1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2018年
  5. 日EU経済連携協定を見据え、ブリュッセルで開催される「Seafood Expo Global 2018」にジャパンパビリオンを設置

日EU経済連携協定を見据え、ブリュッセルで開催される「Seafood Expo Global 2018」にジャパンパビリオンを設置

2018年04月18日

世界最大級の水産専門見本市に過去最多の17社・団体が出品

ジェトロは、2018年4月24日(火曜)~26日(木曜)の3日間、ベルギー・ブリュッセルで開催される、世界最大級の水産専門見本市「Seafood Expo Global 2018」にジャパンパビリオンを設置します。
設置は5年連続で5回目となり、今年は過去最多の計17社・団体(昨年比7社・団体増)がジャパンパビリオンに出品し、欧州を中心とする各国バイヤーとの商談を行います。

1. 世界三大水産見本市にジャパンパビリオンを継続出展

「Seafood Expo Global」はChina Fisheries & Seafood Expo(中国・青島)、Seafood Expo North America(米国・ボストン)と並ぶ世界三大水産見本市として知られています。昨年は1,859社・団体が出展、150カ国から28,500人以上の水産専門バイヤーが来場し大変盛況を収めた本見本市ですが、主催者(Diversified Communications)の発表によると今回は展示面積が過去最大となる見込みです。
ジェトロでは本見本市へジャパンパビリオンを継続出展することで、レストラン、スーパーマーケット、ホテルや輸入業者等、様々な業種のバイヤーに対して水産品をはじめとした日本産食品の魅力を国際的にアピールするとともに、欧州市場における販路確保やその拡大を目指す事業者の支援を通じ、さらなる輸出拡大を目指します。

2. 日EU経済連携協定(EPA)を見据えた市場確保に布石

日本とEUの間では、昨年12月末、EPA交渉が妥結し、主要品目に関してはホタテで現行8%の関税が段階的な削減を経て8年目に撤廃、冷凍ブリ(現行15%)、水産練り製品(同20%)などでは即時撤廃が合意されており、こうした協定発効を見据えた現段階でEU域内に販路を確保することは今後のさらなる日本産水産物の輸出拡大に向けて大きな意味を持つといえます。
現在、日本産水産物・水産加工品のEU向け輸出はホタテを主力に年間70億円規模で行われており、欧州における日本産の食用魚介類の消費は今後も拡大が見込まれている(※注)なか、今年のジャパンパビリオンにはホタテの他、ハマチや練り製品をはじめ様々な水産関連製品を扱う事業者が出品し、各国バイヤーへ各社の商品を売り込みます。

(※注)参考
2017年のEU向け水産物・水産加工品は最大輸出品目であるホタテ貝の供給不足により全体で68.6億円と前年比で9%減少したものの、ここ5年でみると倍増しており増加基調にある。なお、魚油が9.6億円と前年比34%増加し第2位となったほか、ブリも前年比53%増加し、真珠に次ぐ第4位となった。また、これまであまり実績のなかったマグロ類も輸出が始まっている。

EU向け水産物輸出額推移

2012年35.9億円、2013年50.7億円、2014年53.9億円、2015年72.9億円、2016年75.7億円、2017年68.6億円、

出所:農林水産省 農林水産物輸出入概況

3. オールジャパンで日本の代表食材を幅広く紹介 ‐現地シェフによる料理デモも毎日実施

今年のジャパンパビリオンにはホタテ、ハマチ、マグロといった人気の高い日本産水産物に加え、練り物、海藻加工品、ワサビ、醤油など、様々な商材を有する事業者がブースを構えます。また、水産物・水産加工品輸出拡大協議会もジャパンパビリオン内に出品し、オールジャパンで代表的な日本産水産物をバランスよく紹介するものとなっています。会期中は出品者より提供された食材を使って現地シェフが行う料理デモを毎日予定しており、賑わいを演出すると同時にバイヤーの関心を喚起することで商談促進を図ります。
また、EU向け水産物輸出にはEU HACCP認証が必要となるなど、特に安全・衛生管理の面で細かな規制対応が必要となりますが、EU HACCP以外にもISO9001、ISO22000、BRC等を取得しEUを中心に輸出向けの対応がとられた選りすぐりの商品をそろえたラインナップでEU市場に挑みます。

ジャパンパビリオン概要

主催
:ジェトロ
会期
:2018年4月24日(火曜)~26日(木曜)
会場
:Brussels Expo
参加企業
:17社・団体(添付資料参照)
参加規模
:184平方メートル

(参考)Seafood Expo Global 2017 実績

会期
:2017年4月23日(火曜)~25日(木曜)(3日間)
主催
:Diversified Communications
出品者数
:1,859社・団体
会場面積
:38,338平方メートル
来場者数
:28,500人

SEG 2018 ジャパンパビリオンイメージ

ジェトロ農林水産・食品部 (担当:豊田、清島)
Tel:03-3582-5546

ジェトロ・ブリュッセル事務所 (担当:土屋)
Tel:+32-2-282-0500