知られざる西アフリカ・ガーナ ‐ビジネス拠点としての魅力‐

2023年03月16日

ガーナは、公用語が英語であること、水資源が豊富で治安が安定していることなどから西アフリカの拠点として注目度が高まっている。日本企業には、まだなじみの少ないガーナを広い視野から知ってもらおうと、今回、ジェトロアクラ事務所が初の大型現地視察イベントを開催。その様子に密着した。

(12分17秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル。フランス・パリのエッフェル塔や凱旋門、アニメキャラクターのコスプレをした20代くらいの海外の女の子や、渋谷のスクランブル交差点の写真など、世界中の12枚の写真が画面の奥から飛び出してくる。水色を基調としたコンピューターグラフィックスの背景に、中が空洞になった緑色(みどりいろ)の地球儀が回転しながら現れる。画面右側で地球儀が回転し、左側に紺色の文字で「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」と書かれたタイトルテロップが表示される。

映像説明: スタジオ。黄緑色(きみどりいろ)の横長の背景モニターに緑色(みどりいろ)を基調とした地球儀と「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」のロゴが映し出されている。手前にスタンド付きモニターがある。モニターには、クリーム色(いろ)の出入り口の建物の前にたくさんの人物が立ち、写真撮影をしている映像が映し出されている。スタジオ中央に後ろで髪をまとめた女性キャスターが座っている。ベージュのワンピースを着ている。

女性キャスター: 世界は今、ジェトログローバルアイ。

映像説明: 画面左側に手を前で軽く組んだ女性キャスターが座り、右側にはモニターがある。モニターには、黄色(きいろ)の壁の部屋で大きなテーブルにドライパイナップルやドライマンゴーなどが盛られ、ラップがかけられた10枚ほどの丸い皿が並べられていて、青と白のチェック柄のシャツを着た髪の短い現地の男性が話をし、5人ほどの人物が話を聞いている映像、植物が生い茂っている場所でグレーのジャケットを着た人物が黄色(きいろ)の実を左手に持っている映像、走る車から撮影した晴れた空の下を緑(みどり)、黄色(きいろ)、赤の3色のマークと黒字で「Meridian Industrial Park」と書かれたゲートに向かっていく映像、天井が高い工場の中、青いシャツを着た髪の短い男性と10人ほどの人物が歩いている映像、茶色の模様がある赤いじゅうたんが敷かれている室内、5人ほどの男性が、それぞれ丸いテーブルを囲んで立っている映像が映し出されている。

テロップ: 江連 裕子(えづれ ゆうこ)

江連(えづれ)キャスター: 西アフリカのガーナは、チョコレートの原料となるカカオの生産で有名ですが、どんな国なのか、あまり知られていません。今回は、ジェトロが開催した現地視察に同行し、知られざるガーナのビジネスの可能性を探ります。

テロップ: 知られざる西アフリカ・ガーナ ‐ビジネス拠点としての魅力‐

映像説明: 走る車から撮影した映像。青空の下、前方に5台ほどの車が土煙をあげながら走っている。ボーダー柄の赤いシャツを着た男性が道路を横切っていき、青いタンクトップを着た男性が対向車の後ろを自転車で走っている。道路沿いにはオレンジ色(いろ)の建物などが建っているのが見える。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 知られざるガーナを視察 ビジネスチャンスを探る!

ナレーション: ガーナの首都アクラから、土煙をあげて走ること2時間。

映像説明: 曇り空の下。立体文字で「1938 W.A.C.R.I.(ワクリ)」、「TAFO CACAO RESEARCH STATION」と書かれたベージュの建物の外観。リュックを背負った10人ほどの視察団が出入り口に向かって歩いている。

テロップ: ガーナ ニュータフォ

テロップ: Cocoa Research Institute Of Ghana(ココア リサーチ インスティテュート オブ ガーナ)

ナレーション: 農村地域に現れたのは、1938年に設立された、カカオの研究所だ。

映像説明: 緑(みどり)や黄色(きいろ)の実がついた、たくさんのカカオの木が植えられている栽培地。 白いシャツにグレーのジャケットを着た人物が左手に黄色(きいろ)の実を持っている。 芝生の生えた敷地の中。青いワイシャツを着た男性がオレンジ色(いろ)の実を左手に持ち、右手にスマートフォンを持っている。 白い壁の部屋。白い長いテーブルには3個ほどのアルミホイルで覆われたものやアルミホイルの上に茶色いものなどが入った4つの皿が並んでいる。長いテーブルを10人ほどの視察団が囲んで立っている。黄緑色(きみどりいろ)の柄(がら)があるシャツを着た髪の短い外国人男性が赤や緑色(みどりいろ)の板状のものが置かれた皿から調理器具のようなものを取り出している。

