チョコレート市場が変わる!? コートジボワールが注目されるワケ

2024年04月04日

世界で愛されるチョコレート。その原料であるカカオ豆の生産量世界一を誇るのが、西アフリカのコートジボワールだ。この国に近年、外資系のカカオ加工工場が続々と進出している。日本企業にもビジネスチャンスが!? これまで知られていなかったコートジボワールの可能性に迫る!

【訂正とお詫び】
本編内 3:29~のナレーションに誤りがございました。下記、訂正してお詫びいたします。
「フランスの大手チョコレートメーカー」と言及がありますが、フランスのCémoiはコートジボワールでの事業を2021年にベルギー企業に売却しました。

(10分29秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: 茶色い木目調のテーブルの上に、真っ白で平らなプレートに載った、円形や四角形、半球形(はんきゅうけい)などの形をした茶色いチョコレートがずらりと並んでいる。

テロップ: チョコレート

ナレーション: 世界で愛されるチョコレート。

映像説明: 細長い緑の葉をつけた赤茶色の木の幹に、薄緑色(うすみどりいろ)の、だ円形(だえんけい)の実がなっている。

テロップ: カカオ豆 生産量 世界1位

映像説明: 赤や白や紫色の花が咲き、ピンク色の首の長い鳥のオブジェが複数置かれている水辺。対岸には高層ビル街が見える。

テロップ: コートジボワール国旗 コートジボワール

ナレーション: その原料、カカオ豆の生産量世界一を誇るのが、西アフリカのコートジボワールだ。

映像説明: 白と薄い茶色の市松模様のタイルの上に置かれた銀色のボウルに、だ円形(だえんけい)のカカオの実が大小10個ほど入っている。外皮が薄緑色(うすみどりいろ)をしたものもあれば、オレンジ色(いろ)や赤に色づいたものもある。

ナレーション: 現地では、収穫されたばかりのカカオの実が売られていて、

映像説明: 赤いマニキュアをした女性の手が、横半分に切り込みを入れたカカオの実を開ける。なかには、クリームのような白い果肉に包まれた、だ円形(だえんけい)の種が50個ほど、密集して入っている。 赤いマニキュアをしたカーリーヘアーの女性が、カカオの実の内側に鼻を近づけ、深く香りを嗅ぐ。

ナレーション: 果肉をそのまま食べるという、産地ならではの食べ方も。

映像説明: カーリーヘアーの女性が、カカオの種を1つ取って口に入れ、もぐもぐとかんだあと、コメントする。

カーリーヘアーの女性・英語: とても甘くて、フルーツみたい。

映像説明: カカオの種が加工されてできた茶色いカカオ豆が、白い機械からベルトコンベヤーの上に排出されている。

テロップ: 外資系カカオ加工工場が続々進出

ナレーション: そのコートジボワールに、近年、外資系のカカオ加工工場が続々と進出!

映像説明: 港の埠頭に大型バスが止まっていて、外に30人ほどの人々が集まっている。人垣の向こうに、大型の貨物船が係留されているのが見える。

テロップ: 日本企業(にほんきぎょう)が上陸!

ナレーション: そこに、日本企業(にほんきぎょう)が上陸!

映像説明: モスグリーンの箱形の建物の脇を、白いヘルメットをかぶった30人ほどの人々が歩いて移動している。

テロップ: さらなるビジネスチャンス!?

ナレーション: さらなるビジネスチャンスが!?

映像説明: 木目調の壁の部屋。ゴールドのクロスを掛けたテーブルを囲み、緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げたかっぷくのよい日本人男性(にほんじんだんせい)ほか、5人の男性や女性が名刺を交換している。 低層の建物や大きな円筒形(えんとうけい)のタンクが見える屋外。赤とグレーのツートーンカラーのシャツを着た男性が、緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げた20人ほどの人々を先導し、歩いて移動している。

テロップ: チョコレート市場が変わる!? コートジボワールが注目されるワケ

ナレーション: これまで知られていなかったコートジボワールの可能性とは!?

