若い力がカンボジアを動かす ‐化粧品市場の可能性‐

2022年10月13日

平均年齢が26.8歳と非常に若いカンボジアでは、近年所得の上昇とともに、外食やおしゃれにお金を使える人が増えている。いま、おしゃれに敏感な若者たちの関心を集めているのは化粧品だ。海外販路開拓で新たな可能性を見いだそうと、カンボジアの化粧品市場に挑戦する企業を取材した。

(11分01秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル。 フランス・パリのエッフェル塔や凱旋門、アニメキャラクターのコスプレをした20代くらいの海外の女の子や、渋谷のスクランブル交差点の写真など、世界中の12枚の写真が画面の奥から飛び出してくる。水色を基調としたコンピューターグラフィックスの背景に、中が空洞になった緑色(みどりいろ)の地球儀が回転しながら現れる。画面右側で地球儀が回転し、左側に紺色の文字で「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」と書かれたタイトルテロップが表示される。

映像説明: スタジオ。横長の薄い黄緑色(きみどりいろ)の背景モニターに緑色(みどりいろ)を基調とした地球儀と「世界は今 JETRO Global Eye(ジェトロ グローバル アイ)」のロゴが映し出されている。前方にも小さいモニターが置いてある。モニターには、陳列棚に「Acnes(アクネス)」と書かれた緑(みどり)とオレンジ、白と青、白と緑(みどり)の2色のデザインの、さまざまな種類のチューブが並べられている映像が映し出されている。モニターの左側、スタジオ中央に女性キャスターが座っている。グレーのワンピースを着ている。

女性キャスター: 世界は今、ジェトログローバルアイ。

映像説明: スタジオ。画面の左側に女性キャスターが、右側に小型モニターがある。モニターには、道路脇に黄色(きいろ)、赤、青のパラソルを立てた屋台がある通りを十数台のバイクや3輪タクシーが行き交っている映像、奥に光がさし込む窓が見える木目調の棚が設けられた部屋で青いTシャツを着た女性、白いシャツを着た女性、ピンクのワンピースを着た女性がソファに座り話をしている映像、日本地図(にほんちず)が貼られた白い壁の部屋で水色のジャケットを着て眼鏡をかけた男性が日本とカンボジアの国旗が置かれたデスクに座り、女性が映し出されたノートパソコンに向かって手ぶりを交えて話をしている映像、さまざまなボトルなどが並ぶ棚が設けられた白い壁の部屋で白いシャツを着てヘッドセットをつけた男性がノートパソコンに向かって手ぶりを交えて話し、右手の手のひらに乗せたクリームを左手の指で伸ばし、顔を洗う仕草をしている様子が映し出されている。女性キャスターが話をする。

テロップ: 江連 裕子(えづれ ゆうこ)

江連(えづれ)キャスター: アジアの中でも、若い世代が多いカンボジア。この数年で所得も増え、化粧品や健康食品などを購入する人が増えています。そのカンボジア市場に化粧品を売り込む日本企業(にほんきぎょう)を取材しました。

テロップ: 若い力がカンボジアを動かす ‐化粧品市場の可能性‐

映像説明: 雑誌や植木鉢が置かれた木目調の棚が設けられた部屋。グレーのソファに花柄のピンクのワンピースを着た女性、青いTシャツを着た女性、白いシャツを着た女性が座っている。真ん中に座っている青いTシャツを着た女性が手に持ったアイライナーやマスカラ、口紅を手に持ちながらインタビューに答える。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 平均年齢26.8歳 若者がブームを作るカンボジア

参加者・クメール語: アイライナー、マスカラ、口紅を使わないと外出できません。

映像説明: 奥に光がさし込む窓が見える木目調の棚が設けられた部屋。白いシャツを着た女性とピンクのワンピースを着た女性がソファに座っている。右側に座っているピンクのワンピースを着た女性がインタビューに答える。

参加者・クメール語: 気に入った商品を店員が肌に合うとおすすめしてくれたら買います。

映像説明: 奥に光がさし込む窓が見える木目調の棚が設けられた部屋。青いTシャツを着た女性とピンクのワンピースを着た女性のあいだに座る白いシャツを着た女性がインタビューに答える。

参加者・クメール語: (化粧品に)私は大体、給料の5~(から)10%ぐらい使います。

映像説明: 雑誌や植木鉢が置かれた木目調の棚が設けられた部屋。壁際の棚にはさまざまな種類のボトルやチューブなどの容器に入った商品が置かれているのが見える。グレーのソファに花柄のピンクのワンピースを着た女性、青いTシャツを着た女性が座っている。左側に座る花柄のワンピースを着た女性がインタビューに答える。

参加者・クメール語: 日本製品(にほんせいひん)には良いイメージがあります。 使っていて特に悪い影響がないイメージ。

映像説明: 雑誌や植木鉢が置かれた木目調の棚が設けられた部屋。奥に光がさし込む窓が見える。グレーのソファに花柄のピンクのワンピースを着た女性、青いTシャツを着た女性、白いシャツを着た女性が座り、オレンジとグレーの2色のソファにピンクのワンピースを着た女性が座っている。花柄のワンピースを着た女性が手ぶりを交えながら話をしているのを左側に座る白いシャツを着てバインダーを持った女性が話を聞いている。 青いTシャツを着た女性が手に持った小さい円柱の容器を示しながら話をしている。

