海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

パーム椰子殻(PKS)

案件番号 : 1168700       商品・部品を売りたい
日付 登録日:Aug 03, 2020   更新日:Nov 09, 2020
国/地域 インドネシア ジャカルタ首都特別
分類 1009 その他木製品・木材加工品(炭、灰、木材チップ、他)
相手の交流希望地 全世界

拡大

案件画像1

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

パーム椰子殻(PKS)

<< 内容 >>
インドネシア産パーム椰子殻(PKS)を販売します。

*商品概要
パーム椰子殻(PKS)
生産地:スマトラ(インドネシア)
積地港:ベラワン(インドネシア)
認証:第三者認証(Suconfindo、SCCI、Surveyor Indonesia, Carsurin)、その他バイヤーの希望に対応可
仕様:水分20%未満、 異物1%未満、灰分5%未満
弊社役割:工業団地Kawasan Industri Medan IIにて製造、保管
生産能力:60トン/時間(バイブレーションスクリーン・マグネットセパレーター 使用)
保管能力:10.000〜12.000トン
出荷:5.000トン以上
弊社の出荷能力は、20.000〜 24.000トン/月です。
設備・ストックパイルの写真や動画および分析結果等をご覧になりたい場合、どうぞご連絡ください。

<< 参考価格 >>
契約による

<< 決済条件 >>
L/C

<< 最少受発注量 >>
5.000トン


Palm Kernel Shell

<< FEATURES & CHARACTERISTICS >>
Selling Palm Kernel Shell Export From Indonesia

** Product Outline
Palm Kernel Shell
Origin : Sumatra, Indonesian
Port : Belawan, North Sumatra
Certification : Third Party Certification form Sucofindo, SCCI, Surveyor Indonesia, Carsurin and also with buyer request
Specification : Moisture below 20%, Foreign Matter below 1% and Ash below 5%
Role : Manufacture, stockpile at Kawasan Industri Medan II
Production capacity : 60 metric ton / hour with vibrating screen and magnetic separator
Stockpile Capacity : 10.000 - 12.000 metric ton
Shipment : minimum 5.000 metric ton
Our shipment capability is around 20.000 - 24.000 metric ton each month.
Please contact us if you wish to see more photos or videos.

<< PRICE REFERENCE >>
Based on agreement

<< PAYMENT TERMS >>
L/C

<< MINIMUM ORDER QUANTITY >>
5.000 metric ton

商品・部品の状態
個人からの注文
最短納期 2週間以内
貿易条件 本船渡 (FOB)
法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起