1. サイトトップ
  2. テレビ番組「世界は今」
  3. これまでの番組
  4. ASEAN流イノベーション ‐連携の可能性を探る‐

ASEAN流イノベーション ‐連携の可能性を探る‐

放送日:2017年06月21日

成長著しいASEAN諸国で様々なイノベーションが起き、新たなビジネスが生まれている。背景には、若手経営者が台頭し、ベンチャーキャピタルの投資が急速に拡大していることがある。日本企業はそうした動きに関心を強めており、一方、ASEAN企業もまた日本市場に目を向けている。双方の企業には、どのようなビジネスチャンスがあるのか。日本のパートナーと連携し旅行サービスを拡大しようとするベトナムのベンチャー企業、そして、シンガポールをベースに携帯電話を使った貧困層向けの金融サービスの展開を計画する日本企業を取材した。

(9分33秒)

テキスト解説を読む

テキスト解説:視覚障害のある方のための文字おこしテキストです。

映像説明: ジェトログローバルアイオープニングタイトル 世界の様々な都市の映像が続き、やがていくつもの道のようになり、 立ち並ぶビルのイメージの間を通り抜け、地球に続く。 日本列島が輝き、光を放つ。 「世界は今ジェトログローバルアイ」

映像説明: スタジオ。木目調のテーブルに女性キャスターが座っている。ライトグレーのワンピース姿。

テロップ: 馬場 典子

馬場キャスター: 世界は今、ジェトログローバルアイ。 世界中でインターネットを使った新たなビジネスが生まれています。 先進国はもちろん、経済成長著しい東南アジアでも、若い経営者が台頭し、イノベーションが起きています。 こうした変化をとらえ、日本と東南アジアの企業が連携を図る動きを取材しました。

タイトル: ASEAN(アセアン)流(りゅう)イノベーション ―連携の可能性を探る―

場面1:ローカルツアー参加者

映像説明: 大きな川。対岸には赤い屋根の建物が連なっている。その向こうに緑が広がるエリア、さらに奥にはビル街がある。 四角の枠内に地図のイラスト。北側は中国、東側は海に隣接し、南北に細長い地形のベトナム。その南部に位置するホーチミン。

ナレーション: ベトナム南部の都市、かつてはサイゴンという名で知られたホーチミン市。

映像説明: 夜の街中。外国人女性が二人立っている。一人は黒髪ロング、白のカットソーに短パン姿。もう一人は栗色のロングヘア、Vネックシャツに短パン姿。

ナレーション: そこを訪れたのが、ヨーロッパから来た二人の観光客。

映像説明: 二人の女性観光客が、二人の女性ツアーガイドと話している。ツアーガイドはブルーのアオザイを着ている。

ナレーション: 彼女たちが参加したのが、地元の人が企画したツアーだ。

映像説明: ツアーガイドと観光客のペアがスクーターに二人乗りして、夜のショップが並ぶ通りを走っている。

テロップ: スクーターで市内を巡る

ナレーション: ベトナム庶民の足、スクーターで市内を巡る。

映像説明: 観光客とツアーガイドがオープンエアのレストランに入っていく。グリーンのシャツを着たレストランのスタッフが6、7人働いている。調理場にはいくつもの鍋やフライパンが置いてある。

ナレーション: さらに、路地裏にあるレストランへ。 地元でおいしいと有名な店だ。

映像説明: 調理スタッフが、お好み焼きの生地をフライパンで焼いている。 観光客たちのテーブルにベトナム風(ふう)お好み焼き。焼いた生地の上にたくさんのもやしや海老がのせられている。

テロップ: ベトナム風(ふう)お好み焼き(バインセオ)

