ナイジェリア人の心をつかめ! ‐試食会で人気だったものとは!?‐

2023年02月23日

西アフリカに位置するナイジェリアは、日本のおよそ2.5倍の面積にアフリカ最大の2億1,340万人が住む。250以上の民族からなる多民族国家でもあるという。そのナイジェリアで2022年2月、ナイジェリア人が好む日本食を調査するための「試食会」が開催された。果たして、現地の人に好評だったものとは?

(8分05秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル。フランス・パリのエッフェル塔や凱旋門、アニメキャラクターのコスプレをした20代くらいの海外の女の子や、渋谷のスクランブル交差点の写真など、世界中の12枚の写真が画面の奥から飛び出してくる。水色を基調としたコンピューターグラフィックスの背景に、中が空洞になった緑色(みどりいろ)の地球儀が回転しながら現れる。画面右側で地球儀が回転し、左側に紺色の文字で「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」と書かれたタイトルテロップが表示される。

映像説明: スタジオ。横長の薄い黄緑色(きみどりいろ)の背景モニターに緑色(みどりいろ)を基調とした地球儀と「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」のロゴが映し出されている。手前にもスタンド付きモニターがある。モニターには青空の下、赤いパラソルや木目調のテーブルが置かれている露店が並び、長袖の青いシャツに黄色(きいろ)と紫の柄(がら)のスカートを着て頭に白い物を載せた女性が歩いていて、その後を黄色(きいろ)にピンクの大きな柄(がら)のあるズボンとシャツを着た人物が歩いている映像が映し出されている。スタジオ中央に髪を後ろで軽くまとめ、右側を肩の前に垂らした女性キャスターが座っている。白いブラウスに黒いスカートを着ている。

女性キャスター: 世界は今、ジェトログローバルアイ

映像説明: 薄い黄緑色(きみどりいろ)のコンピューターグラフィックスを背景にした女性キャスターのウエストショット。

テロップ: 江連 裕子(えづれ ゆうこ)

江連(えづれ)キャスター: アフリカで最も人口の多いナイジェリアは、多様な民族や文化を有しています。

映像説明: 江連(えづれ)キャスターが左のほうに体の向きを変える。画面左側に手を前で軽く組んだ江連(えづれ)キャスター。右側にモニターがある。モニターには青空の下で紫色のパラソルの下に露店などが並び、青い半袖シャツを着た男性や白い半袖シャツに頭に青いかごを載せた女性など数名の男女が歩いている映像、複数の小さな照明があるパーティー会場で小さなグラスを持ったカラフルなブラウスを着て髪を編んだ女性が黒いシャツを着た男性と話している映像、照明を抑えた会場の一角で白いクロスがかけられたテーブルに赤と白で「2」の数字が書かれた青いシャツを着た白髪の男性とグレーの半袖シャツを着た金髪の女性が座っている映像が映し出されている。

江連(えづれ)キャスター: そのナイジェリアで、日本食(にほんしょく)は受け入れられるのか、試食会が行われました。果たして、現地の人々に好評だったものとは?

テロップ: ナイジェリア人の心をつかめ! ‐試食会で人気だったものとは!?‐

映像説明: 空中から市街地を撮影した映像。青空の下、画面の奥に向かって4車線の橋がかかり、多くの小型トラックや乗用車が走っている。奥には高層ビルが建ち並んでいる。左下の四角い枠にアフリカ大陸の地図。ナイジェリアは、アフリカ大陸の中央部からやや西寄りにある大西洋に面した国で緑色(みどりいろ)で示されている。 空中から市街地を撮影した映像。高層ビルのガラスの外壁に街が映っている。何棟かのクリーム色(いろ)の壁のビルが建つ市街地が広がっている。 市場(いちば)のような場所。グレーのノースリーブのシャツを着て明るく染めた長い髪を編んだ女性、「LOVER」と書かれた黒いシャツを着た女性などたくさんの人々が歩いている。黄色(きいろ)の肘丈ほどのシャツを着た短髪の男性が「GUCCI」の文字が書かれた白い半袖シャツを着た男性とすれ違いながら人ごみをかき分けて早歩きをしている。そのそばをピンク色のワンピースを着た女性と赤いシャツに青いズボンを着た女性がたらいのようなものを頭に載せて歩いている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): アフリカ最大の人口 ナイジェリアはどんな国?

テロップ: 日本の約2.5倍の面積 人口2億1,340万人(2021年)出所:世界銀行

ナレーション: 西アフリカに位置するナイジェリア。日本のおよそ2.5倍の面積に、アフリカ最大の2億1,340万人が住む。

映像説明: 青空の下。外壁がオレンジ色(いろ)の建物の前で20人ほどの男女が向かって歩いている。白い半袖シャツを着た男性が、白いシャツに帽子をかぶった男性におじぎをしたあと、握手をしている。建物の手前には、青いワンピースを着た女性や、頭に白い布をつけた柄(がら)のある赤いワンピースを着た女性、頭に緑色(みどりいろ)の布をつけ、柄(がら)のあるオレンジ色(いろ)のワンピースを着た女性、オレンジ色(いろ)や青のシャツを着た子どもなどが歩いている。 曇り空の下。道路沿いに青や黒いバケツなどが置かれた木製のテーブルが並んでいる。文字が書かれた紫色のパラソルが立てられている。青いシャツに黄色(きいろ)と紫の柄(がら)のスカートを着て頭に白い物を載せた女性が歩いている。後ろから黄色(きいろ)にピンクの大きな柄(がら)のあるズボンとシャツを着た人物が歩き、赤茶色のシャツを着て赤茶色の布をつけた女性が黒いバイクの後部座席から降りている。

