1. サイトトップ
  2. ジェトロのサービス
  3. 2017年度 日本発知財活用ビジネス支援事業 ジェトロ・イノベーション・プログラム(JIP)

2017年度 日本発知財活用ビジネス支援事業
ジェトロ・イノベーション・プログラム(JIP)

ジェトロ・イノベーション・プログラム(JIP)では、世界のエコシステムの中で知的財産を活用した海外展開にチャレンジする中堅・中小・ベンチャー企業を支援しています。
事業概要の詳細は ジェトロ・イノベーション・プログラム 事業概要PDFファイル(3.6MB)をご覧ください。

こんな方にお勧めします

  1. 次世代技術(フィンテックやIoT等)で知的財産を有し、世界を相手に勝負したい中小・ベンチャー企業
  2. 製造業やサービス業などあらゆる業種において、社内で生まれた知的財産、アイデアの活用方法が分からない中堅・中小企業

お知らせ

応募要件

  1. 海外展開を検討する日本登記の中堅・中小・ベンチャー企業であること。
  2. 本事業の対象となる技術またはビジネスモデルに関連する日本国内特許・実用新案・意匠を登録あるいは出願済みであること。

対象地域

  • シリコンバレー・サンフランシスコ
  • ドバイ
  • シンガポール
  • 中国深セン

各地域プログラム

シリコンバレー・プログラム ※募集は終了しました

主な対象業種:イノベーティブな技術を有する全業種

イノベーションの聖地といわれるシリコンバレーには新産業ビジネスを支援するエコシステムがあります。エコシステムを十分に活用し、ビジネスモデルをしっかりと構築する支援を行います。その後サンフランシスコでのビジネスマッチングの機会を提供します。

プログラムの詳細は個別プログラム案内書PDFファイル(497KB)をご覧ください。

【支援メニュー1】ビジネスモデル構築支援「Boot Camp」&メンタリング

Boot Camp

経営・マーケティング戦略、資金調達戦略、知的財産戦略、ピッチ練習等をテーマとした双方向型の4日間集中講座(すべて英語)です。

日程:
【第1回】2017年7月11日(火曜)~14日(金曜)
【第2回】7月18日(火曜)~21日(金曜)のいずれか
場所:
ジェトロ本部(東京)もしくは東京都内の会議室
対象:
書類選考通過企業(最大で合計24社程度)
費用:
無料
メンタリング

参加企業の分野・ビジネスモデルごとにメンターをご紹介します。メンターは参加企業とのメンタリングを通じて、ビジネスモデルを研ぎ澄まさせ、顧客候補の発掘をお手伝いします。

日程:
選考通過後~2018年1月下旬
対象:
選考通過企業
費用:
無料

【支援メニュー2】ジャパンパビリオン「DisruptSF」

DisruptSF外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますはスタートアップの登竜門として、全世界から注目を集める知名度の高いイベントです。ジェトロのジャパンパビリオン内にブース出展することで、来場する投資家や大企業の調達関係者等、幅広い人脈とのビジネスネットワーク構築ができます。

日程:
2017年9月18日(月曜)~20日(水曜)
場所:
サンフランシスコ
対象:
Boot Campを踏まえた選考通過企業
費用:
90,000円(補助金適用後の割引料金)
現地までの渡航費、滞在費は別途参加企業の負担です

【支援メニュー3】ピッチ/ビジネスマッチングイベント「TechMatch」

ジェトロが現地アクセラレーターと提携して開催するピッチ、ビジネスマッチングイベント(招待制:クローズド)です。大企業の調達担当者やラインセンス候補先、ビジネスパートナー候補先、投資家(エンジェル、VC)等、約50人~100人の参加者の前でピッチを行った後、個別商談会に参加します。参加企業の業種に応じたネットワーキングの機会を提供します。

日程:
2017年9月21日(木曜)~22日(金曜)(予定)
※直前ピッチトレーニングは9月15日(金曜)
場所:
サンフランシスコ
対象:
Boot Campを踏まえた選考通過企業
費用:
54,000円(補助金適用後の割引料金)
現地までの渡航費、滞在費は別途参加企業の負担です
プログラムの様子を動画でご覧いただけます
国際ビジネス情報番組「世界は今JETRO Global Eye」を放送中です。2015年度の「シリコンバレー・プログラム」の様子がご覧いただけます。