ナレーション: ガーナは、世界有数のカカオの産地。視察団は、カカオの実など初めて見る作物に、目を見張っていた。

映像説明: 出入り口の上部に茶色の横格子がある白い壁の建物の前。20人ほどの視察団と現地関係者が3列に並んで立ち、写真撮影をしている。

テロップ: 2023年2月6~(から)9日 ガーナ・ビジネスミッション 主催:ジェトロ

ナレーション: これは、ジェトロが開催した、現地視察事業の一幕だ。

映像説明: 白い壁で、窓に茶色のブラインドが下ろされた部屋。薄いブルーの細かいチェック柄のワイシャツを着て口元に少しひげを生やした日本人男性(にほんじんだんせい)がマイクを持ち、話をしている。そばに10人ほどの人物がいすに座っている。

テロップ: ジェトロ アクラ事務所 所長 関根 広亮(せきね ひろあき)

映像説明: 光がさし込む5つほどのコンテナなどが並んだ工場の一角。黄色(きいろ)と紫色の柄(がら)があるシャツを着た男性が5人ほどの視察団に向かって手ぶりを交えながら話をしている。 青い空の下。整備されていない道路。コンクリート製のゲートの前で、オレンジ色(いろ)の安全ベストを着て黒いヘルメットをかぶり、右肩に荷物を持ち、右手にスマートフォンを持った男性に、花柄のシャツにオレンジ色(いろ)の安全ベストを着て黒いヘルメットをかぶった男性が、大きく両手を動かしながら話をしている。2人ともマスクをつけている。 走行中の3列シートのバスの車内。白と黒のボーダー柄のネクタイを締め、白いワイシャツを着て口元に少しひげを生やした日本人男性(にほんじんだんせい)が体を少し傾け、隣の列に座っている頭に眼鏡をのせ、ひげを生やした短髪の外国人男性と話をしている。

ナレーション: 今回、ガーナで初となる大型視察のため、産官学のさまざまな分野を、幅広く訪問してもらおうと企画したという。

映像説明: 屋外の手すりがある通路のような場所。黒いスーツを着て口元に少しひげを生やし、髪を横分けにしたジェトロ アクラ事務所長の関根がインタビューに答える。 カカオの栽培地。薄いブルーの細かいチェック柄のワイシャツを着た関根が話をしている。傍らで4人ほどの男女がスマートフォンにメモを取っている。 白いシャツを着た外国人女性が関根に話しかけ、2人で歩き出す。後方に立っていた10人ほどの視察団がついていく。画面左下の四角い枠に西アフリカの地図が表示される。ギニア湾に面し、ナイジェリアの西に位置しているガーナが緑色(みどりいろ)で示されている。背景の映像が切り替わる。天井の高い白い壁の建物の中。薄いブルーのワイシャツを着た髪の短い外国人男性が話をしている。前に立つ10人ほどの視察団が話を聞いている。

テロップ: ジェトロ アクラ事務所 所長 関根 広亮(せきね ひろあき)

関根(ジェトロ アクラ事務所 所長): 遠い国、西アフリカのガーナっていうのはですね、なかなか日本企業(にほんきぎょう)さんに知られてない地域でございますので、 こういう企画でですね、ぜひ知っていただこうかなと。 西アフリカの中で(地理的に)ちょうど中心地にありまして、 ビジネスの、ま、中心になりえるのかなというとこでございます。

映像説明: 青い空の下。広々とした砂浜の海岸に波が打ち寄せている。 20個ほどのカラフルなパラソルを広げた露店が並ぶ街。大勢の男女が歩いていて、そばを10台ほどの車やバスが走っている。

テロップ: 人口 3,283万人(2021年)出所:世界銀行 国土 238,537㎢(ヘイホウキロメートル)

ナレーション: ギニア湾に面する国ガーナは、人口およそ3,300万人。面積は日本の3分の2ほどの大きさだ。

映像説明: 5つほどのベージュや黄色(きいろ)のパラソルを広げた露店が並んでいる。そばを10人ほどの男女が歩いている。 3階建ての赤茶色の建物の前の敷地に5軒ほどの商店が並び、その前に1台のピックアップトラックが駐車している。建物の横にある道路には、たくさんのパラソルを広げた露店が並んでいるのが見える。

テロップ: 公用語が英語 水資源が豊富 治安が安定

ナレーション: 公用語が英語であること、水資源が豊富で、治安が安定していることなどから、西アフリカの拠点として注目度が高まっている。

映像説明: 天井の高い白い壁の工場の中。薄いブルーのワイシャツを着て右肩に拡声器をかけ、右手にマイクを持った髪の短い外国人男性を先頭に、10人ほどの視察団一行が歩いてくる。 赤字で英語の文字が書かれた白いバスから5人ほどの視察団の男女が降りてくる。

ナレーション: そんなガーナでのビジネスチャンスを探るべく、4日間の視察に参加した日本企業(にほんきぎょう)は、25社、32名。業種は多岐にわたる。

映像説明: 白い壁の部屋。青いポロシャツを着て眼鏡をかけた日本人男性(にほんじんだんせい)が真剣な表情で話を聞いている。周りには10人ほどの視察団が座っている。

テロップ: サラヤ アフリカビジネス開発室 北條 健生(ほうじょう たけお) 室長

ナレーション: 衛生分野でよく知られているこちらの企業は、すでに東アフリカ、北アフリカで、ビジネスを展開しているが。

映像説明: 白と茶色のツートンカラーの壁や柱がある建物の前。胸に「SARAYA」などと書かれた青いポロシャツを着て眼鏡をかけた北條室長が立ってインタビューに答える。