テロップ: カンボジア女性による美容座談会 主催:ジェトロ

ナレーション: これは、ことし、カンボジアで行われた、美容についての座談会の一幕。おしゃれに敏感な若い女性の関心を集めているのは、化粧品だ。

映像説明: 空中から撮影した濁った水が流れる広い川沿いに広がる街並み。川には数隻の船が係留され、航行している。街には赤茶色の屋根の低層の建物や白い中層の建物が建ち並び、緑地が点在している。

テロップ: 日本の約半分の 国土

テロップ: 人口 1,555万人

ナレーション: カンボジアの国土は日本のおよそ半分。人口はおよそ1,600万人。

映像説明: オレンジ色(いろ)の外壁の建物が建つ通り。十数台のバイクや3輪タクシーが行き交っている。道路脇に黄色(きいろ)、赤、青のパラソルを立てた屋台が設けられていて、数人の人物が屋台で商品を販売したり、通りを歩いたりしている。

テロップ: 平均年齢26.8歳

テロップ: ※ 平均年齢はmedium age(ミディアム エージ) 出所:World Population Prospects 2022

ナレーション: 平均年齢は26.8歳と非常に若いことが特徴だ。

映像説明: 空中から撮影した広い川沿いに広がる街並み。赤茶色の屋根の低層の建物やガラス張りの高層ビルが建ち並ぶ街並みの映像を背景に、

「カンボジアの世帯所得分布(年間)」と題された棒グラフが表示される。横軸には「パーセント」を示した0から10ずつ刻んだ60までの目盛りが示され、縦軸には「ドル」を示した500~(から)999、1,000~(から)4,999、5,000~(から)34,999、35,000~(から)の目盛りが示されている。左下に青い線の凡例と「2005年」の文字、赤い線の凡例と「2020年」の文字が示されている。青い棒グラフが500~(から)999ドルには10%弱ほどまで、1,000~(から)4,999ドルには50%超えたほどまで、5,000~(から)34,999ドルには30と40%のあいだほどまで、35,000ドル以上には0からわずかに増えたほどまで、それぞれ

伸びる。5,000~(から)34,999ドルの棒グラフ部分に「中間所得層」と書かれた緑(みどり)の枠が表示される。赤い棒グラフが500~(から)999ドルには5%に届かないほどまで、1,000~(から)4,999ドルと5,000~(から)34,999ドルには50%弱ほどまで、35,000ドル以上には0からわずかに増えたほどまで、それぞれ伸びる。5,000~(から)34,999ドルの赤い棒グラフ部分に「47%まで増加」と書かれた赤い吹き出しが表示される。(※データの制限上(せいげんじょう)、バッタンバン、プノンペン、シェムリアップの3都市の平均値(へいきんち)を記載 (出所:経済産業省「医療国際展開カントリーレポート カンボジア編(2021年3月)」))

ナレーション: 所得の上昇も見られ、2005年に35%だった中間所得層は、2020年には47%にまで増えた。

映像説明: 雲が浮かぶ青空の下、白い外壁の数階建ての建物が3棟と低層の建物が建っている通り。歩道には街路樹が植えられ、数台のバイクや車、3輪タクシー、トラックなどが走行している。

テロップ: 1人当たりGDP 1,654ドル

テロップ: 都市部 約4,000ドル

ナレーション: 1人当たりのGDPは2021年に1,654ドルとなったが、都市部では4,000ドルを超えるともいわれ、

映像説明: 白い壁のショッピングモール内。「CLARINS(クラランス)」と書かれた赤い看板を掲げ、化粧品を陳列した赤と白の壁のテナントなどが並んでいる。

ナレーション: 外食やおしゃれにお金を使える人が増加している。

映像説明: 赤い壁の店舗。黒と白の柄模様(がらもよう)のワンピースを着てクリーム色(いろ)のかばんを肩にかけた女性がさまざまな種類の化粧品が置かれた白い陳列棚の前に立ち、商品を眺めている映像を 背景に、「カンボジアの化粧品市場規模」と題された棒グラフが表示される。横軸には

2014年から2024年までの年の目盛りが示され、2020年から2024年までの目盛りは「予測値(よそくち)(2020年5月時点)」と書かれた赤い枠で囲まれている。縦軸には「100万クメールリエル」の単位を示した0、100,000、200,000、300,000、400,000、500,000、600,000、700,000の目盛りが示されている。2014年から2019年にかけて300,000から500,000弱ほどの目盛りまで右肩上がりに青い棒グラフが伸びていく。2020年から2024年にかけて500,000を超えたところから700,000弱までの目盛りまで右肩上がりに水色の棒グラフが伸びていく。(出所:Euromonitor(ユーロモニター)(July,2020)を基に作成」)

ナレーション: なかでも化粧品市場の伸び率は高く、2014年からの6年間で59.8%も伸びており、さらなる成長が予測されている。

映像説明: 照明が取り付けられた壁一面に茶色の棚が設けられた室内。さまざまな種類の化粧品などの商品や写真が飾られた額縁、観葉植物が植えられた鉢植えが置かれている。棚の前には腰丈ほどの高さのベージュの棚やピンクやモスグリーンのクッションが置かれたグレーのソファなどが置かれている。 壁面の茶色の棚にさまざまな種類の化粧品などの商品や商品紹介のパネル、観葉植物が植えられた鉢植えなどが置かれている。それぞれ、棚に設けられた照明に照らされている。