ドバイ・プログラム ※募集は終了しました

主な対象業種:
情報関連技術全般(IT)
AR/VR、教育、ヘルスケア、AI、Fintech、ロジスティック、セキュリティー、ロボット、ワイヤレス・ネットワーク、ビックデータ、モバイル、スマートカード、ソフトウェア、3Dプリンター 他

ドバイ・プログラムでは、ドバイで開催される中東・アフリカ・南アジア地域最大規模の情報通信関連展示会「GITEX外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」に参加します。GITEXは中東アフリカ・南アジア地域最大規模の情報通信関連展示会で、世界中から14万7千人(2016年実績)が来訪する大規模展示会です。同展示会はスタートアップ分野に注力しており、ピッチイベントも開催されるなど、資金調達やネットワーク構築を希望するスタートアップ企業には最適な展示会となっています。

プログラムの詳細は個別プログラム案内書PDFファイル(408KB)をご覧ください。

【支援メニュー1】ビジネスモデル構築支援「Boot Camp」&メンタリング

Boot Camp

渡航前に双方向型の企業研修およびピッチトレーニングを行います。

日程:
2017年8月21日(月曜)、8月22日(火曜) 2日間
場所:
ジェトロ 本部(東京)
費用:
無料
メンタリング

貴社のビジネス展開プランに適した専属の現地メンター(専門家)を選出し、20時間(メンターの準備時間を含む)のメンタリングを受けていただくことができます。各メンターとのSkipe面談等を通じ、ビジネスモデルの再構築、新規顧客開拓、戦略的パートナー候補の発掘などに役立ててください(各社のビジネスモデルや相談内容によってはご対応できない場合があります)。

日程:
Boot Camp実施後~2018年1月下旬
費用:
無料

【支援メニュー2】ジャパンパビリオン「GITEX外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

"GITEX”出展およびピッチイベントにてBoot Campの成果を十分に発揮して、有意義な商談を展開してください。

日程:
2017年10月8日(日曜)~12日(木曜)
場所:
ドバイ
費用:
95,000円(補助金適用後の割引料金)
現地までの渡航費、滞在費は別途参加企業の負担です
募集社数:
10社(予定)

選考方法

審査基準に基づく審査がございます。お申し込み内容につき、お電話やご訪問等で詳しくお伺いさせていただく場合があります。予めご了承ください。選考に通過した企業は必ずBoot Campにご参加くさだい。

【重要】ドバイプログラムにご応募の方は、「お申し込み方法」の「申込書類」欄に記載している書類の他に、次の2点をご提出ください。

  1. GITEX出展申込書エクセルファイル(17KB)必須
  2. 会社ロゴの画像ファイル 350dpi以上 (EPSまたはAI形式)(必須
  3. プレゼン動画(3分程度・英語)(任意)
    ご提出は任意ですが、お送りいただいた場合審査員にアピールできます。申込書類8としてご提出いただければ、GITEX主催者にも提出します。

1、2はGITEX出展申し込みに必須の提出物です。提出いただいた2点はGITEX主催者による出展審査も兼ねておりますので、記入漏れなどなきようお願いいたします。

シンガポール・プログラム ※募集は終了しました

主な対象業種:フィンテック企業

シンガポール・プログラムでは、シンガポール通貨金融庁(MAS)が開催するフィンテック関連技術に特化したイベント、「Fintech Festival外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」に参加します。シンガポールでは、ブロックチェーンを用いた銀行間決済の試験事業や資産運用ロボアドバイザー、保険商品のオンライン販売に向けた規制緩和など、フィンテックビジネスを行う土壌が整いつつあります。シンガポールをゲートウェイとして、世界展開を目指す方の積極的な募集をお待ちしております。

参加イベント
  • ジャパンパビリオン「Fintech Festival外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」11月14日(火曜)~16日(木曜)

【支援メニュー1】ビジネスモデル構築支援「Boot Camp」&メンタリング

Boot Camp

国内でシンガポールの法務・税務・知財等の知識の習得を目指すとともに、ピッチスキルを身に着ける、双方向型の研修を行います。本研修はSingapore Fintech Festival参加のための二次選考を兼ねています。