ナレーション: ここの名物がベトナム風(ふう)のお好み焼き。 野菜を巻いて、タレにつけて食べる。

映像説明: ベトナム風(ふう)お好み焼きを食べ、笑顔の観光客たち。

Vネックシャツの女性観光客・英語: スパイシーだわ。

映像説明: 店の外。白いカットソーの女性観光客。

白いカットソーの女性観光客・英語吹き替え: 素晴らしい経験でした。バイクで回るなんてとってもクール。

映像説明: 観光客とツアーガイドが談笑している。ツアーガイドにお好み焼きの食べ方を教わる観光客。

ナレーション: 観光客と地元の人を結びつける。 世界に先駆けて、4年前にこうしたサービスを始めた企業がホーチミンにある。

場面2:ベトナム発のスタートアップの仕組み

映像説明: 住宅街。ブルーの門扉の片側が開かれている。 オフィス内。デスクワークしている10人ぐらいのスタッフ。壁一面に世界地図が描かれている。 パソコンで作業をしているスタッフ。床に猫が寝転んでいる。

テロップ: Triip.me(トリップ・ミー)

ナレーション: 日本企業と連携を模索しているベンチャー企業、トリップ・ミーだ。 スタッフは総勢15名、それと6匹の猫が暮らしている。

映像説明: 壁に貼られた写真に、おそろいのTシャツを着た男女が写っている。TシャツにはTriip.me(トリップ・ミー)のロゴマークがプリントされている。

ナレーション: 共同創業者の一人、ハーさん。

映像説明: イベント会場。写真の女性が、インタビューに答える。 髪をうしろでまとめ、赤いワンピースにパールのネックレスとピアスをつけている。

テロップ: Triip.me(トリップ・ミー) ハー・ラム 共同創業者

ハー・ラム共同創業者・英語吹き替え: 起業のきっかけは、10年前です。 学生時代にボランティアで外国人観光客の案内をしていました。 そこで地域のことを知ってもらい、地域経済に貢献することを考えました。

映像説明: パソコンにトリップ・ミーのホームページ画面。男性がパソコンを操作している。

テロップ: 誰でも独自のツアーを提案できる

ナレーション: トリップ・ミーのビジネスは、ポータルサイトに誰でも独自のツアーを提案できるもの。 興味を持つ観光客に販売する。手数料として、10%がトリップ・ミーに入る仕組みだ。

映像説明: ホームページにたくさんのツアー写真が表示されている。それぞれの写真には、場所や料金が英語で書かれている。

テロップ: 登録は100ヵ国以上

ナレーション: 登録されている国は次々に増え、今では100ヵ国以上。

映像説明: START‐UP INNOVATION AWARD(スタートアップ イノベーション アワード) U S $ 10000と書かれた表彰状。

ナレーション: 海外のコンペティションでも表彰されるなど、高い評価を受けた。

映像説明: ツアー写真が並んでいるホームページ画面。「国名選択」コマンドから「日本」を選択。日本国内のツアー写真がずらっと表示される。

ナレーション: 世界中の人々が、それぞれのローカルな旅を提案している。 もちろん、日本でも。 検索すれば色々なツアーが出てくる。

映像説明: マンションの外観と枝に咲いているピンクの花が写っている写真。写真の下にはYou cook yourself a special Japanese lunch!(ユー クック ユアセルフ ア スペシャル ジャパニーズ ランチ)の文字、ツアーの詳細が英語で書かれている。

テロップ: 日本の家庭料理を体験

ナレーション: こちらは、京都の主婦が提案したもの。 日本の家庭料理を教えてくれる。 値段は4時間で、36ドル。 使える言語は、英語と日本語。 4人まで参加が可能だ。

映像説明: ブルーのアオザイを着た女性が、電話をしている。

テロップ: ツアーの提案者 ロアン・ヴォさん

ナレーション: 先ほど、ホーチミンを巡るツアーを行っていたロアンさん。

映像説明: 観光客を乗せ、スクーターで夜の街を走る。

ナレーション: 空いている時間を活かして、自分が暮らす街を自分のスクーターを使って案内している。

映像説明: ロアン・ヴォさん。隣で同じブルーのアオザイを着た黒髪ロングの女性が笑顔で手を振っている。

ロアン・ヴォさん・ベトナム語吹き替え: トリップ・ミーは、世界中の人とつながる架け橋です。 彼女のような学生でも、ツアーを企画できます。

映像説明: トリップ・ミーのオフィス。パソコンで作業しているスタッフ。 昼の繁華街。車やバイクが行き交っている。

テロップ: ASEAN(アセアン)流イノベーション

ナレーション: こうした東南アジアで起きるASEAN(アセアン)流のイノベーション。 日本の経済成長にも結びつけることができるのか? 大きな枠組みが動き出していた。

