1. サイトトップ
  2. 出版物
  3. 2020年の中国と日本企業のビジネス戦略

2020年の中国と日本企業のビジネス戦略

表紙画像

ジェトロ

2020年は、習近平指導部が初めて立案する5カ年計画の最終年であり、また「小康社会」(ややゆとりある社会)完成の目標年でもあるなど中国にとって、構造改革の「決定的な成果」を示さねばならない年である。
中国に生じる変化を「ビジネスチャンス」として捉えるには? 中国有識者や日本企業へのヒアリング調査などに基づき、同年に向けての中国の政策、日本企業の取り組みを解説。
中国経済展望のポイントと、対中ビジネスの取り組みのヒントを提供する。

箱﨑 大・日向 裕弥
2015年09月28日
A5 / 208ページ

ISBN:9784822411503

価格(税込): 1,944円

目次

第1章 中国経済の中長期分析

  1. 2020年の中国‐中国経済の中長期分析
  2. 2020年代の中国経済をみる視点‐中国の改革はナローパスか
  3. 2020年までの中国の政治動向予測‐習近平氏の権力基盤と共産党の一党支配の正当性
  4. 2020年の中国経済を展望する

第2章 日本企業の今後の対中ビジネス戦略

  1. 日系製造業の経営上の課題と対応策および拠点再編の動向
  2. サービス業
  3. 環境ビジネス

第3章 ケーススタディー:専門家の見方と日本企業のビジネス戦略

  1. 中国社会科学院城市発展・環境研究所「都市化に伴う変化の中にチャンスも」
  2. 清華大学環境学院環境管理・政策研究所「環境保護・省エネ政策は効果重視の段階に」
  3. ナガオカ「中央政府機関や国際機関に技術や製品をPR」
  4. 清本鐵工「水処理場見学のCSR活動展開、事業は拡大の方向」
  5. イズミヤ「地域に密着した総合スーパーを目指し多店舗展開」
  6. イオンモール「武漢にない新しい商品・サービス・規模のモールを展開」
  7. タニタ「工場の効率化を推進、アジア第三国進出も視野」
  8. ギンビス「菓子の国内販売が好調、中国生産の拡大を目指す」

むすび ‐今後の対中ビジネスに対する提言

関連情報

出版物についてのお問い合わせ先

ジェトロ出版物について

ジェトロ海外調査計画課

Tel:03-3582-3518
Fax:03-3582-5309
E-mail:books@jetro.go.jp

アジア経済研究所出版物について

アジア経済研究所出版企画編集課
Tel:043-299-9735
Fax:043-299-9736