日程:
2017年9月11日(月曜)、9月12日(火曜) 2日間
場所:
ジェトロ 本部(東京)
費用:
無料
メンタリング

貴社のビジネス展開プランに適した専属の現地メンター(専門家)を選出し、メンタリングを受けていただくことができます。各メンターとのSkype面談等を通じ、ビジネスモデルの再構築、新規顧客開拓、戦略的パートナー候補の発掘などに役立ててください(各社のビジネスモデルや相談内容によってはご対応できない場合があります)。

日程:
Boot Camp実施後~2018年1月下旬
費用:
無料

【支援メニュー2】ジャパンパビリオン「Singapore Fintech Festival外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

世界最大級のフィンテックイベント”Singapore Fintech Festival”に出展し、商談機会を提供します。また、Singapore Fintech Festival出展にあわせ、11月12日(日曜)、13日(月曜)にコワーキング施設視察や研修イベント開催を企画しております(日程は変更する場合がございます)。

日程:
2017年11月14日(火曜)~16日(木曜) 3日間
※11月12日(日曜)、11月13日(月曜)にはコワーキング施設視察・研修イベント開催を企画(日程は変更する場合がございます)
場所:
シンガポール
費用:
60,000円(補助金適用後の割引料金)
現地までの渡航費、滞在費は別途参加企業の負担です
募集社数:
10社(予定)

選考方法

審査基準に基づく審査がございます。お申し込み内容につき、お電話やご訪問等で詳しくお伺いさせて頂く場合があります。予めご了承ください。選考に通過した企業は必ずBoot Campにご参加ください。

プログラムの詳細は個別プログラム案内書PDFファイル(362KB)をご覧ください。

中国深セン・プログラム ※募集は終了しました

主な対象業種:製造業(特に電気・電子)/家電/ロボティクス/ヘルスケア/環境/人工知能等

中国深セン・プログラムでは、中国最大の先端技術見本市「CHINA HI-TECH FAIR」(11月/深セン)に参加するほか、深セン清華大学研究院にによる「Boot camp」、メンタリング(現地パートナー紹介等の商談準備支援、特許専門家等による個別相談)を通じて、深センでのビジネスモデル構築を全面的にサポートします。

深センで展示会出展・ピッチするメリット
  • 世界最高レベルの電子・電器産業集積(「ハードウェアのシリコンバレー」と呼ばれる)にアクセスする絶好の機会!
  • 中国主要都市において、最も起業が盛ん(ドローン企業(DJI)をはじめとして、多くの新興企業が台頭)、ビジネスがしやすい環境!
  • 巨大な中国市場へのゲートウェー都市(深センは平均年齢33歳。常駐人口1200万人を有し、スマホ/電子決済普及率が高い「未来都市」)
参加イベント
  • ジャパンパビリオン「CHINA HI-TECH FAIR」11月15日(水曜)~17日(金曜)

【支援メニュー1】ビジネスモデル構築支援「Boot Camp」&メンタリング

Boot Camp

双方向型のワークショップで、深センより招いた講師により、ビジネス構築のための指導を行います。最終日に実施するピッチのデモ大会に向けて講師から個別面談を通じたアドバイスも受けられます。参加者間のネットワーキングも開催予定です。

日程:
2017年8月30日(水曜)、8月31日(木曜)※任意、9月8日(金曜)(最大3日間)
場所:
大阪イノベーションハブ(予定)
費用:
無料
講師:
深セン・清華大学研究院(知的財産保護戦略については知財専門家によるレクチャーを予定)
メンタリング

貴社のビジネス展開プランに適した専属の現地メンター(専門家)、を選出し、メンタリングを受けていただくことができます。各メンターとのSkype面談等を通じ、ビジネスモデルの再構築、新規顧客開拓、戦略的パートナー候補の発掘、知財戦略などに役立てて下さい(各社のビジネスモデルや相談内容によってはご対応できない場合があります)。

日程:
Boot Camp実施後~2018年1月(予定)
費用:
無料(時間数の制限あり)