北條室長: まだ西のほうは何も手付かずということで、 今のうちから、えー、何かしら検討をスタートしたいなということで、こさせていただきました。

映像説明: 走る車からの車窓風景。道路沿いに樹木が立ち並び、前を白いバスが走っている。対向車線を5台ほどのトラックや車が走っている。 走る車からの車窓風景。対向車線の向こう側に平屋の建物やガソリンスタンドがあるのが見える。 3枚の紙が貼られた緑色(みどりいろ)のボードがある建物の前。黒いバッグを肩にかけた関根と白いシャツに黒いズボンを着た外国人女性が手ぶりを交えながら話をしている。そばに5人ほどの視察団が立っている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): さまざまな業種を視察 ガーナのビジネス環境は

テロップ: HPW Fresh & Dry

ナレーション: 視察団の一行は、まずは農業分野で活躍する企業を訪問。やってきたのは、スイスの資本で設立された、フルーツの加工工場だ。

映像説明: 黄色(きいろ)の壁の部屋。緑(みどり)の布がかけられたテーブルにたくさんのドライフルーツが並んでいる。それぞれラップがかけられた10枚ほどの白い丸い皿にカットされたドライパイナップル、ドライマンゴー、茶色のフルーツなどが盛られている。青と白のチェック柄の半袖シャツを着た髪の短い外国人男性がフルーツを説明し、テーブルを挟んで立つ10人ほどの視察団が話を聞いている。

緑(みどり)の布がかけられたテーブルにパッケージに入った2種類のドライフルーツが並んでいる。水色のパッケージに「MANGO PASSIONSFRUKT(マンゴー パフンスフルクト)」の黄色(きいろ)の文字とマンゴーのイラストが書かれている。黄緑色(きみどりいろ)と黄色(きいろ)のパッケージには「Pineapple」の白い文字とパイナップルのイラストが書かれている。奥にある小さな長方形のダンボール箱には5つほどの黄緑色(きみどりいろ)の細長い棒状のパッケージが入っている。たくさんの加工された実のようなものが盛られ、ラップがかけられた白い色の丸い皿や白い液体が入ったボウルが並んでいる。 光がさし込む工場。調理台の上に10個のパイナップルが並んでいる。黄緑色(きみどりいろ)のシャツに黄色(きいろ)の安全ベストを着た人物が作業している。

ナレーション: ここでは、ガーナ産のパイナップルや、マンゴーといった、フルーツを加工し、アフリカ各国をはじめ、ヨーロッパなどに輸出している。

映像説明: 光がさし込む工場。奥に緑(みどり)の葉が茂る道路が見える。青と白のチェック柄のシャツを着てマイク付きのヘッドセットをつけた髪の短い外国人男性が、包丁でパイナップルを切っている。作業台を挟んで立っている白いシャツを着た外国人女性が髪を結んでいる。 白いコンテナが並んだ工場の一角。青と白のチェック柄のシャツを着た男性がカットされた皮つきパイナップルを手に持ち、2人の視察団の女性に運んでくる。グレーのカーディガンを着て髪の長い日本人女性(にほんじんじょせい)が受け取ったパイナップルを口に運び、隣に立っているストライプ柄の白いシャツを着た髪の長い日本人女性(にほんじんじょせい)がカットされたパイナップルに手を伸ばす。

ナレーション: ガーナでは、カカオやフルーツなどの農産物は大きな資源なのだ。

映像説明: 光がさし込む6つほどのコンテナが並んだ工場の一角。薄い水色のワイシャツを着て白髪の日本人男性(にほんじんだんせい)が左手にカットされた皮つきパイナップルを持ち、口を動かしながら右手の親指を立て、カメラのほうを見ながら話をする。

視察団の男性: おいしいです。甘いです。

映像説明: 大型の機械が置かれた工場の一角。青と白のチェック柄の半袖シャツを着た髪の短い外国人男性が説明し、10人ほどの視察団が話を聞いている。

ナレーション: この工場は、フードロスや労働環境の整備にも力を入れており、

映像説明: 黄色(きいろ)の壁の部屋の一角。20枚ほどの写真がある3つのロールバナーが置かれ、その前で青と白のチェック柄の半袖シャツを着て髪の短い外国人男性がマイクを持って話をしている。

テロップ: HPW Fresh & Dry ジェームス・オベン 工場長

ナレーション:

映像説明: ストライプ柄の白いシャツを着た髪の長い日本人女性(にほんじんじょせい)が立ってマイクを持ち、オベン工場長に質問している。周りには10人ほどの視察団がメモ台付きに座り、話を聞いている。

ナレーション: 質疑応答では、輸出についてのやりとりが。

映像説明: チェック柄の白いシャツを着てひげを生やした外国人男性が真剣な表情で話を聞いている。

テロップ: サタケ・コートジボワール カセム・ナメ さん

ナレーション: こちらは、精米機メーカーの担当者。隣国のコートジボワールに駐在しており、西アフリカ全般を見ているという。

映像説明: ナメさんが右手にマイクを持ち、手ぶりを交えながら質問をしている。周りに3人の人物が座っているのが見える。

ナメさん・英語: 製品の販売先はガーナ国内での流通と 欧州やアフリカの他国などへの輸出では、どのような割合ですか?