場面3:フォーラム

映像説明: 整然と机が並んでいるフォーラム会場。演説している男性の話を、大勢の人々が聞いている。

テロップ: 2017年4月7日 ASEAN-JAPAN Open Innovation Forum(アセアン-ジャパン オープン・イノベーション・フォーラム) 東京都渋谷区

ナレーション: 今年4月、東京の渋谷。 新しく生まれる産業分野で、日本とASEAN(アセアン)の企業連携を促進するためフォーラムが開かれた。

映像説明: 円の中にASEAN-Japan Innovation Network(アセアン-ジャパン イノベーション ネットワーク)の文字。文字の下にASEAN(アセアン)のマークと日本の国旗が並んでいる。 スーツ姿の男性たちが舞台上に並んで写真撮影。中央の男性二人が覚書を見せている。

テロップ: 日(にち)ASEAN(アセアン)イノベーションネットワーク 協力覚書の署名式

ナレーション: ASEAN(アセアン)各国から経済担当大臣が集結し、新産業分野で協力していくことが宣言された。

映像説明: フォーラム会場で演説をする髭の男性。白いシャツに黒のジャケット姿。

テロップ: サイバーエージェント・ベンチャーズ ジャカルタオフィス 鈴木 隆宏(すずき たかひろ)代表

ナレーション: ベンチャーキャピタルの代表は東南アジアの変化に目を向ける必要があると話す。

鈴木 隆宏(すずき たかひろ)代表: まだまだ東南アジアのマーケットって小さいと思われている方(かた)も多いと思うんですけども、実はですね、VC(ブイシー)投資っていう領域においてはですね、日本より東南アジアの方がはるかに進んでいる状態になっています。 東南アジアはすでに日本の倍以上の投資金額が集まっている状態になっております。

場面4:マッチングイベント

映像説明: マッチングイベント会場。各企業パネルの前にテーブルが並んでいる。大勢の人たちが企業ブースを見てまわったり、テーブルで商談したりしている。

テロップ: ASEAN(アセアン)企業とのマッチングイベント

ナレーション: フォーラムに併せて行われた、企業同士のマッチング。

映像説明: スーツの男性と話しているハー・ラム共同創業者。会場で演説をするハー・ラム共同創業者。

テロップ: Triip.me(トリップ・ミー) ハー・ラム 共同創業者

ナレーション: あのトリップ・ミーの経営者の姿も。 事業を拡大させるため、日本企業との連携を模索している。 ポータルサイトの多言語化や収益の向上など改善点がある。

映像説明: マッチング会場。インタビューに答えるハー・共同創業者。トリップ・ミーのバッジを左胸につけている。

テロップ: Triip.me(トリップ・ミー) ハー・ラム 共同創業者

ハー・ラム共同創業者・英語吹き替え: 日本のIT(アイティー)企業と業務提携することを決めました。 トリップ・ミーの日本法人を作ってもらいたいです。 私たちの共通の目的は、日本の方(かた)により幸せな旅を提供することです。

映像説明: ハー・ラム共同創業者の隣に顎髭(あごひげ)の男性。白いシャツに黒のジャケット姿。左胸にトリップ・ミーのバッジ。

テロップ: ガイアックス グローバル 石川 潤(いしかわ じゅん)取締役

ナレーション: 提携したのが日本でソーシャルメディアの開発を手掛けるIT(アイティー)企業。 それぞれの長所を活かすことが大切だ、と話す。

石川 潤(いしかわ じゅん)取締役: 今のサービスってまだまだ発展する余地がありまして、ここの製品の開発っていうのがまだまだ必要だと思っておりますので、一社一社はいろんな場所でいろんな強みを持ってやっているので、そこの会社さんと組むってやり方が一番重要なポイントかなと。

映像説明: 各企業ブースのテーブルで商談が行われている。

テロップ: 出展企業 ASEAN(アセアン):39社 日本:15社

ナレーション: マッチングの会場には、ASEAN(アセアン)からスタートアップ企業を中心に39社。 日本から15社が出展した。 それぞれがお互いの市場に関心を持っている。