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル。各国のさまざまな人々の笑顔や、農作物(のうさくぶつ)を収穫している様子、ガントリークレーンが並んでいる港、緑色(みどりいろ)の仏像、小型飛行機や新幹線、バイクなどの乗り物や生き物など、世界中のいろいろな写真が現れて白い画面を埋めていく。連なった写真に重なるように世界地図のCGが浮かび上がり、中央に紺色の文字で「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」と書かれたタイトルテロップが表示される。

映像説明: 高台から見下ろした大きく弧を描く海岸線の遠景。緑地帯を挟んで砂浜と平行に通る幹線道路を、ひっきりなしに車が行き交っている。 画面左下の四角い枠にアフリカ大陸の地図が表示される。薄茶色(うすちゃいろ)の周辺地形にコートジボワールの国土が緑色(みどりいろ)で示されている。

サイドテロップ(画面右上に常時表示): 高い経済成長率の コートジボワール

ナレーション: 西アフリカ、大西洋に面したコートジボワール。

映像説明: 衣料品や雑貨を売る店が軒を連ねる一帯。Tシャツやハーフパンツ姿の人々が、前の通りを行き交っている。

テロップ: 人口 約3,000万人(まんにん)

ナレーション: 人口は3,000万人。

映像説明: もうもうと煙を上げて調理している屋台や雑貨を売る店が並ぶ路地。果物が入った盆を頭に載せ、道の脇に立って売っている女性もいる。

テロップ: 1人当たりGDP 約2,500ドル

ナレーション: 1人当たりのGDPは、およそ2,500ドル。

映像説明: ゆるやかにカーブした幅の広い道路を車が行き交っている。道路沿いの低層ビルの前にコートジボワールの国旗が掲揚されている。 片側に低層の集合住宅やブロック積みの建物、反対側に衣料品の店などトタン屋根の建物が並ぶ路地。箱を頭に載せた女性が立ち止まっている横を、頭に大きなたらいを載せた女性が足早に通り過ぎていく。

テロップ: 年(ねん)7~(から)9%の経済成長率 ※2012年以降コロナ禍の2020年を除く

ナレーション: 2012年以降、およそ7%から9%という高い経済成長率を維持している。

映像説明: 両方の手のひらの上に1個ずつカカオの実を載せ、こちらへ見せている手元。左手にちょうど手のひらの大きさの赤い実を、右手に手のひらより二周り(ふたまわり)ほど大きい薄緑色(うすみどりいろ)の実を載せている。

サイドテロップ(画面右上に常時表示): カカオ豆生産量世界一 チョコレートの魅力

ナレーション: 特に農業が盛んで、カカオ豆の生産量は世界一。

映像説明: 低層の集合住宅が見える道路の脇に、緑の樹木に覆われた建物の赤いドアが見える。 画面左下の四角い枠にコートジボワールの地図が表示される。国土の南、大西洋岸に位置するアビジャンが赤い星印で、国土のほぼ中央に位置する首都ヤムスクロが赤い点で示されている。

テロップ: ブッシュマン カフェ

ナレーション: ここは、経済の中心都市、アビジャンで人気の「ブッシュマン カフェ」。

映像説明: 平らなガラスの角皿(かくざら)に、三角すいの形をしたチョコレートが並んでいる。 白い丸皿(まるざら)に盛りつけられた、立方体のチョコレートケーキ。皿の縁(ふち)にティースプーンが添えられている。

ナレーション: 店内では、チョコレートやチョコレートケーキのほか、

映像説明: 木製のテーブルに、丸いグラスに入ったあめ色のドリンクが2つ置かれている。グラスの脇に、褐色のカカオの種皮をパックに詰めた商品が並んでいる。奥に外皮がオレンジ色(いろ)に色づいたカカオの実が入った銀色のボウルがあるのが見える。 あめ色のドリンクが入った2つの丸いグラスにズームアップする。