映像説明: オベン工場長が右手にマイクを持ち、質問に答える。

オベン工場長・英語: ガーナ国内には1%です。

ナメさん・英語: (本当ですか?)

オベン工場長・英語: はい。ガーナでの流通は1%です。 私たちはガーナのフリーゾーン制度を活用しているんです。

映像説明: 白い壁に湖や森の写真が投影されている。オベン工場長が左手にマイクを持ち、手ぶりを交えながら話をしている。 緑(みどり)の布がかけられたテーブルにラップがかけられたドライパイナップルやドライマンゴーなどが盛られた白い色の丸い皿が置かれている。

テロップ: フリーゾーン優遇措置 10年間の法人税の免除 100%外資での起業が可能 など

ナレーション: 彼らのような外国資本の企業にとって、ガーナのフリーゾーン制度は、税制優遇など、多数のメリットがある。輸出ビジネスの展開にも、大いに役立つ仕組みになっているのだ。

映像説明: 走る車からの車窓風景。晴れた空の下。緑(みどり)、黄色(きいろ)、赤の3色のマークと黒字で「Meridian Industrial Park」と書かれたグレーの小さなゲートを前を走っている白い車が通り過ぎる。 走る車からの車窓風景。白い2つのタンクがある壁のない鉄骨で支えられた5階建ての工場が建っている。 高台から見た街並み。青い空の下、低層の建物が建ち並び、そのあいだにある道路を10台ほどの車が走っている。

ナレーション: さらに政府は、沿岸部にある工場地帯にフリーゾーン区域を整備。外国から製造業の誘致を図ろうとしている。

映像説明: 走る車からの車窓風景。青い空の下、低層の建物や高層のガラス張りの建物が建ち並び、対向車線を10台ほどの車が走っている。

ナレーション: 一行は、製造分野の企業も訪問。

映像説明: 白い壁の部屋。壁にはロゴと赤字で「TOYOTA」の文字が書かれている。白いシャツを着た日本人女性(にほんじんじょせい)が手ぶりを交えながら話をしている。その前に立つ10人ほどの視察団が話を聞いている。 天井の高い白い壁の工場の中。10人ほどの視察団が歩いている。 光がさし込む工場の一角。フロント部分などが取り付けられていない白い車体が金属製の棚に並べて置かれている。 天井の高い白い壁の工場の中。6台ほどの青や白のトラックや乗用車の車体の一部などが置かれていて、10人ほどの視察団が眺めている。

テロップ: アクラ

ナレーション: すでに進出している、トヨタや日産などを見学した。ガーナでは、この2、3年で、外国企業の自動車製造工場を設立する動きが加速している。

映像説明: 青い空の下。奥から手前にかけて赤茶色から白になっていて、手前の一部がガラス張りの壁の工場の外観。青い枠の出入り口に人が入っていくのが見える。

テロップ: Mohinani

ナレーション: こちらは、パッケージなどのプラスチック製品の製造会社。

映像説明: 白い壁の会議室。10人ほどの日本人(にほんじん)と外国人の男性が、一部がだ円形になった長いテーブルを囲んで座っている。薄いブルーのワイシャツを着て白髪(しらが)の混じった口ひげを生やした外国人男性が話している。

ナレーション: 創業者がインド出身である同社。副社長は、外国企業がガーナで事業を始めるメリットを話してくれた。

映像説明: 薄いブルーのワイシャツを着て白髪(しらが)の混じった口ひげを生やした外国人男性がインタビューに答える。 風で揺れるピンクやベージュのパラソルを広げた3つの露店が並び、10人ほどの人物が歩いている。 黄色(きいろ)や白などのパラソルを広げた露店が並び、10人ほどの人物が行き交っている。オレンジ色(いろ)の服を着た女性と黒っぽい服を着た女性が頭に桶をのせて歩いている。

テロップ: Mohinani Group アトゥール・ラガーブ 副社長

ラガーブ副社長・英語: ビジネス環境として最も重要なのは政治的安定性です。 この20年間、この国は政治的に非常に安定しています。

映像説明: 白い壁の会議室。ラガーブ副社長を中心に、10人ほどの男性がテーブルを囲んで座っている。

ナレーション: 製造業の可能性については。

映像説明: ラガーブ副社長が話を続ける。

ラガーブ副社長・英語: まだ製造業が少ないので、人によっては大変だと感じるかもしれませんが、 私は競合が少ないことは大きなチャンスだと思っています。 製造業の工業化があまり進んでいないことはチャンスともリスクとも言えます。 それをどう捉えるかは、あなた次第です。

映像説明: ベージュの外壁の一部にパイプで組まれた足場とメッシュ状のシートがかけられた10階建てほどの高さのビルの外観。10人ほどの視察団が出入り口に向かって歩いている。