テロップ: 2022年8月2日~(から)9月30日 アセアン市場販路開拓 サンプル展示・オンライン商談会(プノンペン) 主催:ジェトロ

ナレーション: その首都、プノンペンで、ことしの8月から化粧品・健康関連商品などの「サンプル展示・オンライン商談会」が開催された。

映像説明: 棚の一角。「炭 SUMI」と書かれた洗顔フォームやクレンジング洗顔の黒いチューブや「桜 SAKURA」と書かれた洗顔フォームのピンクのチューブが置かれている。並んだチューブの奥に商品紹介のパネルがあり、チューブの前には、それぞれ「TESTER」と書かれたシールが貼られた小さい丸い容器が置かれている。 棚の別の一角。「美佐代 米ぬか潤い化粧水」、「美佐代 米ぬか潤い乳液」と書かれた植物をモチーフにした絵がある白いシールが貼られた白いキャップのボトルや「美佐代 米ぬか潤いクリーム」と書かれた白い化粧箱と白いフタの円柱の容器、「米ぬか潤い石鹸」と書かれた白い化粧箱とクリーム色(いろ)のだ円形のせっけんが置かれている。 棚の別の一角。「ALG」と書かれたエメラルドグリーンと黒のシャンプーボトルやヘアパックのチューブ、美容液のスプレーボトルと白い化粧箱が置かれている。 照明が取り付けられた壁一面の茶色の棚にボトルや円柱の容器などに入ったさまざまな種類の化粧品などの商品や商品紹介のパネル、観葉植物が植えられた鉢植えなどが置かれている。

ナレーション: 会場を訪れたバイヤーが展示されたサンプル品を見て、気になる商品があれば、その企業と商談ができる仕組みだ。日本から31社99アイテムが出品した。

映像説明: 曇り空の下、住宅街の中にクリーム色(いろ)の外壁の2階建ての建物とピンク色の外壁の2階建ての建物が建っている。それぞれの建物に「株式会社ウイングベル」と書かれた白い看板が掲げられている。クリーム色(いろ)の外壁の建物の前には2台のシルバーの車が駐車されている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): プロ向け化粧品メーカー 海外市場への初挑戦!

テロップ: 東京都 東村山市

テロップ: ウイングベル

映像説明: 白い石調のテーブルに銀色の袋に入った商品とガラス製の円柱の容器、緑(みどり)と赤の先端がとがった注ぎ口(そそぎぐち)がそれぞれついた2本のボトルが置かれた写真。ボトルやガラス製の容器には白いクリームや半透明のクリームが入れられている。奥には白い花が咲く植物が置かれているのが見える。 白い石調のテーブルに赤茶色のポンプやキャップがついた3本の緑(みどり)のボトルや1本のチューブが置かれた写真。そばに木目調の柄がついたブラシと白いタオル、白い花が咲く植物などが置かれているのが見える。 オレンジ色(いろ)のレンガの上に植物のイラストが描かれた2本のこげ茶色(こげちゃいろ)のボトルが置かれている。そばに乾燥した赤いハーブの花が添えられている。

ナレーション: 参加したウイングベルは、美容室が使う業務用のシャンプーやヘアケア剤、基礎化粧品などの製品開発を行っているメーカー。

映像説明: ロールスクリーンが掛かった窓がある白い壁の部屋。グレーの書類棚や腰丈ほどの高さの木目調の棚、たくさんの紙が貼られたホワイトボードやコルクボードが設けられている。パソコンが置かれたデスクには白いシャツを着た女性、青いシャツを着て紺色のエプロンをつけ眼鏡をかけた女性、カーキ色(いろ)の服を着た女性がパソコンに向かい座って作業をしている。 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。画面手前にはデスクに置かれた日本の国旗とカンボジアの国旗が見える。白いシャツを着て水色のジャケットを着て眼鏡をかけた男性が話をしている。

テロップ: ウイングベル 岸田 宏喜(きしだ こうき) 社長

ナレーション: 今までは、国内への販売がほとんどだったが、取り引きのある信用金庫から、海外展開を提案されたという。

映像説明: 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座り、インタビューに答える。 窓がある白い壁の倉庫。木製の棚が設けられた倉庫いっぱいに段ボール箱が積まれて置かれている。 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座り、話を続ける。

岸田社長: コロナの1年目と申しましょうかね。終わりが当時、あの見えないっていう状況だったもんで、 販売先をね、少しでも(すこしでも)確保したいという部分で、どこかにこう輸出をさせていただきたいなとは、えー、思いましたね。

映像説明: 窓がある白い壁の部屋。木目調の長机(ながづくえ)に日本の国旗とカンボジアの 国旗の旗竿が交差してスタンドに置かれている。岸田社長が手ぶりを交えながら話をしている。

ナレーション: そんなときに見つけたのがこのカンボジアでの展示商談会。

映像説明: 木目調の机の上に置かれている資料。黒いキャップがあるピンクのチューブに「Amien(アミアン)」と書かれた化粧品の写真や「Amien UV Gel Foundation(アミアン ユーブイ ジェル ファンデーション)」の文字と英語で書かれた商品説明が載っている。

ナレーション: ほぼ初めての海外企業との商談に向け、日本語の資料を英語に翻訳するなど、準備を進めてきた。

映像説明: 白い壁の部屋。壁に日本地図(にほんちず)が貼られ、壁の棚には美容関連の商品などが並べられている。中ほどに木目調の長机(ながづくえ)が向かい合って並べられ、手前の木目調の長机(ながづくえ)にはノートパソコンが置かれ、そばに日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれている。岸田社長がノートパソコンに向かって手ぶりを交えながら話をしている。画面には白い水玉模様の黒い服を着た女性が映し出されている。

ナレーション: ただ、オンライン商談会には慣れていないためか、時間配分には苦労したという。

映像説明: 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座り、インタビューに答える。

テロップ: ウイングベル 岸田 宏喜(きしだ こうき) 社長

岸田社長: 私(わたくし)が20分は、もう、しゃべっちゃったんですね。 残りも5分とかになってしまって、 画面に出てくるんですよね。あの“残り10分”、“残り5分“というのが出てくるんですけども、 急いで、あの質問のほうに移らしていただいた。

