1. サイトトップ
  2. テレビ番組「世界は今」
  3. これまでの番組
  4. Win‐Winの関係築く対日投資 ‐外資の経験を日本で活かす‐

Win‐Winの関係築く対日投資 ‐外資の経験を日本で活かす‐

放送日:2017年07月26日

外国企業による日本への投資が増えている。中でも、増加する訪日外国人観光客を視野に入れたアジアからの投資や、最新技術による研究開発型の投資が活発だ。今回は、海外での豊富な実績を踏まえ、IoTを活用して日本の観光地が抱える課題の解決を図ろうとするカナダ企業の事例とともに、対日投資の意義と日本にとってのメリットについて解説する。

(9分31秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル 世界の様々な都市の映像が続き、やがていくつもの道のようになり、 立ち並ぶビルのイメージの間を通り抜け、地球に続く。 日本列島が輝き、光を放つ。 「世界は今ジェトログローバルアイ」

映像説明: スタジオ。木目調のテーブルに女性キャスターが座っている。ブラウンのワンピース姿。

テロップ: 馬場 典子

馬場キャスター: 世界は今、ジェトログローバルアイ。 近年、日本に進出する外国企業が増えています。そうした企業は、日本に何を望んで進出しているのでしょうか。そして日本(にほん)企業にとってはどのようなビジネスチャンスがあるのでしょうか。

タイトル: Win-Win(ウィン ウィン)の関係築く対日投資 ‐外資の経験を日本で活かす‐

馬場キャスター: 今日はジェトロ対日投資課の山田有理恵(やまだ ゆりえ)さんにお越しいただいています。よろしくお願いいたします。

映像説明: 紺のジャケットを着たショートカットの女性が座っている。   テロップ ジェトロ 対日投資課 課長代理 山田 有理恵(やまだ ゆりえ)

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): よろしくお願いします。

馬場キャスター: 山田さん、日本に進出する外国企業は、ここ最近、どんな特徴があるんですか?

映像説明: 統計グラフ「対日投資残高の推移」。 横軸には2012年から2016年まで1年ごとに西暦が入っている。 縦軸には0から10刻みに数字が入っていて単位は(兆円)。 2012年の対日投資残高は20兆円弱。そこから毎年増額している。 2016年は赤で表示され、過去最高の27.8兆円となる。(出所:「国際収支統計」(財務省))

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい。外国企業が日本に進出することを対日投資と言いますが、最近、対日投資残高は順調に伸びていまして、ここ数年は、過去最高金額を更新しているんです。 最近の対日投資の傾向として、重要なポイントがいくつかあります。

テロップ: 観光分野でアジアからの投資が増加

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): まず、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、また訪日外国人観光客が増えていますので、観光分野における投資の事例が特にアジアを中心に増えているということが言えます。日本(にほん)企業と提携してホテルをオープンするケース、オンラインの旅行会社や旅行検索サイトの運営会社の進出も目立っています。

馬場キャスター: ほかには、どのような傾向がありますか?

テロップ: 研究開発分野の投資も増加

テロップ: 外国企業の最新技術を導入 →日本社会の課題解決

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい、番組でも以前ご紹介したことがありますが、研究開発分野の投資も増えています。 中でも、IoT(アイオーティー)やビッグデータ、人工知能などの最先端分野においては、外国企業の持つIoT(アイオーティー)などの最新の技術を導入して、日本社会が抱えている様々な課題の解決につながるような、そんな研究開発プロジェクトが増えてきているんです。

馬場キャスター: へえ、例えばどんな研究開発がありますか?

映像説明: 生い茂るイチゴの葉のあいだに設置した板状のセンサーの写真。 取得した温度データをグラフ化し、スマートフォンに表示している写真。

テロップ: Analog Devices(アナログ デバイセズ) 茨城のイチゴ農園にセンターを設置 環境データをスマートフォンに表示 写真提供:Analog Devices(アナログ デバイセズ)

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい、例えばですが、アメリカの「Analog Devices(アナログ デバイセズ) 」というセンサーを作っている会社があるんですけども、茨城のイチゴ農園の中にセンサーを設置しまして、温度や湿度などの環境データを取得してスマートフォンで表示できるようにする実証研究を行いました。

映像説明: 工場内の写真。レーンの周囲にアーム型の機械が数台設置されている。 作業をするアーム型機械の写真。作業部分から火花が散る。 アーム型機械が作業をしている3DCG(スリーディーシージー)映像。