テロップ: テマ

テロップ: ガーナ港湾局

ナレーション: 続いて訪れたのは、ガーナ最大の港、テマ港にある港湾局。

映像説明: 港湾を上空から撮影した映像。青空の下、黄色(きいろ)の文字で「PORT OF TEMA」と書かれた三角屋根の緑色(みどりいろ)のテントがある片側2車線の道路を、奥に向かってシルバーの車が走っている。両側に2階建てほどの高さの建物が並び、遠くに海が見える。 コンテナターミナルを上空から撮影した映像。茶色や黄色(きいろ)など色とりどりのコンテナが積まれ、3基の青い門型(もんがた)クレーンが置かれていて、奥には3基の青い巨大な橋型クレーンの前にコンテナを積んだ船が接岸している。

ナレーション: 実はこの港で取り扱っているのは、ガーナの貨物だけではないという。

映像説明: 白い壁の会議室。テーブルにノートパソコンやスタンドマイク、数本の水の入ったペットボトルが置かれている。黒い丸首の服を着て髪を後ろに束ねた女性が、背もたれの高いいすに座り、右手を動かしながら話をしている。周りに何人かの男女が座っている。 スクリーンに「Ghana Ports' Market Segments(ガーナ ポーツ マーケット セグメンツ)」と題され

、いくつかに色分けされた地図に「Local Market」と書かれた水色の矢印、「TRANS SHIPMENT」と書かれた地球に「West and Central Africa Regional Ports & Others」と書かれた水色の矢印、「TRANSIT」と書かれた地球の画像に「Bukina Faso」、「Mali(マリ)」、「Niger(ニジェール)」、「Others」と書かれた水色の矢印がついた資料が映し出されている。

テロップ: 担当者

ガーナ港湾局の担当者・英語: 内陸の3ヵ国専用のターミナルと設備を持っています。 各国の貨物を持ち込む際には専用ターミナルで貨物を集約して輸送します。

映像説明: 青空の下。港を上空から撮影した映像。船体に「MSC」と書かれた、たくさんのコンテナを積んだ2隻の船が接岸している。それぞれの船の前に3基ずつ巨大な橋型クレーンが並び、コンテナ置き場にはたくさんのコンテナが積まれている。

ナレーション: ここは、港を持たない内陸国への物流のハブになっているのだ。

映像説明: 街を上空から撮影した映像。青空の下、歩道橋がかけられた片側2車線の一直線の道路を数台の車が走り、両側に低層の建物が奥まで建ち並んでいるのが見える。

ナレーション: さらに、港湾だけでなく陸路の開発も進んでいる。

映像説明: 縦横に交差する幹線道路を上空から撮影した映像を背景に、ガーナ周辺の地図が表示される。緑色(みどりいろ)で示されたガーナは北をブルキナファソ、西をコートジボワール、東をトーゴの3ヵ国と隣接している。さらに東にはベナンとナイジェリアが位置している。ブルキナファソのワガドゥグ、ギニア湾沿いに位置するコートジボワールのアビジャン、ガーナのアクラ、ナイジェリアのラゴスが赤い文字と白い丸印で示され、各都市が赤い線でつながる。

テロップ: 西アフリカ成長リング

ナレーション: 西アフリカの主要都市を結ぶ幹線道路は、内陸国にとっても物流の動脈。「西アフリカ成長リング」と呼ばれている。

映像説明: 青空の下。白い無数の丸い穴があいた、ひさしのような屋根がある建物が建っている。屋根には、上から赤、黄色(きいろ)、緑色(みどりいろ)、中央に黒い星のマークがあるガーナ国旗が掲げられている。建物の4つの角(かど)に4段ほどの階段状になったグレーの外壁があり、それぞれ裾が広がる曲面となった金属の部材で覆われている。敷地には樹木が植えられ、手前にある道路をシルバーの車が走り、路側帯に3台の車が駐車している。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 大統領府表敬 日本の技術をアピール

テロップ: アクラ

テロップ: ガーナ大統領府

ナレーション: こちらの建物は、大統領府。

映像説明: クリーム色(いろ)のひさしに2羽のワシに囲まれた黒い星のマークなどがあるガーナの国章(こくしょう)が掲げられた出入り口の前。紺色のスーツを着て茶色のネクタイを締め、眼鏡をかけたスキンヘッドの男性を中心に視察団を含む大勢の男女が立ち、集合写真を撮っている。撮影後にスキンヘッドの男性が、横に立つスーツを着た2人の日本人男性(にほんじんだんせい)と両手で握手をする。紺色の服を着て一眼レフカメラを両手で持った男性が撮影をしている。

ナレーション: 表敬に訪れた、視察団の一行を迎えたのは、副大統領だ。

映像説明: ベージュの壁際にガーナの国旗が掲げられた会場。テーブルにスタンドマイクが置かれている。紺色のスーツを着て茶色のネクタイを締め、眼鏡をかけたスキンヘッドの男性が、前に座っている視察団に向かって両手を動かしながら語るように話をしている。

テロップ: マハマドゥ・バウミア 副大統領

バウミア副大統領・英語: 日本からこのような規模の視察団を、ガーナに迎えられて大変うれしく思っています。 経済面でも、ガーナと日本がより深い協力関係を築けるよう望んでいます。