ナレーション: カカオティーなどのドリンクも楽しめる。

映像説明: 銀色の金網の上に、真っ白で平らな長方形のプレートに載ったチョコレート商品が並んでいる。バラの花やハートをかたどった茶色のものと、鮮やかな黄色(きいろ)と緑で色づけされた立方体やバラの花の形のものとがある。

テロップ: チョコレートは自家製

ナレーション: こうしたメニューに使われているチョコレートは、なんと、この店の自家製。

映像説明: 店内。カウンターの上に、茶色の液体をかき混ぜている調理機器と丸みを帯びたグラス、白や金色のカップなどが並んでいる。黒いターバンを巻いた女性とセミロングヘアーの女性店員が、カウンターの向かいに立っている人物と話している。 店内からカウンター全体を見た映像。3分の1程度のスペースにガラスショーケースが置かれ、チョコレートの製造工程をイラストで表したパネルが手前に立てかけられている。 残りのスペースには、銀色の円筒形(えんとうけい)や黒い箱形の調理機器やカップなどが並んでいる。

ナレーション: 契約農園から購入したカカオ豆から、伝統的な製法でチョコレートを作っている。

映像説明: 店内。外の緑が見える窓の前で、黒いターバンを巻き、あごひげを生やした男性がインタビューに答える。 木目調のテーブルの上に黄色(きいろ)や赤茶色をしたカカオの実が4個、置かれている。うち1個は中央を水平にカットされ、中の種が見えている。

テロップ: ブッシュマン カフェ オーナー

ブッシュマン カフェ オーナー・英語: コートジボワールのカカオ豆には、世界最高の香りと自然な味わいがある。

映像説明: 白い平皿に載せられた、円盤形(えんばんがた)や四角形のチョコレートチップ。

ナレーション: レストランなどに向け、製菓用チョコレートの販売も行っている。

映像説明: 店内。外の緑が見える窓の前で、ブッシュマン カフェのオーナーがインタビューに答える。 バラの花の形の茶色いチョコレートのアップ。 店内。外の緑が見える窓の前で、ブッシュマン カフェのオーナーが話を続ける。

テロップ: ブッシュマン カフェ オーナー

ブッシュマン カフェ オーナー・英語: 私たちは、カカオの魂を提供している。 原料は、カカオと砂糖だけでナチュラル。

映像説明: 木目調の壁に花のシンボルマークが描かれた、ブッシュマン カフェの店内。カウンターの上には、ガラスショーケースや銀色の円筒形(えんとうけい)や箱形の調理機器、カップなどが置かれている。 木目調のテーブルの上に、アルミホイルに載った板状のチョコレートと赤茶色をしたカカオの実が並べて置かれている。

テロップ: カカオの国内加工率 約30%

ナレーション: コートジボワールには、このカフェのような小規模なチョコレートメーカーが多く、国内でのカカオの加工率は、およそ30%と低い。

映像説明: 茶色いカカオ豆をいっぱいに詰めた大きなビニール袋が、ずらりと床に並んでいる。

ナレーション: そのため、コートジボワール国内に残る利益が少ないことが課題だった。

映像説明: カカオ加工工場の製造ライン。じょうご形の機械の口から、茶色い小石のような大量のカカオ豆がベルトコンベヤーの上に排出され、運ばれていく。 茶色いカカオ豆が白い機械からベルトコンベヤーの上に排出されている。

テロップ: 2030年までにすべての カカオ豆を国内で加工する方針

ナレーション: そこで政府は加工能力を押し上げるため、事業者に対し、税制などの優遇措置を行い、2030年までにコートジボワール産のカカオ豆すべてを国内で加工する方針を打ち出した。

映像説明: 赤地に白抜きの英文字で「puratos(ピュラトス)」のロゴとユニコーンのシンボルマークなどが描かれた工場の門扉。 白い切り妻屋根の建物の外壁に赤地に白抜きの英文字で「SACO(サコ)」のロゴとカカオ豆のシンボルマークが描かれた工場の外観。手前にある駐車場にピックアップトラックが2台、乗用車が2台、駐車している。 コンクリートの塀の上に英文字で「Cargill(カーギル)」のロゴが書かれた看板が立っている。