ナレーション: また、250以上の民族からなる多民族国家でもある。

映像説明: 室内。金属製の鍋が火にかけられ、赤いスープに入った肉や内臓のような具をスプーンですくって持ちあげている。 ラメが入った紺のワンピース姿の女性が金属製の鍋から茶色いおたまのようなもので亜麻色の餅のようなものをすくい、白い皿に盛っていく。

テロップ: swallow(スワロー)

ナレーション: 地域によって違いはあるものの、主食はヤム芋やキャッサバ芋の粉を、お湯で練った「swallow(スワロー)」と呼ばれる餅のようなものやコメ。

映像説明: 青や紫、オレンジ色(いろ)の葉などのイラストのあるワンピース姿の女性の前に肉などの具が入った赤い煮込み料理が入れられた3つの金属製の鍋が並んでいる。青や紫、オレンジ色(いろ)の葉のイラストのあるワンピース姿の女性が右奥の鍋からスプーンで赤い煮込み料理を白い皿によそっている。 皿に盛られた肉などの具が入った赤い煮込み料理のアップ。

ナレーション: それを野菜や肉、魚を煮込んだスープに付けて食べる。

映像説明: 文字などが書かれた青いテーブルクロスの上に、青と白の柄(がら)のある円形の皿に盛られた肉などが入った赤いスープが置かれている。 黒いシャツを着てカーキの帽子をかぶり、ひげを生やした男性が赤いスープの具材を手でつかんで口に運び、スープがついた指をなめる。 緑色(みどりいろ)の壁の部屋の出入り口付近。紺色のクロスがかけられたテーブルで赤い服を着て短髪の男性が赤いスープをスプーンで口に運んでいる。テーブルには2本のペットボトルの水や緑色(みどりいろ)の入れ物に入ったフォークなどが置かれている。

ナレーション: 濃い味付けが好きで、そして、唐辛子の入ったものが大好きだ。食に保守的で、なじみの無い料理の普及には、時間がかかると言われてきた。

映像説明: 日ざしがさしているテラスのような場所。水色の背景に襟を広げた白と黒のブラウスを着て濃い化粧をして、かんざしや水色やピンクの花が黒髪に飾られている女性の横顔のイラストが描かれている。イラストの上部には「izanagi Japanese Restaurant(イザナギ ジャパニーズ レストラン)」と書かれている。イラストの横で観葉植物が風に揺れている。 紺の背景に金色の文字で「KOI」とあり、「O」を模した四角形の中に「鯉」と漢字が書かれている。下部には「RESTAURANT & LOUNGE(レストラン アンド ラウンジ)」と書かれている。 レストラン内。白い壁面に黒と白の版画のような女性の顔が描かれている。木製のテーブルに10脚の青いいすが置かれている。 冷蔵ショーケースのあるちゅう房で、ピンクの半袖シャツを着て短髪の男性とグレーの半袖シャツを着て眼鏡をかけた短髪の男性が笑顔で話している。 グレーのレンガのような壁面のカウンターキッチン。黒いコック服を着て紺のコック帽をかぶった男性が鉄板の上でフライがえしとミートフォークを使い、赤や緑(みどり)、黄色(きいろ)の野菜を炒めている。

ナレーション: そうしたなかでも、ナイジェリアの日本食(にほんしょく)レストランは、この20年で2軒から20軒ほどに増加。しかし、ナイジェリアの日本食(にほんしょく)レストランの価格は高い。

映像説明: 白い壁のレストラン内。茶色いテーブルに黒いジャケット姿の短髪の男性と、赤と青のチェック柄の半袖シャツ姿の短髪の男性が向かい合って座り、食事をしている。 茶色いテーブルに、巻きすの上にサーモン、イカ、エビなどのにぎりずしが4つずつ盛られたグレーの皿や割り箸、白い皿、オレンジ色(いろ)の飲み物が入ったグラスなどが置かれている。奥にはさまざまな料理が並んでいるのが見える。

テロップ: すしの握り 2人で80,000ナイラ(約16,000円)

ナレーション: 例えば、すしの握りは2人で8万ナイラほど。日本円でおよそ1万6千円ほどだ。

映像説明: 茶色いテーブルの上。水色の長方形の皿に4本のエビの天ぷらに刻んだニンジンが添えられ、天つゆが置かれている。手前の黒い長方形の皿には、たれがかかった刻みネギがのったすしのような料理にガリとわさびが添えられている。奥には2つの中華セイロに、それぞれ緑(みどり)や赤いシューマイが盛られている。麺料理が入った白い小鉢、黒い台の上に置かれた網の上には、たれのついた4本の焼き鳥が載せられている。料理の横に「おてもと」の文字が書かれた箸袋に入った割り箸や足つきグラスが置かれている。 水色の長方形の皿に盛られた4本の天ぷらのアップ。