【支援メニュー2】ジャパンパビリオン「CHINA HI-TECH FAIR」&ピッチイベント等

CHINA HI-TECH FAIR」は、2017年で第19回目を数える、科学技術関連の総合展示会です。2016年度実績で、出展企業3,900社(海外から31か国参加)来場者数589,000人と、中国最大の規模を有しています。展示ブースのほか、200回以上の各種フォーラム、商談会、ピッチイベントも併催しているのが特徴です。深セン・プログラムの参加者は、メイン会場(1号館)に設置するジャパンパビリオン(ジェトロブース)に割引価格で出展できるほか、ジェトロと深セン・清華大学研究院、深セン市政府等が主催する、ピッチイベント、ネットワーキングに参加いただけます。

日程:
2017年11月15日(水曜)~17日(金曜) 3日間
※出展は11月16日~17日の2日間。11月15日(水曜)は交流会、ビジネスマッチング等のイベントを実施予定です。
場所:
中国・深セン
費用:
ピッチ参加費・HI-TECH FAIR出展料のみ有料
※補助適用価格にて参加・出展可能です。
※現地までの渡航費、滞在費は別途参加企業の負担です。
募集社数:
10社(予定)

選考方法

JETRO Innovation Program 参加申込フォーム(深セン)新しいウィンドウで開きますへのご登録、および必要書類の郵送をお願いします。
締め切り:2017年8月22日(火曜)12時 ※募集は終了しました
※郵送書類は必着。
※支援メニュー2のみのご参加は受け付けておりません、予めご了承ください。

プログラムの詳細は個別プログラム案内書PDFファイル(817KB)をご覧ください。

お申し込み方法

全体プログラム案内書PDFファイル(639KB)ご利用条件・同意書PDFファイル(146KB)の内容をご確認のうえ、ジェトロ・イノベーション促進課まで申込書類を郵送またはE-mailでお送りください。
※深セン・プログラムは、ジェトロ大阪本部・事業推進課までお送りください。

申込書類
No. 書類名 提出方法
1 日本発知財活用ビジネス化支援事業申請書ワードファイル(58KB) 郵送(捺印済み原本)
2 ご利用条件・同意書兼誓約書PDFファイル(146KB) 郵送(捺印済み原本)
3 商業登記簿謄本(提出日から3カ月以内に発行したもの) 郵送(原本)
4 JETRO Innovation Program 参加申込書(シリコンバレー)ワードファイル(154KB)
JETRO Innovation Program 参加申込書(ドバイ)ワードファイル(160KB)
JETRO Innovation Program 参加申込書(シンガポール)ワードファイル(154KB)
JETRO Innovation Program 参加申込フォーム(深セン)新しいウィンドウで開きます
E-mail添付

深セン・プログラムのみ、専用ウェブフォームから入力

5 決算報告書(直近3カ年度)
(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書)
E-mail添付もしくは郵送
6 役員名簿ワードファイル(66KB) E-mail添付もしくは郵送
7 プレゼンスライド(日本語・英語)
※代表取締役及び製品開発担当責任者、本プログラム担当チームの概略(主なメンバーの経歴等)について記載されたスライドを1枚盛り込んでください。
E-mail添付もしくは郵送
8 任意提出
プレゼン動画(3分程度・英語)
ご提出は任意ですが、お送りいただいた場合審査点に反映いたします。
オンラインストレージ、動画投稿ウェブサイト等
ドバイプログラムにご応募の方のみ、次の書類もご提出ください
No. 書類名 提出方法
9 GITEX出展申込書エクセルファイル(17KB) Excel書式、E-mail送付
10 会社ロゴの画像ファイル(350dpi以上) EPSまたはAI形式で送付
11 プレゼン動画(3分程度・英語)※任意提出
ご提出は任意ですが、お送りいただいた場合、審査員にアピールできます。
「8」としてご提出いただければ、GITEX主催者にも提出します。

お問い合わせ先

ジェトロ・イノベーション促進課(担当:深澤、吉田、坂本)
〒107-6006 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 6階
Tel:03-3582-5770 E-mail:iib@jetro.go.jp
または、最寄のジェトロ国内事務所へお問い合わせください。

ジェトロ・大阪本部 事業推進課(担当:反町、岡、寺井) ※深セン・プログラムに関してのみ
〒541-0052 大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング 29階
Tel:06-4705-8602 E-mail:os_kikai@jetro.go.jp

ジェトロの支援サービス一覧