ナレーション: こうした政策を受け、ベルギーやマレーシアなど、外資系企業の参入や工場の拡張が相次いでいる。

映像説明: 赤いドアがある、白い切り妻屋根の大きな建物の外観。 屋内。たくさんの麻袋を積んだ、おびただしい数のパレットが並んでいる。

テロップ: セモア

ナレーション: こちらは、フランスの大手チョコレートメーカー。

映像説明: 室内。箱や円筒形(えんとうけい)の缶に入った「CÉMOI(セモア)」のロゴがあるダークチョコレートが並んでいる。こげ茶色(こげちゃいろ)のパッケージには、高級感のある四角いチョコレートの写真とともに、「72%」、「100%」などの数字が表示されている。 茶色い棚に黄色地(きいろじ)に、水色、オレンジ色(いろ)、緑色(みどりいろ)などのアクセントカラーを使った、カラフルな小袋のチョコレート商品が、ずらりと並んでいる。袋には、アクセントカラーごとに、レモンやバナナ、ココナッツ、オレンジなどの果物と、1口大に割ったチョコレートの絵柄がある。

ナレーション: この企業は、1996年に、コートジボワールにカカオの加工工場を設置し、商品の製造まで一貫して行っている。

映像説明: 広い芝生と緑の木々(きぎ)が茂る工場の敷地内を、緑色(みどりいろ)や白のネックストラップを下げた30人ほどのビジネスパーソンが、歩いて移動している。

テロップ: 2024年2月26~(から)28日 コートジボワール 産業高度化ミッション 主催:ジェトロ

ナレーション: そこへ視察に訪れたのが、日本からの一行。

映像説明: 薄くあごひげを生やし緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げた日本人男性(にほんじんだんせい)が、歩きながら笑顔で話している。

テロップ: 立花商店(たちばなしょうてん) 石本 満生(いしもと みつお) ガーナ カントリー マネージャー

ナレーション: そのなかには、カカオ商社の、立花商店の姿も。

映像説明: フランス語で「ダークチョコレート」と書かれた銀色の円筒形(えんとうけい)のタンクのアップ。 長机(ながづくえ)に置かれたパソコンの前に、赤いフタのある小瓶(こびん)が7本、フランス語でそれぞれの内容物が書かれた紙の上に並べられている。

ナレーション: 実は、日本で消費されるチョコレートの原料はガーナ産が多く、コートジボワールからは、ほとんど輸入されていない。

映像説明: 木目調の壁の部屋。ゴールドのクロスを掛けたテーブルと赤い椅子が設置された室内で、石本ガーナ カントリー マネージャーがインタビューに答える。 さまざまな形態のカカオ豆が、フランス語でそれぞれの加工段階が書かれた白いテーブルの上に並べられている。 カカオ豆が収まるサイズの溝が何本も彫られたトレーに、縦半分に割った茶色いカカオ豆が並んでいる。

テロップ: 立花商店 石本 満生(いしもと みつお) ガーナ カントリー マネージャー

石本ガーナ カントリー マネージャー: ガーナ以外にも、あの、安定的な、カカオ製品の、えー、サプライヤーが欲しいなと思って、えー、サプライヤーの選定に参りました。 コートジボワール、あの、ガーナと同じような物は作ってるんですけども、 あの、その、生産規模が大きいと、いうことと、あとは加工業者さんが多いということは、あの、非常に魅力的かなと思ってます。

映像説明: 屋内。石本ガーナ カントリー マネージャーを含む大勢の人がイヤホンをつけて着席し、前方に注目している。

ナレーション: チョコレートの原料となるカカオマスなどの取り引きを考えているという。

映像説明: 人の背丈よりも高く積み上げられた、空(から)のパレットの前で、赤とグレーのツートーンカラーのシャツを着た男性が視察団に説明をしている。 カカオ豆が入った麻袋に下げられた小さな黒板の文字を指で示している男性の手元。