映像説明: 白い壁の部屋。壁に日本地図(にほんちず)が貼られ、壁の棚には美容関連の商品などが並べられている。中ほどに木目調の長机(ながづくえ)が向かい合って並べられ、手前の木目調の長机(ながづくえ)にはノートパソコンが置かれ、そばに日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれている。岸田社長がノートパソコンの画面に向かってうなずいている。画面には額に入った3枚の絵が飾られた緑(みどり)と白の壁の部屋で白い服を着た女性が話をしているのが映し出されている。

ナレーション: この日は、サンプルを気に入ってくれたバイヤーとの商談。

映像説明: ロールスクリーンが掛かった窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長の隣に座る白いシャツを着た男性が日本の国旗とカンボジアの国旗の旗竿が交差しているスタンドを手に持ちノートパソコンの画面に視線を向けている。岸田社長が白いシャツを着た男性の話をうなずきながら聞いている。

テロップ: 多摩信用金庫 海外事業支援部 芝田 隆亮(しばた りゅうすけ) 調査役

ナレーション: オンラインでのやりとりには、信用金庫の海外展開担当、芝田さんのサポートを受けて挑んだ。

映像説明: 木目調の棚に4種類の「Amien(アミアン)」化粧品が並べられている。それぞれに「Amien(アミアン)」のロゴがあり、「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブ、「Clean Foam gel」と書かれた白いチューブ、「Cleansing Water」、「Clean Foam」と書かれた白い2本のボトルが並べられている。それぞれの後ろに化粧箱が置かれている。 白い壁際の木目調の棚に4種類の「Amien(アミアン)」化粧品が並べられている。それぞれに「Amien(アミアン)」のロゴがあり、「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブ、「Cleansing Water」、「Clean Foam」と書かれた白い2本のボトル、「Clean Foam gel」と書かれた白いチューブが並べて置かれている。

ナレーション: 今回、ウイングベルが出展したのは、数年前に商品化したばかりの敏感肌向け化粧品のシリーズ。

映像説明: 白い壁際の木目調の棚に「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブと幾何学模様のピンクのグラデーションの化粧箱が並べて置かれている。

ナレーション: 中でも力を入れているのはUVジェルファンデーションだ。

映像説明: 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座り、インタビューに答える。 白い壁際の木目調の棚に4種類の「Amien(アミアン)」化粧品が並べられている。それぞれに「Amien(アミアン)」のロゴがあり、左から「Clean Foam gel」と書かれた白いチューブ、「Cleansing Water」、「Clean Foam」と書かれた白い2本のボトル、「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブが並べられ、右に向かってにそれぞれの化粧箱が並べられている。 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座り、話を続ける。

岸田社長: 毛髪、あるいは頭皮に付く、ま、パーマ液、カラー剤もそうなんですけども。あと美容師さんの、あの、手荒れの問題とかね。 敏感肌の方(かた)を中心に考えた、ま、処方になってますんで、そこがポイントになってくるのかなと思います。

映像説明: 岸田社長が「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブを木目調の長机(ながづくえ)の上で手に持っている。そばには幾何学模様のピンクのグラデーションの化粧箱が置かれている。 白い壁の部屋。岸田社長が「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブを手に持ち、ノートパソコンに向けながら話をしている。隣に座る芝田調査役がノートパソコンに視線を向けている。

ナレーション: 商品を手に、説明する岸田社長。

岸田社長: こちらのUVジェルファンデーションの特徴をお話しさせてもらいますけれども。

映像説明: 額に入った3枚の絵が飾られた緑(みどり)と白の壁の部屋。白い服を着た女性が話をしている。(Zoomのビデオ通話)

テロップ: カンボジアのバイヤー

カンボジアのバイヤー・クメール語: この商品をテストしてみました。第一印象としてはすごく満足しています。

映像説明: ロールスクリーンが掛かった窓があり、壁にカレンダーが掛けられた白い壁の部屋。岸田社長と芝田調査役が頭を下げながら、岸田社長が感謝を女性に伝える。(Zoomのビデオ通話)

岸田社長: ありがとうございます。

映像説明: 白い壁の部屋。岸田社長が「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブを手に持ちながらノートパソコンに向かって話をしている。隣に座る芝田調査役がノートパソコンに視線を向けている。 白い壁の部屋。壁に日本地図(にほんちず)が貼られ、壁の棚には美容関連の商品などが並べられている。中ほどに木目調の長机(ながづくえ)が向かい合って並べられ、手前の木目調の長机(ながづくえ)にはノートパソコンが置かれ、そばにカンボジアの国旗が置かれている。岸田社長と芝田調査役がノートパソコンのほうを見ている。岸田社長が手をたたき笑う。ノートパソコンの画面は白いシャツを着た男性から女性バイヤーに切り替わる。

ナレーション: スムーズに商品説明を終え、和やかな雰囲気で商談は無事終了。バイヤーはカンボジアの風土に合う商品だと絶賛していた。

映像説明: 水色の壁の部屋。黒地に白い水玉模様がある服を着た女性が手ぶりを交えながら話をしている。(Zoomのビデオ通話) 雲がうっすらとかかる空の下の広い道路がある広場。花壇に樹木や低木が植えられ、縁石に数人の人物が座り、歩道には数十人の人物が行き交っている。道路を車や3輪タクシー、バイクが走行している。路肩の屋台に数人の人物が集まりそばに自転車が止められている。奥には高層ビルが建っているのが見える。 奥に茶色を基調とした屋根がある門が建つ広場。大勢の人物が行き交い、たくさんのハトが集まっていたり、羽ばたいたりしている。