映像説明: 黒いスーツを着て眼鏡をかけた視察団の男性が立ち、紺色のスーツを着て茶色のネクタイを締め、眼鏡をかけたスキンヘッドのバウミア副大統領のほうを見ながら話をしている。

ナレーション: 参加企業からも、数社が代表して事業紹介をおこなった。

映像説明: 黒いスーツを着た長い髪の日本人女性(にほんじんじょせい)が黒いスーツを着て眼鏡をかけた視察団の男性と同じ位置に立ってバウミア副大統領に向かって話をする。

ナレーション: 自社の商品をアピールしたのは道路整備の技術を持つ企業だ。

映像説明: 白い壁の部屋。紺色の服を着た長い髪の女性がインタビューに答える。 曇り空の下。草地が広がっている。手前には、白や赤の三角形の布地がつけられた規制線が張られた未舗装の道路があり、黄色い安全ベスト姿に黄色いヘルメットをかぶった3人の人物が、灰色の土状(つちじょう)のものをシャベルやトンボのような工具を使って広げている。 水色のショベルカーが、道路に敷かれた灰色の土(つち)のようなものをならしている。奥には樹木が茂っている。 前にローラーがついた黄色い建設機械が道を押し固めている。 白いヘルメットをかぶった人物が道の状態を確認しながら歩いてくる。 白い壁の部屋。紺色の服を着た長い髪の女性が話を続ける。

テロップ: SPEC 地域環境整備室 上林 思瑶(かみばやし しよう) 室長

上林(かみばやし)室長: 私たち(当社)は、土壌硬化剤という 土(つち)を固めて、道路だったり、水路や、ため池などを簡易的に舗装する建築資材を扱っているメーカーです。 コストが安く抑えられるということと、あとは現地の方(かた)にですね、施工を実際は委託して実施していただくことになるので、 第一歩として採用いただけるのではないかと思っております。

映像説明: ベージュの壁の会場。壁際にガーナの国旗が掲げられていて、その前に座っているバウミア副大統領に向かい、上林(かみばやし)室長が立って話をしている。

ナレーション: 副大統領の反応は。

映像説明: バウミア副大統領が、前に座る大勢の人物に右手を動かしながら話をしている。

バウミア副大統領・英語: 町を歩いてみると舗装が必要な場所がたくさんあります。 これは大きな変革になるはずです。 あなたがたをサポートしましょう。

映像説明: クロスがかけられた丸いテーブルが並べられている会場。天井に3つのシャンデリアが取りつけられ、茶色の模様のある赤いじゅうたんが敷かれている。白いいすに座った視察団が文字や画像が映し出されたスクリーンを見ている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 現地企業との交流 日本企業(にほんきぎょう)との協業は?

ナレーション: そして、この日の夜に行われたのが、視察に参加する大きなメリットの1つ、

映像説明: クロスがかけられた高さのある丸いテーブルが置かれている交流会場。茶色の模様のある赤いじゅうたんが敷かれている。2人から5人の男女がそれぞれ高さのある丸いテーブルを囲み、立って話をしている。 黒いスーツを着た短髪の日本人男性(にほんじんだんせい)と紫色のジャケットを着た短髪の男性が、書類や飲み物が入ったグラスを持って話をしている。 紺色のスーツを着てひげを生やした日本人男性(にほんじんだんせい)と青いポロシャツを着て書類を持った短髪の男性が話をしている。

ナレーション: 現地企業との交流だ。同業、他業種問わず、関心を持った企業との面談がセッティングされ、活発なやりとりが交わされていた。

映像説明: 紺色のタキシードを着て黒いボウタイをつけた横を刈り上げた髪型の男性と黒いスーツを着た日本人男性(にほんじんだんせい)が話をしている。

ナレーション: こちらは、人材や会計を手がけるコンサルタント。

映像説明: 紺色のタキシードを着て黒いボウタイをつけた横を刈り上げた髪型の男性がインタビューに答える。

テロップ: 人材・会計コンサルタント

人材・会計コンサルタント・英語: 何人かと話をしました。彼らはガーナへの進出を希望しています。 税務やビジネスに関するアドバイスが必要でしょう。

映像説明: 眼鏡をかけた上林(かみばやし)室長と白い服を着てひげを生やしたスキンヘッドの男性が握手をしている。

テロップ: SPEC 地域環境整備室 上林 思瑶(かみばやし しよう) 室長

ナレーション: SPECの上林(かみばやし)さんが話しているのは、すでにオンラインで協業の話を進めてきた企業だ。

映像説明: 白い服を着てひげを生やしたスキンヘッドの男性がインタビューに答える。

テロップ: E.B.Unity Company(イービーユニティーカンパニー) フランク・ボアマー プロジェクトマネージャー

ボアマープロジェクトマネージャー・英語: 当社は道路建設会社です。 新しい技術を持つSPECに出会えたことをうれしく思っています。

映像説明: 日暮れ前。紺色のスーツを着たスキンヘッドのボアマープロジェクトマネージャーが歩いている。 ボアマープロジェクトマネージャーが塀で囲まれた広い敷地の中を手ぶりを交えて話しながら歩いている。

