海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English


有限会社 プロアイズ

 
海外取引の実務経験とネットワークを活かし、ワンストップサービスを提供

 


代表取締役 吉冨 成一  氏

  <事業内容>

    貿易取引コンサルティング、貿易業務代行、連絡業務・資料等の翻訳
 
  <TTPPビジネスタイプ>

    業務支援
 

     この企業のビジネス案件はこちら


商流と物流の構築で、効率的・経済的な貿易取引を提案
  

吉冨氏は大学時には貿易の基礎を学び、会社勤務(中堅総合商社、顔料メーカー、精密機械部品通販商社)の36年間も一貫して輸出入ビジネスに携わり、多様な海外取引を経験しました。これまでの実務経験とネットワークを活かし、海外取引のワンストップ支援サービスを提供するため、2004年11月に(有)プロアイズを設立しました。
  
海外取引の実務では、売買に関する交渉・契約・決済などの“商流”と、取引された物の輸送・通関・配送などの“物流”をいかに効率的かつ経済的に追求することが大事です。同氏の業務は、商流・物流を加味した総合的な貿易取引のコンサルティングで、お客様のご要望で輸出入手続きの代行や貿易業務の翻訳にも対応します。同氏の強みはフォワーダー(運送代理人:海運貨物取扱業者、通関代行業者、船積み・陸揚代行業者、国際複合運送一貫業者など)や輸送業者(海上輸送、航空輸送、小口輸送など)等10社とのネットワークです。これら10社(パートナー)はグローバルにビジネス展開する日系・外資系企業で、同氏はコスト・速さ・サービスの観点から、適宜最適なパートナーをコーディネートすることができます。
   
同氏が在籍していた商社がジェトロメンバーだったので、TTPPを立ち上げ当初から見ており、独立して早々、顧客開拓のためTTPPに案件を登録しました。登録当初から、反応が良いので、他のサイトは使っていません。
  

   
                      
貿易取引の商流から物流までのあらゆるニーズをワンストップで解決します

  
海外取引支援サービスのポイントはリスク回避とネットワークの構築

'05年7月現在、TTPP と同社のウェブサイトからの問い合わせは合計で月100件程、うち約10%がTTPP の自動マッチングからの引合です。案件登録当初は海外からの依頼が多かったのですが、'05年3月に『日本企業向け海外ビジネス支援(日本語版のみ)』特集で同氏の案件が紹介されるようになってからは、日本からの引合も増えています。
   
海外からの依頼では、アルゼンチンのバッグメーカーから日本の販売パートナー探しを依頼され、’04年12月に訪日した国際部長と面談し、市場開拓調査と輸入サプライチェーン構築業務の請け負いを長期契約で締結しました。’05年4月には韓国IT企業の日本進出支援を請け負いました。いずれも成功報酬ベースですが、事前の調査やマーケティング準備に関わる初期コストは、交渉で双方が負担することにしています。
   
日本からの依頼では、日本酒の定期的な輸出で、20フィートの冷凍コンテナ輸送での定温輸送物流手配を請け負いました。
   
海外取引はリスクが非常に大きいので、リスク回避のためにも、吉冨氏はもちろんクライアントもできるだけ取引相手と会うようにしています。特に注意しなければならないのは、初期の取引は問題ないので、継続取引にすると、リスク管理が甘くなることです。同氏は輸出入実務や貿易用語を解説するメール配信を月2回配信しています。意外なことですが、フォワーダーの若手社員が貿易に関する知識がなく、教えて欲しいと言われることから、配信を始めました。現在、配信先はクライアント、パートナー、貿易保険会社で、ネットワークの拡大に役立っています。

  


TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起