テロップ: カンボジアのバイヤー

カンボジアのバイヤー・クメール語: カンボジアの気候は非常に高温多湿で、紫外線から顔を強力に保護する商品が必要です。 少し汗をかいても、べたつきを防ぐので、カンボジアに合った商品だと思っています。

映像説明: ベージュの布地の上。「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブが2本と「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた幾何学模様のピンクのグラデーションの化粧箱が2個、寝かされていて、そばにエアプランツが置かれた貝殻模様の白い皿、金色の針金細工のリンゴのワイヤーケース、ビューラー、マニキュア、白い丸型のファンデーションケースが置かれている。

ナレーション: 日本での小売り価格が4,000円を超え、カンボジア市場では高いかと思いきや…。

映像説明: 水色の壁の部屋。黒地に白い水玉模様がある服を着た女性バイヤーが話をしている。(Zoomのビデオ通話)

カンボジアのバイヤー・クメール語: 価格は気にしないです。気にするのは品質です。

映像説明: 木目調の長机(ながづくえ)の上に置かれたノートパソコンの画面。女性バイヤーが手ぶりを交えながら話をしている様子が映し出されている。

ナレーション: バイヤーは結婚式の準備をするサロンなど、プロが経営する店舗への販売を考えていると言う。

映像説明: ロールスクリーンが掛かった窓がある白い壁の部屋。部屋の隅に大量の段ボール箱が積み上げられている。手前に木目調の長机(ながづくえ)が向かい合って並べられ、白い化粧品の化粧箱や重ねられた資料、葉の模様のある緑色(みどりいろ)の紙コップが置かれている。奥の木目調の長机(ながづくえ)には、ノートパソコンやピンクのチューブのUVジェルファンデーション、白いチューブ、ボトルの4種類のAmien(アミアン)化粧品が置かれ、日本の国旗とカンボジアの国旗の旗竿がスタンドに置かれている。岸田社長と芝田調査役が奥の木目調の長机(ながづくえ)に座り、話をしている。

ナレーション: 岸田社長は商談後、早速、芝田さんと今後の進め方について話し合った。芝田さんからは販路についての提案も。

映像説明: ロールスクリーンが掛かった窓がある白い壁の部屋。芝田調査役がインタビューに答える。

テロップ: 多摩信用金庫 海外事業支援部 芝田 隆亮(しばた りゅうすけ) 調査役

芝田調査役: 自分たちが思ってる、うー、販路と相手先さんが思ってる販路っていうところはマッチングしとかないといけないなと思うので、 (バイヤーと)そういったところの意見交換というか、が、もう少ししっかりできると、いいかなと。

映像説明: ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長がノートパソコンに向かって話をしている。

ナレーション: 今後は現地のニーズも聞き取りながら商談を進めて行きたいという岸田社長。

映像説明: 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座りインタビューに答える。 曇り空の下。道路を白や黒、緑(みどり)の数台のバイク、3輪タクシーが走行している。道路の右側には現地の言葉で書かれた看板を掲げ、1階にオレンジや水色のオーニングが設けられた店舗がある中層の建物が建ち並び、左側にはピンクやオレンジのパラソルが立てられている。道路脇には数台の3輪タクシーやバイクが停車している。 上部に「肌ラボ」や「ROHTO(ロート)」などと書かれた看板がある女性と化粧品の写真のパネルが掲げられた陳列棚。

左側の棚に「薬用 シミ対策 オールインワン」や「金 ヒアルロン保湿 オールインワン」などと書かれた白や金色の化粧箱の上に白や金色のクリームジャーの商品などが並べられ、「しみの元に効く一滴 メラノCC」などと書かれた黄色い化粧箱のそばに黄色いボトルの商品が並べられている。中央の棚には「Acnes(アクネス)」と書かれた化粧箱やチューブの商品などが並べられ、右側の棚には「OLAY(オレイ)」と書かれた化粧箱が並べられているのが見える。それぞれの商品の前に値札が貼られている。 光がさし込む窓があり、カレンダーが壁に掛けられ、ホワイトボードが置かれた白い壁の部屋。岸田社長が日本の国旗とカンボジアの国旗が置かれた机に座り、話を続ける。

岸田社長: お肌のこのね、違いと申しましょうか。カンボジアは、カンボジアでの、その、気候風土、 ま、そういった部分を考えて、試作品を作ってください等々(とうとう)の要請があれば、 それはもう喜んでさしていただこうかなと思います。

映像説明: 「NATURE REPUBLIC」の立体文字の看板が掲げられた化粧品売り場。陳列棚が間隔をあけて設置されている。白いシャツを着てカーキのエプロンを腰につけ、マスクをつけた女性が、

側面に「Real Aloe for instant hydration!(リアル アロエ フォー インスタント ハイドレーション)」と書かれた陳列棚の商品を並べている。別の陳列棚には、白やピンク、ベージュ、緑(みどり)のボトルの商品などが並べられている。奥の通路を赤い服を着た子どもと手をつないでいる青と白のボーダー柄の服を着た男性を含む4人家族が歩いているのが見える。全員マスクをつけている。 白い壁際の4段の棚。緑(みどり)のボトルやチューブ、花のイラストがラベルに描かれたオレンジや茶色、水色、紫、緑(みどり)のエアレスボトルの商品などが並べられている。白いTシャツを着てカーキのエプロンを腰につけ、マスクをつけた女性が、商品の前に置いてある値札の位置を整えている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 中国ブランドの台頭! 世界の化粧品事情