テロップ: CENIT(セニット) 工場全体を3D(スリーディー)でシミュレーションし 故障予知などを可能とする研究 映像提供:CENIT(セニット)

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): また、ドイツのソフトウェア企業の「CENIT(セニット)」は、広島の自動車部品企業と共同で、工場全体を3D(スリーディー)でシミュレーションして、故障予知などを可能とする研究を進めています。

テロップ: 生産現場での自動化・効率化で課題を解決

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): いずれも生産現場において、これまで人手がかかっていたプロセスの自動化ですとか、効率化を図って、生産性向上ですとか、労働力不足といった課題を解決しようとする興味深い例だと思います。

馬場キャスター: では、ここでIoT(アイオーティー)で地域観光の促進に貢献しようとする外国企業を取材しましたので、ご覧ください。

場面1:LOOP社事例

映像説明: 四角い枠内に地図のイラスト。神奈川県の東南に位置する鎌倉。 木々に囲まれた寺院に鎮座する鎌倉大仏。 山裾にある鶴岡八幡宮。舞殿の奥に本宮がそびえる。

テロップ: 人気観光スポット

映像説明: 大仏の前で記念写真を撮るアジア系の女性グループ。外国人カップルも肩を並べて記念撮影している。店が建ち並ぶ通りに外国人観光客の姿。

テロップ: 多くの外国人観光客

ナレーション: 鎌倉。 都心から近く、歴史ある町として、人気の観光スポット。 近年、海外からの観光客の増加に伴い鎌倉にも数多くの外国人観光客が訪れている。

映像説明: 駅前。父母と娘の外国人家族。

テロップ: メキシコからの観光客

メキシコ人の母親・スペイン語: 私たちは鎌倉に来たことがあって、子どもにも大仏や寺を見せたかった。

映像説明: 鎌倉の観光パンフレット。英語や韓国語など様々な言語版がある。

テロップ: 多言語での情報発信。

映像説明: 日本語と英語で書かれた江ノ電(えのでん)やバスの乗車案内。

ナレーション: 鎌倉市では多言語での情報発信など、増える外国人観光客への対応に取り組んでいる。

映像説明: 鎌倉の小町通りを人々が行き来する。

映像説明: 観光客で賑わう鎌倉大仏周辺と、鶴岡八幡宮の光景が並んで表示される。

テロップ: 鎌倉大仏 鶴岡八幡宮 人気観光スポットに集中

ナレーション: しかし、一方で課題もある。 それは、人気の観光スポットに観光客が集中し、大変な混み具合になることだ。

映像説明: ブルーのシャツの男性。

テロップ: 鎌倉市役所 観光商工課 中澤 準(なかざわ じゅん) 主事

中澤主事: (観光)場所の分散化というところにフォーカスして、今まで知られてないような名所をですね、ご案内するというのが一番いいのかなと思うのですが、そこがちょっと課題ですね。

映像説明: 街路樹のある広場。オレンジのスクーターとヘルメットを被った外国人男性。男性がスクーターから降り、リアトランクを開け、ヘルメットを脱ぐ。リアトランクにはLOOPのロゴ。

