海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

電気計器用ピボット(毎月500万本製造可)

案件番号 : 1124044       商品・部品を売りたい
日付 登録日:Apr 27, 2011   更新日:Apr 27, 2011
国/地域 日本 茨城県
分類 2801 機械要素(軸受、歯車、クラッチ、ベルト・チェーン、変速装置、ばね、ハンドル、機構部品、油圧・空気圧機器、継手・カップリング、シール、ディスペンサー、アクチュエーター、他)
3110 計量機器・同関連品
相手の交流希望地 全世界

拡大

案件画像1
AGK ピボット

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

電気計器用ピボット(毎月500万本製造可)

<< 内容 >>
電気計器用のピボットを提供します。

弊社は電気計器用ピボットメーカーの老舗です。40年間の技術の構築はAGKブランドと呼ばれ、世界基準の品質で他社追従を叶わないものにしています。


【生産/出荷能力(生産設備含む)】
500万本/月 自社製生産設備

【生産/販売実績(ターゲットの国・地域、業種・分野等)】
台湾、中国、インドへの輸出90%、日本国内販売10%

興味をお持ちの方はお気軽にお問合せください。
弊社ウェブサイトもご覧ください。

<< 決済条件 >>
T/T

<< 最小受発注量 >>
応相談

<< 画像説明1 >>
AGK ピボット


Pivot of electric meter

<< FEATURES & CHARACTERISTICS >>
We are the long-established store of the only pivot maker in Japan. The 40-year technical construction is called AGK brand and makes other companies flattery the one which does not come true with world's excellent quality.

** Production/Delivery Capability (incl. production equipment) **
5,000,000pcs./month
Facilities made in the company

** Production/Sales Results **
Taiwan, China, export 90% to India, sale 10% in Japan.

For more details, please feel free to contact us.
Please visit our website as well.

<< PAYMENT TERMS >>
T/T

<< MINIMUM ORDER QUANTITY >>
negotiable

<< CAPTION1 >>
AGK pivot

商品・部品の状態 受注生産可
個人からの注文  
最短納期 4週間以内
貿易条件 本船渡 (FOB)
法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


この法人・担当者が登録している案件   (全3件)
工業用ダイヤモンドバー(受注生産可)

工業用ダイヤモンドバー(受注生産可)

商品・部品を売りたい

茨城県, 日本

Dec 22, 2010 登録Dec 22, 2010 更新

コンタクトメール受信数:2

歯科用ダイヤモンドバー、超音波スケーラーチップ

歯科用ダイヤモンドバー、超音波スケーラーチップ

商品・部品を売りたい

茨城県, 日本

Dec 14, 2010 登録Dec 21, 2010 更新

コンタクトメール受信数:3

戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起