ナレーション: 今、カンボジアの化粧品業界に関心が集まっているのには、世界市場の変化も影響している。

映像説明: 化粧品売り場の写真。6列5段の陳列棚にさまざまな化粧箱やチューブ、ボトルの商品が並べられている。奥の赤い壁に「THE COLORIST」の立体文字の看板が掲げられ女性の横顔が描かれているのが見える。

テロップ: 化粧品の市場規模 1位 米国 2位 中国 3位 日本

ナレーション: 化粧品の市場規模、1位のアメリカに次ぐ中国。

映像説明: 女性の顔写真と現地の言葉などが書かれた3枚のパネルが掲げられた陳列棚の写真。中央の棚に「Curél(キュレル)」、右側の棚に「freeplus」と書かれていて、「Curél(キュレル)」や「freeplus」と書かれた化粧箱やチューブ、ボトルなどの商品が並べられている。

テロップ: 年平均成長率 約12%

映像説明: 6枚の商品のパネルが掲げられた化粧品売り場の写真。6列5段の陳列棚にさまざまな化粧品が並べられている。黄緑色(きみどりいろ)の服を着てかばんを肩にかけた女性と白い服を着てマスクをつけ、肘に白い袋をかけた女の子の親子が「freeplus」のパネルを掲げた棚の商品を眺めている。少し離れた商品棚の前に立つ白いシャツを着て青いエプロンをつけ、マスクをつけた女性店員が親子に視線を向けている。

ナレーション: 年平均成長率(ねんへいきんせいちょうりつ)は、2019年までの5年間で12%と高く、中国市場を目指す日本企業(にほんきぎょう)は多い。

映像説明: 化粧品の写真や中国語が書かれた3枚のピンクのパネルが掲げられた陳列棚の写真。左側の棚に「SANA」、中央の棚に「KISSME」と書かれていて、「SANA」とある棚には「RAY」と書かれた銀や金色の化粧箱や「高保湿タイプ」などと書かれ赤ちゃんの写真が載った化粧箱、「KISSME」とある棚にはアイライナーなどのパッケージの商品が並べられている。

テロップ: 中国ブランドの台頭

ナレーション: しかし、この中国で、最近、国内ブランドが台頭してきている。

映像説明: 化粧品の写真や中国語などが書かれた3枚のピンクのパネルが掲げられた陳列棚がある化粧品売り場。手前のグレーの陳列台の上段に赤いキャップがある銀色のクリームジャーや金色のキャップがある白いクリームジャー、「N.M.F(エヌエムエフ)」と書かれた青と白の化粧箱などが重ねて並べられ、下段には「Dove」や「SUPER MILD」と書かれたポンプボトルの商品などが並べられている。後方にある4段の陳列棚には白や青、ワイン色(いろ)などのポンプボトルの商品が並べられている。

ナレーション: そのため、中国で知名度の高くない日本(にほん)ブランドにとっては、新たな市場も考えていかなくてはいけない状況になっている。

映像説明: 雲が浮かぶ青空の下。3棟の白い建物が並んでいる。手前の白い建物の出入り口の黒い屋根に「(株)地の塩社(ちのしおしゃ)」と書かれた看板が掲げられている。白い建物の横には数台の車が駐車されている。

サイドテロップ(画面右上にほぼ常時表示): 今回で3回目の参加 バイヤーを惹きつける工夫

テロップ: 熊本県 山鹿市

テロップ: 地の塩社(ちのしおしゃ)

ナレーション: 熊本県山鹿市にある「地の塩社(ちのしおしゃ)」も、その1つ。

映像説明: 青い空の下。背の高い草が生えている草地のあいだに川が流れている。奥には山が連なり、かすんで見える。 レンガ調の白い台の上に白いキャップの緑色(みどりいろ)のボトルの4本の化粧品が置かれている写真。緑色(みどりいろ)のボトルには白や黄色(きいろ)の葉や、黄色(きいろ)の文字で「Ti‐ina(ティーナ)」と書かれている。 白い壁に数個の窓がついている工場。青い作業服に白い衛生キャップをかぶっている2人の作業員が回っている丸テーブルの上の白いボトルを手に取り、横の機械に流している。

ナレーション: 地元で取れる植物などを使った、天然由来の化粧品の製造・販売を行っており、中国を中心にアジアへ、売り上げの1割ほどを輸出している。

映像説明: 緑色(みどりいろ)の壁の部屋。グレーの机の上で白いシャツを着てマスクをつけた男性がパソコンに向かっている。机の上には数冊の本や資料などが置かれている。

ナレーション: 近年の中国の状況から、新たな市場を探す理由がほかにもあった。

映像説明: 白い壁の部屋。白いシャツを着た男性がインタビューに答える。 青空の下。2車線の道路に数台のバイクが走っている。道路の右側に「care pharmacy」と書かれた白い看板が掲げられた店舗があり、左側には青とオレンジの建物が建っている。

テロップ: 地の塩社(ちのしおしゃ) 特販室 海外事業推進課 河村 二郎 課長

河村課長: 中国のマーケットは非常に、こう、大きくて魅力があるのかなと思うんですけれども。 ここ数年、非常に、こう、あのレギュレーション(化粧品許認可)がですね、特に、こうちょっとハードルが少しずつ上がってきてるところもありますので。 リスク回避といいますか。それとは別に 今、非常に動きやすいマーケットとしてカンボジアに魅力を感じています。