ナレーション: 使われる日本食材(にほんしょくざい)の輸入量が少なく、割高になっている。

映像説明: 天井にたくさんの小さな照明がある会場の一角。漢字で「和」と大きく背中に書かれた紺の法被を着たポニーテール姿の2人の女性が身なりを整えて準備している。傍らで白と黒のボーダーのシャツを着た人物が撮影をしている。近くに「JAPAN」の文字と日本国旗、刺身のイラストが描かれたロールアップバナーが置かれている。 金色の壁と白い壁の広い窓がある大きな会場。白いクロスがかけられた長いテーブルにピンクの桜のような花が生けられたオレンジ色(いろ)の花瓶、小さなグラスに入ったろうそく、白い皿、フォークやナイフなどが置かれている。奥のカウンターでは白いコック服に紺のエプロンを着てコック帽子をかぶった2人の人物が作業している。

テロップ: ナイジェリア ラゴス

テロップ: 2022年2月18~(から)20日 Japanese Sake and Food Soiree(ジャパニーズ サケ アンド フード ソワレ) 主催:ジェトロ

ナレーション: そんなナイジェリアの最大の都市ラゴスで、去年2月、ナイジェリア人が好む日本食(にほんしょく)を調査するため、「試食会」が開催された。

映像説明: ピンクの大きな花のアーチの前にある黒い円形のカウンターバーで赤いいすに2人の女性が座っている。白い半袖シャツを着てスマートフォンを持った女性が笑顔で自分を撮影し、隣にいる黒いジャケットを着た女性は周辺を見回している。 照明を抑えた会場の一角。白いクロスがかけられたテーブルに赤と白で「2」の数字が書かれた青いシャツを着た白髪の男性とグレーの半袖シャツを着た金髪の女性が座っている。テーブルには白い皿、飲み物が注がれた足つきグラスなどが置かれている。 照明を抑えた会場の一角の写真。白いクロスがかけられたテーブルに10人ほどの男女が向かい合って食事をしている。黄色(きいろ)のシャツを着た男性、黒い半袖のブラウスを着た女性、黒いシャツを着た男性などが座っている。テーブルには赤ワインのような飲み物が注がれた足つきグラスや料理が盛られた白い皿、ピンクの桜のような花が生けられたオレンジ色(いろ)の花瓶などが置かれている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 日本食(にほんしょく)の試食会 好評だったのは?

ナレーション: 招待客は、ナイジェリアの富裕層220名。日本食(にほんしょく)のコースとアルコール類が提供された。

映像説明: 茶色の枠の窓のある部屋の一角の写真。金箔の下敷きに薄いピンク色の花で囲まれたろうそく、伏せられた足つきグラス、白い皿などが置かれている白いクロスがかけられたテーブルがある。その写真を背景に、皿に盛られた料理の4枚の写真が映し出される。エビ、アボカド、肉巻き、卵焼きをのせた肉のようなものを巻いた7貫のすしの写真、みそ汁、サヤエンドウや肉などが入った筑前煮、キュウリなどの酢の物の料理の写真、エビなどが入ったシーフードサラダの写真、2つのエビフライがのったカレーライスの写真。

ナレーション: すし、筑前煮、酢の物、みそ汁などの一般的な和食や、シーフードサラダ、エビフライカレーといった洋食まで、メニューは多種に渡った。

映像説明: 写真が3枚順次表示される。1枚目の写真は、金色や白の風船やピンクの花が飾られた部屋に6人の男女が立っている写真。右から黒いブラウスを着た金髪のショートヘアの女性、黒いブラウスに黒いズボンを着てカールのついた黒髪の女性、ベージュのジャケットを着て眼鏡をかけたスキンヘッドの男性、白い帯を締め、青い柄(がら)のある着物を着て髪を後ろで結んだ女性、青いシャツに青いジャケットを着たスキンヘッドの男性、紫色の柄(がら)のあるワンピースを着た女性が笑顔で並んでいる。2枚目の写真は、茶色の壁の会場の一角で、白い帯を締め、青い着物を着てマスクをつけ、髪を後ろで結んだ女性と赤いジャケットを着てマスクをつけ、髪を後ろで結んだ女性が青いラベルのついた青い瓶を手に取っている。傍らで黒いブラウスを着た金髪の女性が笑顔でその様子を見ている。机には数十個のグラスが並んでいる。3枚目の写真は、白い帯を締め、青い着物を着てマスクをつけ、髪を後ろで結んだ女性が青いラベルのついた青い瓶の液体を黒いブラウスを着た金髪のショートヘアの女性の持つグラスに注いでいる。傍らで青いシャツに青いジャケットを着てマスクをつけたスキンヘッドの男性がその様子を見ている。

テロップ: Hidemi Consulting オビオラ 秀美 CEO

ナレーション: この国でコンサルタントをし、今回の試食会をコーディネートしたオビオラさんは、日本食(にほんしょく)に対する味の好みがよく分かる結果になったという。