場面5:参加企業1 インドネシアの宅配ボックス

映像説明: フォーラム会場で演説をする黒髪・眼鏡の男性。グレーのシャツに黒のジャケット姿。 マッチングイベント会場・ポップボックスのブースで眼鏡の男性が説明している。

テロップ: PopBox Asia Services(ポップボックス・アジア・サービシーズ) インドネシアの宅配ボックス

ナレーション: こちらはインドネシアの宅配ボックスの会社。 すでに、インドネシアでは200ヵ所以上に設置し、さらに数を増やす計画だ。

映像説明: ポップボックスのブース前でインタビューに答える眼鏡の男性。

テロップ: PopBox Asia Services(ポップボックス・アジア・サービシーズ) エイドリアン・リム 社長

エイドリアン・リム社長・英語吹き替え: 日本は、宅配の輸送面で課題があると聞いています。 まずは調査が必要ですが、日本の市場には興味を持っています。

場面6:参加企業2 日本のグローバルニッチ

映像説明: マッチングイベント会場。タブレットやモニターが並んでいるテーブル。その前を白いホームロボットがゆっくりと自走している。 オフィス内。机に置かれた白いホームロボット。スマホの操作で高さおよそ40から80センチメートルの投影形態へ変形し、本体上部のプロジェクターが光を放つ。

テロップ: Cerevo(セレボ) ネット家電の製造・販売

ナレーション: 一方、こちらは日本のベンチャー企業。 ユニークな家電を製造している。 ASEAN(アセアン)市場に向けて、ベトナムに進出するという。

映像説明: マッチングイベント会場。黒髪の女性。ブルーのCEREVO(セレボ)のロゴ入りTシャツ姿。

テロップ: Cerevo(セレボ) 金谷 聡美(かなや さとみ)さん

金谷 聡美(かなや さとみ)さん: 5月からベトナムに駐在する予定なんですけども、ASEAN(アセアン)全体の販路の開拓を目指している。

場面7:参加企業3 日本のフィンテック イベント会場

映像説明: マッチングイベント会場・ブースの前。名刺交換をしている背の高い男性。 外国人男性やジャケットを着た女性と話をしている。

テロップ: ドレミング 給与決済システムの開発

ナレーション: 海外の政府や企業と連携を深めたいと考えているのが、金融サービスを活用し、貧困問題の解決を図るドレミングだ。 イベントでも多くの引き合いがあった。

映像説明: 背の高い男性。黒のスーツにストライプのワイシャツ、ネクタイを締めている。

テロップ: ドレミング 桑原 広充(くわはら ひろみつ)社長

桑原 広充(くわはら ひろみつ)社長: たとえばミャンマーとかですね、カンボジアの方(かた)からニーズは確実に必ずあるというお話はいただいています。

場面8:ドレミング 説明

映像説明: 福岡の街並み。大きな川にかかる橋の向こうに、オフィス街が見える。

テロップ: 福岡市中央区

ナレーション: ドレミングは福岡にある。

映像説明: ドレミングのオフィス内。30人ぐらいの人たちがデスクワークをしている。

テロップ: FinTech(フィンテック) Finance(ファイナンス) + Technology(テクノロジー)

ナレーション: 扱っているのは、今、話題のフィンテック。 ファイナンスとテクノロジーを合わせた造語だ。

映像説明: スマホを片手にパソコンで給与管理システムを開発している男性。桑原(くわはら)社長が開発担当の男性のパソコン画面を見ている。

テロップ: 銀行口座を持たない人に金融サービスを提供

ナレーション: 給与管理システムを活用して、銀行口座を持たない人に金融サービスを提供する。 そのシステムを現在、開発中だ。

映像説明: オフィスで働く外国人男性。ドアの横に置かれたタブレットに、外国人男性がカードをかざし退勤時刻を記録する。パソコンの給与管理システムで操作された情報が、スマホに送られる。スマホの画面には給与残高が表示される。お店で買い物をする外国人男性。スマホで会計をすると、給与残高から買い物した金額が引かれた金額が表示される。 オフィスでスマホを片手に説明をしている男性や別の男性と話している桑原(くわはら)社長。

