ジェトロ・グローバル・アクセラレーション・ハブ ミュンヘン

ミュンヘンを州都とするバイエルン州には、自動車・機械を中心に製造業が集積、B to Bビジネスの中心地。ミュンヘン工科大学などとの産学連携も盛ん。

エコシステムの特徴・トレンド

  • ドイツ南部に位置するバイエルン州は、ドイツ国内総生産(GDP)の18%を占める一大産業集積地。自動車関連産業を中心に、近年日本企業の進出も増えている。州内にはBMW、アウディ(自動車)、マン(自動車、機械)、シーメンス(電機・エンジニアリング)といったグローバル企業ほか、国際競争力ある中堅企業も多数集積。
  • 欧州最大の応用研究機関フラウンホーファー研究機構をはじめとした研究開発機関や、ミュンヘン工科大学、ルートヴィヒ・マキシミリアン大学など高等教育機関が所在。大学立脚型スタートアップが次々生まれ、それを大学発アクセラレータや企業が支援するエコシステムが育っている。
  • 2016年にグーグルがクラウド内のデータセキュリティ・AI用のソフトウェア製品開発拠点をミュンヘンに設置。IBMやマイクロソフトもそれぞれIoTやAIのグローバル拠点をミュンヘンに設立。
  • 2018年にはプロセスマイニング分野で先行するCelonisSEがユニコーン企業に。Flixbus(欧州最大の長距離バスネットワーク)やVoxeljet(工業用3D印刷システム)など、IPOに成功した企業も多数。モノづくりを支える有力なスタートアップが多数誕生。

ミュンヘン地域のスタートアップエコシステムの詳細は「地域・分析レポート:製造および金融分野でのデジタル関連スタートアップ動向に注目(ドイツ・バイエルン州)」も参照ください。

提携先

Start2 Group GmbH

  • ドイツ最高峰レベルの大学の一つルートヴィヒ・マキシミリアン大学から生まれたスタートアップ・アクセラレータ。
  • シーメンスなど主要な地元企業や地域の大学研究機関との共同プロジェクトの実績。
  • FlixbusはGermanEnterpreneurshipが支援したスタートアップの成功例。

メンター例

Dr. Christopher Smolka
ディープテック分野におけるスタートアップのスケールの専門家。多数の業界に対して強力なネットワークを持ち、スタートアップと中小・大企業間でのイノベーション創出を得意とする。
Ms. Sonali Mueller
Start2のプログラムマネージャー。東アジア発スタートアップのグローバル化に対する豊富な専門知識と、ライフサイエンス、ヘルスケア、ディープテック等の次世代テクノロジー分野における深い専門知識を持つ。
Mr. Hannes Weiland
受賞歴もあるプロダクトを開発したスタートアップ企業のファウンダーであり、現在はミュンヘンのクリーンテック企業での国際事業開発マネージャーを務める。クリーンテック分野での豊富な経験と深い専門知識を持つ。
Mr. David Hajizadeh
Start2のベンチャーマネージャー。シリアルアントレプレナーでもあり、スタートアップのスケールに対する豊富な経験とエンタープライズテックに関する深い専門知識を持つ。
Mr. Luca Ferrara
欧州で急成長しているB2C向けフードテックスタートアップのグローバルプロジェクトマネージャー兼ビジネス開発担当。同スタートアップは最近資金調達を行い、ヨーロッパ全域で大規模な事業拡大を進めている。
Mr.Alex Odajima, Representative, German Entrepreneurship Center Tokyo
Start2の日本代表。日本と欧州の数々のスタートアップや大企業の事業部立ち上げに従事。

関連ニュース

お申し込み

お申し込みは随時受け付けています。

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ・スタートアップ課
E-mail: JHUB@jetro.go.jp