映像説明: 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。パーマのかかったやや明るい色にした髪を肩ぐらいの長さにし、オレンジ色(いろ)や黒などのストライプ柄の入ったVネックの服を着たオビオラCEOがインタビューに答える。 2つのエビフライがのったカレーライスが皿にもられている写真。 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOが話を続ける。 みそ汁、サヤエンドウや肉などが入った筑前煮、キュウリなどが入った酢の物が、それぞれ白い皿に盛られている写真。 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOが話を続ける。

オビオラCEO: 全食していただいたのが、エビの、エビフライのちょっと辛めの、えっと、日本(にほん)のジャパニーズカレーみたいな。 お刺身、いわゆる生魚は、まだ苦手な方(かた)が多い、 おみそ汁は、ま、えっと、味をちょっと濃い目にしたというのもあって6、7割の方々、飲んでいただいて、 筑前煮ですとか酢の物。これはね、みなさんやっぱりね、あの、辛さ(からさ)がなかったので、なかなか食べていただけなかった。

映像説明: 試食会場。濃紺の法被を着た短髪の男性と襟に白い文字で「JAPAN」と書かれた紺色の法被姿にセミロングヘアーを後ろで軽くまとめた女性が白いクロスをかけたテーブルに向かって立っている。2人ともマスクをつけている。女性がテーブルに置かれている「鬼ころし」と筆字体で書かれた文字と赤鬼のイラストが描かれた2本のオレンジ色(いろ)の紙パックのうち、1本のキャップを閉め、パックの上部をぽんぽんとたたく。横に立つ男性は手に持っていた白いものをテーブルに置く。テーブルの上にはたくさんの足つきグラスが伏せて並べて置かれている。

ナレーション: アルコール類は、日本酒(にほんしゅ)、焼酎、

映像説明: 襟が黒い緑色(みどりいろ)の法被を着て眼鏡をかけ、マスクをつけた男性とカーキ色(いろ)のシャツを着てあごにマスクをずらしてつけた2人の男性がテーブルをはさんで立っている。緑色(みどりいろ)の法被姿の男性は緑色(みどりいろ)のボトルを持っていて、カーキ色(みどりいろ)の服を着た2人の男性がそれぞれ手に持っている小さいグラスに緑色(みどりいろ)のボトルから酒を注いでいる。3人の男性のそばに白いTシャツを着て襟に「JAPAN」と書かれた紺色の法被を着た男性が立ち、その様子を見ている。 会場の別の一角。たくさんの足つきグラスなどが伏せて並べられた白いクロスをかけたテーブルの前に4人の男女が立っている。模様が描かれたストライプ柄の緑(みどり)の半袖シャツを着た男性は、テーブルに置いた資料にペンを走らせ、植物の柄(がら)が描かれた黒と白のワンピースを着た女性は立ったまま手に持った資料にメモをしている。青いジャケット姿に眼鏡をかけた男性はテーブルに置かれた白い四角い皿に盛られたものを口に運び、丸い模様が描かれた白いワンピースを着た女性はそばに立つ紺色の法被を着た男性の話を聞いている。

ナレーション: 梅酒などが提供され、これまでに日本酒(にほんしゅ)を飲んだことがある人は4割程度であったが、評価は上々。

映像説明: 会場の一角。水色のシャツに青いジャケットを着て眼鏡をかけた男性が、酒の瓶の写真と英語で説明文が書かれた資料を示しながらインタビューに答える。

テロップ: 招待客

招待客・英語: 4種類の日本酒(にほんしゅ)を飲んでみた。 私のお気に入りが2番の松竹梅。 甘口で存在感のある味わい。

映像説明: 会場の一角の写真。ピンク色のワンピースを着た女性と、赤紫色の服を着て眼鏡をかけ、箸を持った女性が白いクロスがかかった長いテーブルに向かって座り、笑顔を見せている。テーブルの上にはさまざまな形をした白い食器が並んでいて、エビフライがのったカレーやワカメが入ったみそ汁、筑前煮や酢の物などが盛り付けられている。食器のそばには足つきグラスや、底が丸いグラス、黄色い四角い形をしたバッグなどが置かれている。 会場の一角の別の写真。青いシャツに黒いジャケットを着てフォークを持った男性や白い襟つきの半袖シャツを着た男性、濃紺の半袖シャツを着てグレーの帽子をかぶった男性が白いクロスがかかった長いテーブルに向かって座り、食事をしている。テーブルの上にはサラダなどが盛られた白い食器が置かれている。料理のそばにはピンクの花が生けられた丸い花瓶やオレンジ色(いろ)のグラス、金色の装飾が施された黒いバックなどが置かれている。奥には料理が並ぶ長いテーブルに向かって数名の男女が座っているのが見える。

ナレーション: 料理による好き嫌いはあったものの、参加者の99%が今回出された食事をおいしかったとアンケートで回答した。

映像説明: 試食会場。濃紺の法被(はっぴ)を着てマスクをつけた短髪の男性が白いクロスをかけたテーブルの前に立っている。テーブルの上にはラベルに「The CHOYA SINGLE YEAR (ザ チョーヤ シングル イヤー)至極の梅 本格梅酒」などと書かれ、数粒の梅の実が入った円柱の形をした3本のボトルが置かれている。そばにはボトルの写真が印刷された資料をはさんだクリアファイルとたくさんの小さいグラスが並べて置かれている。奥にはたくさんの足つきグラスが並べられ、「鬼ころし」と書かれた2本のオレンジ色(いろ)の紙パックが置かれているのが見える。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): ナイジェリアに日本食(にほんしょく)を 梅酒に見る可能性

