海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

精密部品のCNC旋盤加工を引き受けます(日本限定)

案件番号 : 1169582       生産・加工を引き受けたい
日付 登録日:Nov 05, 2020   更新日:Nov 05, 2020
国/地域 日本 東京都
分類 3102 写真機・映画用機器、複写機、同関連品
2802 ねじ、リベット、締結部品等(ボルト、ナット、ワッシャー、ファスナー等含む)
3119 その他の精密機器・科学機器
相手の交流希望地 日本

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

精密部品のCNC旋盤加工を引き受けます(日本限定)

<< 内容 >>
東京都八王子市にてCNC旋盤加工を引き受けます。
CNC旋盤加工で大量生産したいお客様を探しています。

【生産・加工する商品概要】
自動車、電子機器、医療機器などの精密小型部品製造。

- 東京都八王子市にて精密小型金属部品の製造
- 0.003以下の誤差で複合CNC旋盤機械加工を提供
- 最大ロッド径:16mm
- 対応材質:ステンレス(SUS)、アルミニウム(Al)、銅、真鍮/黄銅(POM)等

製造国:日本
積地港:横浜

【生産体制】
大量の機械加工が可能です。
現在、スイス型CNC旋盤オートバー付き(1台)を所有。最大ロッド径16mm。

【サービスの特徴】
年中無休で機械を運転させる予定です。
旋削加工、穴あけ加工、溝入れ加工等。

【ビジネス実績】
日本(東京都八王子)

Production of Precision Parts in CNC Lathe (For Japan only)

<< DESCRIPTION >>
We provide cnc lathe machining services in Tokyo, Hachioji.
I am looking customers who can give mass production in cnc lathe machining.

** Production/Processing Outline
Manufacturing small precession parts of automobil, electronics, hospila items.

- Doing manufacturer of small precision metal parts in Tokyo, hachioji
- Provide complex cnc lathe machining in tolerance up to 0.003
- Maximum rod diameter 16mm
- Machining all kind of materials like sus, Al, copper, brass POM, etc.

Country of Origin: Japan
Port of Loading: Yokohama

** Production System
Can possible machining mass quanty.
At present have one CNC lathe with autobar.(Swiz CNC lathe machine) maximum Rod diameter 16 mm.

** Features of Your Service
Planing to run the machine 24 hr x 7 days.
Metal turning, drilling grooving ect.

** Business Results
Japan (Hachioji, Tokyo)

法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起