テロップ: セモア 担当者

セモア 担当者・フランス語: すべてが国によって管理されていて、毎日リアルタイムで、当社に納入されたカカオの量を政府は把握している。 出荷されるものも、すべて管理されている。

映像説明: 白い壁の室内。不織布(ふしょくふ)の白衣(はくい)と衛生キャップを身につけた石本ガーナ カントリー マネージャーが、通訳の日本人女性(にほんじんじょせい)とともに、工場の担当者に質問をしている。

ナレーション: 立花商店の石本さんは、カカオ豆をばい煎(ばいせん)する際の時間や温度など、細かい質問を投げかけていた。

映像説明: 白い壁の室内。白衣(はくい)と衛生キャップを身につけた工場の担当者が手ぶりを交えて回答し、女性がそれを通訳する。

白衣(はくい)と衛生キャップを身につけた工場の担当者・フランス語: 111~(から)119度で60~(から)90分

映像説明: 倉庫の中。パレットに載せて結束ラップで巻かれた段ボールケースが天井近くまで積み上げられている。 屋外の緑の木々(きぎ)の前で、石本ガーナ カントリー マネージャーがインタビューに答える。

テロップ: 立花商店 石本 満生(いしもと みつお) ガーナ カントリー マネージャー

石本ガーナ カントリー マネージャー: チョコレート以外に、カカオ豆とカカオリカーとカカオバター、輸出しているっていうこともおっしゃられていましたし、 機会があれば、ぜひ、はい。

映像説明: 赤、青、白の3色で塗られた箱形の建物の脇を、緑色(みどりいろ)や白のネックストラップを下げた20人ほどの視察団が、歩いて移動している。

サイドテロップ(画面右上に常時表示): 日本企業(にほんきぎょう)26社が現地視察 inコートジボワール

ナレーション: コートジボワールで注目の産業は、カカオに関するものだけではない。さまざまな分野でコートジボワールでのビジネスに関心を持つ日本企業(にほんきぎょう)。

映像説明: 大きな盛り花が飾られた壇上で、藍色のスーツを着て緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げた日本人男性(にほんじんだんせい)が演台(演台)に立ち、プレゼンをしている。 ホワイエ。銀色の手すりがある階段の前で、藍色のスーツを着て緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げた日本人男性(にほんじんだんせい)が話を聞いている。階段の向こうに、商談会の参加者が集まって交流しているのが見える。

テロップ: 高砂香料工業(たかさごこうりょうこうぎょう) 海外法人 高砂ヨーロッパドイツ(たかさごヨーロッパドイツ) 池田 裕康(いけだ ひろやす) 社長

ナレーション: 食品などの香料を開発し、メーカーに販売する高砂香料は、西アフリカに拠点を構えることを視野に入れていた。

映像説明: ホワイエ。銀色の手すりがある階段の前で、池田社長がインタビューに答える。階段の向こうに、商談会の参加者が集まって交流しているのが見える。 低層と高層のビルが混在する市街地。ゆるやかにカーブした幅の広い道路を、たくさんの車が行き交っている。 表通りを外れた町並み。幅の広い歩道や信号機のある横断歩道など、インフラが整備されている。 白い壁の会議室。15人ほどのビジネスパーソンが、長いテーブルを囲んで前方の液晶モニターに注目している。両側の壁際にも男性や女性が座っている。 池田社長が会議の席に着き、隣の席の男性が話しているのを真剣な表情で聞いている。

池田社長: アフリカの中でも、あー、売り上げが1番多いのが、この西アフリカなので、 ま、セネガルやナイジェリアですとか、ま、いろいろ候補は、カメルーン、いろいろ候補はあると思うんですけども、 治安も安定して、お客様(食品メーカー)も居るところを、こう、選ぶっていうのが1つの目的なので、 いろんなビジネスを、できそうな、可能性が高いので、情報をいろいろ取るということも含めて、来さしていただきました。

映像説明: ホワイエ。銀色の手すりがある階段の前で、グレーのスーツを着た日本人男性(にほんじんだんせい)が黒いジャケットを羽織った女性と立ち話をしている。2人の背後にも、同様に立ち話をするビジネスパーソンの姿が見える。