テロップ: 梅酒

ナレーション: この試食会で、1番人気のあったのが、なんと「梅酒」だ。

オビオラCEO: 大人気でした。1番人気と言っていいかもしれません。

映像説明: 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOがインタビューに答える。

オビオラCEO: 口にしたときに酸味が最初に広がるのに、あたに、あとに甘みが広がって、 なんか、とっても体にいい味がするって言う方々が多かったんですね。

映像説明: 観葉植物や細い棒で組まれたテーブルやいすが置かれた試食会場の一角の写真。袖が肘丈ほどの長さの赤い服を着てジーンズをはいた坊主頭の男性と紺色の法被を着て眼鏡をかけたセミロングヘアーの女性が白いクロスをかけたテーブルをはさんで立っている。男性は小さいグラスを両手で持ち、女性は「CHOYA(チョーヤ)」と書かれたボトルを持ち、男性が持つ小さいグラスに梅酒を注いでいる。2人ともマスクをつけている。テーブルの上には2本のボトルとたくさんの小さなグラスが並べられている。男性の隣には黒いTシャツを着た人物が右手にグラス、左手に資料をはさんだクリアファイルを持ち、立っている。

ナレーション: 味だけではない。

映像説明: クリーム色(いろ)の壁の室内の写真。木目調のテーブルの上に数粒の梅の実が入っているボトルが置かれている。

ナレーション: 梅の実が入っているユニークな見た目も、

映像説明: 試食会場の写真。紺色の法被を着て眼鏡をかけたセミロングヘアーの女性が紺色の服を着て肩に黒いバックを斜めにかけた男性と青い半袖シャツを着た男性が、たくさんのグラスや「鬼ころし」と書かれた紙パック、「CHOYA(チョーヤ)」と書かれたボトルが置かれたテーブルを挟んで立っている。2人の男性は小さいグラスを手に持ち、女性は「CHOYA(チョーヤ)」と書かれたボトルに入った梅の実を指さしている。女性の隣には紺色の法被姿の短髪の男性が立っていて、奥には調理用の白い制服を着た数名の男女がカウンター内に立っているのが見える。

ナレーション: 客の目を引いたという。

映像説明: 緑色(みどりいろ)で「チョーヤ梅酒」と書かれたガラスドアがある白い壁の建物。出入り口の横には「チョーヤ梅酒株式会社 東京支店」の黒い看板が掲げられている。 ガラスドアに書かれた「チョーヤ梅酒」の緑色(みどりいろ)の文字のアップ。

テロップ: チョーヤ梅酒

ナレーション: この結果は、商品を提供したチョーヤ梅酒にも伝えられた。

映像説明: 工場内。白い衛生服を着て衛生帽子とマスクと手袋をつけた2人の従業員が銀色の台の上に「南高梅(なんこううめ)」と書かれた段ボール箱をひっくり返し、たくさんの緑色(みどりいろ)の梅の実を投入している。 グレーの鉄骨と薄い黄緑色(きみどりいろ)の壁の工場の一角。壁際に設けられたベルトコンベヤーをたくさんの緑色(みどりいろ)の梅が移動していく。そばには白い衛生服を着て衛生帽子をかぶった1人の従業員が立ち、移動する緑色(みどりいろ)の梅を見ている。工場内いっぱいに黄緑色(きみどりいろ)の円柱のタンクが設けられている。タンクの上部には黄色い手すりと銀色のふたがある。タンクのあいだにベルトコンベアーが設けられていて、緑色(みどりいろ)の梅が移動している。(映像提供 チョーヤ梅酒)

ナレーション: 大阪に本社を置く、梅酒、梅関連製品を製造販売する中小企業。輸出にも力を入れており、

映像説明: 円柱の機械にたくさんの緑色(みどりいろ)のボトルが銀色の筒状のものに上下を固定され、回転している。回転しているボトルに次々と液体が注入されていく。 工場の一角。移動してきた梅の実が入ったボトルを逆さまにさせて回転する機械があり、そばに座る白い衛生服を着て衛生帽子をかぶった2人の従業員が回転するボトルを見つめながら操作盤のボタンを押している。 透明のビニールシートで仕切られたエリア。ラベルに「チョーヤ梅酒」と書かれたたくさんのボトルがベルトコンベヤーで移動している。(映像提供 チョーヤ梅酒)

ナレーション: 70ヵ国を超える国に販売しているが、アフリカに直接営業活動をしたことはなかった。実はこれからの人口増加を踏まえアフリカ進出を考えていたところ、試食会の話が入ってきたのだ。

映像説明: クリーム色(いろ)の壁の部屋。木目調のテーブルの上に「CHOYA(チョーヤ)」と刻まれた底が丸くなったグラス、ラベルに「The CHOYA SINGLE YEAR(ザ チョーヤ シングル イヤー)」などと書かれ数粒の梅が入った円柱の形をした2本の梅酒のボトルとアルミのふたをした2個の梅酒のガラス瓶が置かれている。白いシャツに白い水玉模様がある紺色のネクタイを締めて胸元に黄緑色(きみどりいろ)で「CHOYA(チョーヤ)」とししゅうされた黒いジャンパーを着た男性がインタビューに答える。