映像説明: 陳列棚にたくさんの男性用の洗顔料や洗髪料などの商品が並んでいるスペース。黒いチューブの男性用の洗顔料に白い文字で「NIVEA(ニベア)」、「GATSBY(ギャツビー)」などの文字が書かれている。2人の男女が商品を見ている。女性は白いシャツを着て、男性は白地に黒の柄(がら)があるシャツを着ている。

ナレーション: 新たな市場としてカンボジアに魅力を感じたところは、成長のスピード、将来性だ。

映像説明: 白い壁の部屋。河村課長がインタビューに答える。 光がさし込む窓があり、雑誌や植木鉢が置かれた木目調の棚が設けられた部屋。青いTシャツを着た女性、ピンクのワンピースを着た女性のあいだに座っている白いシャツを着た女性が話をしている。 グレーのソファに花柄のピンクのワンピースを着た女性、青いTシャツを着た女性が座り、花柄のワンピースを着た女性が手ぶりを交えながら笑顔で話をしているのを左側に座る白いシャツを着てバインダーを持った女性が聞いている。

河村課長: (カンボジアは)これから伸びていく市場かなというところで思ってまして、 若い女性が非常に元気であるということ。文化の、ま、発信をされていると 非常にこう、好奇心がある。

映像説明: ブラインドが掛かった窓がある白い壁の部屋。壁際の透明の棚には化粧品などが置かれている。木目調の長机(ながづくえ)でヘッドセットをつけた河村課長が段ボール箱の上に置いたノートパソコンに向かっている。手前には化粧品の写真が載ったパネルが置かれている。 白とグレーの壁際に人工観葉植物で囲まれた白いキャップがある緑色(みどりいろ)のボトルの4本の化粧品が並んでいる。

ナレーション: プノンペンのオンライン商談会には、3回目の参加。洗顔料などの基礎化粧品を出品した。

映像説明: ブランドの掛かった窓がある白い壁の部屋。壁際の透明の棚には化粧品などが置かれている。ヘッドセットをつけた河村課長が化粧品の説明が書かれた資料を指さしながら話をし。 河村課長が化粧品の説明が書かれた資料のページをめくっている。 芝生が広がる広場。紫や赤、青、ピンクなどの数個の風船が置かれたそばに、ピンクの帽子をかぶり、グレーの服を着た女性が座っている。後ろに青い服を着てマスクをつけた女性が立っている。その左側には黒い服を着た女性が黒い服を着た女の子と手をつないで立っていて、奥のほうには数人の人物が樹木の下に駐車したバイクのそばに集まっているのが見える。 白い壁の部屋。河村課長がインタビューに答える。

ナレーション: 過去2回を踏まえて、今回は商談の手法も工夫した。まずは資料作り。製品のコンセプトを分かりやすく載せた。

河村課長: アジアの方(かた)っていうのは非常に、こう“ナチュラル”というキーワードというか、自然のものっていうのが非常に好まれる傾向がありますので、 そういったところを、こうアピールすると割と関心を持たれやすいかなというふうに思いました。

映像説明: ブランドの掛かった窓がある白い壁の部屋。壁際の透明の棚には化粧品などが置かれている。木目調の長机(ながづくえ)でヘッドセットをつけた河村課長がノートパソコンに向かって話をしている。ヘッドセットをつけた河村課長が左手に緑色(みどりいろ)のボトルの化粧品を持ち、右手にボトルから出したとろみのあるオレンジ色(いろ)の液体をつけて、ノートパソコンに向かって見せながら説明している。右手についたとろみのあるオレンジ色(いろ)の液体を左手の人差し指で混ぜたあと、顔を洗う動作をしながら話をしている。

ナレーション: さらに、オンラインでもバイヤーに製品をより理解してもらうため、実演を取り入れた。

映像説明: 壁際の透明の棚がある白い壁の部屋。河村課長が手ぶりを交えながらインタビューに答える。 ヘッドセットをつけた河村課長が右手につけた泡を左手の人さし指で触りながらノートパソコンに向かって説明している。 河村課長が手ぶりを交えながら話を続ける。

河村課長: 商品のテクスチャー(質感)を、こう画面越しにはなりますけれども見ていただいたり、 泡のモチモチ感であったり、えー、美容液の粘度(ねんど)ですね、ま、そういうのを、こう画面を通して見ていただくようなパフォーマンスをすることによって、 あの、視覚で、そういうことを理解していただくということには気を遣いました。 バイヤーさん、こう結構食い気味で見ていただけたので反応は、うん、あの、良かったんじゃないかとは思います。

映像説明: 木目調の机に置かれた黄色(きいろ)で「Ti‐ina(ティーナ)」などと題された資料を手で示している。 資料。左上に「CHINOSHIO」のロゴがあり、黒字で「New skin care series proposal」、黄色(きいろ)の文字でTi‐ina(ティーナ)」と題された資料。下部にある「Concept」の英語の説明文の『Adult acne care(アダルト アクネ ケア)』という部分に赤い線が表示される。ナレーション: 今回の商談で、意外にバイヤーの関心を集めたのは洗顔料のコンセプトの中で、ニキビ予防を意味する「Adult acne care(アダルト アクネ ケア)」の文字。カンボジアならではの事情があるようだ。

映像説明: 白い壁の部屋。河村課長がインタビューに答える。 雑誌や植木鉢が置かれた木目調の棚が設けられた部屋。グレーのソファに花柄のピンクのワンピースを着た女性、青いTシャツを着た女性、白いシャツを着た女性が座っている。真ん中に座っている青いTシャツを着た女性が口紅のようなものを手に持ち、花柄のピンクのワンピースを着た女性と笑顔で話をしている。白いシャツを着た女性も話を聞きながら笑顔を浮かべている。

