海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

有限会社 アプリック

 
Challenge、Fair、Flexibleをモットーに、世界のベンチャー企業を支援
 


代表取締役 小林 英俊 氏

  <事業内容>
    ビジネスマッチング、貿易・駐在員業務代行、経営・販売コンサルティング

 

  <TTPPビジネスタイプ>

    業務支援
 
   この企業のビジネス案件はこちら


  

新製品、新サービス、発明・特許に着目し、ビジネスマッチングサービスを提供

小林氏は日本の大手ITシステム会社の国際部に在籍し、ロンドンとフランクフルトの両都市にそれぞれ2年間駐在していました。1994年、帰国の辞令を機に退社し、欧州進出の日系企業向けにマーケットコンサルティングを提供するため、ドイツで会社を設立。'96年、“新たな技術、市場、情報”の視点で、グローバルビジネスを志す日本のベンチャー企業向けに、欧州駐在員代行サービスを開始。さらに、'98年、日本企業に限らず世界のベンチャー企業を支援するため、同氏自身の活動拠点を日本に移す一方、ドイツ、英国、シンガポール、米国の企業と相次いで業務提携し、ワールドワイドなネットワークを構築しています。現在、欧米、アジアを中心に海外提携先は約20社を数えます。
    
現在、ベンチャー企業を対象に、販路紹介、代理店発掘、イベント企画、日本・アジアの駐在員代行サービスのほか、世界各地の新製品、新サービス、発明・特許等の紹介、商品・企業・価格調査等の依頼も受けています。 同氏はchallenge、fair、flexibleをモットーに、自らは貿易業をやらず、ビジネスマッチングの成功報酬や、駐在員業務の月額報酬で、支援サービスを提供しています。
   
TTPPを知ったのは、シドニーで貿易コンサルタントをしている友人から紹介されました。友人はかつて日本の大手商社マンで、ジェトロ・シドニーの貿易アドバイザーを勤めたこともある方です。小林氏はTTPP のビジネス案件をみて、TTPPが中小・零細企業や起業家を支援するツールと確信し、業務支援の案件を登録しました。 
   

  
コンタクトメールの返事と面談で、広がるビジネスチャンス

小林氏はTTPP のほかにも、異業種交流やB2Bサイトを利用していますが、TTPPは知る人ぞ知る便利なツールで、ネットワーク作りや事業広告に活用しています。TTPPは無料で利用できるビジネス掲示板であることから、登録案件は玉石混交の感がありますが、インターネットでは当たり前のことです。また、ここには潜在的なお客様がいる一方で、競争相手もいるのです。同業他社でも情報交換、連携協力の余地はあり、このような機会を期待しています。
   
小林氏が’03年12月に案件を登録して早々、海外から栄養補助食品に関する日本の法規やその手続きを知っているか否かの問い合わせを受けました。同氏は基礎的事項や手続きノウハウを調査・確認した上で、数回のEメールや電話で情報提供しているうちに、対日輸出支援の依頼をスポットで受けました。現在、日本にはないユニークな商品の販路開拓案件を数多く抱えています。
      

クロアチア製の天然石使用 電熱ヒーター(右下)

日本製の汚泥造粒装置

       
同氏はほとんどのコンタクトメールに返事をするし、返事も来ます。4件のうち3件が取引条件が合わない、あるいは先方からの連絡が途絶えたりで、商談までいくのは年間に200件のうち50件位、さらに成約までいくのは1,000件のうち3件位です。それ故、ビジネス案件発掘が重要なのです。同氏は海外のパートナーや顧客との打ち合わせのため、2カ月に1回の頻度で海外に出かけ、新規顧客の場合でも可能な限り面談をするようにしています。
 
 


TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起