海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

ラップアップマシン(フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置)

案件番号 : 1121862       商品・部品を売りたい
日付 登録日:Jan 07, 2011   更新日:Jan 21, 2021
国/地域 日本 神奈川県
分類 2501 金属加工機械・同部品
2503 金型・機械工具・冶具類
相手の交流希望地 日本, 韓国, 台湾, スウェーデン, デンマーク, 英国, オランダ, ベルギー, フランス, ドイツ, スイス, ポルトガル, スペイン, イタリア, オーストリア, カナダ, 米国, メキシコ, ブラジル

拡大

案件画像1
ラップアップマシン 研磨
(フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置)

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

ラップアップマシン(フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置)

<< 内容 >>
フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置「ラップアップマシン」を紹介します。

【商品の特徴】

液晶プロジェクターには、スクリーン上の照度を均一にするために、小さな球面単レンズが多数集合したフライアイ(複眼状)レンズが用いられています。
フライアイレンズは、ガラス等の素材を金型で成形して製造します。その際に、金型の表面性状がレンズ性能に大きく影響します。しかも成形を繰り返すにつれて金型の表面性状が熱等により劣化するために定期的に研磨する必要があります。
従来の製造工程では、複雑な形状をもつ金型の研磨加工を熟練技能者の手仕上げにより行っていました。そのため、レンズ金型の研磨に30時間近く要していただけでなく、レンズの成形品に生じるばらつきも無視できないものでした。

弊社では、このような生産上の課題に応えるために、単レンズごとに自動研磨する装置を開発しました。本装置は、レンズ金型を5軸制御が可能なテーブルに固定し、3軸制御が可能な回転工具から構成されます。そして独自のダイヤモンドスラリーを新たに開発することにより、精密な研磨加工を可能としました。

<< 参考価格 >>
応相談

<< 決済条件 >>
応相談

<< 最小受発注量 >>
応相談

<< 画像説明1 >>
ラップアップマシン 研磨
(フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置)

<< 画像説明2 >>
フライアイレンズ成形金型

Lap-up Machine (automatic lapping machine for fly-eye lens mold)

<< FEATURES & CHARACTERISTICS >>
A fully automatic lapping machine for dies for fly-eye lenses, Lap-up Machine, is presented below.

** Product Features

An LCD projector employs a fly-eye lens (plenoptic lens), which is an array of numerous single spherical lenses, for the purpose of attaining a uniform luminous intensity over the screen.
The fly-eye lens is manufactured by die-forming processing using a material, such as glass. During the processing, lens performance can be greatly affected by the surface properties and conditions of the die. Moreover, after repeated forming works, the surface of the die is deteriorated due to thermal effects, etc. Accordingly, the die must be lapped periodically.
In the earlier manufacturing processes, skilled technicians manually lapped dies of complex shapes. As a result, not only did lapping the lens die take about 30 hours, but random variations in the final lens products could not be disregarded.

In order to cope with these production-related problems, we have developed equipment that automatically laps individual lenses. This equipment consists of a 5-axis controlled table to which the lens die is fixed, and a 3-axis controlled rotary tool. Furthermore, by additionally developing a unique diamond slurry, we have successfully established precision lapping processing.

<< PRICE REFERENCE >>
negotiable

<< PAYMENT TERMS >>
negotiable

<< MINIMUM ORDER QUANTITY >>
negotiable

<< CAPTION1 >>
LAP-UP MACHINE KENMA
(Auto Lapping Machine for Tooling of Fly Eyes Lens)

<< CAPTION2 >>
Forming Die for Fly Eye Lens (glass lens)

商品・部品の状態
個人からの注文  
最短納期  
貿易条件  
法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起