海外ビジネス情報

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。

各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。

国・地域別に見る

ビジネスマッチングサイトTTPPは、海外生産、販売委託、市場開拓/拡大、実務サポートなど国際的なビジネスパートナーを探したい、貿易(輸出・輸入)したい方を支援します。

English

外国製ソフトウェアの研修・教育に関するコンサル(海外限定)

案件番号 : 1115612       あなたの業務を支援します
日付 登録日:Dec 22, 2009   更新日:Jun 07, 2018
国/地域 米国 ハワイ
分類 5201 情報処理・ソフトウェア関連業務
5407 教育・研修
8602 情報システム
相手の交流希望地 香港, ベトナム, タイ, シンガポール, インド, マカオ, クリスマス島(豪), ココス諸島準州(豪), アラブ首長国連邦, ロシア, ノルウェー, スウェーデン, デンマーク, 英国, アイルランド, オランダ, ベルギー, ルクセンブルク, フランス, モナコ, ドイツ, スイス, ポルトガル, スペイン, イタリア, バチカン, マルタ, フィンランド, オーストリア, ブルガリア, カナダ, サンピエール及びミクロン(仏), 米国, タークス及びカイコス諸島(英), ケイマン諸島(英), アンギラ(英), バージン諸島(米), 英領バージン諸島, アルバ(蘭・自治領), キュラソー島(蘭・自治領), シント・マールテン(蘭・自治領), ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ(蘭・特別自治体), グアドループ(仏), サン・マルタン(仏), サン・バルテルミー島(仏), マルティニーク(仏), 仏領ギアナ, フォークランド諸島(英), セウタ及びメリリヤ(西), カナリア諸島(西), 英領バージン諸島, 英領インド洋地域, オーストラリア, ノーフォーク島(豪), ニュージーランド, クック諸島, トンガ, パナマ, ニューカレドニア(仏), 仏領ポリネシア, 米領オセアニア, グアム(米・自治的未編入領), 米領サモア

ジェトロでは、利用者からご提供いただいた情報の内容については審査しておりません。
情報の正確性、信頼性については、ご自身でご判断ください。

内容

外国製ソフトウェアの研修・教育に関するコンサル(海外限定)

<< 内容 >>
外国製ソフトウェアを日本市場で現在販売している、または、これから販売しようとしている企業様に対する業務支援をします。
具体的には、高機能な外国製ソフトウェアを日本の企業ユーザに売り込みたい企業様向けに、次の顧客トレーニング関連サービスを提供します:

1) 顧客トレーニング;貴社のお客様にソフトウェアの使用方法を教示する業務の請負
2) 顧客トレーニングに関するコンサルテーション
3) 英→日翻訳、通訳、マーケティングを含む、顧客トレーニングに関連するその他のサービス

日本のソフトウェア開発力は、欧米に比較し未成熟です。
ひとり気を吐いているゲームソフト業界を除き、日本のソフトウェア業界が未成熟なのは、日本人に「目に見えないものは無料」という基本的な考え方があり、十分な予算が配分されず、適切な教育が整備されていないからと考えられます。
また、完璧主義者が多数派である故に、バグありきのソフトウェア開発を、いま一つ受け入れられない心情が日本人にはあるのかもしれません。
しかし、その一方で企業・個人とも、ユーザは日常的に不可欠なものとして、ソフトウェアの価値を認めています。この歪んだ状態を解決するのは困難なので、ソフトウェア開発における欧米の優位は、当分続くと思われます。

高機能なソフトウェアは、エンドユーザに適切に使って貰って初めてその良さが際立ち、良い評価が広がり、より多くのユーザ獲得をもたらします。適切に使って貰う為には、エンドユーザにソフトウェアの使い方を教示することが不可欠です。

【サービスと料金事例】
お問合せ下さい。

【ビジネス実績】
当社は2002年より今日まで約7年半に渡り、某ソフトウェア・ベンダー様から顧客トレーニング、及び、コンサルテーションを請け負ってまいりました。
また、2003年〜2007年の期間に、厚生労働省所管の高度ポリテクセンターにて、3つの講座の講師を務めました。
日本市場に貴社のソフトウェアを売り込まれる際は、実績のある当社サービスのご利用を是非ご検討下さい。

Consulting & teaching for software made outside of Japan

<< DESCRIPTION >>
We support companies that currently sell computer software systems made in countries other than Japan or that plan to sell those near in the future.
Specifically, we provide them with the following services:

1) End user training; contract to teach your company's customers about usage of the software

2) Consultation about end user training

3) Other services related to end user training; e.g. document translation and interpretation from English to Japanese, marketing etc.

Japan is generally far behind the western countries about software development except in the computer game software industry.
It is said that many Japanese people think that anything invisible like computer software is free. This idea would tend neither to allocate sufficient budget for the development nor to provide with proper education for it. It may also be difficult for the majority of the Japanese who are considered to be perfectionists to accept software development all of which involve bugs to some extent.

However, on the other hand, the majority of the Japanese, company or individual users, recognize computer software as something indispensable for their daily works and lives.
Since it is so difficult to resolve this twisted situation, it is considered that predominance of the western countries in software development over Japan continues for the time being.
There is nothing like sophisticated software systems such that only after being properly used they would stand out, be highly regarded, and acquire far more end users.

We have contracted with an American software vendor for end user training and consulting since 2002. Also, we contracted with Advanced Polytechnic Center, a vocational training facilitate run by the Japanese national government, to provide three courses during 2003 thru 2007.
When you'd like to sell your software in the Japanese market, please consider us who have important achievements as one of your partners.

Please contact us for any further details.

法人本社・担当者情報


連絡先を見る/問合せる


戻る
  • 印刷

TTPPご利用ガイド

ピックアップ情報

農林水産物輸出支援

インド鉄道産業支援

インドネシア輸出支援

ロシアからのビジネスプロポーザル

貿易実務オンライン講座
グローバルリンク

ニュース配信

1日2回、新着のビジネス案件を配信しています!

  • Eメール
  • 携帯電話
  • RSS

TTPPニューズレターバックナンバーはこちら

詐欺メールへの注意喚起