テロップ: LOOPShare(ループシェア) カナダのIT(アイティー)企業

ナレーション: そうした課題に着目したのが、カナダのIT(アイティー)企業「LOOPShare(ループシェア)」だ。

映像説明: オレンジのスクーターで幹線道路を走る女性。 同じくオレンジのスクーターで走り抜けるスーツ姿の男性。

映像説明: スクーターのダッシュボードに搭載されたタッチパネル。画面をタッチすると、ナビゲーションが表示される。

テロップ: 電動スクーターのレンタルを世界7ヵ国で展開 自社で開発したGPS付きダッシュボードを搭載

ナレーション: 電動スクーターのレンタルサービスを世界7ヵ国で展開している。搭載されているのは、自社で開発したGPS付きのダッシュボードだ。

映像説明: オフィス内。スクーターが1台置かれている。側にはデスクに向かう従業員。

テロップ LOOP Japan

ナレーション: 昨年9月、ジェトロの支援で日本に拠点を立ち上げた。

映像説明: 緑豊かな街道。車が渋滞している。 歩道には、歩行者に紛れて自転車を押して歩く人達がいる。

テロップ: 鎌倉ではダッシュボードを搭載した レンタルサイクルを計画中

ナレーション: 道幅が狭く交通渋滞の多い鎌倉では、スクーターではなく、レンタルサイクルを考えている。

映像説明: スクーターのタッチパネル。画面には観光地のナビゲーション。

テロップ: ダッシュボードに観光ルートを表示

ナレーション: ダッシュボードに観光ルートを表示させ、観光客向けに展開しようと考えているのだ。

映像説明: タッチパネル画面のアップ。「広域」ボタンをタッチして地図表示を変更している。

テロップ: 利用者情報や行動ルートなどのデータ収集が可能

ナレーション: さらに、そのシステムから利用者情報や行動ルートなどのデータを取ることもできるという。

映像説明: コンクリートの建物。

テロップ: 鎌倉市役所

映像説明: 室内。席に着く中澤主事と男性職員。その向かいに座るスーツの男性とロングヘアの女性。

ナレーション: この日、「LOOP Japan」の佐野さんが訪れたのは、鎌倉市役所。 ダッシュボードに表示する観光ルートを相談しに来た。

映像説明: スーツの男性。

テロップ: LOOP Japan 佐野 充(さのみつる) COO(シーオーオー)

佐野COO(さの シーオーオー): 今まで観光客が目をつけていないようなおすすめルート、そういうのが結構面白いかなと思って。

映像説明: 中澤主事が資料を指さしながら、佐野COO(さの シーオーオー)に説明している。

中澤主事: 頼朝の墓。瑞泉寺…、でJRに戻ってくる。

テロップ: 収集した利用者情報や行動ルートを ビッグデータ化し自治体に提供 IoT(アイオーティー)サービス創出支援事業(総務省)

映像説明: 中澤主事と佐野COO(さの シーオーオー)達が打合せをしている様子。テーブルいっぱいに資料が広げられている。

ナレーション: 鎌倉市から情報提供を受ける代わりに、利用者情報や行動ルートなど、観光客のデータを収集してビッグデータにする。それを自治体に提供することになっているのだ。

映像説明: 和風にデザインされた鎌倉駅。時計塔がある。リュックサックを背負った人など、大勢の人が行き交う。 色とりどりの吹き流しや、七夕の笹が飾られた小町通り。沢山の人で混み合っている。

テロップ: ビッグデータを観光戦略に活用

ナレーション: 鎌倉市はこうしたLOOPのIoT(アイオーティー)技術を活用して、観光戦略に生かせないかと考えている。

映像説明: インタビューを受ける中澤主事と佐野COO(さの シーオーオー)。

中澤主事: 我々は、ここはよくみなさんが行かれているなと認識しているところと、もしかしたらみなさんが(実際に)行かれているところのアンマッチがあるかもしれないので、そこの情報の把握だったり、みなさんにどういった観光の場所を紹介していくのかということの戦略を決めていくということができるかと思います。

佐野COO(さの シーオーオー): 基本的にそういう観光情報というのは、すべての観光地域に必要なんですよね。とりあえず鎌倉でスタートして、ビッグデータ化を他の観光地でも同じように使える仕組みを作っておけば非常にいいので。

場面2:スタジオ

スタジオの馬場キャスター: LOOPの事例はまさに、最新のIoT(アイオーティー)の技術を用いることで、外国人観光客を分散化したいという鎌倉市の課題解決にもつながるわけですね。 一方で気になるのは、日本(にほん)企業にとってのビジネスチャンス、これはどういったものが考えられるのでしょうか。

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): 例えばLOOPの場合ですと、日本版システムの開発ですとか、バッテリーのチャージ、メンテナンスをするような会社、駐輪スペースを貸す会社など、様々なプレーヤーが関わることになります。そこに日本(にほん)企業とのビジネスチャンスがあるのではないかと思います。

映像説明: LOOPのスクーターに乗る外国人男性の写真。

テロップ: ジェトロ グローバルイノベーション拠点設立等(とう)支援事業

映像説明: タッチパネルに表示されたナビゲーションの写真。

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): 昨年度、ジェトロの支援で、実はLOOPは鎌倉に先行して、沖縄でも電動スクーターの実証実験を行っているんですが、その際は、日本(にほん)企業と共同で、研究開発を行いました。

