1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2019年
  5. ニューヨークで開催される高級食品総合見本市「Summer Fancy Food Show 2019」にジャパンパビリオンを設置

ニューヨークで開催される高級食品総合見本市「Summer Fancy Food Show 2019」にジャパンパビリオンを設置

2019年06月11日

米国への輸出額が増加する調味料、菓子、緑茶、牛肉などを13社が出品、うち3社は初輸出に挑戦

ジェトロは、北米最大の食品総合見本市としてニューヨークで開催される「Summer Fancy Food Show 2019」(会期:6月23日~25日)にジャパンパビリオンを設置、米国への輸出額が増加する「調味料」「菓子」「緑茶」「牛肉」などの日本産食品の売り込み拡大を目的に国内13社が出品します。出品13社の内訳は調味料:3社、水産物・水産加工品:3社、菓子類:2社、緑茶:2社、その他加工食品:2社、牛肉:1社です。なお、3社は米国への初輸出を目指し、無添加の「みかんチップス」、国内唯一の本格熟成キャビア「MIYAZAKI CAVIAR 1983」、鳥取県産の赤ビーツを使用し鮮やかなピンク色に仕上げた「ピンクカレー」、「ピンク醤油」を出品します。

農林水産省「戦略的輸出拡大サポート」事業の一環として、9年連続ジャパンパビリオンを設置する当見本市は、1月にサンフランシスコで開催される「Winter Fancy Food Show」 と並ぶ米国を代表する高級食品見本市です。昨年(2018年9月開催)は、54カ国・地域から2,600社・団体出展の実績を誇ります。

1. 米国最大の都市で

全米には1万8,600店(2018年時点)の日本食レストランがあるとされています。その中でも「Summer Fancy Food Show 2019」が開催されるニューヨークは、「THE MICHELIN GUIDE NEW YORK CITY 2019」において星を獲得した76店中、日本食レストランが20店を占め、ミシュランの星を獲得した日本食レストランの地域別件数は日本国外では最多を誇っています。また、ニューヨークは新しい食文化を受け入れる寛容性があり、流行の発信地でもあります。このような日本食ビジネスにとって魅力あるニューヨークで出品することで、さらなる市場開拓を目指します。

2. 米国向け輸出実績が伸びている品目を中心に売り込む

ジャパンパビリオンの出品者の品目別内訳は、調味料3社、水産物・水産加工品3社、菓子類2社、緑茶2社、その他加工食品2社、牛肉1社となっています。

2018年の米国向け農林水産物・食品の輸出額は1,177億円ですが、今回出品される品目の過去5年間の輸出実績をみると、調味料が14年比33%増の約100億円、菓子が同33%増の約74億円、緑茶が同99%増の約68億円、牛肉が同2.7倍の33億円となっており、今後も増加が見込まれています。これらの品目の商品を中心に売り込み、米国向け農林水産物・食品の更なる輸出拡大を目指します。

米国向け輸出実績(2014年~2018年)

(出所)農林水産省ウェブページ、財務省貿易統計をもとにジェトロ作成

3. 出品企業13社のうち、3社が米国への初輸出に挑戦。現地トレンドに合った新しい商品を出品

ジャパンパビリオンに出品する全13社のうち、3社が米国への初輸出を目指します。

米国への初輸出に挑戦する熊本県の企業は、自社農園栽培の温州みかんを皮ごとスライスし乾燥させた無添加の「みかんチップス」を出品します。

米国ではヘルシー志向のトレンドから、スナック菓子も化学調味料不使用の無添加食品、ノンフライといった商品が増えています。米国人のチップス好きは子供から高齢者まで幅広く、スーパーでは、毎年のように新しい素材やフレーバーの商品が発売されており、目新しい「みかんチップス」への引き合いが期待されます。

みかんチップス

同じく米国への初輸出に挑戦する宮崎県の企業は、国内唯一の本格熟成キャビアである「MIYAZAKI CAVIAR 1983」を出品します。日本人ならではのきめ細やかな品質管理によって、海外産キャビアの高塩分、防腐剤添加、パスチャライズ(低温殺菌)を施したものとの差別化を実現しています。米国で流通しているキャビアには安価な代替品も多い中、ニューヨークには、本物の品質に対して高い値付けを理解してくれるバイヤーやシェフ、購買層が存在しているといわれており、同社の低塩分(約3%)で、その中でも最高グレードの部類に入る商品を売り込みます。

MIYAZAKI CAVIAR 1983

その他、鳥取県の企業は、鳥取県産の赤ビーツを使用して鮮やかなピンク色に仕上げた「ピンクカレー」、「ピンク醤油」を出品します。パッケージや色彩が特徴的で競合他社がいない唯一無二の商品であり、新しい食材を探しているニューヨークのバイヤーに売り込み、米国への初輸出に挑戦します。

ピンクカレー

ジャパンパビリオン 概要

主催
:日本貿易振興機構(ジェトロ)
会期
:2019年6月23日(日曜)~25日(火曜)
会場
:The Jacob K. Javits Convention Center
参加企業
:13社(別添参照)
参加規模
:1,400sq.ft.(うち、出品者ブース1,100sq.ft.)

Summer Fancy Food Show 2018実績

出展者数
:2,600社 (54カ国・地域)
来場者数
:約1万7,500人

Summer Fancy Food Show 2018
ジャパンパビリオンの様子

ジェトロ農林水産・食品事業推進課(担当:河浦)
Tel:03-3582-5546

ジェトロ・ニューヨーク事務所(担当:沼田)
Tel:+1- 212-997-0439