テロップ: Double Feather Partners(ダブル フェザー パートナーズ) 武藤 康平(むとう こうへい) CEO

ナレーション: 投資会社の代表は、コートジボワールの将来に期待を寄せる。

映像説明: 木目調の壁の部屋で、武藤CEOがインタビューに答える。 砂浜。15人ほどの人が縦1列になって、海から長い網を引き上げている。 倉庫の中。銀色の長い角パイプが束にしてまとめられ、積まれている。奥でキャタピラー付きの機械が稼働している。 木目調の壁の部屋。ゴールドのクロスを掛けたテーブルを挟んで、武藤CEOが黒いスーツを着たロングヘアーの女性と商談している。 木目調の壁の部屋で、武藤CEOが話を続ける。

武藤CEO: われわれ(当社)はですね、えー、主にケニア、ウガンダ、えー、ナイジェリア、エジプト、南アフリカで、えっと、ベンチャーキャピタル投資をして参りました。 コートジボワール、ま、農業であったり、海に面しているというところもありますので、ま、さまざまな1次産業、2次産業、盛んだなという印象がございますし、 伸びしろ、おー、そして、ま、ヨーロッパへのアクセス含めたですね、ビジネスの機会というところを、すごく魅力的に感じております。

映像説明: 遠く対岸に高層ビル群などが見える埠頭で、水色のノースリーブのカットソーを着たショートカットの日本人女性(にほんじんじょせい)が、話しながらこちらに笑顔を見せる。

テロップ: 国際協力銀行(こくさいきょうりょくぎんこう) エネルギー・ソリューション部 平戸 瞳(ひらと ひとみ) さん

ナレーション: 視察団のなかには、日本企業(にほんきぎょう)の海外事業を支援する銀行の担当者も。

映像説明: ホワイエ。銀色の手すりがある階段の前で、平戸(ひらと)さんがインタビューに答える。 白い壁の天井の高い室内。平戸(ひらと)さんが丸刈りで青いジャケットを着た男性と話しながら歩いて移動している。

平戸(ひらと)さん: 日本企業(にほんきぎょう)のコートジボワール進出を、どの、どのように支援ができるかといったところを、見れたらな、というふうに思って、参加させていただきました。

映像説明: ホワイエで、平戸(ひらと)さんが、髪を1つに結んだ女性と話している。背後でも、たくさんのビジネスパーソンが数人ずつ集まって交流しているのが見える。

ナレーション: 工場の視察などから、コートジボワールでのビジネス機会の豊富さを感じたという。

映像説明: 白い壁の会議室。青いスーツを着た日本人男性(にほんじんだんせい)が、木目調のテーブルの席に着いて話をしている。

サイドテロップ(画面右上に常時表示): 商談会に現地企業100人超 ビジネスの可能性は?

テロップ: Solafune(ソラフネ) 上地 練(うえち れん) CEO

ナレーション: こちらは、スタートアップのCEO、上地さん。

映像説明: ゴールドのクロスがかけられたテーブルと赤い椅子が置かれた室内。地球のグラフィックイメージに重ねて、「Solafune(ソラフネ)」のロゴと地図アプリが表示されたタブレットを2つ並べた写真が載っている、紺色のバナースタンドのアップ。

ナレーション: 人工衛星が取得するデータを解析するシステムを開発している。

映像説明: 多くの人でにぎわうロビーの一角で、上地CEOがインタビューに答える。

テロップ: Solafune(ソラフネ) 上地 練 CEO

上地CEO: 衛星データの解析シス、 システムを、えっと、海外の政府向けに提供しておりまして、 その新しいお客様の開拓ですとか、実際に現地のニーズを聞くということを目的に参加しました。

映像説明: Solafune(ソラフネ)の紺色のバナースタンドの上部。人工衛星のイラストが描かれ、英文字で「Hack The Planet」とキャッチコピーが書かれている。その下のほうに、地球のグラフィックイメージと「Solafune(ソラフネ)」のロゴと地図アプリが表示された2つのタブレットの写真がある。

