1. サイトトップ
  2. 国際ビジネス情報番組「世界は今 -JETRO Global Eye」
  3. これまでの番組
  4. 2017
  5. パリ・モード界の母が愛のムチ! ‐日本の“新人ブランド”が輸出に挑戦‐

パリ・モード界の母が愛のムチ! ‐日本の“新人ブランド”が輸出に挑戦‐

2017年11月01日

パリのファッションウィークに初出展する日本の“新人ブランド”を、現地モード界の有名コンサルタントが4ヵ月に渡って指導した。彼女は、日本のブランドはものづくりには優れているが、売るための努力を怠っているという。例えば、技術開発のストーリーを展示しようとしたジュエリーブランドに対して、「ファッションの見せ方ではない」ときっぱり否定。また、婦人服ブランドを立ち上げたデザイナーには、「デザインに統一感がなく、一つのコレクションに見えない」。新人たちはブランドの経営者になったことで、新たな課題に直面していた。果たして、“パリ・モード界の母”の言葉は彼らに伝わるのか?

(9分33秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル 世界の様々な都市の映像が続き、やがていくつもの道のようになり、 立ち並ぶビルのイメージの間(あいだ)を通り抜け、地球に続く。 日本列島が輝き、光を放つ。 「世界は今ジェトログローバルアイ」

場面1:パリのファッションウィーク

映像説明: 広場に彫刻が施された噴水。曇り空から差し込んだ光でしぶきがキラキラと輝いている。

テロップ: パリ

ナレーション: 9月。

映像説明: 展示会。胸元が大きく開いたワンピース姿の女性がブースのあいだを颯爽と進む。 フリルの付いた黒いベルボトムに肩の開いた白いブラウスのモデルがポーズを決める。 色とりどりの服が陳列されたブースの真ん中で、女性たちが商談を行っている。 通りにもショーウィンドウに腰かけて話し合う人たちがいる。

テロップ: ファッションウィーク

ナレーション: パリの秋はファッションウィークとともにやって来る。 名だたるブランドが新作を発表し、バイヤーが新しい才能を発掘するビジネス交流の場である。

映像説明: シャンパングラスを片手に語らうおしゃれな女性たち。 パーティー会場に、たくさんのバイヤーが集まって交流を深めている。 茶色い髪に顎髭の日本人男性もバイヤーたちと握手を交わす。

ナレーション: ファッショニスタの熱気は、夜が更けるまでパリ全体を包み込んだ。 そのなかに、初めての輸出に挑戦する日本の新人ブランドがいた。

映像説明: 茶色い髪に顎髭の男性のインタビュー。 ジュエリーボックスに陳列された指輪とブレスレット。色はグレイ、ゴールド、カーキ、ブロンドでダイヤモンドが埋め込まれている。

テロップ: 脱OEMブランド

茶色い髪に顎髭の男性: 僕ら2代目なので、今の貴金属だけだったら、ちょっとやっていけないっていう不安もあったので、考えて何か違うものを売り始めました。

映像説明: 展示会に参加中の女性。ストレートの黒髪を一つに結び、ゴールドのイヤリングをしている。

テロップ: デザイナーの個人ブランド

黒髪を一つに結んだデザイナーの女性: 次にパリに来るときは、自分のブランドとして来ようと思ったんです。

映像説明: 事前に行われた勉強会。ブロンドのショートヘアの女性の講義を熱心に聞く参加者たち。黒髪を一つに結んだデザイナーの女性も資料を確認する。

テロップ: ジェトロ本部(東京) 2017年7月12日~(から)14日 パリ展 初めて支援プログラム

ナレーション: 彼ら新人ブランドは、ジェトロの「初めて支援プログラム」を活用。

映像説明: フランス語で参加者に語り掛けるブロンドのショートヘアの女性。

テロップ: ファッション・コンサルタント ミリアム・モハメッドさん

ナレーション: パリ・モード界で活躍するコンサルタントのミリアムが講師を務めた。

映像説明: 個別指導の会場。ミリアムさんがテーブルに広げられた資料をチェックする。 服の詳細がデザイン画付きで載っている。

ナレーション: 支援の大半は個別指導だ。ミリアムは、その服がパリでどう受け止められるかを率直に指摘した。

映像説明: ミリアムさんがサンプルのブルーのトップスを手に取る。

ミリアムさん・フランス語: この服もベーシックすぎてダメ。 まるで中国の工場で大量生産される服のようだ。 欧州のバイヤーは、まるでファストファッションだと思うだろう。

映像説明: ミリアムさんがタックの入った白いニットを手に取って、受講者に見せる。

ミリアムさん・フランス語: この服は大変すばらしい。ほかの色はありませんか?