テロップ: チョーヤ梅酒 貿易部 薄 誠治(すすき せいじ) 次長

薄(すすき)次長: (試食会で自社の梅酒)チョーヤが非常に好感触っていう報告をいただいたので、 えー、このマーケットは、ものすごく可能性あるなっていうのは、そこでさらに確信したというか、実感を感じたっていうか。

映像説明: 見本市会場。白いパーティションで仕切られ、白く長いテーブルが置かれたブース。ブース内にはスタンド付きのモニターが置かれている。数人の男女が長いテーブルをはさんで話をしている。

テロップ: 2022年11月4~(から)13日 ラゴス国際見本市

ナレーション: 薄(すすき)さんは、実際の反応を自分の目でも確かめたいと、

映像説明: 白いバンの前。水色と白のストライプ柄のシャツを着て青い帽子をかぶり、梅酒のボトルを持った外国人男性が水色と白の細いストライプ柄のシャツを着て黒いエプロンをつけた薄(すすき)さんの肩に手を乗せている。薄(すすき)次長がピースサインをした手を振る。(映像提供 チョーヤ梅酒)

ナレーション: 同じ年(おなじとし)の11月に開催された、「ラゴス国際見本市」に参加した。

映像説明: 水色と白のストライプ柄のシャツを着た男性が左手に持ったボトルの梅酒を右手に持った小さい透明のプラスチックカップに注いだあと、口に運ぶ。カップを持った手の人差し指と中指でVサインをして、笑顔を見せる。(映像提供 チョーヤ梅酒) 見本市の会場。ほのかに赤みがかった緑色(みどりいろ)の梅の実と葉っぱの造花が飾られたブース。黒いTシャツを着て細かく編み込んだ髪を後ろでまとめた女性が梅酒のボトルを持ち、グレーのTシャツを着た女性とカウンターを挟んで立ち、歌っている。ボトルを指さしたあと、自分のこめかみあたりを指さす。周りに紺色のポロシャツを着た3人の男性や薄(すすき)次長が立っていて、カメラを持っていたり、スマートフォンを構えたりしている。 ブース。紺色のTシャツを着た2人の女性と白やグレーのTシャツなどを着た4人の男女が小さい透明のプラスチックカップを持ってカウンターを挟んで立っている。

テロップ: チョーヤ梅酒 貿易部 薄 誠治(すすき せいじ) 次長

薄(すすき)次長: 飲ませるまではすごく大変だったんですけど、最初、その、けげんそうに「これ何だろう(なんだろう)」、「何かしら」みたいなことで、 こう、飲まれた方(かた)っていらっしゃったんですけど、 飲んだ瞬間に、パッとこう顔が変わりましてですね。 踊り出されたりとか、 あとは、その方(かた)が、あのいろんなご友人を連れてこられたリとかで、 回が進むにつれて(試飲する人が)増えていきましてですね。

映像説明: 大きな柄(がら)や文字が描かれたグレーのTシャツを着た2人の男女、花などのモチーフを取り入れた柄(がら)が描かれた白いTシャツを着て眼鏡をかけた女性、白いししゅうが施された黒い服に薄いピンク色のカーディガンを着た女性が梅酒の入った小さいプラスチックカップを持ちながら、繰り返し「チョーヤ」と言っている。(映像提供 チョーヤ梅酒)

来場者の4人の男女: チョーヤ、チョーヤ、チョーヤ。

映像説明: 見本市会場。両肩が出るデザインの黒い服を着て黒い小さいカバンを肩にかけ、後ろで髪をまとめた女性が透明のコップに入った梅酒を飲んでいる。手にはスマートフォンや水が入ったペットボトル、梅酒のボトルなどを持っている。奥には、濃紺のTシャツを着て両太もも部分に穴があいたズボンをはいた男性がカメラを構える。(映像提供 チョーヤ梅酒)

ナレーション: 健康志向の強いナイジェリア人にとって、香料や着色料を使うリキュールが多いなかで、

映像説明: クリーム色(いろ)の壁の室内。木目調のテーブルの上に「CHOYA(チョーヤ)」と刻まれた底が丸いグラスと、ラベルに「The CHOYA SINGLE YEAR(ザ チョーヤ シングル イヤー)」などと書かれ数粒の梅が入った1本のボトルが置かれている。底が丸くなったグラスには梅酒が入っている。 ボトルに入った数粒の梅のアップ。 「CHOYA(チョーヤ)」と刻まれてた、底が丸いグラスに注がれたこはく色の梅酒のアップ。

ナレーション: 梅とアルコールと砂糖しか使っていない梅酒に魅力を感じる人が多かったという。

映像説明: 青空の下。グレーの外壁に「SPAR Market(スパー マーケット)」と書かれた立体看板が掲げられたスーパーマーケットの外観。ひさしがあるオレンジ色(いろ)の出入り口があり、手前にあるスペースには黒やシルバーなどの数台の車が止まっている。

