国内市場で強い財閥の影響力
  4. 自動車市場でプレゼンスが高い日系企業と追い上げる韓国勢
  5. ラテンアメリカを中心に活躍する多国籍メキシコ企業

第5章 通商政策の重点地域は米州からアジア太平洋へ

  1. NAFTA以降急速に進んだFTA交渉
  2. 産業界と二人三脚のFTA交渉
  3. 南米二大国の保護主義に苦慮する自動車産業
  4. NAFTAの重要性と米国との通商紛争
  5. トランプ政権の誕生とNAFTA再交渉
  6. 一定の成果を上げた日墨EPA
  7. アジア太平洋地域に目を向けるメキシコ政府

第6章 経済成長を加速させるための中長期的課題

  1. 極度の対米依存
  2. 脆弱な歳入構造
  3. 大きなインフォーマルセクターと柔軟性のない正規労働市場
  4. 再開が強く求められる炭化水素資源の鉱区解放
  5. アジアとの競争に打ち勝つための国際競争力の強化

第7章 ビジネスアプローチに必要な実務知識

  1. メキシコの税務・会計
  2. メキシコの労務
  3. 企業設立の手順
  4. 保税加工(IMMEX)制度と生産者関税優遇(PROSEC)制度
  5. FTA、特恵貿易協定の活用と原産地規則
  6. 産業財産権関連手続きの概要
[コラム]
  1. 東京オリンピック開催に合わせてExpo Japónを開催
  2. 地ビールとワインの消費広がる
  3. 世界無形文化遺産のメキシコ料理と日本料理
  4. 車上狙いと交通事故に注意

関連情報

出版物についてのお問い合わせ先

ジェトロ出版物について

ジェトロ海外調査企画課

Tel:03-3582-3518
Fax:03-3587-2485
E-mail:books@jetro.go.jp

アジア経済研究所出版物について

アジア経済研究所成果出版課
Tel:043-299-9735
Fax:043-299-9736
E-mail:syuppan@ide.go.jp