ナレーション: このシステムは、土地の状況を把握することで、カカオのほか、農業への活用にも期待されている。

映像説明: 木目調の壁の商談会会場。ゴールドのクロスを掛けたテーブルと赤い椅子が設営された室内で、たくさんのビジネスパーソンが商談をしている。 ゴールドのクロスを掛けたテーブルを挟んで、上地CEO と2人の男性が商談をしている。テーブルには「SOLAFUNE INC.(ソラフネ インコーポレイテッド)」のプレートが置かれている。

ナレーション: 現地の企業などを招いて行われた商談会では、その技術に多くの人が耳を傾けていた。

上地CEO・英語: 当社は、衛星は保有せずに、地球の周りにすでにある衛星を使えるようにします。

商談相手の男性・英語: アクセスするために、どんなデバイスが必要ですか?

上地CEO・英語: デバイスは必要なく、データを取得するだけです。

映像説明: 多くの人でにぎわうロビーの一角で、上地CEOがインタビューに答える。 ゴールドのクロスを掛けたテーブルで、上地CEO と2人の男性が商談をしている。 上地CEOが男性と女性の3人連れと商談をしている。テーブルの上にはノートパソコンが開いて置かれ、「Solafune(ソラフネ)のロゴと人工衛星、地球のイラストが表示されている。テロップ: Solafune(ソラフネ) 上地 練 CEO

上地CEO: 確実に、ニーズはあるな、というふうには確信いたしまして、 あとは、どういった座組で、どういったプロジェクトを作っていくのか、っていうところを、 えー、現地の人たちと詰めていければなと思ってます。

映像説明: 木目調の壁の商談会会場。通訳とペアの来場者が多いなか、あごひげを生やし、グレーのジャケットを着た男性が単身で商談に臨んでいる。

ナレーション: 商談会には、コートジボワールから100人を超える参加があった。なかには、日本語が堪能な人も。

映像説明: 商談会の会場で、あごひげを生やし、グレーのジャケットを着た男性がインタビューに答える。 ゴールドのクロスを掛けたテーブルで、あごひげを生やし、グレーのジャケットを着た男性が、緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げた日本企業(にほんきぎょう)の担当者と笑顔で話をしている。

テロップ: 来場者

来場者: 私、設計事務所で働いているので、あの、日本(にほん)の、ま、施工と設計に関係する会社に会えるチャンスが、ま、いいなと思って。 アフリカ全体にいる会社が多くて、グローバルな話になるというのがいいなあと思いました。

映像説明: 木目調の壁の商談会会場。ゴールドのクロスを掛けたテーブルで、池田社長が、黄色(きいろ)のジャケットを着た女性と丸刈りの男性2人の、3人連れと商談している。

テロップ: 高砂香料工業 海外法人 高砂ヨーロッパドイツ 池田 裕康 社長

ナレーション: 食品の香料を開発する高砂香料のブースには、あの、ブッシュマン カフェの担当者も訪れていた。

映像説明: 木目調の壁の商談会会場で、黒いターバンを巻いた女性がインタビューに答える。 ホワイエ。黒いターバンを巻いた女性が、紺色のジャケットを着た日本人男性(にほんじんだんせい)と立ち話をしている。 木目調の壁の商談会会場。黒いターバンを巻いた女性を含む3人の女性と紺色のスーツを着た男性、黒地に白い花模様があるトップスを着た女性が商談をしている。

テロップ: ブッシュマン カフェ 担当者

ブッシュマン カフェ担当者・英語: 当社のチョコレートを使って、自然な新しいフレーバーや香りを創造するために 協力し合うことは、とても興味深い。

映像説明: 木目調の壁の商談会会場。ゴールドのクロスが掛けられたテーブルで、石本ガーナ カントリー マネージャーが黒いスーツを着た男性来場者を応対している。

ナレーション: カカオ商社の、立花商店にも、多くの現地企業からの引き合いがあった。

映像説明: 木目調の壁の商談会会場で、黒いスーツを着た男性来場者がインタビューに答える。 ホワイエ。黒いスーツを着た男性来場者が日本の担当者と話をしている。 木目調の壁の商談会の会場。黒いスーツを着た男性来場者が石本ガーナ カントリー マネージャーと商談をしている。 木目調の壁の商談会会場で、黒いスーツを着た男性来場者が話を続ける。

