海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

銅バルブ、銅水道メーターケースのOEM加工を請け負います

案件番号 : 1167842       生産・加工を引き受けたい
日付 登録日:May 07, 2020   更新日:May 07, 2020
国/地域 中国 上海市
分類 2202 非鉄金属製の構造物、タンク、ケーブル、ワイヤー、チェーン等
相手の交流希望地 全世界

拡大

案件画像1
銅バルブ見本1

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

銅バルブ、銅水道メーターケースのOEM加工を請け負います

<< 内容 >>
銅バルブ、銅水道メーターケースのOEM加工を請け負います。
弊社は中国にある銅製品工場です。バルブ弁体および水道メーターケース各種を製造して、日本のバルブや水道メーター工場とのOEM協力を目指しています。
日本市場の業務代理店も求めています。

【生産・加工する商品概要】
1. 銅バルブ弁体
2. 水道メーターのケース

-生産/製造国:中国
-積地港:寧波港
-最小受発注量:100個

【生産体制】
品質保証:ISO9001、ISO14001、IATF16949、日本の東久全自動造型機を採用して、米国の法迪爾克の自動砂の処理線、極めて生産効率と製品の品質を高めて、生産能力を拡大して、お客様の需要を満たします。

【サービスの特徴】
納期は三十日間、最小ロットは10pcs

【ビジネス実績】
国際有名ブランドの中国工場に 銅材とバルブと水道メーターなど銅製品を提供しています。

OEM Production of Copper Valve and Water Meter Body

<< DESCRIPTION >>
We are looking for the OEM cooperation by providing valve body and various water meter case to Japan.
We also request a business agency in the Japanese market.

** Production/Processing Outline
1. valve body
2. water meter case

- Country of Origin: China
- Port of Loading: Ningbo Port
- Minimum Order Quantity: 100pcs

** Production System
Quality assurance: ISO9001, ISO14001, IATF 16949, and the higashimutsu automatic construction machine of Japan are adopted, and the processing line of the automatic sand of the law and the productive effect in U.S.A. Increase your rate and product quality, expand production capacity and meet your needs.

** Features of Your Service
Delivery time is 30 days, the smallest lot is 10pcs.

** Business Results
Copper products, such as copper material, valves and water meter, are offered to Chinese factory of famous brand in the world.

法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起