ナレーション: そして彼らは、アクラ市内のグラウンドを案内してくれた。土壌の状態が、未舗装の道路に近いという。

映像説明: 塀で囲まれた荒れたグラウンド。ボアマープロジェクトマネージャーが両手を大きく動かしながらインタビューに答える。

ボアマーマネージャー・英語: (SPECの技術は)とても役立つと思います。 今は乾期だけど、この辺りも雨期になったらぐちゃぐちゃになります。

映像説明: 日暮れ前。明かりで照らされた荒れた道。ライトをつけた黒い車がゆっくりと走ってくる。車体が上下に揺れている。 ボアマープロジェクトマネージャーと白と青のストライプ柄のシャツを着て白いヘルメットをかぶり、スマートフォンを右手に持った男性が立っている。白い半袖シャツを着て黒いキャップをかぶった男性が明かりで照らされた荒れた道を奥へと歩いて行く。

ナレーション: 都市部を離れると、まだこうした状態の道路が多い。低コストで整備できれば、生活インフラは大きく改善する。

映像説明: ボアマープロジェクトマネージャーが両手を大きく動かしながらインタビューに答える。

ボアマーマネージャー・英語: 政府には、すべての道路を整備するための資金がありません。 だから私たちは、ガーナでSPECを探していたんです。

映像説明: 曇り空の下。ゴミ処理場に粉々に処理された廃棄物が山積みにされている。黄色いベストを着た男性と黄色いベストを着て帽子をかぶり、眼鏡をかけ右手の人さし指を奥のほうを示している男性が立っている。2台のコンベアから処理された廃棄物が落とされ、重機が廃棄物を運んでいくのが見える。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): ガーナ視察を終えて ビジネスの可能性は

ナレーション: 一行は、そのほか、ゴミ処理施設や、

映像説明: 英語や写真が映し出されたスクリーンのある会場。長い髪を後ろに束ねた女性が演台(演台)に立ち、右手にマイクを持ちながらスクリーンの方と前方を交互に見ながら話をしている。 正面の出入り口がガラス張りで白い壁の建物の前。前列に並ぶ視察団を含む50人ほどの男女が集合写真を撮っている。

ナレーション: ガーナ大学などを訪問し、盛りだくさんの視察が終了した。

映像説明: 白い部屋の会議室。茶色の長いテーブルが並び、8人ほどの日本人(にほんじん)を含む男女が座っている。白いワイシャツにチェック柄のグレーのジャケットを着た短髪の日本人男性(にほんじんだんせい)が右手にマイクを持って話をしている。

テロップ: 日系企業海外進出コンサルティング BizWings(ビズウィングス) 倉地 準之輔(くらち じゅんのすけ) CEO

ナレーション: タイからの参加者は、もっとガーナの情報を発信していきたいと話す。

映像説明: グレーの壁の前。白い丸首の服にチェック柄のグレーのスーツを着た短髪の倉地CEOがインタビューに答える。 茶色の模様のある赤いじゅうたんが敷かれている会場。チェック柄のグレーのスーツを着た短髪の倉地CEOが、ライトグレーのスーツを着て眼鏡をかけた外国人男性と話をしている。 グレーの壁の前。倉地CEOが話を続ける。

倉地CEO: 特にタイは、やっぱ製造業がとても強い国で、 あの、ガーナも製造業に力を入れようとされている国っていうことを考えると、 タイから製造業の、さらに進展を目指してガーナに来るっていう可能性は、今後、あるんじゃないかなっていうふうに思ってます。 あの、たぶん情報展開を今後していけば、 ま、日系企業の目も少しずつ、こちら(ガーナ)に向いてくるんじゃないかなっというふうには思ってます。

映像説明: ブラインドが閉められた会議室。チェック柄の白いシャツを着て、ひげを生やした短髪のナメさんが右手の人さし指をほおにあてながらいすに座り、話を聞いている。

ナレーション: 精米機メーカーの担当者は、食品分野への期待が、確信に変わったという。

映像説明: 窓がある白い外壁の建物の前。白い花が咲き、黒い車が駐車している。紺色のスーツを着たナメさんがインタビューに答える。 カカオの木(き)の下。、5人ほどの男女が立っていて、チェック柄の白いシャツを着てひげを生やしたナメさんを含む3人ほどの男女がカカオの実を手つかみ、口に運んでいる。 交流会場。白いワイシャツを着たナメさんと黒いスーツを着た男性が話をしている。 窓がある白い外壁の建物の前。白い花が咲き、黒い車が駐車している。紺色のスーツ姿のナメさんが話を続ける。

テロップ: サタケ・コートジボワール カセム・ナメ さん

ナメさん・英語: ガーナは西アフリカで最も発展している国の1つだと思います。 視察で見たように農産物の加工分野では間違いなく発展していますし、 チャンスはたくさんあると思うので、ぜひまたガーナに戻ってきたいと思っています。

映像説明: 走る車からの車窓風景。青空の下、車が走っている対向車線の向こうに、銀色の壁の建物などが立っている。 製造工場内。黄色(きいろ)の2つの台に4本ずつタイヤが置かれている通路を視察団が奥へと歩いて行く。