テロップ: 来場者

来場者・英語: 当社は、金(きん)、カカオ豆、カシューナッツなどに関する、あらゆるものを輸出している。 このような機会に日本企業(にほんきぎょう)と出会い、よい関係を築きたい。 当社には日本への輸出に向けた、よい原料や商品がそろっている。

映像説明: ホワイエ。石本ガーナ カントリー マネージャーが2人の男性来場者と立ち話をしている。

テロップ: 立花商店 石本 満生(いしもと みつお) ガーナ カントリー マネージャー

ナレーション: 石本さんは、パートナー候補の企業と話し合いを続けていきたいという。

映像説明: 編み目模様の壁の前で、石本ガーナ カントリー マネージャーがインタビューに答える。 モスグリーンの箱形の建物の前にバスが止まっている。20人ほどの視察団の人々が集まっているなかで、石本ガーナ カントリー マネージャーが、口ひげを生やした日本人男性(にほんじんだんせい)と立ち話をしている。 木目調の壁の商談会会場。ゴールドのクロスが掛けられたテーブルで、緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げた日本人男性(にほんじんだんせい)とオレンジ色(いろ)のネックストラップを下げた女性と男性が商談をしている。

石本ガーナ カントリー マネージャー: またあの、コートジボワールのほうには、あのー、足を運んで、取り引きまでつなげたいなというふうに思ってます。 ことしはサンプル程度で、コートジ産(コートジボワール産)のものを日本(にほん)に紹介して、お客さんのほうに試してもらって、 で、来年、できれば、もう少し大きい規模感で、えー、ビジネスとして、取り引きができればいいなというふうに思ってます。

映像説明: 木目調の壁の会場。大きな盛り花が飾られた壇上で、青いスーツを着た女性が演台(えんだい)に立ち、満席の聴衆へ向けてプレゼンしている。 ホワイエ。銀色の手すりがある階段の上のほうから見下ろした映像。100人ほどのビジネスパーソンが、軽食やドリンクを手に、立ち話や名刺交換をしている。 木目調の壁の商談会会場。ゴールドのクロスを掛けたテーブルで、池田社長が黄色(きいろ)のジャケットを着た女性、丸刈りの男性と話をしている。男性の背後にある会場のドアの向こうにホワイエでの交流の様子が見える。 木目調の壁の商談会会場。ゴールドのクロスが掛けられたテーブル席で、緑色(みどりいろ)のネックストラップを下げたウエーブヘアーの日本人男性(にほんじんだんせい)がオレンジ色(いろ)のネックストラップを下げた2人の男性と商談している。

ナレーション: 高い経済成長率と、安定した政治・治安情勢のコートジボワール。日本企業(にほんきぎょう)にも、新たなビジネスチャンスが期待できそうだ。

映像説明: 水色のグラデーション背景画。画面の右側で地球の陸地部分だけが点描され、中が空洞になった地球儀のグラフィックイメージが回転している。

番組DVDのご提供(有料)について
当サイトでオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)ご希望の方はジェトロ情報データ統括課 映像メディア班(E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。
なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用ください。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

動画視聴推奨環境について
Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただし、Windows7でご覧いただく場合は、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
番組は、YouTubeでも配信しておりますので、「世界は今-JETRO Global Eye」公式チャンネル外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますもあわせてご利用ください。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
動画の視聴について
本ページに掲載している動画は、都合により削除されることがあります。

次回の番組

7月25日(予定)
テーマ:ドジャースにおにぎり参上! ロサンゼルス発 コメを米国へ

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ情報データ統括課 映像メディア班
Tel:03-3582-5219
E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。