1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2018年
  5. ロシア最大級の産業総合博覧会「INNOPROM 2018」に2年連続でジャパン・パビリオンを出展

ロシア最大級の産業総合博覧会「INNOPROM 2018」に2年連続でジャパン・パビリオンを出展

2018年06月15日

高い中小企業の関心。噴霧乾燥装置から衛星航法モジュールまで幅広く出展

ジェトロは「ロシアにおける日本年」の一環として、昨年に引き続き「INNOPROM 2018」にジャパン・パビリオンを出展します。

「INNOPROM」は、ロシア中部の工業都市、エカテリンブルグ市で開催されるロシア最大級の産業総合博覧会で、7月9日から12日の4日間にわたり開催されます。中小企業を中心にロシア市場新規開拓需要は根強く、出品者26社・機関のうち14社が中小企業です(添付の出品者一覧参照)。

ジェトロは、INNOPROM 2018ジャパン・パビリオンをロシアにおける日本企業のビジネス拡大の契機とするため、経済産業省、一般社団法人ロシアNIS貿易会(ROTOBO)と協力し、オールジャパンの取り組みとして推進します。ジャパン・パビリオンのみどころは、「課題解決に資する優れた製品や技術、サービス等をジャパンブランドとして発信する」ところです。日露間では、8項目の「協力プラン」(注)を軸に経済・ビジネス面での交流が進みます。INNOPROMは8項目のうち、ロシア産業の多様化促進と生産性向上に役立つ日本の製品・技術を紹介するものです。

INNOPROM 2018への出展は、日本企業にとって、ロシア産業の多様化や生産性向上に資する製品や技術、サービスを紹介し、ロシア市場を開拓するチャンスとなります。この日露のビジネス交流が、両国間の貿易・投資の発展、さらに経済関係の深化に向けたステップとなります。

(注)日露間の8項目「協力プラン」:
(1)健康寿命の伸長、(2)快適・清潔で住みやすく、活動しやすい都市作り、(3)中小企業交流・協力の抜本的拡大、(4)エネルギー、(5)ロシアの産業多様化・生産性向上、(6)極東の産業振興・輸出基地化、(7)先端技術協力、(8)人的交流の抜本的拡大 の8分野で行う日露間の協力の総称。これらの分野での日露間の協力進展により、ロシアの生活環境等の改善と生産性向上が可能となるだけでなく、関連する日本企業の製品・技術の輸出につながることが期待される。

展示会概要

名称:
INNOPROM 2018
会期:
2018年7月9日(月曜)~12日(木曜) 4日間
開催地:
ロシア・エカテリンブルク
主催者:
ロシア連邦産業商務省、スヴェルドロフスク州政府
分野:
機械設備、部品、情報通信技術(ICT)、エネルギー、都市開発 等
出品者:
20カ国(※)、600社・団体(2017年実績)
※ロシアのほか日本、イタリア、英国、韓国、スイス、中国、ドイツ、フランスなど
来場者:
5万人(2017年実績)

ジャパン・パビリオン概要

主催者:
ジェトロ
開催規模:
405平方メートル
出品者:
26社・機関(中小企業14社、その他12社・機関、6月13日時点) ※カタログ出品形態の企業を含む
出品分野:
工作機械(プレス機械、噴霧乾燥装置油圧ユニット等)
産業用ロボット
衛星航法モジュール・ユニット 等
特長:
  • 8項目「協力プラン」(ロシアの生活環境大国、産業・経済の革新のための協力プラン)の具体化の一環として、パートナーカントリーとして参加した昨年に引き続き2年連続の出展。
  • 出品企業のうち、過半数(26社・機関中14社)が中小企業。
  • ロシア産業の多様化促進と生産性向上に資する日本の製品、技術、サービスを紹介。
  • 工作機械、産業用ロボットのほか、「産業デジタル化」に関する技術・ソリューションまで、日本企業の高い技術力を総合的に紹介。
  • 製品展示・技術紹介のみならず、BtoBマッチングや出展企業の製品紹介(プレゼンテーション)の機会を設け、総合的な売り込みを図る。

ジェトロ展示事業課(担当:梅津、石橋、作山)
Tel:03-3582-5242 E-mail:faa5@jetro.go.jp