テロップ: SPAR Market

映像説明: 店内。アルコール飲料売り場。左側の5段の棚にワイン、右側の4段の棚にウイスキーや化粧箱などが陳列されている。中央の3段の棚には「THE OBSER VATORY(オブザーヴァトリー)」と書かれたウイスキーの白い化粧箱が陳列されている。 別の棚。数種類のアルコール飲料が陳列されている。ほのかに赤みがかった緑色(みどりいろ)の梅の実と葉っぱの造花が飾られた棚、ラベルに「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒のボトルが陳列されている。

ナレーション: そこで、およそ3,300万人いるといわれる中間層(ちゅうかんそう)や富裕層に梅酒を売り込むため、高級スーパーで試飲と販売を行った。

映像説明: 棚に陳列された、ラベルに「The CHOYA SINGLE YEAR(ザ チョーヤ シングル イヤー) 至極の梅 本格梅酒」などと書かれ数粒の梅が入った4本のボトルのアップ。

テロップ: 価格 18,380ナイラ(約3,600円)

ナレーション: 価格は18,380ナイラ、日本円でおよそ3,600円。

映像説明: 店内の一角。7段の棚に緑(みどり)や水色のパッケージの食べ物が陳列され、前の2段ほどの陳列台に「LABEL5(ラベルファイブ)」と書かれたウイスキーの黒い化粧箱が並べられている。棚や陳列台の傍らに梅酒が並べられ、オビオラCEOと襟に白い文字で「JAPAN」、大きく背中に「和」と漢字が書かれた紺色の法被を着て梅酒のボトルや紙コップを持った2人の女性が、黄色い柄(がら)のある赤茶色のカットソーの服を着てあごにひげを生やした男性に話しかけている。

ナレーション: 彼らにとって手頃な価格に設定した。

映像説明: 「LABEL5(ラベルファイブ)」と書かれたウイスキーの黒い化粧箱が並べられた陳列台の前。紫色の服を着て口元やあごにひげを生やした男性が紙コップを左手に持ちながらインタビューに答える。

テロップ: 試飲した人

試飲した人・英語: 初めて梅酒を飲んだ。 マイルドなので、そのままで飲むのがよい。 色が金色で見た目が魅力的だ。ボトルもすてきだ。

映像説明: 梅酒の試飲と売り場の傍らで、黄色い柄(がら)のある赤茶色のカットソーの服を着てあごにひげを生やした男性がインタビューに答える。

テロップ: 試飲した人

試食した人・英語: 果物のような味わい。 ナイジェリアで飲んでいる普通のアルコール飲料とは違う。 消化にも効果があると思う。

映像説明: 襟に白い文字で「JAPAN」と書かれた紺色の法被を着て3本の梅酒と紙コップを抱えた薄茶色(うすちゃいろ)に髪を染めた笑顔の女性と水色のワイシャツを着て眼鏡をかけた男性、白いフレンチスリーブを着た女性が立っている。水色のワイシャツを着て眼鏡をかけた男性が、梅酒の小さな瓶を右手に持ち紙コップを口に運び笑顔でうなずく。オビオラCEOが水色のワイシャツを着て眼鏡をかけた男性に話しかける。

ナレーション: 知名度はまだまだの梅酒だが、飲んでみると気に入る人は多かった。

映像説明: ピンク色の照明のパーティー会場。天井に白いレースの布が張られ、花束やレースの傘が逆さまに飾られ、ところどころに茂った葉のオブジェが置かれている。左側にマイクを持っている男性と踊っている男性、右側の大型扇風機の傍らで3人の女性がスマートフォンで自分たちを撮影している。奥では大勢の男女が飲んだり食べたりしている。

ナレーション: パーティーが多く開かれるナイジェリアでは、そういった場からアルコール飲料が広まることがある。

映像説明: 店内。ペンダントライトがともった奥の窓際にテーブルが並べられている。手前の木目調のテーブルに白いパッケージで覆われたボトル、こはく色(いろ)のボトルのモエ・エ・シャンドンのシャンパンと濃い緑色(みどりいろ)のボトル、緑色(みどりいろ)のボトルのヴーヴ・クリコのシャンパンが置かれている。 黒いテーブルの上。白いパッケージで覆われたモエ・エ・シャンドンのボトルと小さな気泡が立ちあがるシャンパンが注がれたシャンパングラスが置かれている。

ナレーション: シャンパンがそのよい例だ。20年前まで、あまり知られていなかったシャンパンだが、今ではアフリカで1、2を争う消費国となっている。

映像説明: 黒いテーブルの上。カットされたイチゴやオレンジなどの果物が盛られた足つきグラスとシャンパングラスが置かれている。黒い服を着て左腕(ひだりうで)に薄茶色(うすちゃいろ)の布地をかけた男性が白いパッケージで覆われたボトルの下部を右手で持ちグラスにシャンパンをゆっくりと注ぐ。シャンパンが泡立っている。