場面3:ゼロ・サム

映像説明: オフィスビル。入り口にはLOOPのスクーターが駐車されている。

テロップ: 京都市 ゼロ・サム

映像説明: オフィス内。広いフロアに数十人の従業員。

ナレーション: LOOPが日本で展開するにあたって、ナビの開発を担当したのが、京都府に本社を構える「ゼロ・サム」というベンチャー企業だ。

映像説明: パソコン画面に沖縄県のナビゲーション画像。 天気や交通情報の画像。それぞれ英語など海外の言語で表示されている。

テロップ: カーナビの開発や渋滞改善の仕組みづくり などを国際的に行っている

ナレーション: 国内の自動車メーカーのアジア向けカーナビシステムの開発や、インドの渋滞情報をリアルタイムで道路上に表示する仕組みづくりなど、国際的に事業を展開している。

映像説明: 白いワイシャツの男性。

テロップ: ゼロ・サム コンテンツソリューション部 平松 将(ひらまつしょう) 部長

平松部長: 自動車メーカー様向けに、東南アジアとか中東とかそういう所の開発実績もありますので、どういうふうにアプリが動くのか、どういうところが問題になるのかというノウハウもありますので。

ナレーション: こうした経験があるからこそ、LOOPからの信頼も厚い。

映像説明: 手振りを交えて話す佐野COO(さの シーオーオー)。

佐野COO(さの シーオーオー): 今までは海外のベンダーで作ったシステムだったので、細かいところが非常に抜けているんですよ。そのへんはゼロ・サムさんはきめ細かくやっていただいてる。

映像説明: 男性にLOOPのスクーターの操作説明をしている平松部長。 ダッシュボードのタッチパネルに日本語や他言語の選択画面。

ナレーション: LOOPが開発したカナダ製のダッシュボードに、自社のナビゲーションシステムを組み込んだゼロ・サム。今後は、LOOPのネットワークを生かして、さらなるグローバル展開を目指したいと話す。

映像説明: インタビューを受ける平松部長。

平松部長: お互い共有しながら、ビジネスを進めていくことができれば結構いいパートナーシップを組めて、よりグローバルに展開できる可能性が広がっていくのかなというふうに思います。

場面4:スタジオ

スタジオの馬場キャスター: 日本(にほん)企業が持つ優れた技術やノウハウとLOOPの技術が融合した研究開発でしたね。

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい、まさに新しい化学反応が起きるように、日本にはまだ存在しないような新しい製品やサービスが生み出され、日本社会を変革するような取り組み、イノベーションが促進されていくことが期待できます。

馬場キャスター: 一方で、何か気をつけるべき点というのはありますか?

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい、これは外国企業に限ってということではありませんが、技術の流出などのリスクにも十分留意しながら、お互いにWin-Win(ウィン ウィン)の関係を築くことがポイントとなるかと思います。

馬場キャスター: 確かにビジネスはまず対等な関係で、お互いがより良く発展していくのが理想ですよね。

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい。

馬場キャスター: 今回ご紹介したような日本社会全体にプラスの効果をもたらす、対日投資の事例がこれからも増えていくといいですね。

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): はい。

馬場キャスター: 山田さん、本日はありがとうございました。

山田(ジェトロ 対日投資課 課長代理): ありがとうございました。

映像説明: お辞儀をする2人。

馬場キャスター: それでは、また次回をお楽しみに。

映像説明: 馬場キャスターがお辞儀をする。

動画視聴環境について
Internet Explorer 10,11(Edge)、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただしWindows7上でInternet Explorerをご利用の場合は、Adobe Flash Playerの最新版外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが必要です。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧頂けない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
番組DVDについて
ジェトロ・インターネット放送局にてオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)
ご希望の方はジェトロオンライン情報課映像メディア班(E-mail:CSD-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用下さい。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

テレビ番組「世界は今」は毎週水曜日・日曜日に日経CNBCで放送中です。

日経CNBC(CS放送)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
水曜日:20時50分~21時00分
日曜日:22時00分~22時10分(再放送)
※日経CNBCは、各種の放送サービスを通じて全国でご覧いただけます。

今後の放送予定

9月27日
テーマ:日本の自動化技術を世界へ ‐IoTの標準化でドイツと組む‐

10月4日
テーマ:ロシア市場をオール北海道で攻める ‐寒冷地ならではの産業で‐

10月11日
テーマ:安全保障貿易管理

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ・オンライン情報課 映像メディア班
TEL:03-3582-5219
E-mail:CSD-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。