海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

マイクロ水力発電システムの提供

案件番号 : 1169148       技術・ノウハウを提供したい
日付 登録日:Sep 18, 2020   更新日:Sep 18, 2020
国/地域 日本 三重県
分類 8405 再資源化・リサイクル
8500 省エネ技術
2301 蒸気発生ボイラー・タービン等
相手の交流希望地 全世界

拡大

案件画像1
小さな水のエネルギーを利用したマイクロ水力発電

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

マイクロ水力発電システムの提供

<< 内容 >>
【技術概要】
弊社では小さな水のエネルギーを利用したマイクロ水力発電の開発をしております。「マイクロ水力発電」とは、一般河川、農業用水、砂防ダム、上下水道などで利用される水のエネルギーを利用し、水車を回すことで発電する方法です。「マイクロ水力発電」について厳密な定義はありませんが、出力10,000kW〜30,000kW以下を「中小水力発電」と呼ぶことが多く、出力1,000kW以下の比較的小規模な発電設備を総称して「小水力発電」と呼びます。出力100kw以下を「マイクロ水力発電」と呼びます。

【応用分野】
弊社は、工場排水を活かしてマイクロ水力発電事業を2018年に開始しました。マイクロ水力発電が普及することにより、小型発電所が分散して設置されるため、災害時には非常用電源となります。また送電線が引けないような発展途上国でも少量の水で電気を灯すことができるように開発を続けております。その他にも温泉地や病院などへの導入も進めています。

【提供先に求める条件】
設置場所:工場、ビルなど各施設の排水・循環水
使用目的:自家消費として照明や動力源に使用、売電して収入を得る、EVの充電に使用など。

* 発電量計算
想定発電量(kw) = 流量(立米/s) x 重力加速度9.8m/s2 x 有効落差(m) x 最高発電効率86% x 稼働率(%)
※有効落差は上流水位と水車中心の差となります。
※発電効率は水車効率と発電機効率を指し、弊社のマイクロ水力発電は最高86%となります。(現場によって前後がございます)
※稼働率は24時間稼働の場合100%となり、1日のうちで12時間しか稼働しない場合は50%となります。

* 製品仕様
サイズ: 幅280 x 奥行280 x 高さ560o(発電機含む)
タイプ:フランシス水車
発電出力:0.5〜2.2kw
想定流量:5〜25L/s
流速:2〜8m/s
水車回転数:450〜1200rpm
有効落差:4〜24m
材質:S25C、FC200
配管径:Φ65、Φ70、Φ80、Φ100、Φ120等

* 導入までの流れ
計画策定
-候補地選定
-流量、有効落差データ調査
-使用電力調査
-権利関係調査
-概略図面、費用作成・
収支シミュレーション
事業モデル、維持管理の選定

資金調達
-金融機関打合せ
-補助金申請

工事着工
-機器据付
-配管
-電気設備
-試運転

運転開始

保守・維持管理
-メンテナンス
-定期点検

Micro Hydro Power Generation System

<< DESCRIPTION >>
** Technology Outline
We ares developing a micro hydroelectric power generation that uses small water energy. Micro hydro power generation refers to general rivers, agricultural water, sabo dams, water and sewer systems, etc. It is a method that uses the energy of the water used to generate electricity by turning a water wheel. There is no strict definition for "micro hydropower", Outputs of 10,000 kW to 30,000 kW or less are often referred to as "small and medium-scale hydro power generation," A generic term for relatively small-scale power generation facilities with an output of 1,000 kW or less It is called "small hydro power generation". Output less than 100kw is called "micro hydro power generation".

** Examples of Your Technology Adoptions
Our company started a micro-hydropower business in 2018 by utilizing factory wastewater. Due to the widespread use of micro-hydroelectric power generation, small power plants will be installed in a distributed manner, and will be an emergency power source in the event of a disaster. In developing countries where power lines cannot be drawn, we are continuing development so that we can light electricity with a small amount of water. In addition, we are promoting the introduction to hot spring areas and hospitals.

** Partner Qualifications
Place of installation: Drainage/circulation water of each facility such as factories and buildings
Purpose of use: Used for lighting and power sources for personal consumption, earning income by selling power, and used for charging EVs.

* Product specifications
Size: width 280 x depth 280 x height 560 mm (including generator)
Type: Francis turbine
Power generation output: 0.5-2.2kw
Assumed flow rate: 5-25 L/s
Flow velocity: 2-8m/s
Turbine rotation speed: 450-1200 rpm
Effective head: 4-24m
Material: S25C, FC200
Pipe diameter: 60, 70, 80, 100, 120, etc.

特許  
法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


この法人・担当者が登録している案件   (全2件)
製造業向け中古機械

製造業向け中古機械

商品・部品を売りたい

三重県, 日本

May 13, 2016 登録Jul 27, 2020 更新

コンタクトメール受信数:25

戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起