映像説明: 受講者がピンクのニットを手渡す。

ミリアムさん・フランス語: これは、本当に本当にすばらしい! バイヤーにはこういう華やかな色を見せるべきだ。

映像説明: 茶色い髪に顎髭の男性もミリアムさんの個別指導を受ける。 パリの展示会。黒髪を一つに結んだデザイナーの女性にミリアムさんがハグとキスをする。

ナレーション: 果たして、愛のムチは新人ブランドをどこまで成長させるのか。

場面2:スタジオ

映像説明: スタジオに女性キャスターが登場。全身を黒で統一したパンツスタイル。カットソーの襟もとにはビーズ刺繍が施されている。

テロップ: 馬場 典子

馬場キャスター: 世界は今、ジェトログローバルアイ。 ファッションウィークのパリに出展する日本の新人ブランドを、 モード界の重鎮が厳しく指導しました。 パリで成功する秘訣はどこにあるのでしょうか。4ヵ月におよぶ密着取材でその答えを探りました。

タイトル: パリ・モード界の母が愛のムチ! ‐日本の「新人ブランド」が輸出に挑戦‐

場面3:4ヵ月に及ぶ密着ドキュメント

映像説明: 甲冑姿に軍配団扇を持った武田信玄の銅像。

テロップ: 甲府市

ナレーション: 山梨県甲府市。

映像説明: 水晶の展示。六角柱状の水晶が一つの塊になって密集している。

テロップ: 水晶の原石

テロップ: 山梨大学所蔵

ナレーション: 水晶の産地として知られるこの土地は、江戸後期から宝飾品加工が盛んだ。

映像説明: 道路沿いに城の石垣。 ハート型のジュエリーの展示。ブルーの宝石にダイヤモンドやゴールドをあしらっている。 立体的なジュエリーの展示。ダイヤモンドの周りに三角や四角いフレームが幾つも集まっている。

テロップ: 山梨ジュエリーミュージアム所蔵

ナレーション: 戦後は、ダイヤモンドなどの高級品にも取り組み、世界屈指のジュエリーの産地に発展した。

映像説明: 3階建ての会社。 作業場。ブルーの制服を着た職人たちが並んで座り、作業をしている。 高速回転している研磨機に指輪を押し当て、形を整える。 ゴーグルをした職人はハンマーを使って指輪に細工(さいく)を入れている。

テロップ: 美創

ナレーション: 甲府のジュエリー業界に、今回、初めての輸出に挑戦する会社がある。 「美創」は、熟練した職人技に支えられた他社ブランドの受託生産主体のメーカー。

映像説明: ジュエリー市場規模の推移のグラフ。縦軸は金額、横軸は年を示している。 1991年、3兆円だった市場は年々下落し、2016年には1兆円まで落ち込んでいる。 (出所:(株)矢野経済研究所「宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査(2017年)」(2017年3月9日発表))

ナレーション: しかし、現在ジュエリーの市場規模はバブル期のおよそ3分の1。

映像説明: 作業場。茶色い髪に顎髭の男性が職人に指示している。

テロップ: 脱OEMブランド BIAL(びある) 佐藤 幸夫社長

ナレーション: そこで、2代目の幸夫さんは、新しいブランド「BIAL(びある)」を立ち上げた。

映像説明: ジェトロのスタッフと向かい合って座る佐藤社長と黒髪に顎髭の男性。

佐藤社長: どうしてもうちはOEM(他社ブランドの受注委託)が主体なので、このままじゃいけないと思って。

映像説明: 黒髪に顎髭の男性。

テロップ: 佐藤 晃一(さとう こういち)副社長

佐藤副社長: 技術的にはCAD(きゃど)っていうものが出来たので、デザイン画があれば。

佐藤社長: 誰でもできちゃう。

映像説明: 機械によるブレスレット制作の映像。

佐藤副社長: (職人技と)同じものができちゃうんで。そこをCAD(きゃど)が出た時点で、ちょっと何か自分たちにやっぱり武器が欲しくて。僕たちだけの、あの…。

佐藤社長: 技術だよね、うん。

映像説明: 光沢のある4本のブレスレット。留め金のないリング状で、色はゴールド、ブロンド、カーキ、グレイ。等間隔に埋め込まれたダイヤモンドがキラリと輝く。 色ごとに整然と並ぶ指輪。トップに1粒のダイヤモンド。

テロップ: BIAL(びある)

ナレーション: 2人は、シリコンに金などの貴金属を混ぜ合わせた、全く新しい素材のジュエリーBIAL(びある)を開発。特許を取得した。細かい部分に、甲府の伝統が生きている。

