JETRO・TTPP 廃棄物処理・再資源化(環境技術・調査報告書)

PDF版

閉じる

表1-1.産業廃棄物の分類

区分 種 類 具体例
あらゆる事業活動から発生するもの 1 燃えがら 石炭灰、焼却灰、活性炭、焼却炉の残灰等の各種焼却かす
2 汚泥 排水処理の汚泥、建設汚泥等の各種泥状物
3 廃油 グリス(潤滑油)、大豆油等、鉱物性・動植物性を問わず、全ての廃油
4 廃酸 灰写真定着液等、有機性・無機性を問わず、全ての酸性廃液
5 廃アルカリ 廃写真現像液、廃金属石けん液等、固形・液状を問わず、全てのアルカリ性廃液
6 廃プラスチック類 発砲スチロールくず、合成繊維くず、固形・液状を問わず、全ての合成高分子化合物(合成ゴムを含む)
7 ゴムくず 天然ゴムくず(注:合成ゴムは廃プラスチック類)
8 金属くず 鉄くず、アルミ屑等、不要となった金属、金属の研磨くず、切削くずなど
9 ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず 板ガラス、耐火レンガくず、石膏ボード、コンクリート製品製造工程からのコンクリートくず等
10 鉱さい 鋳物砂、サンドブラストの廃砂、不良石炭、各種溶鉱炉かす等
11 がれき類 工作物の新築、改築、除去に伴って生じたコンクリートの破片、レンガの破片等
12 ばいじん 大気汚染防止法のばい煙発生施設、または産業廃棄物焼却施設の集じん施設によって集められたばいじん
排出する業種が限定されるもの 13 紙くず 次の業種からの紙くずに限る。
建設業(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業及び印刷物加工業
14 木くず 次の業種からの木くず、おがくず、パーク類等に限る。
建設業(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、木材または木製品製造業(家具製造業)、パルプ製造業、輸入木材卸売業
15 繊維くず 次の業種からの天然繊維くずに限る。
建設業(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業
16 動物系固形不要物 と畜場で解体等をした獣畜や、食鳥処理場で食鳥処理した食鳥に係る固形状の不要物
17 動植物性残さ 食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業で原料として使用した動物や食物に係る不要物。魚や獣のあら、醸造かす、発酵かす等
18 動物のふん尿 畜産農業から排出される牛、馬、めん羊、鶏等のふん尿
19 動物の死体 畜産農業から排出される牛、馬、めん羊、鶏等の死体
20 13号廃棄物 汚泥等のコンクリート固化物等、上記1〜19の産業廃棄物を処分するために処理したもので、上記1〜19に該当しないもの

※「13号廃棄物」とは、廃棄物処理法施行令第2条第13号に規定する産業廃棄物であることから、一般に呼ばれている名称である。