テロップ: 企業:計算された給与データを送付 従業員:給与を担保に携帯電話で買い物

ナレーション: こちらがその仕組み。 出退勤に合わせて、1日の給与が計算される。 企業は、その情報を従業員の携帯電話に送る。 従業員は、働いた給料を担保に携帯電話で買い物ができる、というもの。 金融サービスを受けられない人のため、すでに、海外の政府機関とも連携が行われている。

場面9:力を入れる海外との連携

映像説明: イギリス・ロンドンにある超高層ビル。 3人の男性が笑顔で写っている写真。

テロップ: 2016年2月 英国法人を設立

ナレーション: 昨年、ロンドンのビジネスセンターに事務所を構えた。 銀行口座を持てない移民への対策として、イギリスの政府機関から進出を打診されたのだ。

映像説明: シンガポールのオフィス。パソコンで作業している桑原(くわはら)社長。

テロップ: 2017年7月 シンガポール法人を設立予定

ナレーション: さらに、今年の7月にはアジア事業の拠点として、シンガポール法人を作る。

映像説明: 桑原(くわはら)社長。

桑原(くわはら)社長: 一番シンガポールが、利があるというか、投資家の方(かた)も多いですし、金融のインフラもしっかりしているっていうところですね。

映像説明: オフィス内。スーツを着た二人の男性と桑原(くわはら)社長が商談している。

ナレーション: この日、メガバンクの海外担当者が訪ねてきた。 海外の状況について、詳細な情報を提供してくれる。

桑原(くわはら)社長: これから進出していく中では、インドとかですね、インドネシアとかですね、そういうところに注力をしているので…。

ナレーション: 大手金融機関も、大きな影響をもたらすフィンテックの動向を気にしており、業務提携の話もある。

映像説明: オフィス内。桑原(くわはら)社長。

桑原(くわはら)社長: 今日もこの後また、別の金融機関の方(かた)がお見えになる予定です。 どちらかというと融資というよりは、一緒にビジネスモデルを構築できないかというお話をいただいているところが一番多いですね。

映像説明: 商談している桑原(くわはら)社長。

ナレーション: ベンチャー企業が事業を軌道に乗せるには、政府機関や民間企業との連携が不可欠だ。 そうした関係を築き金融サービスを受けられない人のために早くサービスを提供したいと話す。

映像説明: オフィス内。桑原(くわはら)社長。

桑原(くわはら)社長: いち早くその金融のサービスが受けられない人達のために(システムを)提供したいっていうのが、自分たちの思いでもありますね。

スタジオの馬場キャスター: 新興国では社会基盤の整備はこれからです。 つまり言い換えれば、急速な変化が起こるということです。 新興国で起こるイノベーションに目を向けておく必要がありそうです。 それではまた次回をお楽しみに。

映像説明: 馬場キャスターがお辞儀をする。

動画視聴環境について
Internet Explorer 10,11(Edge)、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただしWindows7上でInternet Explorerをご利用の場合は、Adobe Flash Playerの最新版外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが必要です。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧頂けない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
番組DVDについて
ジェトロ・インターネット放送局にてオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)
ご希望の方はジェトロオンライン情報課映像メディア班(E-mail:CSD-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用下さい。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

テレビ番組「世界は今」は毎週水曜日・日曜日に日経CNBCで放送中です。

日経CNBC(CS放送)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
水曜日:20時50分~21時00分
日曜日:22時00分~22時10分(再放送)
※日経CNBCは、各種の放送サービスを通じて全国でご覧いただけます。

今後の放送予定

12月13日
テーマ:海外の目利きに愛される日本のデザイン雑貨

12月20日
テーマ:バルセロナが目指すスマートな街づくり ‐連携で挑む新たな市場‐

12月27日
テーマ:注目される国・地域からの経済リポート ‐インド・グジャラート州・モザンビーク・アルゼンチン‐

関連情報

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ・オンライン情報課 映像メディア班
TEL:03-3582-5219
E-mail:CSD-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。