映像説明: 商品を身に着けて説明する佐藤社長。指輪をつけたまま引っ張り、裏側を見せる。

佐藤社長: 留めの技術と磨きの技術、あとは裏に入っているんですけどレーザー刻印の技術。 甲府の代々伝わる伝統技術が色々盛り込まれていますね。

映像説明: ジェトロ本部。佐藤副社長と佐藤社長とパーマのかかった茶色い髪の男性が個別指導の会場に入っていく。 テーブルを囲んで話し合う一同。 ミリアムさんがブレスレットを手に取る。

テロップ: 2017年7月12日~(から)14日 パリ展 初めて支援プログラム

ナレーション: BIAL(びある)をパリから世界中に広めよう。 2人はデザイナーとともに会社を設立。ジェトロの門を叩いた。 これまで誰も見たことのないジュエリー。

映像説明: メモを取るミリアムさん。 佐藤社長は緊張した面持ちで様子をうかがっている。

テロップ: ファッション・コンサルタント ミリアム・モハメッドさん

ナレーション: パリ・モード界の重鎮、ミリアムは、どう評価するのか。

映像説明: ミリアムさんが佐藤社長の指輪やブレスレットを指さす。

ミリアムさん・フランス語: 実際に見ると素材の組み合わせがすばらしい。男性が着けた方が良いですね。 ロシア人が好みそうなジュエリーだ。

パーマのかかった茶色い髪の男性: ドバイとかは?

ミリアムさん・フランス語: ドバイには、ダイヤが14個入ったものを売り込もう。

パーマのかかった茶色い髪の男性: 100倍の値段つけますわ。

映像説明: 笑い合う。 ジュエリーのパンフレットをめくるミリアムさん。

ナレーション: 驚くほどの高評価。しかし、高級品は、見せ方が重要だとミリアムは言う。

映像説明: ミリアムさんがパーマのかかった茶色い髪の男性を見る。

ミリアムさん・フランス語: 展示ブースの壁には、ジュエリーの写真を貼る予定?

パーマのかかった茶色い髪の男性: こういう考えがあって、これやって、こうなって、こうなって、最後5枚目はシリコンジュエリーが出来ましたよって(開発)ストーリーを貼ろうかなって。

ミリアムさん・フランス語: それはファッションの見せ方じゃない。 パリの展示会は技術を紹介する場ではない。 ファッションを見せる場だ。

映像説明: ミリアムさんが雑誌を指さす。青空の下、砂浜に寝転がる女性の写真。

ミリアムさん・フランス語: この雑誌を見て。 彼女に(BIAL(びある)を)着けても似合うと思う。

ナレーション: たとえ技術的にすばらしくても、ファッションはファッションとして見せるべき。 ミリアムは、展示内容を全面的に見直すよう指導した。

映像説明: 晴れやかな顔で立ち上がる一同。 佐藤社長たちが何度もお礼を言いながら部屋を出る。

佐藤社長たち・フランス語: ありがとうございました。

パーマのかかった茶色い髪の男性: ありがとうございました。バイバーイ。

映像説明: フロアでインタビューに答える佐藤社長たち。

佐藤副社長: まあ、従おうかと。

パーマのかかった茶色い髪の男性: 世界基準でやらないといけない。

映像説明: フォトスタジオでの商品撮影。透明なスタンドにセットしたブレスレット。 黒い板の上に色とりどりに並べた写真も撮る。 別の日。出来上がったポスターがテーブルいっぱいに広げられている。

ナレーション: 3人は、写真を撮り直し、ファッション性をアピールするポスターを作った。

映像説明: 佐藤社長の手に、胸元で両手を組んだ女性の写真。指輪やブレスレットを重ね付けしている。

佐藤社長: これもいいよね。

ナレーション: 果たしてこの修正が吉と出るか?

映像説明: パリ。大通りの街灯の脇にポスターが掲示されている。鳥とキスする女性の写真に「Premiere Classe(ぷるみえーる・くらす)」の文字。

テロップ: 2017年9月28日~(から)10月1日 プルミエール・クラス 対象:ファッション雑貨

ナレーション: BIAL(びある)が出展したのは、プルミエール・クラスという展示会。

映像説明: 展示会場。BIAL(びある)のブースはモノトーンでパーマのかかった茶色い髪の男性とスタッフが待機している。 ブレスレットの展示。輪の太さやダイヤの大きさ、数が違う3種類をディスプレイしている。ブレスレットを指で伸ばしたポスターもある。 バイヤーたちが展示台を覗き込む。