ナレーション: 梅酒は第2のシャンパンになる可能性があると、オビオラさんは期待する。

映像説明: 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOがインタビューに答える。 ピンク色の照明のパーティー会場。天井に白いレースの布が張られ、ところどころに茂った葉の白いオブジェが飾られている。白や水色などのゆったりした民族衣装を着た多くの男女が飲んだり食べたりをしている。クロスが掛けられた数列のテーブルがあり、左側のテーブルに赤い帽子のようなものをかぶり、民族衣装を着た5人ほどの女性、右側のテーブルに水色の民族衣装を着た10人ほどの男性が向かい合って座り、飲んだり食べたりしている。 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOが話を続ける。

テロップ: Hidemi Consulting オビオラ 秀美 CEO

オビオラCEO: 富裕層の大きめのパーティーになると、平気で500人とか1,000人、来てしまうんですね。 で、そういうところで、ザ・ジャパニーズ酒(さけ)、ジャパニーズ梅酒を、 どんどんどんどん、皆さんに愛していただきたいなというふうに思っております。

映像説明: スーパーマーケットの店内。梅酒を両手に持ったオビオラCEOが、茶色のTシャツを着て眼鏡をかけ右手に紙コップを持ったスキンヘッドの男性と白い柄(がら)のあるオレンジ色(いろ)の服を着て編んだ髪を後ろに束ねて右手に紙コップを持った女性に話をしている。 店内の一角。8人ほどの男性が集まっている。オビオラCEOが、ライトグリーンのポロシャツを着て「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた紙を持ったスキンヘッドの男性に話をしている。

ナレーション: そして、梅酒ならではの賞味期限が無いという特徴が、ナイジェリアで食品を販売するためには武器になるという。

映像説明: 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOがインタビューに答える。 薄曇りの空の下。数台の白やオレンジ色(いろ)のガントリークレーンが並んでいるコンテナターミナル。港湾には紺色や茶色など色とりどりのコンテナが積まれている。上甲板(じょうかんぱん)に白や赤などのコンテナを積んだ上部が水色、下部が赤茶色のコンテナ船と上部が黒、下部が茶色のコンテナ船が接岸している。 片側3車線の道路の自動車専用道路の分岐。多くの車が走り、奥には赤茶色や薄い茶色のビルが立っている。 すだれを屋根にしている小さな店や白や赤色のパラソルの下に露店が並ぶ市場(いちば)。カラフルな柄(がら)の帽子と服を着た10人ほどの女性が座っている。女性たちの前には、バケツやかごの上に十数匹の魚がのった大きな皿が置かれている。柄(がら)のある紺色の帽子をかぶり白い服を着た女性とオレンジ色(いろ)の服を着て水玉模様のズボンをはいた子どもが立ち止まっている。 「CHOYA(チョーヤ)」と書かれた梅酒、「浦霞」、「澪」、「白鶴(はくつる)」と書かれた日本酒(にほんしゅ)などが並んでいる棚の前。オビオラCEOが話を続ける。

テロップ: Hidemi Consulting オビオラ 秀美 CEO

オビオラCEO: ナイジェリア暑いので、やはり冷凍での配送のそのコールドチェーンみたいなのが まだ設立していないと、いうマーケット状況があるので、 やはり、あの常温でも、あの持ち運びができて、 ま、なるべく、その消費期限が、えーと、長い物。 温度にそんなに過敏に反応しないような食品、飲み物がいいかと。

映像説明: 曇り空の下。1階に店舗を構えた3階だてほどの建物が両側に並ぶ道路を、多くの男女が歩いている。

ナレーション: アフリカ最大の人口を持つナイジェリア。

映像説明: 白い壁のレストラン内。茶色いテーブルに黒いジャケットを着た短髪の男性と、赤と青のチェック柄の半袖のシャツを着た短髪の男性が向かい合って座り、食事をしている。茶色いテーブルには、巻きすの上にサーモン、イカ、エビなどのにぎりずしが盛られたグレーの皿や割り箸、白い皿、オレンジ色(いろ)の飲み物が入ったグラスなどが置かれている。 茶色いテーブルの上。にぎりずしやエビの天ぷら、セイロに盛られた緑色(みどりいろ)や赤いシュウマイ、黒い台の上に置かれた網の上には、たれのついた4本の焼き鳥が載せられている。 見本市会場。4人の女性が、梅酒の入った小さいプラスチックカップを持って「チョーヤ、チョーヤ、チョーヤ」と言葉を繰り返している。

ナレーション: その市場に入っていくには、好みの味というだけでなく、環境に適した製品や販売戦略がカギとなりそうだ。

映像説明: 薄い黄緑色(きみどりいろ)を基調としたコンピューターグラフィックスの背景画。緑(みどり)を基調とした、中が空洞になった地球儀が回転している。

番組DVDのご提供(有料)について
当サイトでオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)ご希望の方はジェトロ情報データ統括課 映像メディア班(E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。
なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用ください。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

動画視聴推奨環境について
Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただし、Windows7でご覧いただく場合は、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
番組は、YouTubeでも配信しておりますので、「世界は今-JETRO Global Eye」公式チャンネル外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますもあわせてご利用ください。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
動画の視聴について
本ページに掲載している動画は、都合により削除されることがあります。

次回の番組

2月29日(予定)
テーマ:常夏の国に日本の魚を! タイで広がる“鮮魚需要”に商機

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ情報データ統括課 映像メディア班
Tel:03-3582-5219
E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。