河村課長: (カンボジアは特に)お悩み解消系みたいな、そういった商品に皆さん興味を持たれやすいかなというふうなことは感じました。

映像説明: 白い壁の化粧品店。白い壁に金色の文字で「THE FACE SHOP」と書かれた立体看板が掲げられている。白い棚にはたくさんの化粧品が陳列されている。

テロップ: 副作用

テロップ: 肌荒れ

ナレーション: 背景には、近隣国から輸入された、即効性をうたった化粧品による副作用や肌荒れの問題がある。

映像説明: 透明の陳列棚に5種類のチューブの洗顔料などが並んでいる。それぞれ緑(みどり)と白の背景や青と白の背景、オレンジと緑(みどり)の背景、白と緑(みどり)の2色のデザインで、白い文字で「Acnes(アクネス)」と書かれている。 3種類のフェイスパックが並んでいる。オレンジの背景に白い文字で「超浸透3D(スリー ディー)」と書かれ、フェイスパックをつけた女性の写真が掲載され、水色の背景に白い文字で「深層美白(しんそうびはく)」と書かれ、フェイスパックをつけた女性のイラストが描かれ、ピンクの背景に白い文字で「超浸透3D(スリー ディー)」と書かれ、フェイスパックをつけた女性の写真が掲載されている。 4種類の化粧品が並んでいる。それぞれオレンジのボトルに黒い文字で「メラノCC」や白いボトルに黒い文字で「極潤 ヒアルロン酸」、青いボトルに白い文字で「肌ラボ」などと書かれている。

ナレーション: そのため、最近は長い目で見て安心感のある商品を探す人が増えているという。日本製品(にほんせいひん)は、安心・安全なイメージがあるため、多少価格が高くても人気が集まっている。

映像説明: 白い棚に緑色(みどりいろ)のボトルに白や黄色(きいろ)の葉や、黄色(きいろ)の文字で「Ti‐ina(ティーナ)」と書かれた化粧品、白い化粧箱に緑色(みどりいろ)の文字で「NATUREVEIL(ナチュアヴェール)」と書かれている化粧品などが並んでいる。 白い壁の部屋。河村課長がインタビューに答える。

テロップ: 地の塩社(ちのしおしゃ) 特販室 海外事業推進課 河村 二郎 課長

河村課長: 数社のお客様から、ぜひちょっとサンプルを使ってみたいということでオファーを受けたりしていますので このまま、そうですね、あの順調に進んでいけばいいなと、ま、思っています。

映像説明: 白い壁の部屋。壁際の透明の棚には化粧品などが置かれている。河村課長が手ぶりを交えて話をしている。

ナレーション: カンボジアは、これからが旬だという、河村さん。今後に期待を寄せる。

映像説明: 空中から撮影した青い空の下に広がる街並み。高層ビルやオレンジや黄緑色(きみどりいろ)の屋根の建物が建っている。 屋台のある通り。数人の男女が屋台に並んでいる。女性がバイクに2人乗りしたまま並んで待っている。それぞれヘルメットをかぶり、デニムのシャツやベージュのシャツを着ている。 奥に光がさし込む窓が見える木目調の棚が設けられた部屋。青いTシャツを着た女性、白いシャツを着た女性、ピンクのワンピースを着た女性が笑顔で話しながらソファに座っている。

河村課長: 潜在的なポテンシャルを持った国だと思っていますので、 一緒になって進めていけたらいいなっていうふうには思います。

映像説明: スタジオ。画面左側には江連(えづれ)キャスターが写り、右側にはモニターが置かれている。モニターには、木目調の棚がある部屋で3人の女性がグレーのソファに座り、会話をしている様子、オフィスで岸田社長が「Amien(アミアン)」のロゴと「UV Gel Foundation」と書かれた黒いキャップがあるピンクのチューブを手に持ちながらノートパソコンに向かって化粧品の説明をし、芝田調査役が画面のほうを見ている様子、男性用の洗顔料や洗髪料などが並ぶ陳列棚を2人の男女が見ている様子、白い壁の部屋でヘッドセットをつけた河村課長が両手に泡をつけ、ノートパソコンに見せながら説明する様子が映し出されている。江連(えづれ)キャスターが話をする。

江連(えづれ)キャスター: おしゃれな人が増えているカンボジア市場への販路拡大の可能性を感じました。日本ならではの製品が、今後ますますカンボジアの人々の心をつかむといいですね。

映像説明: 薄い黄緑色(きみどりいろ)を基調としたコンピューターグラフィックスの背景画。緑(みどり)を基調とした、中が空洞になった地球儀が回転している。

※番組で取り上げている「カンボジア女性たちによる美容座談会」および「カンボジアの美容市場」につきましては、以下の各リンクをご覧ください。
【カンボジア消費市場】―美容座談会―外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
【カンボジア消費市場】―美容概要―外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

番組DVDのご提供(有料)について
当サイトでオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)ご希望の方はジェトロ情報データ統括課 映像メディア班(E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。
なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用ください。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

動画視聴推奨環境について
Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただし、Windows7でご覧いただく場合は、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
番組は、YouTubeでも配信しておりますので、「世界は今-JETRO Global Eye」公式チャンネル外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますもあわせてご利用ください。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
動画の視聴について
本ページに掲載している動画は、都合により削除されることがあります。

次回の番組

6月20日(予定)
テーマ:フィリピン消費市場 富裕層が商品を購入するポイント

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ情報データ統括課 映像メディア班
Tel:03-3582-5219
E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。