ナレーション: アドバイスに従い、ひと目で高級ブランドと分かるブースにした。 すると、バイヤーたちは、謎めいたこのジュエリーの材質に興味を持った。

映像説明: 皮のジャンパーを着たバイヤーの男性がブレスレットを試着(しちゃく)し、笑みをこぼす。

皮のジャンパーを着たバイヤーの男性・フランス語: ジュエリーとしては、非常にオリジナリティーの高い素材だ。

黒いシャツを着たバイヤーの女性・英語: こういう発明は、まさに日本。

映像説明: リポーターがスタッフにインタビューしている。カメラがブレスレットをアップで撮る。

テロップ: ドバイのテレビ局

ナレーション: 噂を聞きつけたドバイのテレビ局が取材に来るなど、BIAL(びある)は初出展ながら高い評価を得た。

映像説明: レストランスペースで話す佐藤社長。

佐藤社長: 「ボン・マルシェ」(有名百貨店)に、もしかしたら入れる(はいれる)かもしれないという… お客さんが来たので。相当、自信がつきました。はい。

映像説明: ジェトロ本部で行われた個別指導。 ミリアムさんが出展予定の服の写真を見てコメントしている。 受講者はストレートの黒髪を一つに結んだデザイナーの女性。

テロップ: デザイナーの個人ブランド HaQue(は・くうぇ) 土井 靖子代表

ナレーション: 一方、こちらは、ブランドを立ち上げたばかりのデザイナー。 代表という立場になり、新たな課題にぶつかっていた。

映像説明: パソコン画面に写真がずらりと並んでいる。

ミリアムさん・フランス語: どの服も個性がバラバラで2つの異なるブランドに見える。

映像説明: 苦笑する土井代表。

通訳の女性: 色々なアイデアがたくさんありすぎて、 それをやっぱりそのコレクションの中にすべてのアイデアを盛り込んでいこうってする傾向があって。

映像説明: パリ。外壁がポスターになっている展示会場。目を閉じた女性2人のメインビジュアル写真の中央に「Paris sur Mode(パリ スル・モード)」とイベント名。 白を基調とした明るい場内。商品を出していた土井代表がほほ笑む。 訪れたミリアムさんと抱き合って挨拶を交わす。

テロップ: 2017年9月28日~(から)10月1日 パリ・スル・モード 対象:アパレル

ナレーション: 新人ブランド「HaQue(は・くうぇ)」が参加したのはパリ・スル・モードという展示会。 指導を受けて、修正したという土井代表だが、ミリアムはそれに満足しなかった。

映像説明: ミリアムさんが商品を両手に持って、土井代表に見せる。 光沢のあるベージュの無地のワンピースと青い柄(がら)の入ったスカート。

ミリアムさん・フランス語: この服とこの服では雰囲気が全く違う。もっとコレクションの連続性に留意すべきだ。

映像説明: ベンチに座る土井代表の後ろ姿。

ナレーション: 会場でほかのブランドを見たことによって、 ミリアムの言葉の意味がようやく理解できたと土井代表は言う。

映像説明: 時折、ほかのブースに視線をやりながら話す土井代表。

土井代表: バラバラに見えるっていうのが私には分からなくて、やっぱりデザインしている側だから。 本当に(会場を見ると)ブラウス、チュニック、ワンピースという違いだけでも (コレクションにして)良いんだなっていうのが分かりました。

映像説明: HaQue(は・くうぇ)のブース。ブルーのポーチを持った女性バイヤーが商品を見ている。 ベンチ。ミリアムさんがブラウスを見ながら土井代表にコメントしている。

ナレーション: 今回、HaQue(は・くうぇ)に成果は出なかったが、今後の成長が楽しみだとミリアムは言う。

映像説明: フラワー装飾の前で話すミリアムさん。

ミリアムさん・フランス語: 彼女はボリューム感のあるカッティングにセンスがある良いデザイナーだ。

映像説明: ミリアムさんが土井代表にハグとキスをする。

ナレーション: 彼女の挑戦はまだ始まったばかりだ。

場面4:スタジオ

映像説明: スタジオ。木目調のテーブルに馬場キャスターが座っている。

馬場キャスター: モード界の重鎮も認める日本のものづくり。問題は市場にどう訴えていくのか。 日本に欠けているその視点を補ってくれる彼女のアドバイス、心強かったですね。 それでは、また次回をお楽しみに。

映像説明: 馬場キャスターがお辞儀をする。

番組DVDのご提供(有料)について
当サイトでオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)ご希望の方はジェトロ・オンライン情報課 映像メディア班(E-mail:CSD-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。
なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用ください。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

動画視聴環境について
Internet Explorer 10,11(Edge)、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただしWindows7上でInternet Explorerをご利用の場合は、Adobe Flash Playerの最新版外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが必要です。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。

次回の番組

7月19日(予定)
テーマ:日本の食品機械 世界のニーズをつかめ!

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ・オンライン情報課 映像メディア班
TEL:03-3582-5219
E-mail:CSD-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。