ナレーション: ガーナでのビジネス展開には、もう少し模索の時間が必要だろう。

映像説明: クロスがかけられた丸いテーブルが並べられている会場。スクリーンが掲げられた壇上に視察団を含む30人ほどの男女が立っている。 額や観葉植物などが置かれた白い壁の部屋。柄模様(がらもよう)がある赤い服を着た女性が、前に置かれたいすの背に両手を置いて話をしている。傍らに2人の人物が座っている。 ブラインドがかかったオレンジ色(いろ)の壁の部屋。テーブルをはさみ、日本人(にほんじん)を含む10人ほどの男性が座っている。黄色(きいろ)の服を着たスキンヘッドの男性が立って話をしている。

ナレーション: しかし、参加した企業には、西アフリカのビジネス開拓の拠点として、

映像説明: クロスがかけられた高さのある丸いテーブルが置かれている会場。黒いスーツを着て眼鏡をかけた日本人男性(にほんじんだんせい)とダークグレーのスーツを着た外国人男性が笑顔で握手をしている姿をグレーのスーツを着て眼鏡をかけた日本人男性(にほんじんだんせい)がスマートフォンで撮影をしている。 窓がある白い外壁の建物の前。白や黄色(きいろ)の花が咲いている。黄色(きいろ)の安全ベストを着た視察団を含む40人ほどの男女が集合写真を撮っている。

ナレーション: ガーナは選択肢の1つになると、手応えがあったようだ。

映像説明: 夜。走る車の中の映像。赤い服を着た上林(かみばやし)室長が後部座席に座り、助手席に座る男性と話をしている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 最終日の夜 動きが! ビジネスの進展は?

ナレーション: ところで、全日程を終えた最終日の夜。SPECの上林(かみばやし)さんに動きがあった。

映像説明: 車内で上林(かみばやし)室長がインタビューに答える。

テロップ: SPEC 地域環境整備室 上林 思瑶(かみばやし しよう) 室長

上林(かみばやし)室長: 道路、高速を管轄している省庁の大臣に会えるということで、そちらに向かっております。

映像説明: ブラインドがかかった部屋。上林(かみばやし)室長と名刺交換をする柄模様(がらもよう)がある緑色(みどりいろ)の服を着た人物の後ろ姿。 パソコンが置かれた机や黒いテーブルがある部屋。柄模様(がらもよう)がある緑色(みどりいろ)の服を着た男性が上林(かみばやし)室長を含む3人の男女とテーブルを運んで座り、話をしている。

テロップ: ガーナ大統領府 アイザック・オウス゠メンサ 調査官

ナレーション: 待っていたのは、大臣のもとで製品やサービスを調査する部門のトップ。副大統領への事業説明がきっかけになったという。

映像説明: 上林(かみばやし)室長と、柄模様(がらもよう)がある緑色(みどりいろ)の服を着たオウス゠メンサ調査官が話をしている。

上林(かみばやし)室長・英語: 今回、私は初めてガーナを訪れて、 特に農村部や農業地帯の道路状況を自分の目で見ることができました。 当社は道路の改善に貢献したいと思っています。

オウス゠メンサ調査官・英語: われわれとしてもあなたがたのサポートが必要です。 許可が取れ次第、計画を進めていきたいです。 アリガトウ!

映像説明: 夜。走る車の車内の映像。上林(かみばやし)室長が後部座席に座り、カメラに向かって両手を動かしながら話をしている。 白い階段がある通路。オレンジ色(いろ)とグレーの安全ベストを着た上林(かみばやし)室長が、赤や黄色(きいろ)の水玉模様のような黒い服を着た外国人男性と話をしている。

ナレーション: ガーナ最終日に、一歩動き出したSPEC。上林(かみばやし)さんは、今後、長期的なプランを立てて進めていきたいと話す。

映像説明: 白い壁の部屋。紺色の服を着た上林(かみばやし)室長がインタビューに答える。

上林(かみばやし)室長: 短くても、100mでも結構なので、パートナーのですね、ゼネコンにも実際に触ってもらって、 どれだけの硬化、硬化できるのか、ということを実感してもらって、 製造業がですね、あまり増えてはいないという現実ではありますけれども、 そこに少しでも(すこしでも)何か貢献できたらいいなと考えております。

映像説明: 薄い黄緑色(きみどりいろ)を基調としたコンピューターグラフィックスの背景画。緑(みどり)を基調とした、中が空洞になった地球儀が回転している。

番組DVDのご提供(有料)について
当サイトでオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)ご希望の方はジェトロ情報データ統括課 映像メディア班(E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。
なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用ください。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

動画視聴推奨環境について
Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただし、Windows7でご覧いただく場合は、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
番組は、YouTubeでも配信しておりますので、「世界は今-JETRO Global Eye」公式チャンネル外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますもあわせてご利用ください。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
動画の視聴について
本ページに掲載している動画は、都合により削除されることがあります。

次回の番組

6月27日(予定)
テーマ:集まれ! 海外の起業家たち 九州が目指すイノベーションとは

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ情報データ統括課 映像メディア班
Tel:03-3582-5219
E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。