1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2019年
  5. 中国・青島で開催される世界三大水産見本市 「China Fisheries & Seafood Expo 2019」にジャパンパビリオン設置

中国・青島で開催される世界三大水産見本市 「China Fisheries & Seafood Expo 2019」にジャパンパビリオン設置

2019年10月17日

過去最多14社・団体が出品、幅広い出品物を揃え販路拡大を目指す

ジェトロは、10月30日(水曜)~11月1日(金曜)、中国・青島で開催される「China Fisheries & Seafood Expo 2019」(CFSE 2019)にジャパンパビリオンを設置します。CFSEは、ベルギー・ブリュッセルの「Seafood Expo Global」、米国・ボストンの「Seafood Expo North America」と並ぶ三大水産見本市の一つであり、世界の水産関係者が一堂に会する場となっています。今年のジャパンパビリオンには、過去最多となる14社・団体が出品。当日は現地の取引先もブースに同席するなど各社体制を整え、世界各国から訪れる多数のバイヤーと商談を行う予定です。

1.過去最大規模の出展で販路拡大を目指す

8回目を数える今回のCFSE2019ジャパンパビリオンには、過去最多となる14社・団体が出品。水産物・水産加工品輸出拡大協議会も傘下企業とともに参加し、高品質の日本産水産物・水産加工品を積極的にアピールします。人気のホタテ、マグロ、ハマチに加え、カキ、キャビア、金目鯛といった高級食材、練り物製品用の食品添加物、加工用原料需要に応えるサバやツバスなど、現地ニーズに合わせた幅広い出品物を揃え、中国および世界への販路開拓・拡大を目指します。

2.パビリオンデザインを一新、日本らしさを演出

本年よりジャパンパビリオンの統一デザインを一新。桜柄のデザインや白木調の内装で日本らしさを演出し、集客増を図ります。

※CFSE 2019ジャパンパビリオンイメージ図


3.2019年1~8月の中国向け輸出は減速するも、鮮魚類は急伸

2018年における中国向け水産物輸出は、28.7%増の482億円を記録。米国向けを上回り、中国は香港に次ぐ第2位の輸出先となりました(図表1参照)。輸出金額の大半を占めるホタテの生産が、2014年冬の大型低気圧被害を脱して増産に転じたことや、中国国内での加工原料不足などにより、中国向けの輸出量が伸びました。また、かにかまぼこなどの練り製品、錦鯉なども輸出増に貢献しました。
2019年1月~8月の日本から中国への水産物輸出は、北海道噴火湾におけるホタテの不漁などの影響により前年同期比5%のマイナスに転じましたが、引き続き練り製品など加工品の輸出は堅調です。また、所得向上に伴う高級志向の高まりを背景に、近年鮮魚の輸出が金額ベースで約19億5,400万円(前年比43%)と急増しています(図表2)。主力のクロマグロのほか、マアジ、タイ、カキ、サバ、ブリなど多種多様な鮮魚類のチルド輸送による出荷が増えており、今後も拡大が見込まれます。

図表1 日本からの国・地域別水産物輸出実績単位:億円
国名 2016年 2017年 2018年 (参考)
2019年1-8月累計
金額 前年比 金額 前年比 金額 前年比 金額 前年
同期比
世界(計) 2,640.5 -4.20% 2,749.3 4.1% 3,030.9 10.2% 1,845 -5.9%
香港 800.0 -2.50% 850.3 6.3% 894.0 5.1% 518 2.7%
中国 423.1 9.70% 374.7 -11.4% 482.3 28.7% 314 -5.0%
米国 348.8 -11.30% 347.5 -0.4% 333.2 -4.1% 227 9.3%
ベトナム 169.1 -23.20% 173.2 2.4% 184.0 6.2% 100 -22.2%
タイ 141.4 -24.20% 167.9 18.7% 236.3 40.8% 152 -12.2%

出所:農林水産物輸出入概況(2017年、2018年)、農林水産物・食品の輸出実績(2019年8月速報値)よりジェトロ作成

図表2 中国向け鮮魚輸出の推移(単位:100万円)

中国向け鮮魚輸出の推移は2013年より順調に伸びており、2018年は金額ベースで約19億5400万円となり、前年比43%と急増しています。

出所:財務省貿易統計よりジェトロ作成

注)輸出統計品目0302項に加え、0304項、0306項、0307項、0308項それぞれの「生鮮・冷蔵形態」に分類される品目を集計


ジャパンパビリオン概要

主催
:ジェトロ
会期
:2019年10月30日(水曜)~11月1日(金曜)(3日間)
会場
:Qingdao International Expo Center(Hall E2)
参加企業
:14社・団体(別添参照)
参加規模
:144平方メートル

参考:CFSE2018実績

会期
:2018年11月7日(水曜)~3日(金曜)(3日間)
出品者数
:1,545社(51ヵ国・地域)
来場者数
:39,414人(102ヶ国・地域)
主催者
:Sea Fare Expositions, Inc.

出品者詳細はウェブサイトからもご覧いただけます。
Japan Pavilion Exhibitors' Catalogue新しいウィンドウが開きます

ジェトロ 農林水産・食品事業推進課 (担当:杉山・河浦)
Tel:03-3582-5546

ジェトロ 青島事務所 (担当:松村)
Tel:+86-532-8387-8909